スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 うぐぐぐぐ。

 去年――というか一昨年の末から去年の初めにかけては腸炎とインフルエンザで倒れた私ですが。

 今年の敵は地味です。
 腱鞘炎。左手が痛くて長時間キーボード打てません。お茶碗持つのも辛かったり。
 もー歳なのかなー。

 ぼちぼちがんばりますー。

スポンサーサイト

 

あ。そだ。

 すいません、先に謝っておきます。

 時間がなかったので事後承諾になりまするが、いつぞやにやった「アーフィ」のネームコンテスト。あれの採用ネーム一覧、及び採用ネームの投稿者の方々の御名前、5月の新刊に掲載される事になりました。

 同人誌で採用ネームだけは公開していましたが、富士見の公式出版物に載るのは今回が初めてでしょう。アーフィ26体の設定集は同人誌のを一部流用しています。

 投稿者の御名前はあとがきに。

 投稿時のハンドルネームで掲載しておりまする。
 採用ネーム投稿者の方々には事前に通知する積もりだったのですが、ちと締め切り地獄でその余裕も、お返事を待っている余裕もありませなんだのでする。

 何はともあれ、採用ネーム投稿者の方々も、他の投稿者の方々も、改めて。ありがとう御座いました。

 

えー。宣伝でする。

 徳間から新刊が送られてくる。
 新レーベル「トクマ・ノベルスEdge」の第一回配本「クラック・ハウンド」。
 まあちっと大人向け(執筆途中で開き直っていつものノリでは書いてますが)。値段も大人向け。すんません(ノベルスなので819円もします)。
 現代もの、アクションものですね。

 明日当たりから全国の本屋さんに並ぶかと。

 見所は作中に出てくるマスコットキャラ「猟犬ちゃん」です。思わず首を絞めたくなるよーな愛らしいファンシーキャラです。私だったら締めます。というか殴り殺します。五秒と生かしておきません。151ページは見物です。ヒロインも一緒に描かれていますがヒロインが邪魔です。この挿絵の為にこの本は在ると言っても過言ではありません<過言だっつーの。

 絵師の小河原さんはこーゆー絵をデザインさせたら天才かもしれません。素晴らしい。さすがは「犬という単語を聞いたらまずどんな犬を思い浮かべますか?」と尋ねて「おまわり」と即答してくれる素敵ガイです。しびれます<なんか褒めてない感じもしますが褒めてます。

 冗談はさておき、ストジャ系の話でございますよ。そっち系が好きな方はどうかよろしく御願い致します。

 

知り合いの中里氏と高殿嬢が出るというので「ライトノベルフェスティバル」に行く。
 いやまあ東京で打ち合わせておくべき事が幾つも重なったからそのついでなのだが。第ゼロ回に較べると格段に立派な場所(というかホール)でやっているのに驚いたり。

 しかし参加者の一割位が、素性隠した業界人だったのにはちと笑った。お陰で色々名前は知ってるけど会った事の無い作家さんとかに会えて面白かったが。

 個人的にはああいうイベント、変に「通」だの「ハードマニア」偏らず、気楽に参加出来て皆が楽しいイベントを目差して頑張って欲しいですな。

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。