スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

なんかこー先月の終わり頃にウイルス食らってからばたばた。

いろいろあったんだけど(富士見の新人賞授賞式とか、前からずっとファンだった作家さんとIRCでチャットできたりとか、XPがうまくインストールできんとか、某企画で打ち合わせしてたくさん名刺もらったりとか、関西の業界関係者仲間で早めの忘年会したりとか)なんかこう、目の前に校正原稿があったりすると全て吹っ飛ぶ。

 余計な事を考えるな、俺。
 今はこの原稿に集中するんだ!

 ・・・・と思いつつも「世間では日曜日なのに」とメランコリックな気分になる。いやまあ、日曜に休めないスケジュールは全て自分の責任だが。

 などと煩悶していると、担当さんからFAX。
 そうか、苦しいのは、日曜なのに働いているのは僕だけじゃないんだねッ!(<当たり前だ)とか阿呆な事を今更ながらに実感して仕事にとりかかるも、付箋がないのに気づいて愕然とする。

 ・・・・我ながらなにやってんだか。

スポンサーサイト

 

うわ。12月の日記、一回だけしか書いてない。

うーん。いかに余裕がなかったかよくわかる。
今年は謝恩会の会場で担当さんに著者校正渡されたし。
「こ、こんな日に?」
「明日までですのでよろしく」
「いや、でも。あ、そういえば藤城せんせは? お姿が見えませんが」<必死に話題転換
「原稿を、描いておられます」
「・・・・・・」
「なんの原稿か、聞きたいですか?」
「・・・・・・」
「なんの原稿のせいで、藤城せんせが謝恩会にこれなかったのか、知りたくはないですか、榊さん」
「知りたくないです。ええもう。全然知りたくないですとも」

 そのよーな会話を交わしつつ、富士見書房の謝恩会を過ごし、コミケの搬入に立ち会ったり、某漫画家さんに無理を御願いしたり、ひたすら某理系作家さんから「シュレーディンガーの猫」や「マクスウェルの悪魔」についての蘊蓄を聞いたり、コミケで本売ったりしながら気がつくともう今年も終わりである。

 今年一年、お世話になった方々に感謝を。
 ご迷惑を掛けた方々に謝罪を。

 そして全ての方々に「来年もよろしく」と。

 では良いお年を。


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。