スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05/25のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

@kusariotitakuro まあ、その一方で適当な部分があるからこそ、締め切り破りとかでいちいち訴訟にならなかったりする訳ですけどねw でもまあお金はなあ。
05-25 21:54

@Rikuya6 @hiroshi_522 @tete_t2r  ありがとうございます。実は長編一本分、プロットが残ってるのですが、「一応綺麗に終わらせる」為に破棄、最終巻と相成ったのです。機会があれば、また。
05-25 21:53

そういえば明日ショットショーだった……!
05-25 21:52

http://t.co/p9fLW68u m500,3インチキター! 6月半ばだとか。
05-25 16:26

つかスマホのアプリだとツイートのケシカタがいまいちわからん
05-25 16:04

何か間違えた。いやまじで。
05-25 16:00

ザ・ジャグル
05-25 15:58

@rasyoumonasyu いいですね。専門の会社を立ち上げましょう<すんな
05-25 13:58

「俺がステマだッ!(某ガンダム風に)」<最早間違いとかそういう次元じゃない感じのステマのやり方
05-25 13:57

「これが、これが、ステマだッ!!(ドヤァ!)」 <間違ったステマのやり方  「明日、正午にこのサイトにきてください。本当のステマというやつを皆さんにお見せしますよ(山岡さん風に)」<もっと間違ったステマのやり方
05-25 13:56

@panda_rion ただ、これも、「残虐描写が売りで、しかも、もの凄く売れると最初から分かる位に、もの凄く面白い!」場合には、例外扱いされる事も在り得るので、まあ、難しいですね。そこは賭けになっちゃいます(投稿者側も、採用側も、その他関係者も)
05-25 13:37

@panda_rion ぶっちゃけ、小説で出す場合は、まあ大丈夫な事多いんですが、キネノベはどうしてもゲームのレーティングが絡むので(特に一般ゲー化の場合ソニーや任天堂のゲームハードメーカーのチェック基準とかも絡むので)、余計に面倒というか、「出さずにすむならその方がいい」と。
05-25 13:36

@panda_rion 「魔法攻撃で、ぱっと相手が消えちゃう」という設定に調整した上で、なおかつ、あのテーマを描く、という方法も「不可能」ではないです。面白いかどうかは別にして。まあ、そういう次元の話ですから、「残虐描写」が目的や重要コンセプトになってなければ、大丈夫かと。
05-25 13:33

@panda_rion 重要では無いから、その様に時代の流れに伴ってシフトしていった訳で。つまりそこは調整可能だったと。しかし、例えばゲームの「バイオハザード」とかで、その調整が可能かと言われれば、無理な訳で。ストジャでも極論、「魔族が残虐に人を殺さない」
05-25 13:31

@panda_rion 分かり易い例でいえば、昔のウルトラマンとかは、必殺技を食らった怪獣は「爆散」してました(肉片描写とかあるし、『八つ裂き』なんてのも)。しかし今は光線技喰らって、「消える」方向にシフトしてます。これはウルトラマンにおいて「怪獣をリアルに殺す」事は別に、
05-25 13:28

@panda_rion  実を言えば、その辺はかなり調整が利くものなので、「調整が利かない位に本筋に絡んでいて、そこを変えたら、この話は成立しない」かどうかが問題になります。細かい出血描写、残虐描写がどうの、というより、「方向性」の問題ですね。
05-25 13:27

@takadonomadoka 「先に原稿料確認すると、浅ましい奴と思われる」という風潮は何とかするべきと私も思いまする。おっしゃる通り値段がどうこうではなくて。でも中には「え。お金いるんですか?」とか言う人達もいるようですしアレですな。
05-25 12:37

@yusuke_win なるほど……
05-25 12:30

@kurosuakihiro それは理解してるし同意なんですが、なんつうか、中学生位の人達にもそう見えてるのかなあ、どうなんだろう、と思ったり。
05-25 12:28

@yusuke_win まあ、一概に何がいい、悪い、と言ってしまえる話ではないんでしょうが、『かっこいい、憧れる大人像』が見失われているのかも。情報が溢れて、子供ですら、大人の欺瞞を普通に見抜きますし。
05-25 12:27

@sorano009 ヒーローものって、ロボットものと並んで、プロット殆ど通らないですけどね……(泣)
05-25 12:24

@sorano009 そういえば「正義の味方なんて居ない。居てたまるか」とか言いつつ、結果的に自分がそう回りに目されているのを苦々しく思いつつ、異能を持った一人の少年が、「俺は正義の味方だ」と最後に宣言するまでの話を書きたいなあとか、最近思います。
05-25 12:23

@yusuke_win ある意味、一番熱いバトルものが「プリキュア」シリーズだったりしますしね(苦笑)
05-25 12:19

つか、中学生位の頃は、何となくヒーローものを馬鹿にしていたんだけど(中二病?)、一巡りしてなんか、最近は凄く好きなテーマになってきたのな。そう考えると、本来のターゲット層以上に、「大きいお友達」に今更の様に特撮ヒーローが大人気なのも当然なのか。
05-25 12:16

@sorano009 でも彼のヒーローとしての目覚めがおじさんの死であり、犯罪者を見逃した事への後悔なんだとしたら、やっぱり重い気もしますな。あ、でも復讐じゃなくて、ヒーローとしての目覚めだからこそ、いいのか。<重くないという意味で
05-25 12:14

@takadonomadoka 考えてみれば、部数も確約されない分、印税ですらわからんですしねえ。<予め期待できる報酬
05-25 12:09

@yasutaketin 推測混じりの勝手なツイートをしてしまいました。申し訳ない。
05-25 12:07

@sorano009 スパイダーマンは、少年の苦渋と成長の物語、バットマン系はむしろ復讐と人間性回復の物語、過程は似てても方向は逆な様な気がしますねえ。あんまりアメコミ詳しくない私が言うのもなんだけど。
05-25 12:04

@aramotokei 営業部長「貴様のそれは接待ではない。ただの戦争だ! おもてなしの心を忘れた戦いなどに価値は無い!」新人「色々間違ってるだろアンタ」
05-25 11:27

接待サバゲ。部長さんとか社長さんが無双するサバゲ。バーコード&ビール腹の部長さんが、シュワルツネッガーばりに……あれ。これはこれで面白いんじゃないか?<馬鹿
05-25 11:04

@BuckeyeTechDoc @yasutaketin 特に「これから作る」ものに対して、当然というノリで(相場ではなく俺ルールで)値切ってくる人は、モチベーションへの影響、というのを考えてないという意味で、「俺は迂闊だぞ」と公言している様なもので、それが恐ろしいです。
05-25 10:58

@WINDUBARD なんか「三回忌」っていうと、改めて「ああ、もう大迫さん居ないんだな」と突きつけられている様でしんどいんですが、なんつうか、健康に多少なりとも気をつける様になるきっかけだと思うと、感謝せんといかんとか、色々複雑です。
05-25 10:56

@Aurantioideae そこは「この原稿が受賞してがんがん重版かかってアニメ化してうはうはまで死ねない」と思いましょうw<なんか送った後で燃え尽きてしまいそうで怖い
05-25 10:54

@nobuie @yasutaketin 文字書きとしてはご指摘にはただただ「不徳のいたすところです」としか言いようがないです。ただ、恐らくRT元の方が問題にしているのは、「仕入れたモノ=既に存在しているものは、扱う者の態度で出来が変わったりしない」って事なのでわ。
05-25 10:49

@gorn 手塚先生が亡くなった際に「BJ、BJはどこ!?」といった人達と同じ気持ちですな。
05-25 10:47

@fukus お誕生日おめでとうございます。しんみり空気に関してはすんません。
05-25 10:46

まあ、必要以上にしんみりするのも本意では無いので、しばらく黙ります-。
05-25 10:05

@NikiHideyuki 確かに「子供が飢えるかどうか」って大きな価値基準ですよね……<自分の仕事に対する 嫁さんがしっかりしていると、特に。
05-25 10:04

@orutoari しばらく鬱はいってましたな。なんかもう、それから数年、治療法が追いついてきて、今や「死に至る病」ではなくなってきたそうで、ある意味、隔世の感がありまするが。
05-25 10:01

なので、吉田さん、中里さん、山門さん、松野さん、といった人達の無念が我が事の様に分かる――とまで言うと言い過ぎか。まあ、人ごとではないので、この手の仕事してる人は、こまめに健康診断いきましょう、というつまらない結論なのですが。
05-25 09:59

数年前、ある健康診断で病気の可能性を指摘されて(数年以内に死亡する可能性大/その後の検診で否定されましたが)、最初に思ったのが「残される嫁が(当時、娘は未だいなかった)……」ではなく「今あるシリーズをきちんとたためるかどうか」だったのが我ながら業が深い。
05-25 09:56

@poly14comp 申し訳ない<辛い  とはいえ、一応、自作に決着を付けてから逝けたという意味で大迫さんは未だ幸せな部類だったのかも、とも思ったり。
05-25 09:51

これも。 RT @yasutaketin 原稿料を「買い叩く」のがなぜ人を不愉快にさせるかというと、「ああ、この人は自分の作品をその程度の価値だとしか思っていないんだな」と思わせてしまうから。「作品」はどこかで仕入れたモノじゃないのです。そこにコンテンツ業界の繊細な部分が
05-25 09:49

ああ、これ、本当にそう思う…… RT @yasutaketin 予算に限界があるなら「これこれこういう事情で、今回は~円で受けてくださいませんか?次回はこのような努力をして還元したいと思ってます」くらい言うべきでしょう。人と人の関係なんだから、誠意が大事。
05-25 09:47

@OKina001 まったくです。
05-25 09:44

長いような短いような。この二年、ひいひい言いながらやってきたので、正直、嫁に言われるまで意識していなかった。平成22年(2010年)5月25日午後11時27分―― 大迫純一氏永眠。自己満足なのは百も承知だが後でちょっと黙祷する。
05-25 09:41

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/1091-56e6e6c8

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。