スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/31のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

@n_n_yamane ああ、いや、その辺の理屈は知ってたので、元々は壁に穴あけて外に廃熱していたのですが・・・外気温も結局37度とか平気でいくんで、熱処理しきれなかったようです。
08-31 23:51

つか17ページも書いてるの私だけかよ!?
08-31 23:48

そういえばもうサイトに載ってるみたいだから、広告がてら。ファミ通の公式ページで「三分間」をテーマにした短編やりました(これは競作とでも言うのか?)。いつもの榊作品のよーでいて、ちょっと違うと思うんで良かったらみたってくださいな。
08-31 23:43

ニュースとかで報道される主人公。ソレを見ている人達の反応。それをまるで知らずに日々を過ごしている人達の反応。逆に「キタコレ!」といきりたって何かに利用しようと動き始める人達の反応。宗教家。政治家。軍人。そういうのをぽんぽんぽんと、短いシーンを連打して見せるとか。
08-31 17:23

@artneetist  んん? キネティックでって話でしょか。それとも小説的なもの全般の話かな。まあいいや。「主人公に対して世界の反応」って事は、主人公がソレを持ってるのは世界が知ってるのね? だったら、オーソドックスなのは、映画なんかでよくやるザッピング的な手法でしょう。
08-31 17:21

@raidhin ? ああ、電撃の某氏の話すか? 申し訳ないですが、私に尋ねられてもどうとも答えられません。わたしゃ、あそこの編集部とは、正式な付き合いはないものでw
08-31 17:19

@yukiminagawa ああ、既にありますか。まあ同じ結論に至るのは簡単だから、そりゃ本職の人等は先に考えて当然ですな。
08-31 17:18

ちと仕事に戻りますー
08-31 14:37

まあざっと思いつくのはこんなかんじですか。
08-31 14:37

個人的には「戦闘妖精雪風」の乾いた、しかし圧倒的な情報量を叩き付ける文体とか大好きなんですが、読み手を多少選びますわな。特にライトノベルに限れば。
08-31 14:35

続きを読む

スポンサーサイト

09/01のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

つか、うちの会議室窓ないんです・・・
09-01 00:05

あ、ごめん、勘違いw 水槽クーラーの話とごっちゃになってました
09-01 00:03

09/02のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

以前、自主製作映画を作っていた時に、仲間の一人が書いてきた脚本がありまして(戦争もの)。主人公の傭兵が、どんな場面でも延々、自動小銃を「単射」で撃つんですよね。
09-02 23:59

 なんというか、意外に多いんですが――リアリティを「どれだけ現実に即しているか」だと考えている人が多い。
09-02 23:58

まあ視点はこんな感じで。ついでにもひとつ。リアリティの話。
09-02 23:57

日記的な書き方が行き着くところまでいけば、「一人称は僕、なんて言う必要無いよね」と消えてしまうのかもしれません。ある意味で論文や新聞記事の文章に近いんですが、その一方で文章に「事実に対する感想」が混じるので「で。これ誰の意見?」と混乱する。
09-02 23:56

ちなみに先の「視点が無い」文章も、意図的にやってるならアリなんですがね。ただ、読みにくさとはかりにかけると、あまりお勧めはできないなあと。私は数ページ読んで、本気で目眩がしました。
09-02 23:55

つかフォロンでハードボイルドとかやる時点で激しく無理があるなw
09-02 23:53

馬鹿馬鹿しい。フォロンは思う。目の前には酔っぱらった女。コーティカルテ。しかも見るからに不機嫌そうなのは一体何の冗談か。しかも何か言いたそうな表情までしているときては。<ハードボイルド調?
09-02 23:53

あまり自信無いけどこんな感じ?
09-02 23:52

つかハードボイルドっつーと、どうしても私は一人称視点を連想しちゃいますがね。「マックボラン」とか「デスマーチャント」とか「デストロイヤー」とかも読んでた筈なんですが。どうしても「長いお別れ」とかその辺のイメージが。
09-02 23:51

@red0stuff ハードボイルドな文体は、単に、突き放している様な感じがあるだけですし、読者が理解する上で、「主にこういう視点から見ろ」というのは明示黙示はさておき、備わっている場合がほとんどかと。
09-02 23:50

続きを読む

09/03のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

ちと昼飯いてくるです。
09-03 14:38

ちなみに私は賭事の類は基本やりません(付き合いでポーカーとかで遊ぶ事がありましたが)。何故かって、仕事がこの上なく博打だからw これ以上はいいんだよそんな不確かな金儲けは!!
09-03 13:50

俺・・・・このパチスロで負けたら、原稿かくんだ・・・・・<既に死亡フラグでない間違った例
09-03 13:49

俺・・・・この原稿があたったら、豪遊するんだ・・・・<感動を誘わない死亡フラグの例。
09-03 13:48

さすがに四百枚、ゼロから書き直す気力なくて・・・・・しかもその間に棄てぷりが売れてきたので、なし崩し的に放置。
09-03 13:35

昔、原稿一冊分、HDDクラッシュで吹っ飛んだ事あるもので。うちの公式サイトの古参のびじたーさんなら知ってるかもしれない「マテリアル・シーカー」。
09-03 13:34

ついでにパソの仕事データのバックアップ作業しておこう。
09-03 13:33

PSPはともかく(多分、寝室のどっかにある)、鍵はマジに探さないと。
09-03 13:33

@kibatori2646 ぴくみんですね、分かります<違う
09-03 13:32

@yu1096 うちは単に嫁がタクティクスオウガ買う気満々で、「そういやどこいった!?」となった訳ですが。タクティクスオウガのせいなのか!?<言い掛かり
09-03 13:32

続きを読む

09/04のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

なので、別アカウントとるにしても何にしても、ちょっと自分の中でやり方を整理せんとなあ、という意識です。「怒られたから、やめるよぅ」とかそういう話じゃないでする。それこそ「読者の事を考えて」とか書いていたその口で、ツイッターの向こうの人を考えずにやってたのが恥ずかしい、と(苦笑)
09-04 17:54

 いや、なんというか、イマイチ、ツイッターの細かい使い方を把握せずにいきなり呟きまくったのは、それこそ「本質を考えないでやる」行為なので、迂闊だったな、という反省であります。元々キネティックノベル大賞支援の為のつぶやきで、そう長々やる積もりがなかった事もあるのですが。
09-04 17:53

@nagaokanatsuki なるほど。まあ後はその「僕」にどうやって興味を持ってもらうかですね・・・・インパクト一行は、易しいようで実はすげえ難しいですわな。
09-04 15:36

そういえばここしばらくの創作関連のツイート、「ツイートが流れてうざい」という意見もあるようなので、ちょっとやり方色々考えます。まあブログでやればいいんだろうけど、どうもツイッターの手軽さが魅力だったり。 その意味もあってツイッターの入門書買ってきた。うざいと感じてた人、ごめん。
09-04 15:35

ちなみに。「視点の話やれ」みたいな事を言ったのはGAの編集長じゃないですw たまたまツイッターみてた某社の編集さん。
09-04 15:33

@nagaokanatsuki  何行か描写を続ければ、どうしても「水中なのにどうして立てる?」とか「僕って誰?」みたいなのに全く触れずに進めるのはそれなりに難しいし。かといって一行書き逃げみたいにすると、印象に残りにくいし。難しいですねえ。
09-04 15:32

@nagaokanatsuki まあそれもありなんでしょうけど、小説のワンシーンとして見れば、一行書き逃げして時間を戻す、みたいなのも難しいですから、インパクトが弱まりそう<『海洋プレートが地中に巻き込まれていく5m手前に僕は立っていた』
09-04 15:30

@yukiminagawa 例えば「水戸黄門」、いきなり御老公が血塗れの鉈持ってゆらり、と立ち上がる部分が冒頭にあれば「げげえ!? 御老公になにが!?」になりますが、初見のただのおっさんとかだと、「ふうん」で済まされてしまう可能性があるので、あまり効率よくないなあ、とか。
09-04 15:09

@yukiminagawa でも、その一方で、このやり方、キャラクター等が安定して「物語としての基本スタイル」が決まっている場合には有効ですが、インパクト=落差、と考えると、シリーズの一番最初にやるのは難易度高いかなあとか。
09-04 15:07

@yukiminagawa 読者的には帰納法的に、冒頭のシーンに物語が収束していくのを楽しむ訳ですが、これ、意外なシーンを使わないと、「それが?」って話になりかねない。つまり冒頭にもってくるならインパクトのあるシーン。
09-04 15:06

続きを読む

09/05のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

勿論……声優さん達もプロですから、先の小説型の台詞でもちゃんと喋ってくださるんですがね。でも、これ、聞いていてもやっぱり辛いんですよ。また、同じ単語を複数一つの台詞に入れると「聞いていてくどくなる」とあるアニメ監督から教わりました。 #sousaku
09-05 23:59

延々と一つの文章を喋り続けるのは声優さんに無意味な負担を強いる上に、聞いていても段々理解しにくくなります。なので、文を二つに区切った上、実際に声優さんに喋って欲しいテンポを考慮、ここは一呼吸置いてもらってもいい、という処に句点を入れる。 #sousaku
09-05 23:58

「僕は君を、家に招きたくて仕方なくてさ。だから、あのとき、話し掛けながら、ポケットの中で鍵を握り締めていたのさ」<脚本の台詞 #sousaku
09-05 23:56

「僕は君を家に招きたくて仕方なかったから、あのとき話し掛けながらポケットの中で家の鍵を握り締めていたのさ」<小説の台詞 #sousaku
09-05 23:54

具体例出した方がいいですよね。ええと。#sousaku
09-05 23:52

更に、字面では問題無さそうな言い回しも、発音すると途端にうざい、という場合があります。この差は多分に感覚的なものなので、やはり脚本の場合、慣れるまでは一度、自分で口に出した方が良いでしょう。#sousaku
09-05 23:52

もっと端的な例を出せば、小説の句点は基本的に「字面の上の意味で区切る」傾向が強いですが、脚本の句点は基本的に息継ぎとか、その辺の意味が強く、はっきりとそこで「区切って発音する」為のものです。#sousaku
09-05 23:51

一方、脚本は「声優さんの喋り」――実際に声に出して発音するの優先。という事は、基本的に、字面ではなく、読みの「音」に偏らせるべきなんですよ。字面の格好良さは――アニメでは特に二の次。地の文も出るゲームでは微妙ですが。#sousaku
09-05 23:49

投稿用小説とか書いている人は、一度、自分の小説の台詞、読んでみてください、声に出して。意外に読みにくいの多いと思いません? 小説書きは、基本、「字面」としての見栄えを半ば無意識に追求しますから、どうしてもそっちに偏る。 #sousaku
09-05 23:47

ichiro_sakaki で――問題なのは。実際にゲームやアニメは台詞を「声優さんが喋る」という事。何当たり前の事いってんだ榊は、と思う人いるかもしれませんが、これ、意外に意識されてないというか。 #sousaku
09-05 23:45

続きを読む

09/06のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

違った、vz61スコーピオンとイングラムだった。
09-06 23:55

@sigsawa 先生! 拳銃の持ち込み禁止という事は、ライフル及びショットガンはOKですか? VZ61とスコーピオンはおやつ、もとい拳銃に入りますか?
09-06 23:55

@sigsawa 藤原さんが鬼なのは有史以前から羞恥の、もとい周知の事実です。何を今更。
09-06 23:51

しかし本当に移動の季節っつーか。各社担当編集者さんが、がんがん変わる。段々こっちも訳がわからなくなってきた・・・・・
09-06 23:38

@sigsawa  …………はッ!? いやまてこれは商売敵を一掃するチャンス?!
09-06 21:24

@sigsawa 出る本減るどころか、シリーズ打ち切り増えると思う。死屍累々。
09-06 21:23

@sou1rou 水餃子はいつ食べれば・・・?
09-06 20:33

さて。一区切りついた感じですので、今夜はこのへんでおちまする。おやすみなさい-。
09-06 01:12

まあそれでも、限られた予算や時間、各種しがらみといった制限の中でメディアミックスをやろうとすると、たとえ関係者が理解していてもバランスを崩さざるを得ない場合もあっったりする訳ですが。  #sousaku
09-06 01:09

デキが良い作品(人気があってメディアミックスの対象になりやすい作品)は、しばしばその媒体での表現に最適化されていたりするので、本質レベルで読み解かないと、表面をなぞっただけではバランスが崩れる可能性も。 #sousaku
09-06 01:08

続きを読む

09/07のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

@wataba_ba ご提案ありがとうございます。一応、そのサービスは以前、某氏に教えていただいて登録はしてあるのですが・・・色々思うところあって、非公開です。ツイッター系のまとめサイトで「榊一郎」で検索すれば普通に「創作関係」は出てくるので、そちらをご利用いただければと。
09-07 22:44

@Royal_Host いずれにせよ、子供向けメニューは在っても、離乳食系をメニューに載せてくれているファミレスは少ない印象だったので、普段、嫁と共にありがたがっていた為、単に「無くなったのなら残念」位の話でした。クレームや批難の意図はございません。
09-07 16:33

@Royal_Host 「申し訳ございません、現在お出ししておりません」という店員さんのお答えだったので、私は季節商品の様にメニューから外されたのだな、と思ったのですが。少々事情があって、乳幼児が集中する時期/場所だった為、単に「品切れ」だった可能性も(嫁に指摘されました)。
09-07 16:30

ロイホの幼児用離乳食がメニューから外されていた・・・・残念(念の為にと幼児離乳食のパックは持っていたので事無きを得たわけですが)。 まああまり数も出ないだろうし、外すのは仕方ないのかな。
09-07 14:35

@ShojiMasuda 途中で「だー」とぶん投げるくせさえ無くなればw
09-07 05:14

つか、遂に、うちの娘、最近はipadのホームボタン押しどころか、ロック解除まで覚えた。このデジタルネイティブめ。そのうち本当に「まんまちゅう、なう」とか呟きかねんな<つぶやきません
09-07 01:02

これなら娘もしゃぶれない! ――事もないか。 気が付くと娘にホールドアップされてそう。 QT@sigsawa 枕にもライトにもなって便利。
09-07 01:01

娘で思い出したが。これは明らかに自慢ですが、うちの娘は割とだっこして歩いていると、見ず知らずの人に「可愛い!」と言われたりする事がままあるのですが。ひげ面の中年オヤジとしては、女子高生とかにそう言ってもらった際、「ありがとう」と笑って答えるべきかどうか悩む。<ただでさえ怪しいしな
09-07 00:51

ぐりまのipodをよだれで破壊した娘の前では私のモデルガンも錆びやすい玩具に過ぎない・・・・
09-07 00:43

最近は、ぐりまがすごく怒るのでやってませんが、枕銃。「暴発させて娘にあたったらどうするの!」「こ、これモデルガンだから弾でないよう」「娘がしゃぶって錆びるわよ」「わかりました、やめます」
09-07 00:41

続きを読む

09/08のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

ラストシーン。ファミ通文庫編集長「氷上が死んでも替わりはいる」(ラスボス) 榊一郎「作家は死なない。ただ受け継がれて行くだけだ」(後釜に座る) 感動エンド。
09-08 18:37

どいつもこいつもそんなにモンハンの印税が欲しいのか! 欲しいですね、うん。やがて起こる氷上殺人事件。容疑者は全員ラノベ作家。
09-08 17:50

「え? 私のものでしょ? 氷上、この際だから遺言状書きなさい」と日高真紅が笑顔で恫喝中なう。
09-08 15:23

「モンハンの印税は僕が相続するんですよ! 」などと横でひびき遊が叫んでいるナウ。多分、氷上が急死したら犯人はヤツ。
09-08 15:20

久し振りに会ったら氷上がリア充になっていて憎い・・・! とりあえず氷上が死んだらモンハンの印税を俺に譲る様に脅・・・もといお願いしようとおもいマス。
09-08 15:16

@tyokorata また懐かしいネタをw #sousaku
09-08 11:23

@tyokorata そうですね。あれは「世界観は作り込んであるけど、まあ目の前の物語を語るのに全力尽くしているので、物語は完結したけど、掘り返す余地が作者には沢山みえている」典型かと。御本人に確認したわけじゃ無いので想像ですがw #sousaku
09-08 11:17

まあつまるところ、出し惜しみせずに全力で賞とりにいこうや、というだけのはなし。w #sousaku
09-08 11:11

まあ、物語の終盤でキャラは全員死亡、世界は崩壊、という話なら続編はしんどいかもしれませんが、それでもキャラ小説としての側面を中心に考えるなら、パラレルワールドとか、スターシステムとか、いろいろいやれますし。 #sousaku
09-08 11:09

世界観がきっちり作り込まれていれば、少しして自作を見返した場合、「あれ? ひょっとしたらこういう事も在り得るんじゃね?」的なものが出てきたりします。 #sousaku
09-08 11:03

続きを読む

09/09のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

なんだかお祝いの言葉をたくさんいただいているようで……! わざわざありがとうございまする。
09-09 22:28

事務所から駅まで無意味にダッシュして帰りました。ええ。全く何の意味もないんですが、つい。若かったなー<当時27歳
09-09 14:53

ちなみに司法書士事務所で働いていた当時、実家の母親に「今から帰る」と電話を入れたら「あんた、なんか新人賞か何かに応募してたん? フジミショボーとかいうところから電話あって、準入選とかなんとか言ってたけど」
09-09 14:53

まあ公式デビューという意味なら翌年の一月なんですけどね。
09-09 14:50

9/9はカーネルサンダースの誕生日だそうですが。私一個人ではなくて「小説屋」榊一郎の誕生日は9/9なのだなあ、と思い出す。ちなみにぞろ目の日、平成九年九月九日。富士見書房から準入選の電話を貰った。
09-09 14:50

だるい・・・・気温は下がった感はあるけどねえ。ずっと夏ばてっぽい印象。
09-09 12:41

09/10のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

あ、違った。「14歳」の方か。<今調べた
09-10 11:37

@shiki0618 昔あった楳図 かずお先生の漫画のイメージが。なんだっけ「わたしは慎吾」だっけか。あっちは確か鶏肉の話だったような。
09-10 11:34

@yukiminagawa 連想ゲーム的にコンセプトから想起できる単語を並べて見ると判りやすいかもしれませんね。その単語に相当する要素、あるいは単語そのものが、設定の中に入っていれば、反映している可能性は高いかと。 #sousaku
09-10 01:26

@shiki0618 え? マジにそういう話だったの!?(爆笑) いや、今即興で作ったとしたら、それはそれで凄いし、元々そういうネタだったら、それはそれでオリジナリティがありますわな。面白いです。 #sousaku
09-10 01:07

@eternalsisters まあそこまでせんでも分かってはくれたようですが。確かに実際にやってみないと実感として分からない事は多々ありますね。 #sousaku
09-10 01:05

「いつも心にコンセプトを」ってな感じの提言でした。 #sousaku
09-10 01:04

まあ、細かい話はさておきw いじくっている内に色々ずれてくるのは本当によくある話なんですが、ずれきって自分でも何を作ってたのかよく分からなくなってしまうと、大抵は非効率でとっちらかった話になってしまいます。 #sousaku
09-10 01:03

@negitanshio_917 腋キャラ…………なるほど。これが新世界の萌えか。つか腋フェチって人達が居るのは知ってますが、この場合は匂いが基本とか聞いているので、実は腋キャラ(命名)をラノベやエロゲで出す場合、その匂いの表現をどうするかがキモだったりする?  #sousaku
09-10 01:01

@shiki0618 なるほど、出世魚型ヒロインとでもいいましょうか<違う?
09-10 00:56

とりあえずお話をまとめてプロットにする、という作業を終わらせようとする余り、自分が何作ってるのか、振り返ってみるのがおろそかになってたなあ、と。 #sousaku
09-10 00:55

続きを読む

09/11のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

私は煙草吸わないけど、以前、某御大の付き合いで行った「葉巻バー」は結構衝撃的だった・・・・ああいう世界があるんだな、と。
09-11 23:37

そういえばラノベ作家は酒飲む人は普通に多いけど、煙草吸う人は減ってきたねえ。
09-11 23:35

なので実は大抵の飲み会で私が飲んでるのはウーロン茶かジンジャーエール。たまにシャンディガフ(ビールをジンジャーエールで割ったもの)。
09-11 23:33

何ヶ月かぶりに酒飲んだ。つっても缶ビール半分。実は私、飲みません。飲めるんだけど(学生の頃はかなり飲んだ事もある)、美味しいと思えない。ジュースの方が美味しいと思う私は、味覚がお子様。
09-11 23:31

@Commander_cyd つか、二千円もっていようが持っていまいが、本当にそのお婆さんが困っているなら、警察に連れて行った方が確実に保護して貰えますわなw 
09-11 17:00

@le_ji いやもう、そういう実体験の切り売りは物書きのサガですよw
09-11 16:58

まあ私がアホだったのは間違いない訳ですが、でも、こう、ああいうお年寄りの考え方は「レ・ミゼラブル」にも通じるところがあるような気がして、美しいなあとか思ったりもしたり。単に孫を庇っただけかもしれませんが。
09-11 16:56

@Commander_cyd いやもうまったく、どうしてそうしなかったのかと思うんですがね、後にして思えばw その時は考えもしませんで。
09-11 16:53

ただ、後になって家に戻ってこれを悔しがっていると、うちの親は「バカな事を」を呆れていた訳ですが、父方の祖母が、「でもそれで騙されない孫より、私は騙される孫の方が誇らしい」と言ってくれたのが、未だに忘れられない。
09-11 16:49

高校生の私にとってはかなり二千円はでかかった筈なんですが、なんでか、疑問にも思わなくて。悪い言い方をすれば「魔が差した」のかなあとか。冷静になって考えれば明らかに寸借詐欺だし。
09-11 16:48

続きを読む

09/12のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

ちなみにこのイベント(「榊一郎作品展」)、サイン会もやるみたいですけど。多分、後半どっかの土日。詳しくは近々公式告知が出るでしょうから、そちらを御参照ください。現時点では私もいつなのか知らない(おい!?)
09-12 23:59

ちなみにこの手の契約関係、その他書類関係が一番がっちりしてるのは私の経験上、GAだったりします。一番いい加減なのがどこかは言わぬが花w
09-12 23:57

こういうところがうちらの業界はザルというか口約束で動いている分、ちょっと怪しい(苦笑)。ちなみに昔は出版契約書の無い作品なんてのがごろごろしてました。最近はもめる場合も出てきたので、各社、しっかりしてますが。
09-12 23:56

ちなみに詳しい企画書は私も今初めて見ましたw(メッセでPDFファイル送られてきた)
09-12 23:55

入場料無料で、うちの著作を全部並べて、グッズも売ったりするそーです。いや、榊一郎グッズじゃなくて、当然、ポリフォニカとかストジャとかねw(念の為)
09-12 23:54

9/29~10/11まで、吉祥寺パルコでやるそーです(他人事のよーに言う私)。つか、基本、原稿書きに追われていて、「ああ、そんな企画が出ていたような」とかそんな印象だったんですが。「情報解禁していいよ」とメッセで連絡がきたので書いてみたり。ええ。宣伝ですよ。一応(笑)
09-12 23:52

今、手元にイベントの企画書がある。「文庫100冊突破記念」「ストレイトジャケット完結記念」「榊一郎作品展」・・・・・・・え?
09-12 23:50

09/13のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

原稿ひとつあがった(多分)。 改稿指示がこれ以上なければだけど。ちょっと昼飯食ってくる。
09-13 15:13

@sigsawa 私まで腹減ってきちゃったじゃないですか・・・・! 責任とって! というかハードロックカフェのハンバーガーってもっと大きかった印象。想い出は美化されるのかしら。
09-13 01:04

@somafs 万が一また創作論つぶやきはじめて、忘れてたら「忘れてるぞ」と教えてください(他力本願)w
09-13 00:35

@somafs 了解しました。つか人によっては増やすのがしんどかったり減らすのがしんどかったりで様々ですけどね。大体の人は増えちゃう傾向にあるみたいですけど。なので増やすのはそう難しくない。
09-13 00:34

@tyokorata ハリウッドとかあの辺は逆にすげえうるさいというか。ある仕事でちらりと契約内容を小耳に挟んだ事ありますが、徹底してますよ、さすがエンタメ帝国アメリケン。
09-13 00:13

@somafs とりあえず一通りの事はつぶやいたので、後は何か、適当に機を見て、と。細かい話をやり始めると多分、ツイッターではどうにもなりませんしね。
09-13 00:09

@syenmao それは、やめれ・・・・・!
09-13 00:07

ちなみに契約書関連が無かったりするのは、実は作家側にも責任があって。原稿執筆契約ってのはつまり製造物の納品契約ですから、「分量」「期日」「品質」といった部分を予め契約書に書かないといかんわけですが、「期日=締め切り」なんて書く前に定めた日には作家が自分で首を絞めるようなもん。
09-13 00:05

私がお遊びで作った(つか馴染みのガンショップに作ってもらった)1/1ハードフレアとかも展示するそーです。
09-13 00:00

09/14のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

ここしばらく背中がずきずきする。腹筋は平気なのに、ベッドから起き上がるのに苦労する。背筋が筋肉痛らしいんだが。娘が重くなってきてこれをだっこしているせいか?
09-14 09:48

09/15のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

とと。ちと担当編集さんから電話が。締め切りを一つ勘違いしていたみたい。今から修羅の道なので、ちと今回はこの辺で御勘弁ください。
09-15 20:51

ライトノベルやそれに類するものに応募するのだ、という事を思い返せば、こういう改行を多用する事で読みやすさを追求する文体を使うのも、アリ、という考え方がある、という話です。 #sousaku
09-15 20:49

あくまでライトノベルの新人賞、あるいはそれに類する賞に応募する場合に、「海外翻訳ものや、純文学系の話を読み慣れている」人ではなく、「小説を読むのは初めて、あるいは初めてではないにしても、あまり密度が濃い真っ黒なページは苦手」という人がメインターゲットの #sousaku
09-15 20:48

こういう、改行や句読点による演出を組み込んだ文章は、どうしても枚数喰うのです。あるいはだから、枚数が余る、という人はこういう書き方をしていない可能性もあります。勿論、こういう書き方をしなければいけない、という意味ではないですが―― #sousaku
09-15 20:46

以上の文はただ改行しているだけですが、「僕は死んだ」というある意味でショッキングな一文が、文例1よりも文例2の方が浮かび上がって見えませんか? 逆に文例1では本文の連なりに埋まってしまってショッキングさが薄れる様な印象 #sousaku
09-15 20:45

勿論こうして僕の自我が残っている以上、これは死ではなく死に類似の何かだという解釈も成り立つのだけれど。 #sousaku
09-15 20:43

何を言っているんだこいつはと思われるかもしれないけれどこれには僕自身にも驚いている。 #sousaku
09-15 20:43

僕は、死んだ。 #sousaku
09-15 20:42

文例2―― #sousaku
09-15 20:42

文例1:その日僕は死んだ。何を言っているんだこいつはと思われるかもしれないけれどこれには僕自身にも驚いている。勿論こうして僕の自我が残っている以上、これは死ではなく死に類似の何かだという解釈も成り立つのだけれど。 #sousaku
09-15 20:41

続きを読む

09/16のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

駐車場から鈴虫の声が聞こえる。秋だ、秋が来たんだ!
09-16 23:21

@Mutuki27 うちは、かなりやり方は特殊ですし、正直、小説でアシスタントを使うのは善し悪しあるのですけどね。最終的には結局、全文、私が書く訳だし。ちなみにアシスタントを使ってる小説と使ってない小説があります。
09-16 22:45

ちなみに――内弟子の生き残り率は低いです。 内弟子にとった人間の内、八割は結局書けなくなって挫折してたりします。各個人のプライベートも絡むから、細かい内訳とか理由とかは言えませんが。
09-16 22:31

@tendoum つか、考えてみりゃ、ストジャ、イコノ系の黒い、重い話を専門に書いていた私が、自信作で富士見の新人賞にかすりもしなかったせいで、「じゃあスレイヤーズ系で今度は挑戦だ!」とか無茶な事を思って受賞したりしてますしねw
09-16 22:25

@shiki0618 きっと二十歳くらいの頃にはロン毛になってリア充。<思い込み
09-16 22:22

あ。混乱するかな。ええと、先のツイートで書いていた弟子は「ラブコメ書かせてみたら上手かった弟子」と「現在稼働中の弟子」は別人です。先の弟子は今、独立の為の色々を模索中なのでうちのチームからは外れてる。
09-16 22:20

先の、ラブコメ書かせてみると――という弟子も、好きでもないものを書いた結果な訳ですが・・・・「それでも書く仕事をしたいんだ」的な思い込みっつーか強迫観念があったからこそ伸びたのかなあ、とも思ったり。とりとめもなくてごめん。
09-16 22:18

現在、うちは、まともに稼働している弟子は一人ですが――この弟子も、正直、ここまで伸びるとは思わなかった位にのびた。うちのアシスタントするのは相当辛かったと思うけど。まあでも逆に言うとその辛いのをなんだかんだでやっちゃうから伸びた訳で。
09-16 22:16

ちと理由があっていざラブコメ書かせてみると上手いのな。本人も意外だった様ですが。本当に才能って自分ではわからない事がある。
09-16 22:13

そういえば。キネノベのツイッターみてて思った事。うちの弟子に一人、とにかく正統派な作品プロットばっかあげてくる子がいて。それはそれで破綻は無いけど、王道過ぎて個性も無い。でも彼はどうしてもそれがしたい、それ以外はしたくないんだろうなあと思っていた訳ですが。
09-16 22:12

続きを読む

09/17のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

「そうだ、じゃあ本当に電波だったのはどうだ!?」――はい、勿論、本当に電波だった場合、読者の共感を得られるかどうか疑問ですね。という事で、『ヒロインは電波じゃないけど、こっちの世界に居る女の子で、たまたま出会えました』という形にする為に、本人の『夢』を使う。 #sousaku
09-17 23:59

かといって、こう、いきなり最後で異次元から転移してきました、ではちょっとこう、ほろ苦い青春もの、みたいな雰囲気ぶちこわしなので、これもダメ。 #sousaku
09-17 23:57

まあ基本的な構造はこれで出来たとして。問題はオチ。先に「ハッピーエンドがいいよなあ」とか思っていたからこそ脳内嫁とか仮想人格とかにはしなかった訳で(まあ仮想人格でも後でアンドロイド体とか作ればいいのかもしれませんが。マルチ的に)。 #sousaku
09-17 23:56

@jibeta 勿論、それはアリなんですが、話を貰った時点で有名声優さんに御願いできるかどうかさっぱりわからんかったので(主に予算とコネの問題)、それを前提に組み立てる事ができんかったのです。 #sousaku
09-17 23:55

@ZelkovaTreefolk ああ、時間的な距離ってのもありますな。過去からの電話でもアリ。 #sousaku
09-17 23:53

@repunkuratuy あ、それですたぶん。平行世界で軍事国家になって、戦争中の日本てやつ。 #sousaku
09-17 23:53

となると、主人公は異世界からかけてますと主張する女の子の話を「電波」だと決めつけてしまう――というのが分かり易い。電波の妄想に遊び半分で付き合っていく内に、段々のめりこんでいく主人公、というのがいいかな、と。 #sousaku
09-17 23:52

その携帯で、女の子と会話する。でも当たり前だけど、好きになったら逢いたくなる。でも異世界だから逢えない。でもそもそも異世界から電話してきましたなんて言われて信じるか? 信じないよなあ――などと考える。 #sousaku
09-17 23:51

何というか、本当に「その携帯電話でだけ繋がるか細い絆」ってのが美しいと思ったので(これはある意味「ほしのこえ」の影響でしょうな)、じゃあ、自分の携帯ではなく、拾った携帯にしておこうと。特定の相手からしか電話を受け取れない不思議な携帯。 #sousaku
09-17 23:50

ともあれ、電話が異世界に繋がる、という部分以外は全然違う話なので、じゃあこれでいってみようと。ヒロインは異世界にいる。主人公の持つ携帯電話だけがそのヒロインと通話出来る。でもいきなり間違い電話で――となると携帯電話って番号記録されちゃうからダメ。 #sousaku
09-17 23:48

続きを読む

09/18のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

そんじゃまた明日の仕事に備えて寝まする-。今回は具体例あげるかわりに、純粋な技術論としてはあまり量が無かったですが。その辺はまあ、御勘弁ください。では-。 #sousaku
09-18 00:40

@repunkuratuy おお。ありがとうございます!メモっとこ。 <の作品ですが、『遠くはるかに』 福島正美 のようです。レス235と239
09-18 00:38

まあ、ともあれ。毎度同じ結論で申し訳ないけど、こんな風に色々やれるので、ばんばんプロット作ってばんばん書いちゃいましょう、というお勧めでした。 #sousaku
09-18 00:37

これを締め切りまでに書いて送ったら、馬場社長、500万くれないかな。くれないか。ごめんなさい。<その前に審査員が送るんじゃないとセルフつっこみ。 #sousaku
09-18 00:35

今思いついただけの話ですが、なんだか面白い気がしてきたw ごめん、自画自賛だけどさ。 #sousaku
09-18 00:34

主人公は、その世界の少女と協力して、その世界の全ての動植物を、圧縮データにして、こちらに転送する方法を思いつく。一つの世界を救うのに、全てをデータ化して、こちらで再現する方法。そうして始まる、主人公とヒロインの『ノアの方舟』―― #sousaku
09-18 00:32

ああ、そうか。今思いついたけど、『リンダキューブ・アゲイン』の異世界版もありか。異世界と通信できて沸き上がる人類、しかし、その世界は既に滅亡の危機に瀕していて―― #sousaku
09-18 00:31

それこそ『シュタインズゲート』じゃないですが、異世界に『通信だけ送れる』状態で、接触を始める人達の話とかね。ヒロインの顔も見える。話も出来る。でも行けない。延々とテレビ電話するもどかしさ。画面から出てこない彼女。つのる恋心。みたいな。 #sousaku
09-18 00:29

で……改めて考えてみるに、「声前提」という事を思えば、これ、キネノベみたいなのにも応用きくだろうなあ、とかも思う訳ですな。逆にキネノベは絵もある訳だから、ひねる場所は変わるかもしれませんが。 #sousaku
09-18 00:28

まあいずれにせよ、さっきから何人もの方がレスしてくださっているのを見れば判りますが、こんな単純な話でも、ひねる処を変える、ひねる方向を変えるだけで何通りもに話は分岐します。私はたまたまこの話のラインを選びましたがね。 #sousaku
09-18 00:26

続きを読む

09/19のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

執筆の合間にバトルスター・ギャラクティカ最終話鑑賞。ぬおう。綺麗にまとめた――のか? ものっそい面白かったが、いくつか訳がわからんネタが残っていたような。スピンアウトで説明され……ないよなあ。たぶん。でも本当に面白かった。
09-19 21:23

娘が階段を登るようになった。クレイジークライマーを思い出した(古ッ!?
09-19 08:55

@sigsawa ああ、マジな話、割と私も当てはまるな・・・<失敗、挫折、成功のあたり。
09-19 00:50

09/20のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

展示物には面白半分で作ったレイオットのハードフレアとかも出す予定。それから「いつも執筆の横に置いている銃あれば」とか言われたけど・・・どういう目で私を見てるんだ。いやまあ置いてるけどさ。 後は以前造られた色々なグッズも展示するそうですが、さて。細かい事は私も知らないw
09-20 23:59

@crypt_birth サイトは今準備中らしいですな。出版社が主導している訳ではないので、ちと手間取っているらしいです
09-20 23:56

@negitanshio_917 それはそれで失礼に見えそうで。どっちがいいかなあとか。地味にサイン会在る度に悩みます。
09-20 23:56

@n_n_yamane 例のってこの間のアレ? 多分、原画展示するかと。実はポスターより小さいのです。
09-20 23:55

 なので求められない限り握手とかしない私ですが、何故か一度握手するとその後連鎖するという。そしてまた汗をかく、とw
09-20 23:53

さすがにいくらサイン会に来てくださった方でも、汗書いた私の手と握手するのは嫌だろうというw ついでに言うと、本にサインする事も多いので、濡らさないように、と。たまにサインする手元を照らすライトが白熱灯とかで、余計汗かく事もあって・・・
09-20 23:51

ちなみに、場所によっては手元にハンカチやタオルを用意していて、握手をした際にそれで拭く場合とかあったりしますが、あれは、「握手をしたのが嫌で拭いてる」のではなくて、単に私が緊張で掌に汗かいていて、これを拭いているだけです。汗かきなんすよ、私。
09-20 23:49

しかしサイン会というのも色々。来てくれる人がいなくて途方に暮れたサイン会もあるし(いや本当にあれは辛いw)、逆にわざわざ遠くから来て並んでくださった方の想い出とか、台湾みたいに「何処のヒーローショーやねん」と思う位に熱い会場とか、まあ本当に色々。
09-20 23:47

そういえば榊一郎展、つか。吉祥寺でやる予定のやつ。十日にサイン会、だそうです。お暇のある方はどんぞ。
09-20 23:44

@URA_MAYU ちなみに普通にクマノミとかポピュラー種が入ってるだけです。私の場合、魚を飼うというより「疑似環境を維持するシステム」を楽しんでいる処があるので。といいつつナチュラルシステムには手を出していなかったり。
09-20 21:56

続きを読む

09/21のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

@kawakamin むしろ受賞してからが大変だと思うので、無理に特徴を合わせる必要はないと思います。
09-21 23:56

@kawakamin つまりは読者からみた特徴と、編集部の方針が異なる場合があるので、その辺り、気を付けられた方がいいでしょう。ただ、明らかにカテゴリエラーな作品でもない限り、出来が良ければどこの編集部でも歓迎しますし、逆にそれで「うちの特徴に合わない」と落とす編集部は、
09-21 23:54

@kawakamin 既存の人気作に比肩するか、それ以上のポテンシャルを持った作品の場合は、受賞した後に強烈なプッシュを受けられる可能性が高く、作家デビューとしては有利ですが、その要求水準はとにかく高くなりがち。
09-21 23:49

@kawakamin いずれにせよ、編集部はこれから一緒に作品を売って行く上でのビジネスパートナーを求めている訳ですから、特徴を合わせた作品を送る場合、「うちにはもうあれとあれがあるから、もうファンタジーはいらんよ」という可能性もあるわけで、
09-21 23:47

@kawakamin つまり、編集部が自覚していてその方向性を強める意思で動いている場合と、「たまたまその作品が売れているだけだが、結果的に後追い企画が増えた場合の特徴があるわけで。
09-21 23:42

@kawakamin レーベルのカラーというのも実は曖昧で、たとえばga文庫は今、ニャル子さんが売れていますが、まだレーベルカラーを決定付けてしまう程ではありません(これは単に時間とか刊行点数の問題です。ニャル子さんが十数巻続いたりするとそうなるかも)。
09-21 23:40

@kawakamin その一方で電撃はむしろ「面白ければジャンルにこだわらない」姿勢をレーベルの当初から示していますから、ファンタジーだと不利ということはないはずです。むしろ現代ものの場合、主力作品にその手のものが多い以上、富士見のファンタジーと同じく、要求水準は上がります。
09-21 23:34

@kawakamin それは特徴の定義にもよります。例えば富士見ファンタジアの様に「ファンタジーにつよいぜ!」的な部分をレーベルの基本姿勢として持っている処はファンタジーを送るのも歓迎される傾向にはあるでしょうが、当然、求められる水準はあがります。
09-21 23:30

@kawakamin ipadからで微妙に反応が遅いと思いますが、それでよければ。なんでしょう?
09-21 22:41

しばらく怒りがおさまらん・・・・
09-21 20:26

続きを読む

09/22のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

個展云々はもうどうしようもないので、取り敢えず一日分執筆の時間が増えたと考えて仕事しまする。原稿にかまけて企画者に逐一チェックを入れなかった私にも非はあります。楽しみにしてくださった方々には本当に申し訳ありませんでした。
09-22 00:42

@kawakamin ぶっちゃけ、編集長の考え方一つでも変わったりするもんでして。流石に新人さんに各社の人事まで見ろとも言えないw
09-22 00:27

@kawakamin それはその通りです @qt 自分の書きたいものを~
09-22 00:18

@kawakamin 一例を挙げると、hjが創刊された時、結構、プラモデルネタを考えた作家が多かったみたいですが、「いや、無理にそっちに持って行ってもらわなくとも…」と編集さんが困惑したりしてましたね。この場合は私を含め、定まってないカラーを読み間違えた、とw
09-22 00:16

@kawakamin ごめん、本当に一概にいいにくいんですよ。レーベルの姿勢も時期によっても変わるし。イマイチわかりにくい内容になってしまいましたが、ご勘弁を。
09-22 00:09

@kawakamin まあ、単純に受賞するしないよりも、その後プッシュしてもらいやすいかどうか、みたいな見方をしてみるのはよいかも。
09-22 00:07

@kawakamin プロットや、原稿の文章レベルをみて、直截にならば、割とこう、と言いやすいのですが。
09-22 00:05

@kawakamin うーん、とりとめないかな。まあ、本当に各社違うんですよ、姿勢が。私が内側をみている限り、gaもebも富士見もhjもmfも全く方針が違います。なので具体的な事が言いにくいんですけどね。
09-22 00:03

09/24のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

いきなり涼しくなったのはいいが、一昨日徹夜だった事もあり風邪がぶり返してきた。やっぱトシね。昔はさんざ飲み食いして寝れば治ったもんですが。
09-24 12:20

09/28のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

そういえば明日は学校で授業か……一ヶ月半振り(夏休みがあったから)。
09-28 14:57

出版エージェントという商売が定着しない(三田さんの言う様に日本の出版の編集者が特殊なのも理由の一つなのかな)から、そもそも、それを仕事にする人がいない、とかそういう事もあるかもしんないけど。卵が先か鶏が先か。
09-28 14:23

まあ大ヒットしてる人とかは違うかもしれんが。
09-28 14:18

@makoto_sanda ああ、もっと端的に「出版エージェント雇う程、ラノベ一冊書いても儲からない」って書いた方がいい? w
09-28 14:17

真面目な話、細かなトラブルの種を潰すだけでもずいぶんな省力化にはなる気がする。市場が小さいせいで日本では(というかラノベでは)多分無理だけど(主に金銭的な理由で)出版エージェントとかが存在する海外は色々うらやましかったり。
09-28 13:35

取り敢えず執筆以外の部分での余計な作業を減らしたい・・・
09-28 11:43

もしくは省力化(手を抜いて品質を下げるという意味ではないです念のため)をもっと考えるべきか。
09-28 11:42

徹夜すると翌々日まで疲れが残る年齢に。しんどい。やっぱ仕事減らすべきなんだろなあ。
09-28 11:40

09/29のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

ぶっちゃけ、以前は「小説家を目指していながら、『書けない』などと言っているとは何たる軟弱!」と怒っていたものですが、ちと最近は考え方を変えまして。「その『書けない』という気持ちへの対処も含めて総合的に小説の『書き方』を考えた方が、自分のスランプにも役立つのでは?」と思ってます。
09-29 23:53

@DARL_Japan そうそう、実は最終章から書いたって良いはずなんですよね。でも何というか、身構えちゃうみたいです。最初の一行を「くわっ!」という感じで描かないと小説じゃない、的な。気持ちは分かるのですが。
09-29 23:49

@nobutaka_kasama あ。了解ですw。ちなみに私にとっては「中学生の時に小遣い貯めて始めて買ったアニメのビデオテープ」でした、メガゾーン23w
09-29 23:47

パターン3「そもそもどんなシーンにして良いのか分からない」――対処法:そもそもコンセプトやテーマに対する認識不足。これらがはっきりしていると描くべきシーンは割と自然に逆算で定まるので、プロットをもっとがっちり作る
09-29 23:43

パターン2「どんな文章表現にして良いのか分からない」――対処法:単純に表現力の欠如なので、「写経」含めて底上げを狙うのが本道だが、短期的には、同様のシーンを描いている作品を参考にする(剽窃しろという意味ではない、念の為)。あるいはインパクトのある一文を最初に書いてから沿わせる。
09-29 23:42

パターン1「単に、とにかく、気分が乗らない」――対処法:とにかくテンションあげる。好きな音楽、好きな映画、好きなアニメその他諸々でドーピング、あるいは新人賞受賞作を見て敵愾心を燃やすその他。
09-29 23:38

「最初の一行をどう書いて良いのか分からない」――これで思考が止まってしまう場合があるんですが、これはよく見ると三パターンある訳で。これを自分でも区別していないと、対処法は当然、出てきません。
09-29 23:36

生徒さん達の名誉の為に言っておくと、サボって書いていないと言うより、「途中で詰まってどうして良いのか分からなくなった」パターンの様ですが、これが実はくせ者で。例えば「プロットは書けたけど、最初の一行をどう書いて良いのか分からない」という場合に
09-29 23:35

@mayomitsu (そういえば 他の方のストジャ関連のツイートにお返事&お礼返せてない・・・)どもです。今回のポイントは後日談のカペルの発言<そこかよ
09-29 23:30

@vurudo 先にも書きましたが、描ききれない人が多いんです、本当に。で――翻って考えると「書ききった」人のデビュー率は実は割と高かったりします。恐らく世間で思われているよりも。
09-29 23:27

続きを読む

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。