スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 去年から行くんだ行くんだと言っていたので、ぎりぎりのスケジュールをやりくりしてグアム行ってきました。

 時雨沢氏と、三雲氏と共に。
 この面子だとおわかりでしょうが、銃を撃ちに。
 ただひたすら銃を撃ちに。
 朝から晩まで銃を撃ちに。
 何も考えずに銃を撃ちに。

グロック17を、
HK・USPを、
ルガーp85を、
ベレッタM92Fを、
SIG226を、
S&Wミリタリーポリスを、
S&WM28ハイウェイパトロールマンを、
USPコンパクトを、
パラオーディナンスP14を、
ジェリコを、
キンバーカスタムを、
スプリングフィールドカスタムを、
グロック22を、
スプリングフィールドXDを、
ルガー・スーパーブラックホークを、
HK91ライフルを、
モスバーグ・ショットガンを、
M4ブッシュマスターを、
M1ガランドを

 朝から晩まで延々撃ってました。
 幸せ。
 また行きたい……

 ちなみにレンジマスターが元特殊部隊の人だそうで(本当かどうかしらんけど、デルタなんだとか)。

 時雨沢氏との会話。
「やっぱ彼に教えて貰うと、『口から萌え萌え言う前と後ろにサーと言え』とか言われるんですかね」
「言われますね、多分。『萌えたり燃えたりできなくしてやる』とかも言われますね」


「いやあ、素晴らしいです。まるでグアムに来たみたいだ」
「時雨沢さん。そのネタ四回目です」
「帰るまでに十回は言いますよ」
「分かりました。おつきあいしましょう」

「44マグナム撃ったら肩外れるんですよね(わくわく)」
「大丈夫ですよ三雲さん、後ろに向けて撃ったら、はまりますから」
「そうですよね!」

 ――グアムまで行って何言ってんでしょうか、私達は。

 ちなみに私はジェリコの45口径がお気に入りだったのですが、時雨沢氏はキンバーにいたく惚れ込んだようで。
 きっと次の巻辺りでキノがキンバーに銃を持ち帰ると私は睨んでいます。ええもう。 

スポンサーサイト

 

 なんかこの数日まともに寝てない。うーん。

 そんな状態でも時間を作ってショットショーに出掛ける健気な私(日本語の用法が違いマス)。三日連続徹夜明けの頭で車を転がしていくというウルトラCをしつつ会場入り。
 まあ、前日というかその日の朝というか、諸般の事情でえらーく、ものすごおおおおおおおおおおおおおおおおく(いやもうマジで)手こずっていた原稿があがったのでそのお祝いがてら。

 発売一月だってのに今頃第二稿あげてる時点でミラクル。

 ええとコレについては年末のコミケ辺りで明らかになるでしょう。多分。新レーベル、はまあ間違いないとして、新シリーズ……と言って良いのかどうか。微妙微妙。

 それはさておき。

 ショットショーです。
 友人がとあるブースの手伝いをしていた。
 G26の――「モデルガン」を売っている。エアガンでもガスガンでもなく。モデルガンだ。おう。欲しいがさすがに拳銃に7万はちと。
 まあリアルマッコイのガバとか買うのに比べたら安いけどな。
 いくら私でも拳銃に十万は出しません。先輩の大迫純一師は出来の良いブレードランナー・ブラスターなら三十万でも出すとおっしゃるが。無理。

 某改造少女御用達狙撃中ドラグノフとか(CZもそうだが、どう考えてもリコの身体にはでかすぎる気がするんだけどな)、タクティカルマスターのコンパクトキャリーとか、色々見る。

 あー。欲しいナー。特にドラグノフは。電撃の某氏が買ったって自慢してたなー。本物のロシア製スコープ付きで十万ってのはむしろ安いっちゃ安いんですが。

 おう、マルシンのコマンダーが中古で2000円か? うーん。うーん。マルシンのモーゼルが20連マガジンとクリップ、それぞれ二つ予備について12000円? うん、安い、でも――

 という訳で。
 思慮深く分別のある大人の私としては、衝動買いを避けたのです。もう36ですしね!
 ふふふふふ。

 以下、買い物リスト。

 ●サイレンサー二本(半額です! 安いです!)
 ●BB弾一袋(まあ消耗品ですし……)
 ●フラッシュライト型グレネード(これは新作の資料でもあるし……まあ8000円で……安かったし…………)
 ●STAR製ミニミ多目的機関銃(……………………)

 …………分別ある大人……おと……な……あああああああああ。

 カッとなってやった。
 今は反省している。 

 

 もう駄目ですギリギリです――そう言われながら某社の原稿を書く。書き続ける。でもって朝の五時。そろそろ脳が死に始める。
 さすがに食事の時以外はほぼぶっ続けで二十時間とかパソの前に座ってると、気力が尽きかけたりするので気分転換に神野オキナ氏の「あそびにいくヨ!」五巻をてれてれ読みつつ、一区切りつく度に原稿に向かったりする。

 書いていたのは戦闘シーン。
 キャラクターの一人がフランキAPSA12ショットガンとベレッタM92ヴァーテックとM4A1アサルトライフルを撃ちまくっていたりする訳だが。

 ふと思う榊一郎。
「むう。いかん。これではいかん。何故なら俺はM4A1のエアガンは所持しているがSPASとヴァーテックは持っていない。これではリアルな戦闘シーンは書けないのだ。書け無いったら書けないのだ。やっぱり現物が手元に無いと小説には魂がこもらないのだ!!」
 普段とりあえず見たこともないよーなバケモノとか描写してるじゃねえか――という突っ込みは却下。何しろ脳が半分死んでいるのでまともな理屈など通用しない。

「そういえば奇しくも偶然にも全くの偶然にも! ショットショーの日ではないか!? 何たる幸運!」
 という事でよしゃーいいのに三時間の仮眠をとってからショットショーに行く私。
 でもってヴァーテックとSPASを捜す。ヴァーテックは見つかるがSPASは無し。そろそろメーカーが廃番にするという噂なので人気無いのかなあ。
 とか思いつつヴァーテックを買って帰り道。
 ふと箱を見ると。
「ベレッタM92エリート」
 ………………
「ヴァーテックじゃねえっ!?」
(注:同じM92シリーズでもエリートとヴァーテックは別物です)
 愕然とする私。どうも半分寝ぼけた頭で出掛けたのでよく確認しないで買ってしまったらしい。
「くそう、こんなもの、こんなもの、レールもストレートグリップも無いような、そんなベレッタなんか、ベレッタなんか! もう一杯もってらい!」
 と思わず道頓堀に投げ捨てそうになるのだが。
「うう。お前が悪いんじゃないよな。うんうん」
 とか思いつつ車に戻って(寝ぼけて運転するのは危険です)、がっくりしながらも蓋を開けてみると。
「――ヴァーテック!?」
 入っていたのは何故かヴァーテック。
 ショットショーはフリマみたいな処が在るのでこういう事があっても別に驚きはしないが(商取引としては問題在るが)。
「そうか……俺がヴァーテックが欲しいと言っていたのを聞いて頑張ってヴァーテックになったのだな。ふふ。健気な奴め」
 とか何とか寝ぼけた事を考えながら妙に豊かな気分で帰宅。

 つーかさすがに徹夜明けで人混み掻き分けにいくのはもう辛いわ。

 まあしかしとりあえず御陰様で何とか原稿はあがったのでした。めでたしめでたし。さてさて送信――っと。<メール入稿

 ……………………何故か次の締め切りが二日後と一週間後に来たりするけどな。<自業自得

 

連続日記。さあいつまで気力が続きますやら(笑)。

 という訳で二ヶ月ぶりにガンショップに行った。いつものセトグチ。あまりに久しぶりなので「おかえり」とは言われなかったが(笑)。
 目的はマルイのハイキャパ45。
 ここしばらく銃関係は全く買っていなかったので久々の購入。ガツンガツンとリコイルが良い感じ。マルシンのCOP357も面白いのですが、なんつーかすぐに飽きそうな予感があったので購入見送り。悪い銃ではないと思うので、単に趣味の問題だけども。

 で――いつもの如く久しぶりに(矛盾した日本語)、店の中で店長とダベっていたら。
「特殊警棒ってこれですか」
 と入ってきたおばさんが尋ねる。
 ヤンキーとか兄ちゃんとか高校生とかなら分かるが、おばちゃんが特殊警棒をほしがるとも思えない。それとなく店長との会話を聞いていると、
「息子がスーパーで働いているのだが最近、ヤンキーっぽい高校生が来ては店内で暴れるので護身用に持っていたいと言い、働いている息子の代わりに買いに来た」とか。
 ……………本当の話かどうかしらんが。
 本当だったとしたら荒んでるなあ、日本……。
 というか特殊警棒なんざ買う前に警察呼べと思うのだが、最近の警察はそれこそ「たかが子供の悪さでしょ」とか言ってきてくれなさそうな気もするしなあ。

 結局おばさんは特殊警棒を二本購入して帰った。
 うーむ……

 

最近はちと銃関係の熱が冷めてきている。
 幾つか私は趣味を持っているが、引越を機会にむしろ熱帯魚熱の方があがってきて、更には最近サイコーにムカつく事があったりしたせいか(分かってた筈なんだけどな、くそっ!)、水槽をぼーっと見ている方が気持ちが良かったりする。

 まあそれはそれとしてもショットショーである。
 年に二回のバーゲンセール。行くだけいっとかないとな。

 でもなー。特に欲しい新製品も無いしなー。
 などと思いつつも難波に脚を運ぶ。

 マルイのハイキャパ45の実射展示とかしてて撃たせてもらう。
 おう、良い感じだ。まあ安っぽいのはしゃーないが。撃ちまくるには気楽でよろしい。出たら買うぞ。そろそろサバゲ愛用のベレッタにも飽きてきたところだし。夏とかって話だが――。<ちなみに226は更にその数ヶ月後だそうで。

 とかなんとかやっていると気が付けば袋に五丁の銃が。
 …………いいんだよ、二丁は頼まれモノとか、進呈物とかだから。
 長モノ買わなかった私の理性を誰か褒めて。


 それはともかく。
 その後公務員の友人Sと合流して映画に。
 キルビル2見に行っても良かったのだが、どうせだからと「キャシャーン」を見に行く。
 …………
 ………………
 ……………………

 営業妨害になりそーなのでこれ以上の発言は差し控えます。
 ええもう。

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。