スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて毎度の如くの 

アレ関連。

http://togetter.com/li/17846

 ぶっちゃけ、アレ関連に限らず、大手新聞社やそれに類する組織の取材は信用ならない。
 以前に二度ばかり(非実在少年絡みとは別件ね)取材申し込みがあったけど、いずれも断った。

 なぜならば「取材協力した記事の内容は事前に確認させない」からだ。
 これは殆どの新聞社が一貫して同じだと聞いている。実際、私が取材を申し込まれた場合にもそれを尋ねたら、「記事の事前確認は無い」という返事だった。

 要するに「取材はするけどどんな内容にするかはこっちの勝手ね♪」という事である。
 つまり、取材した内容を、断片的につぎはぎして別の意味に組み立て直す事も至極簡単という事。
 ライトノベル作家やその読者をバカにした記事にしたければ、こっちがいくら真面目に、誠実に取材に応じても、無茶苦茶に編集し直せるという事だ。

 以前、某超大手出版社(誰でも知ってる会社ですよ)の文芸雑誌に取材を受けた際、こんな事を言った。

「ライトノベル作家というのは、実際に小説が本になって出版されない限り、お金にはならないし、それまでは幾らでも差し戻せる権利が編集には在る。だから、例えばプロットを十本作って九本が突っ返される、なんてこともあるし、プロットや世界観を素早く、幾つもバリエーションを付けて作るのは、ライトノベル作家として生き残って行くには必須と言ってもいいような技能です。その一方で、アニメーションの世界ではまず絵が描けてなんぼでしょうし、『お話を考える』のは最初に求められる能力ではない。結果として、我々の方が何度も作ってはボツ、作ってはボツになっている分だけ、プロットの量産能力が鍛えられており、早いという事になります」

 これを、その雑誌はどう載せたのか。

「アニメーターよりも僕等作家は物語を作るのが遙かに速いですからねえ」

 これだけだ。

 まるで雑誌に載った方は、私がアニメーターをバカにしている様に見えないか。

 私が言ったのは慣れの問題であって、餅は餅屋、という程度の話だった筈だが、抜粋と要約でこんな風になる。
 しかも、私はこの時は事前の記事内容チェックを求めていた為、この部分を問題視、修正案も含めて

「ああ、我々作家は、単に必要に迫られて物語を作る回数が多いので、慣れている分、早いんですよ」
 と提示したのだが、無視された。
 他の誤字チェックは反映されたのに――だ。
  
 当然、抗議した。
 私は当時、アニメ業界そのものを理解しようとして(外部の人間が好き勝手に口を挟むだけではいいものは一緒に作れないと思ったのだ)、自腹で、週一でアニメの脚本会議に出席すべく、東京大阪を往復していたし、何とかアニメ関連の人達と信頼関係を作ろうとして躍起になっていた(結果的にこれは正しかったかどうかはまあ、出来上がった作品、特に第一期のポリフォニカを見れば微妙だが、それはさておき)。

 その矢先にこんなもの書かれたらたまったもんじゃない。

 けれど「忙しかったんで。チェックしわすれました」(誤字脱字は直っているのにそこだけ忘れたと?)「まあ、アニメーターはうちの雑誌(文芸誌)なんか見ないでしょう。いいじゃないですか、別に」とデスクの方が余程、アニメーターをバカにした発言をしていた。
 結局これは、私が相当激しく抗議したので、翌月号に小さく「誤解を招く記載が云々」とだけ載った。

 こういう事だ。
 
 他にも類例は幾つも在るが、大手、というだけでこういう無茶や印象操作がまかり通る。

 デスクなりその上役なりが「こういう方向の記事でいこう」と思えば、取材した事実がどうあれ、別のものに切り貼りして仕立て上げる事が出来る。
 相手が「売れっ子で傲慢なライトノベル作家」を記事にしたいと思えば、どれだけ謙虚に応じても、そういう姿に仕立て直されてしまうという事だ。

 なんだかな。
 怒りを通りこしてとほほな気分だよ。

 とにかく。
 いまの世の中、ほぼ全て我々が得られるのは二次情報に過ぎない。
 そこには必ず誰かの恣意が入っている(この日記も例外ではない訳だが)。
 ――ってのは「ザ・ジャグル」やマンガ版「クラック・ハウンド」でやったネタだが(笑)


 であるからこそ、読者の方々は一本の記事だけを鵜呑みにせず、反対意見や中立意見も広く見て貰いたい。
 そうする事で見えてくるものもあると思うしね。

スポンサーサイト

住宅展示場行ってきた。 

 近所(といっても車で15分くらいだが)の住宅展示場に行ってきた。
 別に今すぐ家を造る積もりがあるでもなく。
 単に客寄せ用の「触れ合い広場」なるイベントでゴマフアザラシに触れるというので行ってきただけである。

 直径三メーターくらいの仮設プールの中で結構元気に泳いでいたが、まあ絶対水量が足りないので管理の人が大変そうだった(糞をしたらすぐにすくい取るとか、後ろ見たらクーラーボックス二つか三つ分の冷凍の魚が置いてあったりとか)。

 しかしウサギや鳥はともかく、子供とはいえゴマフアザラシとかも展示しちゃうのね(1.5メートルは在ったと思う)。
 まあ、えら呼吸じゃないし、水質が即、生命には直結しないだろうから、案外大型魚(ピラルクとか)よりは楽なのかもしれないが。


 住宅そのものはついでのノリで見てきたのだけれど、SXLの展示住宅が結構凄かった。
 元々ここの和モダン建築は洒落てるというか、格好いいのだが、それを極限まで推し進めた感じ。

 ちなみにコレ
 http://www.sxl.co.jp/sxl-network/kinki/osaka/0004/index.html

 ぱっと見、地味な黒い塊にしか見えないが、中に入ってみると驚きの構造。
 ああ、こういう家、いいなあ。
 維持費もしこたまかかりそうだがw

GA授賞式。 

 GA文庫の新人賞授賞式に行ってきました。

 前日に東京入り。
 軽くGA編集長と打ち合わせという名のハンコ押しまくり大会(出版契約書とか印税請求書の類ね)。
 私の場合、「シェアードワールド原作者」としての立場もあるので、ポリフォニカがらみのありとあらゆる創作物には私も契約書のハンコをおさんといかんのでいちいち数が増える。なので編集長も心得たもので、私が上京した時に捕まえて押させるのでした。
 つか郵送されても私、送り返すの忘れるのな。原稿ばっかりやって。
 
 次に富士見の担当さんと打ち合わせ。
 担当さんが吉祥寺にいたので(別の打ち合わせの後私と合流)、当地のスウェーデン料理の店に行く。
 美味い。つかイマイチ、スウェーデン料理というと、IKEAで喰ったジャムつきミートボールの事ばかり思い出すけど、これがまたフランス料理やイタリア料理、ロシア料理とも微妙に違うので面白い。当たり前だけど。

 ストジャ最終巻とか、新シリーズの立ち上げとか。
     
 まあそれはさておき。 
 
 翌日。授賞式。
 なぜか今年も私が乾杯の音頭をとる。
 この手の役をやれと命じられた時は、いつも、新人を憂鬱にさせるよーな話しかしねーんだから、他の人になってもらいなよといつも言うのだけれど(GAに限らず)、「いやそれでいいんです」とか言われる。

 それはあれか。
 とりあえず最初は優しい編集として新人さんに触れて、厭な事を言う役は私に押しつける積もりか。
 くそう、編集者め! <被害妄想です。つか自分から言ってんじゃんよ

 それはそれとして、今年はなんかダブル受賞の人とかいて色々話題豊富。
 つか最近のラノベ出版社は、あんまり新人作家同士の付き合いを制限しない感じなので、若手は同期同士で皆、仲いいみたいでうらやましい。

 私なんて、デビュー当時、先輩作家に挨拶のメール送っただけで怒られたものな。
 初代担当のY氏に。

「業界ではそういう事は許されないんだよ!」

 タイムマシンでデビュー当時に戻れたら当時の私に言いたい。

「ああ、それ嘘だから。ヘタに相互連絡とって知恵付けられると扱いにくくなるからそう言ってるだけ。つかお前はいまの時点で十分扱いにくい生意気小僧なので、気にするな」

 ‥‥いや、やっぱ言わない方がいいな(苦笑)。

 ちなみにいまはそこまでカリカリに作家を管理してる編集部は無い――と思う。
 少なくとも私の付き合いのあるところはどこもやってない筈。
 つか、ネットやらミクシイあるからやろうとしても無駄だけどな。

 ちなみにY氏は「メール入稿も業界的には許されてないんだよ!」と言っていたのですが(なので原稿はわざわざフロッピーディスク郵送してたんだぜ)、次の担当のたなぽんに変わった途端にOKになりました。過渡期だったのかもしれん。

 まあ時代と共に編集部が作家を育てる方法も変わってきてるという事なんでしょう。
 作家は割と孤独な商売だし、メゲそうになる事も多い。結果、同じ作家にしか愚痴れない話というのも多々出てくるので、同業の親しい友人が居るのと居ないのとではずいぶんと、鬱っぽくなった時の追い詰められ方に差が出る。

 もちろん、同業者と付き合うのを嫌う作家も居るし、その辺は人それぞれですが。
 

 まあそれはさておき。
 
 相変わらずの人、久しぶりの人、色々会うんですが、それこそもう、元々知人が多すぎて「あ、●●さん居るじゃん」と視界の端で見ても、別の人と喋っている内にパーティ自体がお開きになったりする。
 また複数のレーベルにわたって仕事をしている人が増えてきたので、ぶっちゃけ、GAのパーティなんだかMFのパーティなんだかEBのパーティなんだか、一瞬、分からなくなるときがある。
 特にEBとMFは何度か同じ場所でパーティしてるし(笑)。

 ちなみに徳間とスクエニと小学館はやたらパーティ規模がでかいので(厳密にはラノベ編集部だけのパーティではないので、でかくならざるを得ない)間違えません。
 どれも一回行っただけだけどな(笑)。

 それはさておき。
 編集長にねだって「アリスとBOBO」の二巻を貰う。
 いやもう相変わらずだ。素敵。

 でもって。
 パーティの後の二次会は舞阪さんらと延々ダベり、三次会では去年の受賞者さんらとダベる。
 馬鹿話が色々。
 個人的には某氏の「自分では最高だと思っていたのに、思いっきり相手にどん引きされた口説き文句」がツボでマイブーム化しつつある。某氏に許可を貰っていないのでココで詳細に書けないのが残念だが、いつか何処かでこっそりネタに使いたいと思う<鬼

 とりあえずやたら売れているのが妬ましいので(ニャル子四巻AMAZONで注文したら「在庫無い」とキャンセルされた)、逢空万太氏は暗殺しておこうと思いましたが、隙がありませんでした。次はライフルで後ろから狙ってみようと思います。ガイアメモリを使う暇さえ与えなければ楽勝です。
  


 ホテルに戻ってメール送受信。

 翌日、とある企画(小説ではない)の打ち合わせ。
 上手くいけば楽しい事になるかもしれんが、こればっかりはまだわからん。
  
 何処で祖語が生じてくるか分からないし、そもそも、小説と違って、共同作業の多い企画はこっちで音頭とる訳にいかんので、何処でポシャるかわからん。つか過去に何度ポシャった(あるいは無期延期した)事か。

 でもだからこそ出来上がった時の感動って大きいんだよなあ。ゲームでもアニメでも。
 あれですね、甲子園に出場する高校球児の気持ちって多分こんなんなんじゃないかな。 

ダメだ。混乱している。 

物凄くショックな事があった。
ちょっと呆然としています。
全然考えがまとまらない。
ダメだ、いや、ごめん。
しばらく仕事が手につかないかも……いや、マジですんません。
出来るだけ早く復帰します。

昨日 

なぜか黒と赤の布に包まれている彼を見た。
 なんで棺じゃなくてだろうと思いつつも、ああ、そうか、戦死したアメリカの兵士が星条旗に包まれて故郷に戻る様に、この人も好きだった仮面ライダーの色に包まれて逝くのかと納得した。

 最後にお別れをさせて貰おうと側に居る人に頼んで布を開いて貰ったのだけれど、なぜか顔が見えない。
 多分、しっかり目を開いて何かを見ている顔しか私は知らないからだろう。脱力して緩んだ彼の顔を私は見た事が無い。

 触ると暖かい。
 まだ葬っちゃダメだ、まだ生きてるよと言ったが、「いえ、もう死んでいるんですよ。どうしようもないんです」と言われた。今更だけど、脳死した人の家族が人工心肺を外す事に抵抗を示すという話を実感として理解した。

 ぶざけんな帰ってこいよアンタ。
 まだ一杯してねえことあったろう。
 
 ――そう言ったところで眼が覚めた。
 昨日あまり眠れず明け方まで起きていて、うとうとしかけた時に見た夢だ。
 そう夢オチだ。
 ひどい中身だがこれは事実だ。本物の夢オチ。

 だがこの夢オチでは現実は覆らない。

 不遜を覚悟で言えば、先輩であり師匠であり友人であり仲間であり商売敵であった人だ。
 ラノベ作家という仕事の上でこの人より密に縁の在った同業者は他に居ない。この人の漫画家時代の単行本も持っている。素人の頃から大事に持っている。知り合ってからサインも貰った。

 色々返していない恩が在る。
 色々、聞かされて実現していないネタが在る。

 まだその時じゃないでしょう。
 その時じゃないのに。

 なあ、大迫純一さんよ。

 くそ。いまになって泣けてきた。
 歳喰うと筋肉痛だけじゃなくてこーゆーのも遅れてくるもんなのかね。 

ようやく落ち着いてきた 

ようやく落ち着いてきました。
 というか落ち着いてはいたのですが(別に錯乱してねえ)、どうにもだるい気持ちが収まらず。無常観とかそーゆー。

 仕事が手に付かないので、嫁さんと娘と共に、気分転換に天王寺動物園行ってきました。大幅改装した後には行った事無かったもので。
 
 なんでも一歳までに動物園に行くと、色々なものに免疫がつくとかなんとかそーゆー話があるとかで。娘を連れて行くのは至上命令として嫁に言われていたのでした(適度に汚物を取り込んで抵抗付けるとかそういう意味か?)

 久しぶりに行った動物園は随分綺麗になっていて、良い感じだけど、古い設備も混在していて色々カオス。
 まあそれはさておき。

 関西以外の人にはあまり馴染みが無いよーなのですが。
 関西には豚まんとかアイスキャンデーで有名な「551の蓬莱」という会社が在りましてね。そりゃもう大きな駅前やデパートの地下には必ず店舗が在って、豚まんとか餃子とかシュウマイとか売っていて。なぜかアイスキャンデーも売ってる。
 ぶっちゃけ、横浜の中華街のぶたまんより、蓬莱の豚まんのほうが美味いという人がいる位で(まあこの辺は個人差大きいだろうけどさ)

 で――
 
 ホッキョクグマの檻を見に行った際に、「ホッキョクグマのゴーゴくん」という名前がついていて、グッズまで売っている。
 なんでホッキョクグマがそこまで? 
 としばらく悩みつつも見ていると、看板が。
「このゴーゴくんは、『蓬莱』によってよい子達に愉しんで貰おうと、天王寺動物園に寄贈されました。みんな可愛がってね!」
 と書かれている。
 
 …………
 それからまあ、家に帰る途中でファミレスに寄って、ドリンクバーでウーロン茶飲んでいて、ふと気付いた。

 ………………「551の蓬莱」だから「ゴーゴくん」なのか!!
 エウレカ! 納得がいったぜ!
(ちなみに551のアイスキャンデーのシンボルマークは北極グマで、テレビの宣伝でも『ホッキョクの、アイスキャンデー♪』と歌ってたりする)

 
 ………………いや、まあ、それだけの話なのですが。
 しかし、ホッキョクグマ一頭寄贈するって…………
 一体いくらしたのやら。
 ――と計算しようとするのはゲスの勘ぐりですな。

昨日の間違い。 

ホッキョクのアイスキャンデーと、蓬莱のアイスキャンデーは別物だよ、とあちこちから(主に関西在住の作家陣から)突っ込まれましたorz

間違いを深く深く陳謝いたします。

いや、まあ、そんだけ。

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。