スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

祖父に引き続き祖母まで亡くなってしまいました。
という訳で葬儀やら何やらで三日ほど私は連絡とれないかと思いますので、その旨よろしく>お仕事関係者様方

スポンサーサイト

 

祖母の葬儀。
 といってもなんつーか春先に祖父の葬儀を同じところでしたばかりなので、私自身に妙な慣れがあるのがヤな感じではある。

 祖母が生前「退院したら犬を飼いたい」と言っていたので、犬の本を見舞いに私が持っていった事があったのだが……2ページほどしおりが挟んであった。どうも柴犬かパグを買いたかったらしい。
「一緒にお棺に入れていいですか?」
 と聞くと
「本の様な分厚いものはダメです」
 ……そういうもんですか。
 しょうがないので柴犬とパグのページだけ切り取って入れてきました。
 まさか本当に柴犬とかパグとか買ってきて一緒に埋葬する訳にいかんしな(残酷描写)。

 というか……
 大量の花をちょっきんちょっきんやって棺桶に詰めながら、ふと「花もいい迷惑かもなあ」とか思ったり。一生懸命発芽して成長してやっと咲いたと思ったらいきなり首斬られてそのうえ焼かれたりするわけで。

 この時何となく思ったのは、昔王様とかが亡くなった時に一緒に埋められた奴隷達ってのは(来世でも王に仕えるようにとか色々言われてはいるものの)、結局のところこの花の様に『にぎやかし』であった訳で、時代と身分が違うと花と人の命が同じ感覚で扱われたりするのだなあ、とか妙な実感を覚えたり。

 ハニワとか土偶ってのは「さすがにそれは勘弁」という場合に奴隷の代用品として入れたそうだが、つまりこの場合は、パグとか柴犬の縫いぐるみとか買ってきて入れれば良かった訳だな。

 ……って本一冊も入れられないのに、縫いぐるみは激しく無理っぽいが。

 それはさておき。

 ぎりぎりで間に合わない感じなので、本日夕方からのファミ通えんため大賞授賞式への出席はキャンセルせざるを得ない結果に。
「行くよー」とあちこちで吹聴しておりましたので、「どうしたの、来てないの?」と某大御所様から携帯電話に連絡までもらってしまいました。うーん。すいません。さすがに1時にこっち出て授賞式終わるまでに着けるかどうかギリギリだったもんで。

 他にも久し振りに会いたい人たくさん居たんだけどなあ。

 でもサイン会の時とかでなくて良かった。欠席しても迷惑かけるのは知り合いばかりだから、後で謝る事も埋め合わせも出来るしね。
 

 でもって家に帰ってきたら、去年のクリスマスに若菜ちゃんから貰ったポインセチアの鉢台風で落っこちて根本からぽっきりと折れてました。しょんぼり。結構元気に生い茂ってたのに。
 挿し木とかできんのかなあ、これ……

 全体的にこう、気鬱な感じでございまする。
  
 ぷくは今日も元気なのがせめてもの慰め。
 しかしこいつ、いつぞやの仮死の後遺症か、おしりがぽこっとあがったままになったりする。どうも下半身の方が浮力が強いらしい。
 いかにも不自然な姿勢なので、寝てる時なんぞは「ひょっとして死んでるのか?」と思ったりもする。

 

 いつものガンショップの店長に頼んで作ってもらったハードフレア(レイオットの銃です)ができあがってきた。元々は自分でも作っていたのだが、不器用な私の試作品は造りが雑で見るに耐えないので、改めて店長に依頼する事に(私の作った方は闇に抹殺)。

 マルイの作るモデルガンベース。

「思ったより遙かに手間かかった」とは店長の談。
 夏コミに持っていく予定。持っていってどうする訳でもないのだが(笑)。

 ちなみに前に「販売してくれ」って人がいたみたいなので、店長の時給を600円として計算してみたんだけど、最終的に販売するならこれ、25000円くらいになってしまうのな(元銃代、部材代、実銃用「ドスコシル」社ケース代込み)。 

 それでも欲しい人っているんだろうか。
「それでもいいなら作るけど」とは店長の談(笑)。

 ハードフレアに関してはもう一つ考えている事があるんだけど、それはまためどがついたら日記にでも書きまする。
 まあ基本的には自己満足の遊びなんだけどね。

 


「まかでみ」3巻の見本が届く。

 相変わらずBLADE氏(つーか『師』の方がいいかもしれん)の絵は過剰なまでに愛らしい。ふふふふふ。今回は帯のところにちょっとしたプレゼントの告知もあったりするのでグッズ好きの人は要チェックですぞ。

 とか言ってる間に4巻のプロットも考えないといかん様なのだが。
 あああ。
 いつまでたっても楽にならんのう。

 

 明日からコミケである。
 つっても私はコミケの店では人足兼売り子であって最高権力者はぐりまの方だが。

 上京して本番は二日目。
 業界人が集まり易いので何となく挨拶回りなんかしたりもする。

 あー。でもその前に原稿一つあげんとなー……
 うーん。
 ここんとこ毎回こればっかである。むう。

 


 夏コミから帰って参りました。
 あーしんど。
 お店に来てくださった方々、ありがとうございました。

 とりあえずまた仕事。
 つーか夏コミも殆ど仕事のノリだけども。

 既に現時点でかなりスケジュール的に迷惑をかけている人もいるので、きりきり仕事せんと。

 ノルマ一日最低20枚。
 今日、まだ7枚。しかもこれから所用ででかけにゃならん。
 あうう。

 

 某所でホビーフィックスのM14中古発見。
 うおー。欲しいー。
 あの、いかにも「ライフル」といった無骨な感じが何ともいえず。

 ボルトアクションライフルのストイックさと、自動ライフルのアグレッシブさを兼ね備え、海兵隊だの何だのがM16採用後も使い続けたという逸品。

 バレルカバーのプラがちと安っぽいけど。
 ちょいと錆が浮いていたりするけど。

 欲しいー。
 んごー。

(懊悩中)


 ……………仕事しよっと。

 


 最近、定期契約をして食材を宅配してもらうサービスを受けているのだが。

 台所で洗い物をしていたぐりまが一言。

「カタツムリがいるよ」

 ちなみにうちはマンションの6階で、蝉ならともかく、どう考えてもカタツムリなんぞが紛れ込んでくる様な場所ではない。だがぐりまが指し示す場所を見ると、確かにキッチンシンクの側を小さなカタツムリが這っている。

「野菜に着いてきたみたいね。そういえば青梗菜が穴だらけだったけど」
「うーむ」

 殻の直径が五ミリにも満たない小さなカタツムリ。
 意外にラブリーである。
 さすがにゴミ箱に棄てたり殺すのも可哀想だし、かといってその辺に放置してもコンクリートの上でひからびるのが落ちである。しょうがないのでプラケース(あの、プラスチックの簡易水槽である)を買ってきて飼育してみる事に。

 さて、大きくなると面白いのだが。

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。