スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

新年あけましておめでとうございまする。本年もよろしく御願いします。

 ・・・・・つーか、殊更に仕事してるわけでもないのにこんなに忙しいのはなんでだ(苦笑)。これだから年末年始ってやつは・・・・

 休む間もなくまた仕事。むう。
 まあ全く仕事しない日なんてのは恐らく一年で三日もないのだが。それにしても一ヶ月ほど馬鹿になって南の島でボケーっとしたい気はする。多分、二日目には仕事が気になって帰ってこようとするんだろうけどな(苦笑)。

 多分、今年は去年より忙しい・・・・
 マジにどうにか仕事の効率をかんがえんといかんなあ。

スポンサーサイト

 

富士見書房から「ストレイトジャケット」の三巻が届いた。
 著者の特権で一週間ほど早く届くのである。まあそれは驚くことでもなんでもないのだが。

 本をぱらぱらと開いてみてたまげた。

 絵。すげえ。

 元々藤城せんせはやたらに巧い方なのだが、今回は年末進行スケジュールの関係もあって、私はモノクロの方のラフを見ていなかったのである。なので改めて完成品を見てかなり驚いた。

 P127の絵とかも地味なんだが「ここまで描けるのか?」という感じ。表現力というかなんとうか。表情が異様にリアルである。
 今までのキャラは言うに及ばず、新キャラも格好良い。

 藤城せんせの絵だけでも今回は買っていいです。マジで。

 

どうにも原稿が進まない。
 早いときは一日50枚でもいけるが、駄目な時は一行も進まない。正確には十枚書いては消し、十枚書いては消し、結果0枚。ここんとこ毎日これである。肉体的にはともかく、精神的に非常に辛い。穴があくほど脆弱な胃はしてないと思うが、どうにも気が滅入る。

 という事で気分転換にビデオでも。
 今更だが「ヴァンパイアハンターD」である。
 当然ながらつい最近の方。川尻監督、マッドハウスの方。

 なんというか川尻監督は何本も菊池秀行御大の作品を手がけているが、今まで「ハズレ」と思った事がない。あの濃い絵柄や演出は「くどい」という人もいるかもしれないが、私は好きである。

 という事で今回も満足。
 というか――よくぞここまで、という感じではある。

 原作に忠実にする部分は可能な限り忠実に。
 しかし独自の味付けは随所に。
 演出も作画も申し分なし。

 ラストもある意味では陳腐だが、ツボを押さえた作りで良かった。
 葬式のシーンの「祈り」も、あれが気付いた人は気付いただろうし――ああいうさりげないアレンジというかファンサービスも素晴らしい。

 満足度は原作と同等かそれ以上である。久々に良い仕事を堪能させていただきました。<何を偉そうに

 小説や漫画のアニメ化に関しては色々な意見をよく見掛けるが、これくらい出来れば誰も文句言うまいに。
 いや――これでも言う人は言うのかな。

 物書きを職にする以上、これくらいの映像かをしてもらえるのが夢ではあるが――まあ無理か(苦笑)。
 そもそも映像化自体がまだまだ夢だが。
 道のりは遠い。
 せめて数年後に自ら読み返して悶え苦しまないような完成度を今は目指すのみである。

 で、振り返ってみると。
 やっぱり原稿は進まないのであった。

 ううううううううう……誰か助けて。

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。