スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/26のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

@spriggan1980 棄てぷりのアニメは、当時、ある同業者から「どうやったらあんなにいいアニメ化が出来るの!?」と問われた程のデキです。いやマジで。愉しんできてくださいませ。
09-26 23:25

いかん、延々と暗い話になった。これはここまで。とにかく、重い病気で執筆が遅れる作家ってのは、本人が楽しそうにリツイートとかしてても、それはエンターテイナー根性から表に出さないだけで、ものっそい辛いと思います、というお話。
09-26 22:59

松野さんなども、時期的に見て闘病されながらの、自作のアニメ放映だった筈で……尚更、「ああ、早く次を書かねば」とか思っておられたんだろうなあと思うと、なんか、辛い。
09-26 22:57

@MUKU_GM_SAKUYA ぶっちゃけ、私は大迫さんが漫画家さんだった時からの読者ですしね……余計にこう、くるものが。中里さん、吉田さんも人柄の善さの滲み出る様な方達だっただけに…… 山門さんは、一度、某所でお会いした位でお話しした事も無いのですが、多分、気持ちは同じかと。
09-26 22:53

@sorano009 「もっと書きたい(略)」――この場合、人気が出なくて打ち切りとかとはまた違う、「可能性があったのに試せなかった」辛さみたいなのはありますよね。
09-26 22:51

@sorano009 ありがとうございます。
09-26 22:48

@NIGHTINGALE004 ありがとうございます。とりあえずは父も末席とはいえ業界関係者ですし、ツテをたどらねばならぬ様な深刻さでは無いと聞いているので、お気持ちだけ受け取らせてくださいませ。
09-26 22:48

@nerinanarineyo デキの悪さのタイプによっても違うのではw<単純に売れた売れないって意味なら、割と当てはまるかも。正確には「売れなかった作品は、作品に対して申し訳ない気持ちになる」というか。
09-26 22:46

@akumonitor40 確かに、自分が死んだ後も残る様な作品を出せたとしたら、それは物書き冥利につきるかと。
09-26 22:45

@kushamisankai そうかもしれんのですが、ロードスに出会わなければ、多分、かなり遠回りしていたのではないかなあ、とか。
09-26 22:44

@aramotokei とりあえず必要以上に怯えてもしょうがないので、嫁をちょこちょこ美味しいもの食べに連れていく事にw
09-26 22:43

@tomonomaya @MUKU_GM_SAKUYA  いずれも惜しい人達ばかりです。本当に。
09-26 22:42

医療技術が追いつく事って本当にあるんだねえ、と感動していた記憶がありまする。
09-26 22:39

ちなみに。当時、私が罹っているかも、と言われた病気は、たまたま父がそっち方面の権威と言われる専門医と知り合いだったので、見ていただく事になり、「いや。大丈夫、まず発症はしない」と太鼓判を押して貰ったので安心しましたが。更にその後、医療技術が進歩して致命の病でもなくなったらしく。
09-26 22:39

ある作家さんが、「僕はもう作品って子供を残す事ができたので、結婚とか、子供とかはもういいかなあ」なんて半分笑いながらおっしゃっていましたが、逆に言えば、物書きにとっちゃ作品って子供=「自分の生きた証」ですしね。可能な限り多くより良く残したいのは、回り回って本能に繋がってるのかも。
09-26 22:37

個人的には、命に関わる様な重病で執筆が止まるクリエイターってのは、むしろ、ものっそい苦しいと思うのですよ。「早く書かないと」と焦る気持ちと、「無理をすると残り時間を無意味に縮める」という不安と。「無理しなければ時間は延びるのか? その保証は?」とか。色々。
09-26 22:33

なので、大迫さんとか、山門さんとか、吉田さんとか……同業者の訃報を耳にした際に、最初に思ったのは「作品完結させずに逝くのはさぞ無念だろうに」と。
09-26 22:31

「あ、十年在れば今やってるシリーズはきちんと終われるな」とか頭の片隅で考えた(残された親とか嫁とかの心配よりも先に/当時、子供は未だ生まれてなかった)時点で、やっぱ、物書きってどうしようもない生き物だなあとも思ったもんですが。多分、その辺は皆一緒だろうなあとか。
09-26 22:29

そういえば。実を言うと数年前に一度、病院の血液検査である病気に罹っている可能性が大きい、と診断されて。知り合いのお母様が罹っているのと同じで、十年以内に死亡する確率が高いとかなんとか。その時、最初は呆然としたのですが、その一方で、
09-26 22:26

@namaniku_ATK ありがとうございます。ぶっちゃけ、クリエイター系の人間にとって、精神的にも肉体的にも、伴侶の存在はかなり大きな助けになってますよね……独身は独身で気楽だけど、妻帯者は妻帯者で踏ん張れるとか、そういう。
09-26 22:18

@mami_tuchino @gurima_k 情報化社会は恐ろしいなw
09-26 22:16

@k_kimitake ありがとうございます。とりあえず目の前の事から粛々と片付けていきまする。
09-26 22:15

@tanoakira_open さすがに東京まで連れてくのは無理ですねw
09-26 22:15

今流行の3500円のカツカレーとか食べるのどうよ。どこで食えるのかしらんがw  RT @gurima_k なんかカツカレー食べたくなってきた(;´Д`) ココイチのロースカツカレーなにげに好きなんです。 いつもほうれん草トッピング
09-26 22:11

しかし嫁の手術、味覚神経に障ってしばらく味覚がおかしくなるかもって話だけど――なんかそれ聞いてるだけで怖いな。本当に味覚だけなんか? とか。頭にメス入れる時点で充分に怖いが。
09-26 22:10

@hose_s 何というか、余程に悪化しない限り、「命の危険がある手術」ではないので、おろおろ取り乱したりはせんのですが、とにかく落ち着かないのが……
09-26 22:08

@hexagonzero ありがとうございます。私は風邪ひいた位であれなんですが、どうにも落ち着かないのが……というか体調云々の話を言えばヤマグチさんの場合はもっとですよね。そちらもどうかご無理なさらず。
09-26 22:06

@NIGHTINGALE004 @anikanmin @le_ji 先のリツイートの様な状態でして。私も嫁の通院中に子供の面倒を見なければならず、そこにもってきて私まで風邪ひいて、と……とりあえずぼちぼち目の前の事から片付けていきまする。
09-26 22:04

嫁の入院日程が決まる――ものの、「多分そこまでは保ちそうにない」と嫁。こりゃ上京は無理。あそことあそこの授賞式には行けそうにない。それ以前に原稿が遅れまくってて(そして来月か再来月のどちらか一ヶ月は仕事にならない可能性)東京行ってる場合じゃないというのもあるが。
09-26 21:36

@ds_nanoha 御購読ありがとうございます。
09-26 21:33

つか、炭水化物と砂糖と油……RT @aramotokei あれはそんなに効率のいい補給食なのか(違うw)
09-26 12:54

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/1187-a6feaf88

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。