スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03/10のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

さて。私も風呂はいって寝よう。明日は午後からまた仕事。
03-10 23:33

@ThsmtDressMaker アニメ版じゃ本当に早口言葉の限界に挑戦してましたしねw<予告
03-10 23:33

@SagamiNoriaki 勿論、そうなんですけどね。紙鍋とかの時も同じ驚きがありましたな。
03-10 23:32

@fjwr_kn1 「 寝てないよっ。まだ寝てないからねっ。」「寝ている奴は皆そういうんだ!」「寝てる奴が言うかッ!」「寝言で!」などとらのべ的会話に落としてみるテスト。<誰得?
03-10 23:31

伝統的な料理法もいいんだけど、こういう、技術の進歩と共に出来る料理法なんてのも、それはそれで面白い。まあ何にしても美味しかったから、肯定しているんであって、まずけりゃ「なんじゃありゃ」ですがw
03-10 23:28

そういえば今日行った鉄板焼きの店で、「耐熱フィルムに包んだご飯と具を、鉄板の上において炊く」というのを見たんですが。なんかすげえ驚いた。ちゃんとお焦げまで出来るのに、フィルムは溶けないのね。不思議。
03-10 23:26

@aisoramanta 割と全国的に有名な調理師専門学校らしいですよw ちなみにいきつけのガンショップから歩いて10秒くらいのところにあります。<ものすごくどうでもいい情報
03-10 23:25

@fjwr_kn1 @maikkaaa むしろ「かゆ」「うま」とかの方が良かったですかねえ<なにがだよ
03-10 23:23

明日は辻調理師専門学校の『辻調グループ フェスティバル』とやらを見に行く予定。実は家から近いのです。
03-10 23:21

櫂末高彰 の手記はそこで終わっていた。<その直後に寝オチ RT @maikkaaa @fjwr_kn1 寝てないよっ。まだ寝てないからねっ。
03-10 23:17

@amane015 あるにはあるんですが、大抵は、出来た瞬間だけの事で、一日おくと「いいのか? あれでいいのか?」と自問自答が始まりますな。届かないから理想っつーか。
03-10 23:14

@fjwr_kn1 なるほど、それは道理ですな。<むしろ知りたくない
03-10 23:13

そういう意味では、五代さんの言う「電波の人」ってのはその「理想」から現実の自分にダウンロードしてくれる媒介者なのかもしれない、とか思ったりもする。
03-10 23:12

そういえば何かのアンケートだったか、「完全に満足できる原稿を書いた事はありますか」という問いに神野さんだったかな「だったらもう書いてない」みたいな事を書いておられた記憶があって「あー、俺も俺も」と思った事が。ある種の物書きは、イデア的な理想の玉稿に這い寄ろうとしてるだけなのよな。
03-10 23:10

@fjwr_kn1 ある意味、絶筆の最後の一行を書き終えた瞬間(それも障害最高傑作)に死にたいですよねえ。出来れば。
03-10 23:08

@Yu_Godai あなたの場合は、単に「電波の人が終わらせてくれない」だけで、書いている速度そのものは実は私とそう変わらないと自覚してくださいw
03-10 23:06

@takadonomadoka ラノベに加えて一般文芸に漫画原作と、複数のフィールドで月刊やってるようなもんでしょう、あなたはw 高殿四角「高殿円がやられたらしいな」高殿三角「ククク(以下略)」
03-10 22:56

@takadonomadoka あんたが言うかw
03-10 22:47

@jajamaka それだ!<そして通報される
03-10 22:46

@kino_pongo @nitrokun  ニトロ+の作品はその辺、どれもよくバランスとれていると思いまする、ユーザー側から見れば。書き手側からみれば、自分に出来るのかとか考えると、「すげえ綱渡りだ」と驚くことしきりですが。
03-10 22:46

激しく同意。 RT @takadonomadoka 『仕事を詰め込みすぎると質が落ち、身体をこわす』、という一般論と、『仕事があるうちが花』という言葉がいつも私の頭の中で自己主張しあっていて、どっちの肩も持てない。この場合、なにごともバランス、という賢者の言葉はまったく役に立た
03-10 22:28

@KAME70 昔は「手妻」といったんでしたっけか。日本ではそういう「技術」として認識されたのはいつくらいからなのだろう……とふと思ったり。
03-10 22:27

私は手先が不器用なので、ああいうプロのマジシャンの手管とか、本当にあこがれるんだよなあ。食事が美味しかったのは、当然っちゃ当然だけど、なんだかそれ以上に得した気分でした。
03-10 22:26

たまたま今日、遠方からの客人が来られたので、あんまり普段行かないお店で晩飯。マジシャンがテーブルまで来てマジックしてくれた。至近距離(手を伸ばせば触れられる程度)で初めてマジックを見たけど、いや、マジですげえなあ、あれ。中世とかだったら本当に魔法だと思うだろうな。
03-10 22:24

@zuku8 多少はされていると思いますよ。まあそれよりも創刊フェア月とかその辺の影響も大きいですが。
03-10 22:21

@nitrokun やらせていただけるのなら、喜んでw というか、そういえば昔、ハードな内容の美少女系ゲームの企画たててみたら、「あれはニトロさん以外には無理なので、真似するな」と怒られた事がありますw
03-10 22:20

ついでに言うと、「何故かラノベが売れる月」「何故かラノベが売れない月」というのもあるみたいで、どの月にどの作家のどの作品を出すのか、も編集部にとっては悩ましい話なのですな。売れない月に鉄板の人気作を出して少しでも成績を維持するか、それとも売れる月にだして成績稼ぐのか、とか。
03-10 22:16

@nitrokun 単純に、私の場合はやってるものが多いので、意向をくんでいるというより、原稿あげた後は、いつ出るかとか気にしてないのですw<というか忘れてる
03-10 22:12

@one_asuka そんなアップル使いを笑うアンドロイド使いが、次の瞬間、ウイルス食らって涙目とかねw
03-10 22:09

ぶっちゃけ、三月四月に私の本やら何やらが4本ばかり出ますが(チャイカ、弑子、魔法使いA、レギナルト)、原稿をあげた日は小説だけ比べても三ヶ月以上差があります。新シリーズは刊行までにどうしても時間くうし、編集部側の意向で、「この月出したい」ってのもある。
03-10 22:07

@one_asuka 最近だと「新OSにアップデートしたら、電源関係にバグがあって、恐ろしく電池消耗がはげしくて、いざという時、電池が無い」とかもいけそうだw
03-10 22:05

編集部の方針一つで締め切りも変わったりするしな-。<たとえば四月一日に出る本が二冊あるとして。編集部のシステムや方針その他諸々で、それぞれ、締め切りが一ヶ月や二ヶ月違うのは普通にあります。
03-10 22:03

まあ、いずれにせよ、物書きや編集部周りは世間のタイムスケジュールとずれている事が多いので、ファンレターにしても、何にしても、あんまり読者さんの常識は当てはまらないと思った方がいいですよ、という話。
03-10 22:02

@Masato_Kondou @one_asuka  読み手が「ご都合主義」に感じちゃったらもう駄目ですわな。
03-10 22:00

@KAME70 端的に言えば、契約書は法律的に見て具体性が必要なので、原稿依頼に対しては納期(つまり締め切り)の記載が必要になるんですがね。ほら、まあ、出来ないときは出来ない訳ですが、そうなると、その度に契約し作り直しなわけで(苦笑)いちいち訴訟する訳にもいかんし。
03-10 21:58

@one_asuka 意外に携帯電話とか、電子メールの存在が、ミステリとかの障害になったりしますしねw
03-10 21:57

@aramotokei なんかジェネレーションギャップがw
03-10 21:56

@kugami_syeser そのとき、初めて、編集部は一定期間ためてからファンレターをまとめて転送する、という話を知ったのでした。
03-10 21:56

@aisoramanta 入会すると輝くトラペゾヘドロンがもらえるという特典付きなので今すぐ入会しましょう、という案内ですね。わかります。
03-10 21:55

@KAME70 実を言えば、出版業界は、結構口約束で動いていたりするので、その辺は元々いい加減です。作家側もいい加減なので、編集者もある程度はいい加減出ないとストレスで胃が溶けますw
03-10 21:54

@SagamiNoriaki いやまあ、若い子が「あ、僕にもなれそう」と思うのはよくある話なので特に問題は無いのですが。必要なアドバイスは個々人によっても違うので、手紙程度ではどうにもなりませんわな。それはどうしようもない事実。
03-10 21:52

@amane015 基礎体力によるでしょうな。意外に処女作がデビュー作って人もそれなりの数見かけるので、不可能ではないでしょう。ただし、それ以前に本をたくさん読んでいたり、日本語を書くことになれていたり、というのは必要でしょうが。
03-10 21:50

@one_asuka それはそれで、どこかで会った際に「ごめん」と謝っておくべきでしょうが――まあいずれにせよ、ファンレターは必ずしもすぐ届く訳じゃ無いのよ、という話でした。<今更もうリアルメール出す人も少ないと思いますが。
03-10 21:49

@kugami_syeser というか、正直、ファンレターの日付とかはそれまで見ていなかったのですよ。文面に「今年のファンタジアの」と書いてあるファンレターが11月にきたので「あれ?」と。
03-10 21:47

@ZelkovaTreefolk いや、真面目な話、体力作りからやると結局間に合わないですわな。その年の富士見の公募には……どっちにしろそういう意味では無理だった訳ですが。
03-10 21:46

@KAME70 まあ、普通にあると思いますよ。一年以上、机の上に契約書寝かしていた編集者もいますからw
03-10 21:45

@polaris0303 ありがとうございます。ファンレターのたぐいは一通り目を通してとってありますが、大きめの段ボール一箱分あるので、どれがどれやら。
03-10 21:44

@jansuten まあ、電子メールやらツイッターの方が確実っちゃ確実ですな。
03-10 21:43

@nanaka77__ さすがに詐欺ではないと思いますがw
03-10 21:43

@aisoramanta もっと訳がわからんものが編集部から転送されてきた事もありますよw
03-10 21:42

@aisoramanta まあ、ファンレターではあるのでしょう。実際、面白いと思う作品に出会って、自分もこんなのを書きたい! と思うのは自然な気持ちでしょうし<私も覚えがある 書き方を教えて云々というより、単純に、半年以上、著者に届くのに時間かかる事があるんだよ、という話です。
03-10 21:42

@kugami_syeser さすがに、出している余裕が無かったのと、そもそも先にも書いた通り受け取ったのが11月だったので、まあ、そのままです。
03-10 21:40

まあ、その意気込みやら何やらはさておき。ファンレターというのは、ある程度まとまった数になってから編集部から転送されるので、それを受け取った時点でもう11月だったという。(富士見ファンタジアの公募締め切りは当時八月末)今はもうリアルメールのファンレターなんて来なくなりましたがw
03-10 21:39

そういえば随分昔の事ですが。「貴方の作品を読んでファンになりました! ついては僕も富士見ファンタジアでデビューしてラノベ作家になろうと思うので、ラノベの書き方を教えてください。今年のファンタジアに出そうと思うので、必ず、すぐに、返事ください」というファンレターをもらった事がある。
03-10 21:37

ちと出かけますー。
03-10 10:27

@takasi_semi つか、ジンバブエがそれだったような(相続じゃなくて、生きてる人からも全没収だったけど)
03-10 10:25

なるほど、代々続いた名家富豪のお嬢様キャラとかは出せなくなるんですね。http://t.co/fQROaFg8
03-10 10:21

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/1027-32f188c8

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。