スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05/11のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

おはようございます。ゆっきー(息子)の出生届をだしに行くターン。別に未来日記貰って神への覇権争ったり、流れ星の彼女九人連れてきたりはせんと思うけど。
05-11 09:48

@NopUC WーTERMとかありましたな……
05-11 02:49

@BUNBUN922 @eternalsisters 単純に漫画家さんの場合は、自分で企画を回せる事が大きいと思います。受け身でないというか、その気になれば攻めに出られるという意味で。
05-11 02:48

@KFusho ああ、それだと本気で迷うかもしれません。特に私みたいに自分の「才能」を最後の一線で信じていない人間は(苦笑)。後は一生とはいわずとも、「定年」がいつか、ですかねw 結局、書き手としての環境の安定が確保されれば、次は、家族を養う上での計画性の問題ですし。
05-11 02:47

@NopUC インターネットの隆盛と時を同じくしてますしね。本格的なネット対応のOSがwin95だった筈ですし。
05-11 02:40

@laosuu やっぱり、読者の反応ですかね。そういう意味ではマイナスの意見も大量に聞こえてきますが、ネットは便利と思ったりします。
05-11 02:39

@eternalsisters @BUNBUN922 私は絵描きさんではないので、傍観者視点ですが、おっしゃる通りだと思いまする。
05-11 02:36

@laosuu あ、なるほど……<入浴シーン 我々、なんだかんだいって身体が資本ですもんね……
05-11 02:35

@NIGHT_Rulers まあ似たようなもんでしたが、私もw
05-11 02:33

@ryou_mizuno 「お父さん。この人と結婚するの」といって自分の後輩連れてこられたりすると、いろいろな意味でたまりませんなw
05-11 02:33

@sow_LIBRA11 伝統なのかw
05-11 02:31

@Ugetsu_Kazahana いや、薬会社の社員さんです<当時
05-11 02:31

@NopUC 五年くらいつきあっていたような。
05-11 02:31

@anikanmin がんばってくださいw
05-11 02:30

@KFusho 微妙ですが(一生と仮定するとすれば)――多少は迷います。ただ、印税の増加は売れている(多くの人々に受け入れられている)という事のリアルな証明であり、お金は食事や生活や趣味の品と言ったリアルに実感できる存在に変換出来る事を思えば――モチベ維持の意味でも微妙かなあ。
05-11 02:29

@sillism まあ嫁の実家の人達が鷹揚だっただけかと。
05-11 02:25

@sow_LIBRA11 やーめーてーw
05-11 02:25

@NopUC あったあった、寝たことありまますw
05-11 02:25

@Ugetsu_Kazahana なめたというより、本当に知らないのでしょう。単純な食費やら何やらは普通に計算できますが、病気や怪我のセフティ・マージンやら、冠婚葬祭やら、その他諸々、計算しにくい数字も多いですし。
05-11 02:24

@laosuu 確かに洒落になりませんよね<転んでも入院
05-11 02:23

@sorano009 なんか趣味人なんですよ。なので、そのときのマイブームがメソポタミア文明だったらしく。ちなみに、「趣味で」神道の神職資格持っておられます。
05-11 02:22

@ryou_mizuno そりゃそうですね――というか二十年後に私も水野先生と同じ気持ちを味わってんでしょうねw
05-11 02:19

ちなみに。このお義父さんですが。初めてご挨拶した際に、出てきた台詞。「君。メソポタミア文明に興味あるかね?」――手強い、と思いました。<なにが? まじもんの実話。
05-11 02:18

@BUNBUN922 そう考えると、やはり、CGの発達とか,大きいですよね。前に某所で末弥先生の生原稿(つか絵)お見た事がありますが、あんなもん年間百枚とか描けとか言われたら、多分、普通の人間は、死ぬ。
05-11 02:15

@ryou_mizuno まあそういう事だったようでw
05-11 02:13

「君は娘に苦労させたくないから、年収が一定になったらとか言うけど、別に今から一緒に苦労したらいいんじゃない?」――お義父さん素敵、抱いて! とは思わなかったですが、まあ、何というか、色々拍子抜けした半面、出来た人で助かったなあ――という十年ほど前の思い出。
05-11 02:13

「でもなあ。何年か後にやっぱ駄目でしたとか言われてもこっちも困るしなあ」――うわ、身も蓋もねえ!!(笑)
05-11 02:11

「そいつの貯金額に追いつけたら……」とまあ、きちんと生活とか生来の事も考えてますよアピールをするべく考えていった訳ですが。お義父さんがそれを聞いて一言。
05-11 02:10

「なので、自分が同期の連中に追いつけたら、それでようやく一人前になれたと判断して、改めてお嬢さんを迎えに来たいと思っています。具体的には大学の同期の中で一番がんばって貯金している友人が、現在、七百万です」
05-11 02:09

かといって「お嬢さんと結婚する気はありませんよ?」とも言えないし。なので挨拶する際にこう、シミュレートつーか、受け入れてもらいやすそうな応対を考えていった。「私は物書きやってますが、正直、大学に何年も居て、他人より社会人としてのスタートが遅いです」
05-11 02:06

当時、デビューしたてのラノベ作家だった私は、まあ、当然、本も一冊か二冊しか出ていなくて、収入は本気でよくわからん状態。兼業の司法書士事務所の補助者職も、そう大した金額では無いし。なので、「結婚を前提に」とかとても言えない。
05-11 02:04

じゃあのろけついでに、私が嫁の実家に交際の挨拶に行った時の話。
05-11 02:02

@kawakamin それはあるようです。
05-11 02:01

@le_ji ええもうw
05-11 02:01

@sorano009 最初は、電話代がつらいからと、ファックスでやりとりしてたんだぜー。<のろけか?
05-11 01:59

その辺、草食系男子じゃないですが、「そこそこでいいじゃん」的なヒトが増えてきた印象があります。実はその「そこそこ」ってのが「ぎりぎり」なのに気付いてないヒトが多いのが問題で。
05-11 01:59

@BUNBUN922  250……本気で綱渡りの金額ですよねえ。
05-11 01:57

テレホ時間になると、遠距離恋愛の彼女(今の嫁)と電話ししていたいい思い出w
05-11 01:55

@anikanmin まあ学校はさておき、親は、プライドみたいなのもあるのかもしれませんw
05-11 01:54

@NopUC おっしゃるとおりで。
05-11 01:54

@Ugetsu_Kazahana まあ、前者でしょう。そしてあんまりそういうお金の話って学生の間は聞かないので、しょうがない所はあります。
05-11 01:53

@gross_x0 ぶっちゃけ、年収の上下も激しい商売なので、そのセフティ・マージン込みの数字だとは思いますけどね。ちなみに私はデビューしてからの小説屋としての年収の最大と最小では十倍以上の開きがあります。
05-11 01:52

@anikanmin うーん。お金の話をする事そのものが、ちょっと「卑しい」と思われる傾向ありますしねえ。
05-11 01:51

@kinoakito ぶっちゃけ、二年に一本しか書けないヒトだったりすると、今のラノベ業界で生き残るの難しいですし。
05-11 01:50

@DARL_Japan みかか代。<懐かしい
05-11 01:49

@SagamiNoriaki @laosuu 死んでるヒトもいますし、生き生きしているヒトもいます。まあひとくくりには出来ません。大まかな傾向はありますけどね。また死んでる様に見えて野心満々、って子もいたので微妙。
05-11 01:49

@tanoakira_open 下手かどうかはともかくとしても、「何処に当てるべき的があるか実は見定めにくい」世界なのでw
05-11 01:47

@DARL_Japan それはそうですねw
05-11 01:46

@asobiya そうですね。いや、一人で生活するとしても、身体壊して翌年仕事が出来なくなるとその瞬間に詰みます。
05-11 01:46

@mous494 まあそういう事になりますw
05-11 01:45

@Takeyuki_Kuzumi まあ、細々とでもいい、という認識であればそういうものかもしれんのですが――問題は、「細々と」書き続けているヒトは、余程、固定客がいるのでもない限り、次第に、更に細っていく事になるので、作家としての寿命が尽きるのが早くなるという…・ 
05-11 01:45

@gross_x0 国民年金とか、健康保険とかの事もあるので、厳密な計算はしにくいんですが。よく言われるのは、サラリーマンの二倍から三倍を稼げるようになったら、サラリーマンの仕事辞めて専業になっても、生活随順は落ちない、とは聞いた事が。
05-11 01:43

@anikanmin 恐らくは両方でしょう。
05-11 01:42

@kinoakito 真面目な話、一定水準の作品を二本以上投稿しているヒトがいれば、そりゃ、「あ、このヒト量産きく、即戦力じゃん」と判断されるので、可能性あがりますよ。
05-11 01:41

@SagamiNoriaki @laosuu えーと。その質問をする前に、確認してるんですよ。「君たち、なりたいのは専業作家だよね?」と。
05-11 01:39

あ、これ私の戦法w>RT
05-11 01:37

@OKina001 まあその辺のリアルな「引き算」を生徒さんに求めるのは無理なのは分かっているのですがねw
05-11 01:36

この「二百万」を多いと思うか少ないと思うかですが、笹本先生がおっしゃるように「来年の収入はゼロかもしれない」職業である事を思えば、貯金が無ければその途端に干上がる金額です。(一人暮らしの場合ね)
05-11 01:35

ちなみに以前、私は学年の最初に「どれくらい年間に稼げる作家になりたい?」と生徒に聞いていた時期がありますが、一番高い金額を言った子が「五百万」一番多かったのは「二百万」帯です。
05-11 01:33

@laosuu いや。なんか話をしていて感じたのは作家としての年収を「生活費」ではなく「小遣い」として見ている感じがすごくするんですよ。
05-11 01:31

学生さんだからってのもあるんだろうけど、そもそもリアルに「自分が一人生きていく為に必要な金額」ってのが見えてない感じです。
05-11 01:30

 この十年近く専門学校で教えてきた個人的な経験でいうと、若い作家志望者の人達は、『作家になって到達したい年収』が総じて低い傾向にあるんですよね……>RT
05-11 01:29

@Yu_Godai 釣りにしか見えないw というか釣りであって欲しい……
05-11 00:51

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/1078-ac33e1d9

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。