スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 あけましておめでとうございまする。
 本年もどうぞよろしくお願いします<日記で何を書いてんだか。

 それはさておき。
 新年から仕事である。いや、マジで。大晦日も新年もないのだ。うわーん。

スポンサーサイト

 

 ああ。なんてこった。

 ぷくが。ぱっぷくどんが。ウミガメの様な泳ぎで私を楽しませてくれていたスッポンモドキが。

 死んだ。





 ――と想った、マジで。
 いや、実は年始参りだ、仕事だと、ばたばたしていたせいで、水槽のヒーターがコンセントから外れている事に気が付かなかったのである。

 気が付いた時には腹を上にして水底に沈んでいた。

 見た瞬間、『死んだ』と確信してしまった。
 それでも取り出してみたのは、『もしかしたら――』と想ったのだろうが、完全に冷たくなっていて、ぴくりとも動かない。手足も脱力したままで呼吸している様子も無い。

 もう完全にパニックになった私は、丁度家に帰ってきたぐりまに「ぷくが死んだ!!」と叫びつつぷくの身体を掌に載せたまま右往左往。

 だが「え? 本当に? 本当に死んだの?」
 とぐりまに言われてふと我に返り、慌てて暖めてみる。25度位の温水に浸けてみたのである。

 そうすると――動く! 尻尾が動いてる!!

 もう仕事そっちのけで(すんません)ガスファンヒーターの前にぷくと温水を入れたバットを置いて様子見。結局、それから二時間ほどでぷくは何とか触れば反応する程度には動ける様になった。

 ところが、だ。
 麻痺したのか酸欠が神経に来たのか、元通りに粋そうに入れると、溺れるのだ。
 終生水中で暮らす筈の亀が、息が出来なくて(水面まで上がれなくて)もがいているのである。

 再び恐怖する私。
 どうも後ろ足が全く動いていないので、浮き上がるのに推力が足りないらしい。
 マジで目の前が真っ暗になった。
 私がうっかりしていたせいで、ぷくはもう泳げない身体になったのではないか。泳げないスッポンモドキとは飛べない鳥であり、歩けない犬である。ごくごく当たり前に出来る筈の事を私の不注意が出来なくしてしまった訳で――

「たかが3980円の亀でしょ」と言う人もいるかもしれんが、少なくともその言葉に違和感を感じない様な人間にはなりたくない。偽善かもしれないけどな。

 で、結局インターネットで探した動物病院(爬虫類も結構本格的に治療してくれるらしい)にぷくを連れて行く。

 結論から言えば、基本的な診察でぷくの体内に異常は認められなかった。
 なのでリハビリ(!)していれば元通りに泳げるようになる可能性もある、との事。

 ほっとすると同時に驚愕。
 この獣医さん、どーやってぷくのレントゲンとったんだ!?(いやまあ、実はきちんと映る様です、亀でも)

 でもって更に。
「じゃあ栄養剤と抗生物質、点滴しときますから」

 点滴!!
 全長十五センチ余りの亀に点滴ッ!?

 出来るのかっ!? と想ったが数分後、ぽちっと前脚の付け根に点滴の跡を残しつつぷくは戻ってきた。

 で、家に帰って溺れない程度の水深にして温水に戻す。
 するとまあ動くこと動くこと。あの獣医さん、やばい薬でもキメたんじゃねえだろな、とか(失礼)想う位に元気に動く。
 でもまあ、やっぱり後ろ足の動きは鈍かったりするのだが。

 とりあえず様子を見よう、とは獣医さんのお言葉。

 良くなってくれるといいのだが。
 ごめんよ、ぷく。そいでもってがんばれ。

 

 

 たまーに知り合いの作家さんの本についてこの日記で書いたりする事があるが、今日はそんな話。

 先月の末(だと想う。とある事情からフライングで献本してもらったので正確な発売日が分かりません。ごめん)に出ている本でメディアファクトリーから刊行されたもの。
 織田兄第・著
「感応者SAKI ネットストーカーの罠」という本。

 著者名は見慣れぬ名前かもしれないけど、実は小説版魔導物語(エンターブレイン社)の作者織田氏とその弟さんの共著のペンネームである。
 まあ作者の素性なんざ読み手にはどーでもいい事なのであるが。

 丁度出先(旅先?)だった事もあり、正直あまり期待はせずに時間つぶしの為に読み始めたのだが(失礼)、意外に読み易くてささっと読み終えてしまった。個人的に知人友人の本でも読めない時はどーしても読めないが、これは本当にするっと読めた。

 で――念のために先に言っておくと、私に言わせて貰えば、これは傑作ではない。大作でも無論ない。だが確実に秀作だとは想う。そういう本である。

 ネタバレな部分は省くが、ネットストーカーの狂いぶりとかは少々陳腐。わかり易さをとったんだろうと想うけど、やはりこれは話の盛り上がりなのだから、ステロタイプな『壊れた人』ではなくて、観ているだけで頭がねじれてくる様な、噛み合っている様でいて噛み合っていない様な、異様な雰囲気が出ていれば良かった様な気がする。

 だが――逆に言えば大きく気になった部分はその程度である。

 読んだ後で涙する様な話ではないし、大爆笑する話でもない。むしろ「ちょっとした超能力を持ったおねーさんが、常識的な智恵と勇気でもってちょっと活躍する話」である。世界の危機もないし、派手な超能力合戦も無い。機動兵器も出てこなければエルフもドラゴンも出てこない。恐らく本当にこの話の出来事が我々の世界で起こっていたとしても、我々は気付くことさえ無いかもしれない。
 そんな日常の中のささやかな冒険談と言おうか。
 何というか、ある意味でライトノベルっぽくない。オタクっぽくもない。
 強いて言えばこれはテレビドラマっぽい(あくまで強いて言えば、だが)。

 通常テレビドラマっぽい話を小説で、しかもライトノベルでそのままやると、かなり退屈な構成になってしまうのだそうだが、これは全然違う。

 何というか、のけぞる様な仕掛けや、アイデアが盛り込まれている訳ではないのだが、丁寧でまとまりのある造り(構成にしろ文章にしろ)は読んでいてとても楽というか、気負いを感じない。
 地味なのだが、よくかみ砕かれた平易な語り口(しかも一人称)が読み手を飽きさせない。

 大ヒットをいきなり狙うのではなく、丁寧に良質の、それも気負わないものを造る。
 やれそうでなかなかやれないのだよな、こういう本。
 昔はソノラマとかに結構こういう本が在ったように想うのだが、今はあまり見掛けない。何というかそれが少々私的には残念である。
 
 まあ正直なところ、この話が一番楽しめるのは我々物書きかもしれない(ネタバレになるので細かい事は言わないが)。
 だが普通の人が読んでみても、するすると読める本だとは想う。
 興味があれば一度読んでみてくださいな。

 ところでどーでもいいが、ついつい「ネットストーカーSAKI 感応者の罠」と言ってしまいそうになるのは、やはり語呂の問題なんだろか(笑)。

 

 どうも「ぷく」が元気が無いので再び病院へ。
 なんだかんだで獣医さんと相談の後、入院する事に。どうも餌を食ってくれないので、口をこじ開けて流動食を流し込んだり、点滴したりするようなのだが、さすがに「ご自宅でやられますか?」「いえ、めっそうもない」とお任せして帰ってきた次第。口こじあけるのも下手にやると舌とか傷つけちゃうみたいだし。
 しかし一日五千円。
 一週間で三万円。
 うーん。保険きかない分、人間様より高いぞ(苦笑)。

 まあ3500円の亀に治療費総計四万円とか払うのは、まあ見る人が見たら馬鹿なんかもしれんが、こういう事で金けちりたくないのよな。

 それはともかく。

 なんか動物用であれ人間用であれ、病院は気疲れするので帰りにはぐりまと共に外食。まあそれはいいのだが。

 メニューを見ていてふと。
 「ざるどうふ」だの「つくね」だの「焼きおにぎり」だのと一緒に――

「醤油ソフトクリーム」

 ………………………………………………………………………
 ………………………………………………………………………
 ……………………………………………………………………(汗)

 ここで頼まないと男じゃない。
 いくら450円は高いよなあ、とか想っても、これは頼まないと駄目だ。

 で、頼んでみました、醤油ソフト。

 結論。
 意外に美味かったです(驚愕)。

 というより、甘さ控えめのキャラメルアイスといった感じ。むしろ何処が醤油やねん、と突っ込んだりJAROに訴えたりしようかと想ったり想わなかったり。

 なんか嬉しいような寂しいような、そんな感じ。
 うーん。

 

締め切りの合間に、送られてきたものや、買っておいたモノに眼を通したり。

「Dクラッカーズ」は相変わらず。
まだ読み切っていないのだが、序盤、ちょっともたつくというか、主人公が出てこないので、前巻を読み直さないと首を傾げるような細かいネタが続いたように想うが、梓が出てくる辺りからそんな感じも消えた。
 相変わらず派手ではないんだけど確実な描写力であるし、ネタも上手くまとまっている感じがして、読んでいて気持ちいい。実は、1月は締め切りが四つくらいあるので、カンフル剤というか、本当に困った時に刺激を貰う為にとっておいたのも事実なのだが、そのまま読んでしまいそうである。

 1月発売の本の絵も両方届いている。

 藤城氏の絵もこれまた相変わらず、というと語弊があるか。正確に言えば相変わらず一定のペースで素晴らしくなっていく。正直、ここまで次の絵が気になる人も少ない。
 萌え系のイラストではないから、目立ちにくい部分もあるが(でも今回はかなり女性陣可愛い)、もう本当に素晴らしいのでストジャの読者の方々は期待してください。
 今回、初めて「スフォルテンド」の後ろ姿出てきます(笑)。
 個人的には今回唯一、ブライアンが出ている絵がお気に入り。
 女の子も今回いいんだけど、とにかく、藤城さんのオヤジは素晴らしいです。いや、冗談抜きに。

 ちなみに、今回のストジャ、先に絵を通しで見ないこと。
 最後から二枚目の絵などは完全にオチが分かってしまうというか、ショックがでかいと想うので(笑)。

 でもってBLADE氏の「まじしゃんず~」の絵も到着。
 ある意味で藤城氏と対極的な絵柄なのだが、これがまた良い。

 いつも絵師さんの作品が出来上がってくるときは不安も大きい。特に初めて組む人なら尚更だ。
 例えば安曇さんなどは組んで四年、もう安心しきっているので不安は無いのだが……初めての人と組むとなると、力量云々の問題もあれば、やはりマッチングとかその他諸々の細かい問題も出てくるので、現物があがってくるまで完全には安心できないのも事実。
 ただ上手い人を付けて貰えばいい、一生懸命描いて貰えばそれでいい、というもんでもないのが難しいのだ。極端な言い方だが、いくら素晴らしい本醸造の醤油でも、ケーキにかけて喰ったらまずい、みたいな。逆でもいいけど。

 でもってBLADE氏の絵。
 本当に良いです。可愛い。設定的には自分の創り出したキャラなんですが、絵にして見ると本当に可愛い。また氏はセンスも素晴らしく良いので、総合的なパッケージングとして見ると、バランスがとれているし(ロゴとか、漫画的手法とか、構図とか)何というか艶やかで良いのですよ。
 美少女が売りの本はこうでないと。<小説本編がきちんと美少女してるかどうかの方が不安になってきた

 実のところ「これは絵で損してる」というライトノベルもたまに見るのは事実。

 でも私に限って言えば、今までそれは無い。
 無論、他の人と組んで仕事をするので、ややこしい事もあるし、食い違いもたまには出てくるけど、出来上がってきた絵に失望や落胆を感じた事は無いし、総じて80のものを100に、100のものを150に、と引き上げてきて貰っている。

 漫画の方も同じ。池田氏にしても矢吹氏にしても、予想以上のものがいつもあがってくる。

 これは幸せな事でありますよ。

 これが次の作品も、あるいはその次の作品でも、続いていきますように。
 
 
 という良い話の後に書くのも気が引けるが。

 随分昔、実家でお世話身なったお手伝いさんが入院した。
 私も幼稚園の頃まではよく面倒を見て貰っていた方で、今年でも90を越えていらっしゃる。「ぼっちゃんぼっちゃん」と可愛がってもらったのを覚えている。

 今でもたまに電話が来て「お元気ですか~」と話をしたりしていたのだが。
 さすがに寄る年波には勝てないか。

 電話はともかく、随分と直接はお会いしていないので、ちょっくらお見舞いに行ってきまする。仕事の関係で、そう長々とは行ってこられないけど。
 でも多少の無理してでも、こういう事はしておくべきだと想うのな。
 なので許してください>各社担当さん

 んじゃま。

 

ぷく、退院。

 といっても快方に向かったとかそーゆーのではなくて、「一週間の入院で調子が戻らなかった為」である。うう。

「自分から餌を食べてくれませんねえ」
 とは獣医さんのお言葉。

 実際、病院でも温度管理と流動食くらいしかやれないらしい。
 まあ温度管理なんてものはヒーターとサーモスタットがあれば自宅でも同じだ(まあそれをミスった為に今回の騒動になった訳だが)。
「方法はお教えしますので、ご自宅でちょっと様子を見られますか」

 という訳でぷくの流動食製作。
 市販の水亀の餌を二種ほどブレンドしてから粉挽き機でひいて、茶漉しでこして、んでもって温水で溶いたやつを注射器に入れて細い管くっつけて、そいでもって、細いヘラで口をこじ開けて管突っ込んで注入。

 正直、かなりびくびくもんだったが意外に普通に出来た。
 ヘラで口をこじあけられると「イヤイヤ」といった感じで眼を閉じながら前脚(というかヒレ)を顔を洗うみたいに動かすぷくが可愛い――とか言ってる場合ではないのだが。

 まあ当初はこの嫌がる仕草さえなかった訳で、そういう意味では快方に向かっているのかもしれんのだが……
 普通に動き回りはする様になったようだが、やはり後ろ足の動きは鈍いし、「泳ぐ」という感じではない。溺れないように(亀が、だ……なんたること)水深を六センチ位に設定し、ちょいと顔を上げれば呼吸出来るようにする。

 ところがこれでは通常の濾過器が使えないのである。水深が浅くて。
 いや、濾過はまあ毎日、水を換えれば済むだけの事だが、水が回っていないとヒーターによる加熱が上手く働かないのである(ヒーター周辺だけ暖かくなると、センサーが「それで充分」と判断して加熱を止めてしまう)。

 しょーがないので小型の水中ポンプ買ってきて水を回すのだが、これがまた勢いが強すぎて、ぷく「あわあわ」ってな感じで迷惑そうに動き回るし。付属のシャワーパイプ調節してこれに対処。

 まあ流動食喰わせるコツは分かったが、やはりこのままでは不憫である。
 獣医さんの話では、「特に何処が弱っている、とかそういうのは無い」との事で体調が戻るまでこれを続ける訳だが――最悪、損壊が神経に来ていたのだとしたら一生これをやらんといかんのか。

 まあ正直、大した手間ではないので(五分で済む)まあ私が流動食作って喰わせる事そのものは構わないが、いつまでもこの状態というのも、哀れというか何というか。

 頼むからがんばってくれ、ぷく。

 

先日友人から電話がかかってきて。

「某有名ガンショップの社長、逮捕」

 うわ。
 年末に一悶着あったんは知ってるけど、逮捕されましたか。
 友人によるとテレビでも報道されていたとか。生で見てたらひっくり返ってただろうな……

 でもって行きつけのガンショップの店長からもメール。
「あそこの社長逮捕されたって。知ってた?」
 さっき知りました。はい。
 ――というような返事を返す私。

 しかし何というか……これで業界が自ら首を絞めないといいけど。

 実際、年末の一悶着の件で、問題の店の社長が何を理由に逮捕されたのかは、想像つくんだけどさ。実弾撃てる訳でも、人を殺せる程にBB弾の威力上げた訳でもないんだが……

 マスコミの報道具合によってはまた肩身が狭くなるし、業界全体を潰そう、マニア共の持っている銃を全部没収しよう、という様な運動も起きかねない(要するに規模と対象の異なる一種の魔女狩りだ)。
 何を大袈裟な、とか想う人もいるかもしれんけど、過去にこの趣味の業界は二度ほど弾圧受けてるしねえ。

 さすがに「バイクなんて乗ってる奴は皆暴走族」って偏見は随分小さくなったと想うけど、「銃を趣味に持っている奴は、皆、人殺しがしたいと想っている」てな偏見、持っている人は多いからなあ。

 はあ…………

 

 ぷく が餌を食べる様子を見せた。
 好物のアカムシなので興味が引かれたらしい。まあ実際に食べたかどうかは微妙な所だが(見えにくいのだ)食べる様子を見せただけでも大進歩。今日はえらく流動食を嫌がる様子だったのでもしかしたら、と想って入れてみたら、案の定。

 まだまだ予断を許さないが、ちょっと安心。

 それはさておき。

 編集部からの転送で年賀状とかが届く。
 さすがにデビュー当時の頃の様に全部に返事書く時間は無いけど、きちんと眼は通しておりますです。
 ありがとうございました。

 他にも色々。
 サンプルのグッズとかに混じって、アニメの設定画とか。
 まあどうしてもアレンジが入るので、安曇せんせそのまんまの絵、とはいかないけど、恐らくそんなに原作の読者の方でも違和感ないでしょう。
 個人的にはクリスのカラーリング(無論原作を参考にはしてるんだけど)がなんか好き。これはおいおいどこぞで発表もされてゆくだろうから、乞うご期待。

 ところで、これは最初に監督とお会いした際に、既に聞いていたお話なのだが、キャラデザとか脚本とかとは違う部分で、アニメ独自のアレンジ(?)が随所に見える。それもちょっと一風変わったアレンジだ。

 正直、話を聞いたときはどうなるかとも想ったけど……改めてあがってきた設定書を見ているとちょっと面白い。原作ではフォローしきれなかった(文章でも絵でも)部分だけに、恐らく読者にとってはかなりインパクト出るんではないだろか、とも想う。

 さて、この「プラスアルファ」の部分が画面に出た際にどういう風に見えるのか――楽しみである。こういう部分があってこそのメディアミックスだしね。

 他にも色々細かい話が動いているのだが、確定ではなかったり、言えなかったりするので、今日はここまで。

 

 ぷく闘病(?)日記。

 今日もきちんとアカムシを食べてくれました。
 良かったです。

 つーか病気じゃなくてきっぱりと人災(私の落ち度)だが。
 相変わらず下半身があんまり動いていないのはどうしたもんだか。尻尾はぴょこぴょこ動いてるんだけどなあ。

 しかしこのままぷくが浅い水でしか生きられないとなると、それはそれでそういうケージが必要になってくる。
 でもってぷくのいた水槽が余る、と。

 グッピーでも飼おうかしら<何も飼わないという選択肢は無いのか?

 一時期やたら熱帯魚の繁殖に凝っていた時期があるが、もう今は無理。いくらなんでも繁殖レベルの水槽管理できんしね。
 でもまあ国産グッピーくらいなら、とか思ったり。

 ちなみに知らない人の為に書いておくと、いわゆる国産グッピーというのは、国内で品種改良されたグッピーを指す。

 熱帯魚屋でワンペア五百円玉一枚で買えたりするのは、あれは普通(国産であっても)ミックスグッピーと呼んだりする「雑種」だ。
 でもって、そうではない品種改良種が国産グッピーな訳ですな。

 易くてもワンペア2000円から。高いとワンペア五万(昔はアルビノスーパーホワイトとかがそれくらいしたかな)とかする。

 まあモノがグッピーだけに、すぐに価格は暴落するが(なんせ上手い人ならワンペアから一年で千倍に出来る)美しさを追求して作られただけに、非常に繊細で美しかったりもする訳だ。

 個人的にはドイツイエロータキシード(最早定番中の定番で、値段も2000円代だったりするが)なんかが好き。これを2ペア位買って(増やした際の近親交配対策)群泳させてみたいなあ、とか思ったり<小型水槽ではやめといた方が無難だけど。

 まあしかし、国産グッピーは品種改良まで始めると、最早地獄のマラソンになるので(昔熱帯魚店で働いていた事がって、その地獄ぶりはよく知っている)、手を出さない方が無難か・・・・? とかも思ったり。

 はてさて――

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。