スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/21のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

さて。風呂入ってこよう。
10-21 23:40

@gmtomono @Molice いいすね、スリケンパンク。どっかで企画を出せないか考え――<そしてまた首が絞まる
10-21 23:38

@gmtomono ねちっこい背景描写としつこい戦闘描写てw 何でもありを「蒸気機関」で説明するのがスチームパンクなら、魔法で説明するのが「マジックパンク」、そして何でも「忍法」で説明するのがニンジャパンク――ああ、なんか私も書きたくなってくるw
10-21 23:30

@asuharu_17 ありますよ、勿論。少なくとも私はそういう部分あります。ただ、むしろ「売れている本」を読みながら対抗意識を燃やして、それこそ「すげえな。じゃあ俺はこっちの方向(自分の得意分野)でもっと面白くしてやるぜ」的な事を考えつつ企画書いたりしてますw
10-21 23:28

@utakata_utakata うん。なんかこう、田舎の風景バックに、素朴な笑みが可愛かった<43も間近で何言ってんだ、私は
10-21 23:24

そういえば、「ニンジャスレイヤー」が話題だけど。これだけ受けるという事は、海明寺裕氏の「NINJA TRASHERS」はやはり隠れた名作か。
10-21 23:23

@Masato_Kondou がんばってください。そして受賞したら教えてくださいw<さすがに電撃の授賞式に顔出す訳にはいかんですが
10-21 23:19

@utakata_utakata 怒ってる場面は無かったなーw
10-21 23:16

@Masato_Kondou 「四次」……電撃はやはり高い壁が幾つもあるな……
10-21 23:12

@delfin_000 個人的には舞阪先生の若さも脅威ですが。私の中学の頃から現役だもんなあ。
10-21 23:11

@maikkaaa 先日はどうもでした。つたない幹事で申し訳無く。
10-21 23:08

@delfin_000 山本先生の「心はいつも十五歳」はマジ名言だと思いますw
10-21 23:06

@Masato_Kondou 昔、高校の知り合いで、ものすごくよく喋るんですが(それこそ早口言葉並に)、相手の反応とか丸無視の人がいて。大抵、滑ってるし、お話にも全く意味無いんですが、本人お構いなし。そういう場合は、多分、「面白い」ものは書けないのではないかなあ、と。
10-21 23:04

@Masato_Kondou いや、何というか、会話の中にも起承転結とか組み込むのが癖になっていたり、「こう言ったらこういう風に受ける筈だ」みたいなシミュレートを瞬間的にしている、つまり「他人の受けをとる」「他人を楽しませる」という訓練を日常からしてる、位の意味です。
10-21 23:02

@mrn_3 勿論、そうあるべきなんですよ。最終的には。というか、プロとかは、他人の作品見たら、大体そういう感覚になってると思います。
10-21 23:00

@asuharu_17 近づく事は出来ると思うんですがね。ただ、そのものにはなれないし、なる意味も無いとは思います。
10-21 22:58

というか、ものっそいどうでもいいけど。 昨晩、何故か「田舎に帰ると、とても可愛い少女と出会う」というラノベそのまんまの夢を見たんですが。何故か、その少女が「あ、有馬先生デザインだ」と夢の中で分かっている不思議。多分、寝る前に同人誌読み返したからでしょうけどw
10-21 22:53

@Masato_Kondou ふうむ。じゃあ私の邪推かな。すいません。
10-21 22:51

@gmtomono ふと思いましたが、ニンジャパンクってジャンルもそろそろ出来てもいいような気がしますw<ニンジャスレイヤー刊行にあたってふと思いますが
10-21 22:50

@asuharu_17 まあ、「俺にも書ける」と言っちゃうのはいいんですが、そう思ってる間は、多分、細かい部分での「技術」は身についてないだろうなあ、という。まあ、本気で何度も書いていれば嫌でも気付きますがw
10-21 22:49

@Masato_Kondou @delfin_000 中二な設定を考える一つの方法として、逆算もありですよ。最初にこう、中学二年生の欲望に正直なシチュを設定して、そこから「いかにそれをもっともらしく、大袈裟に、説明するか」で中二設定が出来たりするw
10-21 22:48

@Masato_Kondou 「こうこう、こういう話なら、きっと面白いと思ってもらえる」っていうツボを、普段の会話からあんまり学習してないっていうか。
10-21 22:46

@Masato_Kondou ああ、根本的に面白くない――ね。個人的な意見ですが、そういう人、会話してても、話下手じゃないですか? 勿論、会話が弾まない人が皆、書くモノがつまらない、という事はないんですが。何というか、「受けを取りに行く」事を常に意識してない人というか。
10-21 22:45

@Masato_Kondou @delfin_000 私は割と設定いじくるの好きなので、延々と設定やら造語やら書き連ねるスタイルが好きなんですが、あれ、一部の濃い読者さん以外には評判悪いですしねw
10-21 22:38

@delfin_000 まあ、最初はそう思うもんですけどねw しばらくやってると、すぐ分かるようになりますがw 「スレイヤーズ」見て「あ、俺にも書けそう」と思ったのは、私の、若い日の恥ずかしいあやまちw
10-21 22:37

@Masato_Kondou @delfin_000 三田さんだったか誰だったかが言う「脳内読者」が出来上がれば、自分の作品も割と客観的に見る事が出来たりするんですがね。まあ難しいです。
10-21 22:33

勿論、「あんなの俺にも書ける」と言っちゃえる人の中にも、本当に書けている人は居たりするんですがね(笑)。まあ、専門学校で生徒とか見てきた、「全体的な傾向」だと思ってください。あるいは専門学校に来ない様な投稿者は、また違うのかもしんない。その辺はごめん、わからん。
10-21 22:31

何というか、一定水準以上の人は、精密に、プロや受賞者と自分の間にある「距離」を見る。文章構成、表現力、プロットのダイナミズム、その他諸々、自分に出来なくてプロや受賞者に出来ている部分を細かく理解している。逆に、そういうものを見る目が無い人は「あんなの俺にも書ける」と言っちゃう。
10-21 22:29

あくまで個人的な経験とイメージですが。「クオリティが」とか細かい部分の完成度を気にする人ほど、クオリティそのものは一定水準を満たしていたりする事多い。むしろ自分と受賞者の水準を客観的に見る事が出来ないで、妙に自信満々な人ほど、クオリティに問題あったりするんだよな。マジで。
10-21 22:27

@delfin_000 @Masato_Kondou そうですね。で、それこそ「でもクオリティが」って思うなら、評価シートくれたりする所に出せばいい。そしてその評価シート来るまで、心ゆくまで改稿してりゃいいんです。案外、受賞するかもしれんし、駄目なら駄目で、改稿が無駄にならない。
10-21 22:24

@delfin_000 @Masato_Kondou ええ。気持ちは分かるんですよ。痛い程に。だから効果があったり、自分の精神安定とかに意味がある事ならやればいいとは思うんですがw 多分、実質的なあんまり意味ないなーと。
10-21 22:21

@Masato_Kondou @delfin_000 いや、実は、一番大きな問題は、「新人賞に応募している人が」なのです(延々と小説が完成しない)。自分で「来年に回す」とか「次の●●賞に使い回す」とか言って、ずんずん締め切りを先延ばし出来るし、それを誰も止めてくれないので。
10-21 22:20

@texigure いやだって、かなり「え? マジで?」って展開になってるので、ひょっとしたら拒否感を覚える人もいるかも、とかw <フォロンがサングラスかけるとかさ
10-21 22:16

@Masato_Kondou @delfin_000 言い切ると問題なんですがねw<締め切りよりクオリティ 延々と「クオリティアップ」を理由に、改稿を続けて、小説が完成しない、なんて人は実は結構多い(何人も見てきた)。適当な所で『諦める』のも必要だったりはします。
10-21 22:14

@Masato_Kondou @delfin_000 多分、受賞してもその後、生き残れないと思うけどな。
10-21 22:10

@Masato_Kondou @delfin_000 ぶっちゃけ、いつ出そうがあんまり影響無いとは思うけど(大抵は締め切り後に全部まとめてから、下読みさん達に分割して投げる筈)。まあ気持ちは分からんでもないですな。ただ、出す時期程度の差で受賞出来たり出来なかったり程度だと、
10-21 22:10

@texigure ありがとうございます。御期待に添えれば良いのですが。
10-21 22:06

@yatou_kai 前にもちょっとツイッターに書きましたが、この二人は結構お気に入りなので、こいつら主役のスピンアウトとかも面白そうなんですがね。むしろ「裏ブラック」みたいなノリでw どうも本編に出す度に設定的な縛りが増えていくので、難しいなあとか。
10-21 22:04

予定が発表されてるから書いてもいいか。「アウトブレイク~」の5巻も既に原稿はあがってます。今回はちょっといつもと違うスタイルをとってるのと、多分、この巻だけの某キャラの戦闘装束を見る事が出来ると思うので、御期待ください(笑)というか表紙絵のラフがすんげえ(以下略)
10-21 21:59

@yatou_kai サーギュラントは元は、いわゆる「悪い意味でのオタ」に設定していました。あれですな、「でゅふふ、イアリたんはあはあ」みたいな。で、イアリに罵倒されて喜んでいると(イアリはコーティ以上のすげえツンデレ)。ただ、あまりにこのコンビだけ浮いたんで、止めましたw
10-21 21:54

@yatou_kai 実を言えば、イアリはともかく、サーギュラントは実は、全然違うキャラだったんですよね。で、今のサーギュラントにした結果、色々修正して、「ああ、これは親子だなあ」と考えて、今の感じになってきました。なので、初登場の時点で、ある程度のイメージはありました。
10-21 21:51

ちなみに、「フェアリィ・フィールド」も著者校終わってますので、同じ状況(何か事故でもなければ本は出るという意味で)。こちらは実は表紙絵ももう見せて貰っているので、実に完成が楽しみ。
10-21 21:50

@rgv250vj21a91s というか、原稿の初稿が去年の八月にあがってたので、前巻の発行日から計算すると二年近いかも……
10-21 21:47

@arv0614 ありがとうございます。結構「え? マジ?」という内容になってると思いますw
10-21 21:40

@yatou_kai ありがとうございます-。
10-21 21:39

@rgv250vj21a91s @texigure フォロンを重傷状態のまま、一年以上放置してしまいました……(いや、作中では数分後だけども)
10-21 21:39

そして今から再び某社新刊の原稿――なんだけど。明日は嫁の入院、明後日は手術、なのでどうにもな……昨日今日も実は半日も仕事出来てなかったり。
10-21 21:36

ポリ新刊の著者校正終了。何らかの問題が発見されて差し戻しが無ければ、これで本当に私の作業は無くなったので、印刷関係とかの事故とか、神奈月さんが倒れるとかでない限り、本は11月に出る――筈。すいません、大変お待たせしました。>皆様
10-21 21:34

@kanetamarutestu 完走する事そのものが難しい過酷さだそうですね……パリダカ。幾つものトラブルが、やたらドラマティックに見えたりします。当人達はそれどころかじゃないんでしょうけど。
10-21 21:32

@akumonitor40 さすがに母乳とミルク以外クチにした事ない乳幼児にコーラは無理っぽくw
10-21 00:14

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/1212-fbe03dd6

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。