スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

エンターブレイン社(ファミ通文庫編集部)から電話。

「すいません。『ストラグル・フィールド』の二巻は4月発売という事で」

 という事で3月発売だった『ストラグル・フィールド 復讐者の残影』は4月発売と相成りましたのでございまする。

 ちなみに私が原稿落とした訳ではない。
 無論、絵師の騎羅氏が原稿落とした訳でもない。
 誰が悪いのか、と問われると「いや、別に誰も悪くないんだけどな」
 と答えざるを得ない。

 どういう事かというと。
 担当編集者のサトーさんが、引き継ぎとか打ち合わせとかないままに、いきなり長期入院して面会謝絶(ちょっと誇張?)だからである(苦笑)。

 しかしエンターブレインのサトー氏、えらい数の担当作家を抱えていたので、「いつか決定的に身体壊しますよ。担当作家減らしてもらいなさいな」と忠告していたのだが。
 まあサトーさんに限らず、編集者というのは大変な職業である。いや、マジで。私なら一ヶ月ともたんわ。激務だしストレスたまりそうだし、何よりも生活時間が一般人とずれる。
 そりゃ身体壊しもするわな。

 まあゆっくり養生して新品同様のネオ・サトーさんになって出所、もとい退院されるのをとりあえず望んだりする私であった。
 お大事に。

スポンサーサイト

 

鬼武者る日々。

 というわけで部屋の掃除と、新しく買ったノーパソの環境整備の合間に、ぐりまの買ってきたソフト「鬼武者2」をする私。

 まあ松田優作はいいとして、布袋氏のテーマソングはどうにも違和感があるのは私だけだろうか。いや、曲単体では別に問題ないと思うのだが。
 アニメ版「るろうに剣心」のジュディマリと同じ類のミスマッチ臭がするのだが、そんなの思ってるのは私だけか。
 私だけですか。そうですか。すんません。

 それはともかく、まあ鬼武者は前回同様面白いです。うん。
 「空前絶後のバッサリ感」とはどこぞに評されていた「鬼武者」の感想だが、なかなかうなずける。PTAには評判悪そうだが。

 鬼武者の影響なのか、何なのか、晩飯つくってたら包丁で左手の指をぶっすりいった。痛い。ああああ。キーボードがうちにくい……

 

えーと。

 バトルロイヤルが出ているので、ちょっとアーフィネームのコンテストについて内容的にフォローというか、補足。

 見てのとおり、あれは「ダイジェスト」のよーなもんです。
 とりあえず今回は三体名前出しですが、故意に欠落させてある部分があの話にはあります。本格的にその話をやらせて貰える際には、あの三体もはっきりと描かれ、他の数体も出てくる筈ですが、やらせて貰えるかどうか、担当さんと交渉中。

 なんにしても先にこのサイトでの一覧発表になるとは思いますが、すいません、今手一杯なのでもうちょっと待ってください<アーフィ達の名前

 

ばたばたと仕事。
 激務と言うほどきつくないけど、全体的に忙しい感じ。

 合間にガンショップ(笑)
 マルイのガバメント購入。
 うーん。3000円以下でこの出来は良いです。モデルガン並とはいわんけど、目立った違和感もない。
 マガジンがフルサイズでなかったのは少々残念だけど、まあ「割り箸」でなかっただけマシ。
 やっぱりガバは基本。本当はこの出来でハイパワー(コマーシルビジランテか、MK3)造ってほしいんだけどなあ。ハイパワー人気ないのかなあ。いや、タナカのカスブロは持ってるけど。

 そういえばちょっと哀しいお話として、ドラマCD出演予定だったあのキャラが出番なくなりそうですねい(泣)

 今回は私が忙しいので、とりあえずCDのスタッフの方々に完全お任せなのですが、「キダーフというキャラを描ききる場合にシングルCDの枠は辛い」という事で相談の結果、彼の出番は無くなる模様。

 スタッフの方々がいい加減な人たちなら、「まあ適当にやりゃいいやー」で出す事も可能なのでしょうが、前回同様、とても真摯に造ってくださっている様なので、むしろ「キダーフ降板」は英断と思います。はい。

 それから東京出張用に色々と買う。
 先日買ったリブレット用のケースとかいろいろ。

 

東京でうごうごと。
 連載される棄てプリの漫画の作家さんと顔合わせとか。ドラマガ本誌の取材とか。色々。

 浪人生時代からの友人キッシー嵐山から話題の同人小説「空の境界」上下巻を買う。
 …………ぶ、分厚い。

 しかしこれを1500円で売ってるって事は……一体、何部刷ってるんだ? 同人誌に商業誌が抜かれたら笑うしかないぞ(苦笑)。いや、「月姫」の勢いを見てればまあ、十分考えられる話だが。

 まあ仕事の合間にじっくり読もう。かなり私好みの小説よーであるし。

 



 昨日は業界人の知り合いの方々と飲み会(というか食事会)。

 それはいいのだが、話し込んでいたら終電のがして、あげく半徹夜状態でへろへろ。もう若くないのだなあ、とか爺むさい事を考える私。

 それはともかく。ある絵師さんから言われたこと。
「榊さんの日記見てると小説に煮詰まってるか、銃買ってるかじゃないですか」
 …………!?

 そ、そんな筈は。
 でも、いちいち見直して確認したりはしないのだ。私は明日に向かって生きる前向きな人間だから。ええもう。決して事実を認めるのが怖いのではないぞ。本当だ。うん。


 それはともかく、徹夜してたら風邪こじらせた。
 喉が痛い。咳が止まらない。
 でも仕事の締め切りは今日中なのであった。
 ううう。

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。