スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

7月に入って多少は暇になったかな、とか思ったらどうも幻想だったようである。

 小説の締め切りは二本に減ったが、小説を書く以外の仕事というか用事が代わりに増えただけの事。あーもう……

 そういえばようやく出来た時間を使って「マトリックス・リローデッド」を見てきた。
 相変わらずのアクションで、素晴らしい。

 とはいえ……あの映画、日本のアニメやコミックスの影響を受けて造られたのは有名だが、なんか悪いところまで真似てないか?

 話がややこしい。いや、実際の構造はややこしくないのだが圧倒的に説明不足。「多分こうなんだろうなあ」と想像力を働かせないと、何をしているのかも分からない演出と脚本はまずくないだろか?
 何の説明も無いままに専門用語的な単語を連発するのは止めた方がいいと思うのだが。

 これってやっぱあの漫画とあの漫画とあのアニメの悪影響なんだろうなあ……とか思う私。「分かり難いのが高尚」と勘違いするのは非常に危険だと思う。個人的にはそういう複雑で分かり難い話を見るのは嫌いではないのだが(分からない場所を補完しようとして想像力が刺激されるので良いのだ)、ハリウッド映画でこれをやるのはいかがなものか。

 恐らく、特にコンピュータやSFに詳しいとか、英語に詳しいとか、そういうのでない限り分からなかった部分が幾つもあった筈だ。

 エンターテイメントは「数多くの人に見てもらってなんぼ」なのであって、一部の「自称・通」や「自称・評論家」にウケるためだけの造り、つまりは『馬鹿な一般大衆にはこの良さはわからねえよな、ハハ』とか言って悦に入る人々の為の作品になってしまうと、本末転倒である。

 まあいわゆる「芸術作品」とかを造ろうというのならば一部の濃いマニア、濃いオタク、評論家受けだけを狙っていればいいのだろうが、マトリックスはそういう映画ではなかったように思う。

「ああだこうだ」と叫ぶ人は目立つし(特にネット)、中には有意義な意見もあるのだが……エンターテイメント産業を支えているのはそういう意見を声高には主張しない人々なのだ。それを忘れたらやばいような気がする。
 あくまで私見だけどね。

スポンサーサイト

 

読者参加型企画「小説創るぜ」で私が担当した小説「ウイークエンド・メサイア」のイラストが来た。

 絵師さんがどなたであるのかはまあ、見てのお楽しみであるが、いやー。凄いわ。

 たなぽんが「そのままアニメ化しそうな絵ですよ」と言っていたが、ほんとにそんな感じだ。秋の新番組とか言われても信じてしまうかもしれん(笑)。
 萌える、じゃなかった燃える燃える。
 いや、「萌え」ても一向に構わないが。女の子達もすげえ可愛いし。

 元々カラー、モノクロ共に好きな絵師さんだったのだが、同時に幾つかの事情により「まあ組ませてもらう事はないだろうなあ」とも思っていた方でもあった。
 富士見に限らず、ある作家と組んでいる絵師さんは別の作家とは(同じレーベル内では)同時進行的には組まない事が多いし。作品イメージの分散を防ぐという意味では当然の事である。
 それが今回「まあ特殊な企画ですしねえ」と、たなぽんが話をつけてくれたのである。
 大感謝。

 絵に関しては私は素人だが、キャラもメカもえれえ気合いが入った絵に見える。
 正直、私としてはこのまま新シリーズにしてしまいたい位である(笑)。<実際には諸般の事情で無理です、念のため。

 いつもながら絵師さんには恵まれる(というか助けられる)私であった。

 とにかく素晴らしいぞ。
 ドラマガ読者の諸君、刮目して月末を待て。いやマジで。

 ああ、それと。
 今月はなんか色々あるので、絵師さん関係の事を一通り。


 安曇氏のイラストは最早、「あれがいい」とか「これがいい」とか言う様な門外漢のたわごとが意味を成す様な領域のものではないので、安心して見てください。はい。
 つーか番外編第二部、意外に新キャラ多いので(今改めて数えたらアーフィ系も含めて4名くらいいる)どういう姿になって出てくるかは、乞うご期待。
 実は私も現時点では知らないのだ(おいおい)。

 17日には「バトルロイヤル」が出る。藤城氏の絵は相変わらず素晴らしいが、普段のストジャとはちょっと違うテイストの絵が今回は出ているかもしれん。
 特に一枚目。
 いや、まあ、あの娘がしばらくヒロインだしね(笑)。

「まじしゃんず・あかでみい」が好きな、というかBLADE氏の描くヒロインとかがお好きな人は夏場は要注意である。意外な場所で意外なものが出ている筈なのでね。
 特に書店とかには足繁く通うといいものもらえるかもしれん。
 あとは某イベントの企業ブースとかね。
 某計画も水面下では進行しているので、7末辺りに発表されるかもしれん。
 ふふふ。

 

 今日は学校で特殊講義。

 つーか「刀」とか「銃」についての基礎知識。いや、別に趣味でやってんじゃなくて、意外にみんなネタに使う割には知らない様だったので、こうした小道具を使う際の演出ポイントも含めて授業したり。

 というか銃の重さ、日本刀の重さ、意外とみんな知らないしねえ。

 ちなみに友人に借りた無可動実銃のMG34まで持ち込んだり<無茶

 で、こういう事をしていると、物書きというのは物見高い人種なので、同じAM学院で講師をしておられる大迫純一氏も遊びに来られたり。
「うおー。重いなあ」
「重いですねえ」
 とにやにやしながらぺたぺた旧ドイツ軍の多目的機関銃を触りまくる私ら。

「実はいいものを持ってきているのだよ」
「なんすか?」
 という事で大迫氏がバッグから出してきたのが――

「うお!? これはハート●ォードの『デッ●ード・ブラスター』ではないですか! もう出てたんですか!?」
「うん。きちっとマスプロ品っぽくなってるところがいいでしょ」
「おお…………」

 ということでこれもぺたぺた触らせてもらう私。
 うーん。いいなあ。
 でも6万とか出すのもなあ……
「俺、ブラスターにしか金つかわないから」
「……うーむ」
 前々から「出来の良いブラスターになら30万出してもいい」とか大迫氏がおっしゃってたのは聞いていたが、まあそれからしたら安い買い物かもしれない。
 この『デッ●ード・ブラスター』、SF映画の名作と言われる『ブレード・ランナー』において主人公が使っていた銃で、SFプロップ銃としては非常に有名な代物。
 だもんで、実はアメリカなんかでは結構ダミーモデルとかが色々出ていたりして、これがまた高いのだ。
 それからするとハート●ォードのコレは安い。十分以上に安い。発火もするしLEDも点灯する。

 基本的には私は実際に存在する銃にしか興味がないのだが、たまにこういうのを見ているとSF銃もいいなあ、とか思ったり。

 


 もうEBのサイトでは公開されている様なのでここでも宣伝。

 かねてよりちょろちょろ書いておりましたが「まかでみ」――「まじしゃんず・あかでみい」がコミックになりまする。しかも作画はBLADE氏御本人!

 期待してくださいませ。
 ちなみに載るのは「まじかるきゅーとぷれみあむ」で、7末発売号には次号予告で「まかでみ」の名が載る筈。個人的にも大期待。最近BLADE先生は「とらのあな」の情報誌(?)「虎通」の表紙も書いて描いておられるが、お世辞とかじゃなく、あれも毎回楽しみで。

 小説の方も、三巻が八月か九月かそこら辺には出る筈なのでよろしくでする。

 

 業務連絡――もとい、私信。
 某所のチャットで昨晩、私、ある時点を境に急に反応しなくなりましたが、これは電話掛かってきてたからで、他意は無いでする。念のため。<分かる人だけ分かってくれい。

 

という訳で大阪に帰ってきました。
 家に帰る前にAM学院の大阪校で体験入学の講師したり、大迫先生に頼まれていたベクターCP1のエアーガンお渡ししたりとかして、帰ってきたのが午後五時。ふう。

 サイン会来てくださった方々、ありがとうございました。やはり「100名限定」だったようで折角来てくれたのにお会い出来なかった方、申し訳ない。
 ああいった場所ではどうしても次のステージの予定とかが迫ってきているので、ワタシが場所占有する訳にもいかんのですな。

 しかし異様な混み方してましたな、キャラショー。

 車椅子の方もいらっしゃってたりして、あの混み合った会場では移動だけでも大変だったろうになあ……とか思うとなんかもう本当に嬉しいやら申し訳ないやら。とにかく皆様「お疲れ様です」という感じです。
 それでお渡しできるのがサインだけってのも申し訳ないんですが、まあこれも決まりだからしょうがないでする。ごめん。

 しかし二年前と同じ様な、展示ブースの端に机置いてやるサイン会かと思ってたら、いきなり舞台の上に引っ張り出されたのにはちょい驚いたが。とてつもなく偉そうにふんぞり返っている様な気がして申し訳なかったり。

 また「アニメで知って読み始めた」って方も何人か来られてて、それはそれでなんか有り難い話です。やっぱアニメの宣伝効果って大きいんだねえ。

 個人的にはサイン会そのものも日頃見えない(直接顔を合わせたり話をしたりしない)読者の方々と会う事が出来たので面白かったが、それ以外にも、いつも主役三人組を演じてくださっている三木さん、折笠さん、大原さんのお三方に御挨拶出来た事や、今のキャラクターグッズの流れなんかをざっと見る事が出来たのは有り難かったですよ。

 また大阪の方でもなんかサイン会とか予定されているみたいですが、その際にはよろしく。>ALL

 

うがー。マジで時間ねー。

 プライベートで約束とかもあるからずっと仕事してる訳にもいかんし……

 月末までにやらんといかん原稿の量を考えると気が狂いそうだ。
 ……って月末って明日やん。
 無理。絶対無理。勘弁してくれ、Hさん(誰?)
 だって……(以下言い訳なので削除)。

 まあそれはさておき。
 先日舞い上がって宣伝しておりましたが、ドラマガ誌上で「ウイークエンド・メサイア」開幕でございます。
 元々読者の方々のアイデアというか指示を幾つかもらって書くという変則的な小説ではありますが、これはこれで楽しいというか、以前から似たような事(フューレとかさ)はやってましたので私的にはむしろ色々試みれたりして良かった感じですな。

 お話はまあ、見てのお楽しみという事で。
 個人的には「もうちょい細かい設定や描写をする為の枚数が欲しかった」という気もしますが、短いからといって他の作品に劣る事は決して無い、それなりの完成度ではあると自負しておりまする。つーか物語背景としては元々書き下ろし長編用に考えてたネタ使ったから(笑)。

 絵師さんは小笠原智史先生です。ファンタジア文庫では「トリシア先生」シリーズとかでお馴染みの方。でも多分、この方がメカも大得意ってのはご存じなかった人多かったのではないでしょか。私も実は知らなかった。

 正直、前後編の100枚にも達しない短編小説にここまで燃えるメカ描いてもらってはもう恐縮するしかありませんな。実を言えばかなり強行軍なスケジュールだった筈なのですが(先月のドラマガの『創るぜ』参照)、このクオリティは一体どうした事か。

 キャラ(特にツキコとブリュンヒルデ)とメカもお勧めですが、個人的には『妖精』のデザインもお勧めです。しまった、こんな感じの奴等なら、もっと出番増やせば良かった(笑)。

 まあこの「創るぜ」ですが、特殊な企画なのでそもそも単行本・文庫本にまとまるかどうかも未知数です。宣伝といっちゃそれまでですが、どうも最近初期の増刊「バトルロイヤル」を探しておられる方も目立ちますし、興味のある方はとりあえず押さえておくことをお勧めします。
 時間があれば文庫にリライトして出す企画も提出するんですがね……こればっかりは何とも。

 棄てプリの方も番外編第二部スタート&特集です。

 今回の番外編は最終話の間にあった五年間(の一部)を埋めるネタです。

 以前募集させていただいた<竜機神>の名前もちょこちょこと使って(発表して)行く予定。あとは今月の付録ってラクウェルのレースクイーン仕様のカードの様なので、そっちにハアハアしたい人もどうぞ(笑)。

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。