スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

朝。六時半。死ぬ想いで原稿あげてメール送信の後、仮眠。

 十時起床。つーか、友人のともかず(86使い)に電話で起こして貰って、ばたばたとシャワー浴びて着替え、共に難波へ。そう、ショットショーだっ!!<大馬鹿

 実は昨日もこっそり仕事を一時間だけ抜け出して、見に行っていたのは担当さんには秘密だ。

 ついでに言うとWAのIED5インチスライドモデルが半額だったので思わず買ったとか、中古の24金メッキのSWM10のFBIスペシャルをゲットした事とかはぐりまには秘密だ。

 いや、まあそれはともかく。
 昨日見たら「いやあもうこれ底値だから。もうまからないよお」と言っていた某店がマルイの電動ガン・ファマスSVを、今日は昨日より三千円も安い一万円で売っていた。
 大人は嘘つきだ。きっと仕入れ値は三百円位に違いない。きっとそうだ(偏見)。

 とりあえず資料用にゲットしたのはやっぱりぐりまには秘密だ。

 そういえば定価198000円のエアライフル、通称「ゲネス」が競りにかけられて34800円で売られていた。定価で買った人間はどーなるんだ、おい。ああ、私は基本的に十万以上する代物には手を出さない主義なので買ってないぞ、念のため。

 昼過ぎにぐりまと待ち合わせて名古屋へ。
 ぐりまの母上が開店したという喫茶店に顔を出す為である。
 母上の趣味で、入り口近くにはどでん、とディスクタイプのアンティークオルゴールがと置いてある。これがなかなか凄い。直径一メートル位の金属製のディスクをセットして、ぷんぽろぱんぽろ鳴らす訳だが、オルゴールとは思えない音色だ。
 うーん。職人が未だ一杯いた時代の工芸品である。いいなあ。

 しかしこう、ディスクタイプのオルゴールとか見ていると、何故か鳴らすと何処かの隠し扉が開いたりとか、戸棚の鍵が外れて重要アイテムがゲットできるのでは、と反射的に思うのは、バイオハザードの悪影響か。

 珈琲をごちそうになって、三時間ほどしてから帰阪。
 あー、あんまり寝てないし疲れてるんだけど、折角今日からラグナロクオンラインが課金後正式オープンだからちょっとやっとこーっと。

 疲れのせいか、二時間後頭痛がしてきて、寝る。

 あああああ。駄目人間。

スポンサーサイト

 

 関西在住の業界関係者と忘年会。

 参加諸氏の御迷惑になってもいかんだろうから面子は書かないが、初めてお会いする方も来ておられて面白かった。何処のレーベルであれ、良い作品を書いている人、作品が売れている人、というのはお話ししていても単純に楽しいし、そこに色々新しい発見が在って、何というかお得な感じである。

 まあ初めてお会いする方に関しては、実を言うと作品とのギャップが何より楽しい。

「こういうの書いてる人だから多分、こんな感じの人だよな」と思っていくとまず十中八九、裏切られる結果になるのが、非常に面白いのだ。

 何にしろ、皆頑張っている。
 私も頑張らないと――と思いつつ、珍しくかぱかぱワイン飲んで(普段はまず飲まない)帰ってきたののでした。

 さて。追い込みだー。
No(904)

 

いい加減師走である。のんびり師匠もてけてけ走る月である。

 結局G36Cは買わず、S&WM945もガバメントCQBも買わず原稿を書く健気な私。よよよ。<単に「別に急いで買う程のもんでもないか」と想っただけだが

 真面目に自分の生産能力の限界が見えてきているのだが、どうも仕事の話が来ると断りづらい。というか断れない。立場的にも性格的にも。十年続けられればベテランと呼ばれるこの商売、仕事があるのは幸福な事なので、「ごめんなさい」と先延ばしにする事はあっても断る事なんて出来やしない。

 毎年はそろそとのんびり残りの仕事を片付ける、という感じだったのだが、どうも今年は気が抜けない。うーむ。年末の東京入りもなんかばたばたしそうだ。まあ自業自得ではあるが。
 なんかぐりまも忙しそうにしているし。

 そういえば。
 通販の事であるが。
 他のページでも書いているが、どうもうちが利用している民間私書箱を私の家と勘違いしている人がいる――のはまあ当然としても、そこへ押しかけて私の家ではないと知ると「榊の住所を教えろ」とごねる人がいる様である。
 
 うーん。
 一体何が目的でそういう事をしてしまうのだろうか。

 極端な話、私に何か言いたければぐりま経由でメールを送れば良い訳だし(実際そういう人は多い)、単純に掲示板とかに書いてもいい。
 単に「どんな奴か見てみたい」と想うのなら、コミケなりAM学院の体験入学に参加すればいい。

 あえて住所を知りたがるというのは何故なのか……
(私の方が自意識過剰なのかもしれないが)「榊の家を知っている」「あくまで自分で尋ねていって榊に会った」というのが、他の読者さんより一段「凄い」とか「偉い」という事になったりするんだろうか。

 私もミーハー根性があるので、そういう気持ちそのものは分からないではないのだが……
 真面目な話、私にとっては本を買ってくれる人は皆お客様であり、一部の読者を堂々と特別扱いする訳にはいかないと、常々言っている訳で(幾つかの特殊な事情が重なって結果的に特別扱いになった事は何度かあるが)、ましてや「私を他の奴等より特別に扱え」といった感じで来る人は尚更そういう訳にはいかない。

 前にも書いたが、コミケの際も何故か「私は関係者」みたいな顔をしてブースの中に入りたがる人が毎回いるし、コミケが終わった後の関係者の打ち上げに、「当然」といった感じで付いてくる人がいる。しかもこれが、遠回しに「困る」と言っても分かっていない様なのである。

 挙げ句に私の個人情報をどうしかして手に入れて(例えば実家の住所とかな)、他の読者の方に得意顔で語っている奴までいるとなった日にはもう……困るを通り越して腹が立つ訳で。

「そんなの有名税だよ。一定数読者が居ればかならずそういう人は出てくるよ」とは某先輩作家の方の言である。
 実際は私もそうだと想うのだが(どうせならもっと大物の所に行けばいいのに――とも想ったりするが)……

 しかし、わざわざコミケとかサイン会とかに来てくれて「がんばってください」「いつも楽しみにしています」などと言ってくれる人を前にして「こいつもひょっとしたらそういう困ったちゃんなのかも……気を付けないと」とか想うのは、どうしても辛いし、大多数の普通の読者さん達に申し訳ない(というか思いっきり失礼だわな)。

 なので、まあ要するに――
 一応物書きであると同時に私も一人の人間なので、イベント外(コミケの後とかも含む)でつけ回したり、イベントでも勝手にこっちのブースに入り込んだりして、『特別』を強要する様な真似はやめてね、という事であります。

 

電撃萌王とか買ってみる。
 目当ては「まじしゃんずあかでみい」で挿絵を担当してくださるBLADE先生の漫画なのである。

 …………(←読んでいるらしい)
 ネズミさん、イカす。<激しく萌え所が違います。

 などと基本的なボケはさておき。
 一月発売のエンターブレイン刊「まじしゃんずあかでみい」のキャラ絵とかもそろそろ編集部経由で見せて貰っていたりするのだが、身悶えする位に可愛いのでそっち系好きな人は期待されるがよろしいかと。<送ってもらったカラー原稿そのまま壁紙にしちまったよ

 しかし電撃萌王って本、初めて買ったが……
 これは一体何の本なのだ!?

 ゲーム雑誌でもアニメ雑誌でも漫画雑誌でもない、「美少女」そのものがコンセプトの本というのが成立してしまうというのはある意味で凄い。まあそういう意味ではちょいと仕事で噛んでいるエンターブレインの「まじかるきゅーとぷれみあむ」も同じなのだが――

 いまいち読みどころが分からないのは最早私がオヤジの証拠なんだろうけど、このすがすがしいまでに露骨なコンセプトには、冗談抜きで敬意を覚える。

 店員の目を気にしながら「レモンピープル」とか買っていた時期が懐かしいのお。あとは「メロンコミック」だっけか。「モーションコミック」とかゆーのもあったな。<懐古趣味は年寄りの証拠です

「シャリル・ストーリア」とかいう題名の妖精の漫画とか好きだったんだが。「シスの妖精」とかいうのが出てくる奴。……ってさすがにマイナー過ぎて誰も知らないか……?

 

 いつものガンショップ。

 目当てはG26アドヴァンス。まあそれは買わなかったのであるが。

「なにこれ? ●●●のデザートイーグルそっくりやん」
「はっはっは。それはな。●●で作られたエアガンを輸入してきたものでな」
「おお。●●。いんたーなしょなる」
「●●には外装が●●●で、中身が●●●●●・●●●●のマ●ナ積んでるタイプも売られてるらしいが」
「……あの。それは海賊商品というのでわ」
「大丈夫だ。あの国に知的所有権は無い。つーか言ってもきかんし。あの国の人ら。レーザーサイトなんざ、現物渡したら、一週間後には向こう三軒両隣の工場で同じもの作ってるから」
「うひい」
「まあでもさすがにほら、●●●●●・●●●●のK社長はアレだから」
「アレだねえ」
「下手な代物輸入して裁判だの何だのと暴れられても困るからね。さすがにマ●ナ入りの奴は輸入しなかった訳だが。その代わり中身をコッキングエアタイプにしたものが入ってきた訳だな」
「それはそれでまずいよーな気もするけどな。しかし元が●●●だけになかなかコッキングエアガンとは思えぬ造り」
「うむ。ちょい高いけどな」
「手元に置いて握ったり構えたりするだけなら、むしろガスガンより気楽だわな。プラだし。うお、しかもこれスライドストップかかるやん? コッキングのくせにスライドの上のセフティもライブだし。生意気な!」
「うむ」
「……………………買おう」
「毎度」

 というような会話があったりなかったり。

 しかし知的所有権とか著作権っつーのはあまり他人事ではなかったりもする。

 ふと想い出したが、先日「ニュータイプUSAに載せるので、キャラの名前の綴り教えてください」と言われて調べたのだが……

 御存知の通り、棄てプリは大体が銃の名前からセカンドネームとかとっているのだが、中にはもじらずに、まんまのものもある。カスールとかな。
 これって……載っていいのか? 登録商標とか人権侵害とかにならんのか?

 いつぞやの「ララア専用モビルスーツ」みたいな事にならんか!?
 あるいは悪のポケモン「ユンゲラー(だっけ?)」事件みたいにならんか!?
 在るひいきなり英語の訴状が届いたりせんか!?

 あ、でもそうなると、小説で悪役とかと同じ名前の人から著者を訴えたりする事も出来るしなあ。

「貴様の野望も最後だ、ロドリゲス」
「くっ。くそおっ!!」<自爆
「悪は滅びた――」

 その後世界中のロドリゲスさんが著者に抗議をしたりなんかして。
 それはないか。

 うーん、微妙微妙。

 

 …………財布落としました(爆涙)。

 いや、金はそんなに入ってなかったし、クレジットカードも即座に止めたけどさ。
 この年末の糞忙しい時に財布落とすなんて、なんて間の悪い。面倒ごとだけが増える増える。あーもう……

 というかふと想ったけど。

 落としたんじゃなくてすられたんじゃないのか?
 家でてから気付くまで、一度もポケットからだしていないのである。これでは落とし様がないわな。すると……

 そーいえば十年ほど前の大学時代にも一度財布落としてスキューバの免許証とか全部パーにしたんだよな。再発行も面倒くさいからしてなかったし……

 ああああ。

 

えー。お騒がせしました。見つかったようです(汗)。
 連絡在りましたですよ。

 さんざん探し回った筈の店から出てきたり。でもあそこで財布なんか一度も出してないんだけどなあ(無くなったのは会計の時に気付いたのな)。
 ずーっと座ってメシ喰ってただけだし。
 無いと気付いた途端に座ってた席とかは調べたのだが。
 調べ方が足らんかったのか……
 店の人にも迷惑をかけてしまったようだ。

 まあ出てきたのでどんまい<自分で言う人

 わざわざ連絡くれたNさんとお店の方に感謝(そのNさんに連れてって貰ったお店なのだよ)。ちなみに焼き肉屋さんなのだが、とても美味しゅうございました事よ。久しぶりに「箸で裂ける」肉を食いましたです、はい。<普段は定額食い放題の店に行く奴

 でも擦られたのではなかったにせよ、尻ポケットに財布入れるのはやっぱまずいかもしれん。気を付けますです。はい。

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。