スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 えー。宣伝。

「神曲奏界ポリフォニカ・プロローグ(無料ダウンロード版)」がアップロードされておりまする。

http://kineticnovel.jp/polyphonica/index.html

 まあ私の作風はどうも三パターンに別れてる様で、

1.「ストジャ」「イコノクラスト」「クラック・ハウンド」「ストラグル・フィールド」系の人死にアリでどっちかってーと暗くてエゲつない話

2.「まかでみ」系の身も蓋も無くアッパーで何でもアリの軽い話

3.「棄てぷり」「ドラゴンズ・ウィル」「キミボク」系の1と2の要素をある程度持ったバランス型

とあるみたいな感じですが(無論、多少の振れ幅はあって「ソフトマシン」とかは1と3の中間ぽいですが)――「ポリフォニカ」は3のタイプ。

 多少変則的な世界観ですが、擬似現代を舞台とした明るい系の話です。基本的に大まかな設定演出その他を私、実際のシナリオ執筆を弟子の武乃、でもって最終調整を私がしておりまする。

 文章の量的には文庫の半分くらいのものですが(体験版はね)、WINDOWS系のネット環境在る人はまあ無料お試し版だけでもやってみて貰えるとありがたいです。
 ゲームみたいな画面で読む小説ってのはちと新鮮な感じですよ。

 なんつってもタダだし!<零話はね。8月発売予定の本編壱話は有料でするが、その代わりボリュームは一冊の小説並になってます。

 何はともあれ。
 絵師の神奈月氏のキャラがものすごーく可愛いのでそれだけでも私は満足な気分ですが。作者が満足してても何の足しにもなりゃしませんけども。

 ともあれよろしく御願いしまする。

スポンサーサイト

 

えーと。

 ドラマガでも書かれてましたが。
 ちと要請がありまして。このイベントに出ます↓
 http://www.hamacon2.com/index2.html

 1.7/16(土)16:00~17:30「小さなお茶会」
 2.7/17(日)10:00~11:30「僕たち、メッタ切りにされちゃいました!(ライトノベル作家座談会)」

 行かれる方はよろしゅうに。

 

 ヨコハマから帰ってくると。
 いきなりメインパソコンの電源が死んでました。買って一年も経ってないんだけどなあ(パーツなので初期不良交換はせいぜいが一ヶ月)。
 今はノートパソコンからなんですがこいつのメモリが少ないのでレスポンスが悪く死ぬほどストレスたまる……

 電源とメモリを電気屋街に買いに行ってきます。
 ああもういらいらする……<日本語変換程度で二秒近くかかる事があるのがもうなんとも。

 メールその他ちと返事遅れたりしますのでご勘弁を。
 仕事も丸いちにち遅れたりする予感……

 あああああ。

 

ふと駐車場に出て気づいたのですが。

 うちの家、中古住宅なんですが。
 元々この家、電気工事の会社の社長宅兼仕事場だったようで。
 家そのものは別に大きくないんですが、駐車場が妙に広いというか乗用車なら四台は停められる広さがあります(マーチ一台しか停まってませんが)。多分業務用のワゴン何台も停めていたんでしょうな。

 この駐車場――右側に花壇(?)があって比較的大きな木が四本ばかり生えているのですが。それ以外は完全にコンクリ。他に土の部分は特になし。

 で――駐車場で水まいていたら気づいたんですが、花壇と反対側の端、コンクリの壁にセミの抜け殻が。

 更によく見るとやっぱり花壇から離れた家の壁にもセミの抜け殻。

 近くに土は無いので多分、花壇から来たんでしょうけど。
 距離にしたら前者は直線でも5メートル、後者は3メートルはある訳で。

 何故木に登って脱皮しない?
 実際、木にも幾つも(というか十個近く)抜け殻が残ってるので、木に問題があるんでもないだろうし。
 わざわざ幼虫がコンクリートの地面を這って移動してコンクリの壁を登った意味がよくわからん。どう考えてもリスク大きいでしょうし。

「どうしてなんでしょうねえ?」
 と富士見の担当のたなぽんに話をしたら(つーか打ち合わせの電話で担当と何を話してるんだ、私は)
「口コミですよ、口コミ。『案外あの辺いいぜ?』ってセミの間で口コミが広がってんですよ、きっと」

 なるほど!
 ……………………

 まったくもう、たなぽんたらポエマーさんなんだから。

 しかし本当に謎。なんなんだ、一体。
 セミよ。おまえは何故、荒野を目指したのか。

 ハードボイルドか。ハードボイルドなんか。
(すいません、暑さで半分脳が溶けてます)

 

別に日記に書く程のこっちゃないんですが。

 うちのバルタン星人共、毎日みんみんみんみんみんみんみんみんうるさいです。本当にうるさい。というか二階から外の階段使って降りるたびに(うちの仕事場は一階で、二階とは別個独立してる)、階段脇の樹からセミが驚いて飛び立ち、私にぶつかったりおしっこ引っかけてくれたり。
 あーもう。
 夏っぽくていいんですけどね。他の処にも樹は在るだろうに。なんでうちにこんなに居るんだ(ざっと見ただけで5、6匹は見つかる)

 ――で。
 先日の日記から気になったので駐車場とかよく見てる訳ですが、今日見たら木の枝にくっついているセミの抜け殻に、更にセミの抜け殻がぶら下がり、更に――

 セミの抜け殻四連。
 微笑ましい気もしますが、その内、脱皮中に落ちたりせんのだろうかとかちと心配になる私。これって取り去っておくべきなんだろうか。それともそこまでセミも間抜けじゃないのか。

 しかし狭い花壇にこんなに沢山のセミが居たのか。
 まだまだ居るんだろうな……

 花壇、邪魔なので取り壊しとか考えていたんですが、できんじゃないか。おまえら、六年も(私がこの家に越してくるずっと前から)夏待ってんだもんなあ。

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。