スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

新宿にてA氏と雑談込みでちょっとした打ち合わせ。お昼をごちそうになってしまう。

 その後汗だくになりながらも電車にのって渋谷へ。
 エンターブレイン社のえんため大賞のパーティに出席。
 色々な業界人の方と会う。あんな人とかこんな人とか。いつもの人とか(笑)。

 他には受賞者の方とか。

 しかしなんだか今回の最優秀賞をとった作品、スゴイかもしれない。
 小説は最終的に現物見ないと良い悪いの判断なんかつけられないけど、ひょっとしたら凄まじいものになるような気が。どう凄まじいのかはともかく(笑)。
 少なくとも私には書けと言われても書けない代物である事は想像がついた。他の方も気になっていたらしく、話題になることしきり。受賞者である著者さんも交えて盛り上がっていた(それを横目で見ながら名刺配りの旅に出る私)。

 パーティが早い時間で終わったので、居酒屋に雪崩れ込み、いつもの先生方と談笑。

スポンサーサイト

 

エンターブレイン社でちょこちょこ新作のうち合わせ。

 その後富士見書房へ。しかも着いた途端に缶詰になる。その様子は10月発売の「棄てプリ」のあとがきに詳細に記されることであろう。<嘘です

 その後メシ。
 インド料理店らしいのだが何故かコースはしゃぶしゃぶ。
 しかも何故かコロッケの上にはばちばちと音をたてて火花を散らしている。
 
 かなり謎な店なのだが、美味でありました。んご。

 

某K氏の家に泊めてもらい、徹夜で語り合ってから、帰阪。

 疲れた状態でメールチェック。
 その後、日本橋へ行ってカート買ったり。

 帰ってきて仕事。うううう。眠い・・・・

 

何げに日記強化週間になってるな(苦笑)。
とある事情からあんまり積極的には書かないようにしてるんだが・・・・

ともあれ。
アミューズメントメディア総合学院で体験入学講師。
その後友人連中と共にインドア・サバイバルゲームフィールド「BBgun」に出征。電動銃の充電器が見あたらなかったので、あえてハンドガンだけで参戦。
 結果。十ゲーム中、二人殺って、代わりに十回殺られた。うう。
 ぐりま曰く。「駄目じゃん。真っ先に戦場で突撃して死ぬタイプね」
 やかましい。

 しかし訓練と実戦は違う、とかよく言うけど、マジな話、家で遊びで動作させてた時と、ゲームに使う時とでは、本当に違う。お気に入りの銃が、実際にゲームに出るとトラブルが続出したり。
 という訳で近々作動性のテストと耐久性テストもせにゃならんなあ、とか思ったり。いや、スライドストップがかからない状態でもブローバックするもんでね。弾出てないのを知らずに撃ってて逆襲されましたとさ。それも友人に30センチの距離から(苦笑)
 額が痛い・・・・

 何はともあれ銃の種類数ではなく、装備の充実が急務であるなあ、と実感した次第。特にインドアでBB弾、膝で踏むとすげー痛いのだ。長袖、フルフェイスゴーグルに加えて、ニーパッドは必需品だな。

 

コミケ初でびゅーである。

 朝のはよからホテルを抜け出し、日本最大のオタクの祭典へと。
準備に特別協力の(強力の?)ふぇんりる氏に手伝ってもらい、ひたすら店開きの準備。

 とにもかくにも安曇氏のポスターが強力。みんな足を止めて見る見る。
 不手際は色々あって数え切れないが、まあとりあえず無事に店開き。

 ぐりまと「・・・・大量に売れ残ったら泣いて帰るぞ」と言い合っていたが、無事に八割がた消化して体力が尽きたので、やや早めに店じまい。

 

今日はコミケ参加二日目(コミケそのものは三日目)。

 騎羅氏の店でぐりまともども売り子。
 例の「ぽぽろっか」に私も参加しているからである(あくまでイレギュラーなゲストだが)。

 朝にお世話になっている方や面識のある方など、数人の方に挨拶回り。他にも挨拶すべき方は何人もおられたのだが、時間切れで今回はあきらめる。

 でまあ・・・・途中、何箇所か見て回ろうと思ったのだが、人ごみに押され小突かれ、悲しくなったりむかついたりしていて、目的の場所に行く前に挫折。無念。
 しかしまあよくも当然の顔して人の頭を押したりできるよな。
 ぶん殴ってやろうと思って振り返ったら、おとなしくなったが。

「なあぐりま。そんなに私の顔は怖いか?」
「チンピラやくざみたい」(即答)
「・・・・・・」(半ば自覚があるだけに言い返せない)

 しかしこう、千冊以上の本が数時間のうちに消えて行く光景は感動的ではあるな。それが自分のサークルでなくとも。
 
 ちなみに例の「ぽぽろっか」だが異様にお買い得な本になっている。
 カラーページがしこたまついて普通の同人誌と同じ1000円である。イラスト好きな人は手にとって見てみるといいかもしれん。
 宣伝でもあるが、これはマジな話。描いてるメンバーも凄いしね(なぜか私のような不純物も混じっているが)。

 企業ブースでエンターブレインにも顔を出そうと思ったのだが、異様な人口密度の為に挫折。

 とまあ。
 そんなことがあったりなかったりして、二日目も終了。
 その後打ち上げに行って馬鹿話やカラオケなど。

 

ふと思ったこと。

 ぎぐりん。「不安に満ちた小動物」は、「やっぱり榊さん見た目ヤクザみたいで怖いですすよ」などと本人に向かって断言しないと思います。

 ああ。しかし手違いで彼の恥ずかしいビデオが撮れなかったのは痛い。
 きっと彼の事だから●●で●●●な授業をしたに違いないのだ。きっとそうだ。そして恥知らずにも●●な事を体験入学の生徒さん達に言ったに違いないのだ。しかも無理矢理●●●●ッ!ああ、そんなッ!? それは、そーれーだーけーはーッ!?

 と、ゆーよーなビデオを富●見の編集部とか、某社の編集部とかでじっくりねっとりまったり鑑賞する計画が・・・・全て泡沫の夢と化したのですね・・・・

 私のケルマディック海溝よりも深遠な落胆など露知らず、彼は楽しげにのたまった。
「でも女性って本当、ホモネタ好きッスよね」

 ・・・・・あんた、本当にどんな授業してきたですか、ぎぐりん。

 

レーザープリンターを買う。デビュー直後に買ったのがいい加減調子がおかしくなってきたので、よしいっちょいいものを――と思って業務用というかA3対応の奴を買う。さすがにカラーは手が出ないが。

 で・・・・キャノンのレーザーショットを買ったのはいいのだが、重い。むっちゃ重い。これを改めて組んだ台の上に置くのだが・・・・腰が駄目になりそうである。だがいざ設置して印刷してみるといい感じ。あこがれのカセット給紙である。うおーかっちょえー。

 で、何に使うかと言われれば、ぐりまが「楽園」通販用のペーパー刷るのに使ってるだけだったりもする(苦笑)。

 

不死身の・・・・もとい富士見の担当編集者Tさんと新人のAさんが来阪。
 アニメ●トあべのベルタ店の店頭で市場調査用のアンケートを採っているお二人を見物に。

 アンケートとられている人は人で訳が分からなかったのではないだろうかと思っていると(だって富士見の本を買ったら、いきなり背の高いにーちゃんが寄ってきて「どうしてその本を買ったのですか?」などと尋ねるんだぜ?)、どうやらAさん、キャッチセールスと間違われて警備員に職務質問(?)受けたらしい。

 いやまあ、確かに傍目から見てたら妖しいけどさ。Tさん達もお仕事なんだから、先に警備員さんにはきちんと話を通しておいてあげてください、アニメ●トさん(苦笑)。

 その後お気に入りの店に行って食事。
 フォアグラを食して「肉の脂身そっくりです」とのたまうAさん。
 ・・・・そう言われれば味はそっくりかも(笑)
 まあ脂肪太りした肝臓喰ってる訳だしねえ。

 食事後・・・・新幹線の最終に間に合わないと慌てるAさん、何故か余裕のTさん(どうやら彼女は自分だけきっちりホテルを手配していたらしい)を見送って私は帰宅。

 Tさん&Aさん、お疲れさまでした。

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。