スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01/13のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

殆ど魔除けだな、これ……
01-13 23:58

@kxcom フルスクリーンで壁紙にしてみましたが、うなされそうで素敵です。ありがとうございます。http://t.co/D2g4SFlI
01-13 23:57

@gooddogsjapan @2b_molco うひいw
01-13 23:52

@kxcom @bear73care  おおおおお……! 素晴らしいw というか原稿バージョンもあるのですね…………
01-13 23:52

@nozomikota 派手さが無い、強キャライメージだから尚更、主人公が勝つと爽快感がある、結果、噛ませ犬、というコースかと。
01-13 23:45

仕事しろバージョンも欲しいレベル。 RT @kxcom さっきのダイオウイカの目が怖すぎて、せっかくなのでしかっていただいた。待受にすると勉強がはかどるかもしれない http://t.co/vbeuQAoc #ダイオウイカ #nhk
01-13 23:44

さて、色々堪能したので仕事に戻ります-。
01-13 22:14

@imadaira 映画だと、「これ以上は無理です!」「駄目だ、あと少し!」「死にたいんですか!」とか口論が起こるレベルw
01-13 22:14

@takosuke2200 まあ、本来なら別にダイオウイカの生態なんぞ解明されなくても誰も(直接的には)困りませんからね。そういう意味で子供っぽい好奇心こそが、やっぱ未来を開くんだよなあ。
01-13 22:13

@iris_taske やはり世代ですかw
01-13 22:11

@masakif715 さすがに本当に金属ではできてねえんでしょうけどねえw
01-13 22:10

@shuhe0910 ある意味、発光装置潜水艇に直で取り付けてたら、あの球面にべったり触腕が……とか想像すると燃える。
01-13 22:10

@takosuke2200 まあ襲われはせんかったですなw
01-13 22:09

@imadaira 襲われはせんかったですが、もろに来ましたな。
01-13 22:09

元々、子供の頃は海洋冒険ものとか大好きだった人間なもので。 RT @yatou_kai 榊さんも見てたでゲソか(笑)<ダイオウイカ
01-13 22:08

@Yu_Godai 確か死体確認の最大記録は14メートルでしたっけか?
01-13 21:56

だが、あれが最後のダイオウイカとは限らない……<
01-13 21:53

やめろ、ナレーション、それは亀裂フラグだ!
01-13 21:52

@OKina001 発想が同じだw
01-13 21:51

潜水艇大丈夫なのか!?
01-13 21:50

つか、何でこんなにヴァイラスっぽいんだよw!
01-13 21:48

おおおおお!
01-13 21:46

BGMがヤバイw
01-13 21:44

怪獣映画だと潜水艇が襲われるフラグだなー。
01-13 21:42

イルカー!(イルカ好き
01-13 21:34

おースゲー! ダイオウイカ!
01-13 21:31

潜水艇カッコええ。
01-13 21:09

@hatibarikitaka そして趣味は大事ですよねw
01-13 20:32

@hatibarikitaka 威力面の話をすると、かつて警察が自動ライフルではなく短機関銃を使っていた理由とかから流用も可能とか、そんな。(相手を貫通して周囲に被害を及ぼさないように、と。転じて、小型未合体のロボはコロニー内戦闘に特化、エネルギー消費を抑えるべく実体弾とか)
01-13 20:30

@tanoakira_open いや、宇宙巨大ハムスターに車を回させれば……
01-13 20:26

@hatibarikitaka マクロス的な理解なら、敵のサイズの違いとか。(敵が二種類いる) もしくは、汎用性の確保(一対一でも、部隊戦でも可能)とか? って、新作じゃないなら世界観設定からの補強はしんどいですかね……
01-13 20:22

@Narled @gurima_k すまぬ。
01-13 18:43

なにこのリアル犬神。 http://t.co/YunTKILN
01-13 16:25

@DaisukeHaneta 妊娠中の嫁の横で胎児が怪物化してこれをフミコロス話書いていた私がここに。
01-13 16:13

@aisoramanta いつの間に....
01-13 15:53

内部は若干スプラッタ仕様。 http://t.co/Q8vrAtOi
01-13 15:51

なぜかワニ。 http://t.co/mEFHbNMi
01-13 15:49

@maakunn2012 まあレトロフューチャーデザインってことでしょうな。
01-13 15:45

アンド息子。 http://t.co/iYVApICI
01-13 15:42

そして高い入場料払ったというのに、アスレチックスではなくママゴト遊びする娘。 http://t.co/2Ezl2rtH
01-13 15:41

これは....! RT @12zigen ケモテックシールきた!! ツルテカ!ワンフェスで買いにくるといいんだぜ。500円 http://t.co/HLUXaDwk
01-13 15:35

松本零士デザインときくとチューブ型エレベーターとか期待しちゃったが、さすがにそれはないみたいw
01-13 15:33

子供連れて堺のビッグバンへ。松本零士デザインのなんちゃっらがあるというアレ。 http://t.co/LSB8sdAq
01-13 15:15

ちなみに、アマゾンとエックスが双璧で好きなライダーだったりする<昭和 
01-13 12:42

というかアマゾン・ライダーって、私個人は、ライダー本人より、十面鬼の林檎みたいなデザインばっかり印象に残ってるな。
01-13 12:42

@tricksterMS 恐縮です。一助になれば幸い。
01-13 12:41

@Yu_Godai すんません、なんか冬のイメージ残ってないんすよ、あまぞんw
01-13 11:52

@kouseiy 上手く取り込めた例、取り込めなかった例の差が出てきたりもして――余計にややこしい事になり、「ハーレムって、それに興味が無い人間にはとても書けない」という拒否感を醸成したりする訳ですな。こんな所でよろしいか?
01-13 11:20

@kouseiy ハーレム構造としては先行していたマルチエンド型ヒロイン攻略ゲーム、要するにギャルゲーに倣い、キャラを配置したり、題名をつけたり、という方向に行きがち、と。しかしギャルゲーとは厳密には媒体が違うし、製作態勢も違うので、
01-13 11:20

@kouseiy ましてやそうなると、パッケージ(表紙絵、題名、帯のコピー、webでのCM、その他)においても直接的に「ハーレムだよ! ほら!」とやれないので、その手のものが好きな人を確実に引っ張り込めない。となると――という事で、どんどん全てにおいて露骨なハーレムを、となり
01-13 11:18

@kouseiy つまり、「最初からハーレムを声だかに謳う構造」だけをハーレムと思いがちですが、「結果的にハーレム状態」というのも、ハーレムものと見る事が出来る訳で。しかし後者を企画段階で編集者に訴求するのは難しい。また更に伝言ゲーム的に絵師さんに訴求するのも難しい。
01-13 11:16

@kouseiy 企画段階では、出す順番、描写の量、キャラ立ちの程度、といったものが分からないので、中々、こういう「ばらばらに女性キャラが置かれている」設定を「ハーレム」と認識しにくい場合も多いのです。
01-13 11:14

@kouseiy 「IS」の例でいけば、姉や、山田先生などは、この等距離感から如実に外れますが、やはり彼女等もそれなりの人気がありますよね。では、この等距離感を気にせず、姉や山田先生の様なキャラを複数出す事で、主人公の周りの女性陣を賑やかにする、という事も可能な筈ですが、
01-13 11:13

@kouseiy むしろ、「一巻で全て配置を終えている訳ではない」とすると(つまり数巻かけて一巻分のキャラ配置をしていると考えると)、恐ろしく丁寧に、ヒロインを、それもカタログ状に(つまりは読者の目から贔屓の子を選びやすそうに)、配置しているとみる事も出来ます。
01-13 11:11

@kouseiy 確か大ヒットした「IS」が「ヒロインカタログ」という言葉で説明されていたと想いますが、アレも、「一巻で全員が出てくるかどうか」はさておき、学校という舞台装置で、なおかつ、同種の関係性において主人公と各ヒロインが結びついているという意味で、等距離と言えます。
01-13 11:10

@kouseiy いずれにせよ「一巻の中で出てきて、等距離な物語設定の中に配置される」「多少の順列はあっても、話のメインフレームに噛み得て、なおかつ、下克上的にメインヒロインにもなれる」という意味で、彼女等は、等距離配置と言えるかな、と。
01-13 11:08

@kouseiy まあ、ハルヒに関しては、実の所、ハルヒがメインヒロインなのは動かしがたい事実なので、その点についてはいわゆるハーレムものの基本から外れていますが。
01-13 11:07

@kouseiy けれども、彼女等も、ファンのSSや、アニメ、漫画と言った各種スピンオフなどではメインヒロイン扱いされる事もある訳ですが、本来、彼女等は、ハルヒ達に比べると「輪の外」に居た筈です。
01-13 11:07

@kouseiy つまり「SOS団の少女達」というくくりで、同じ距離における、と。逆に、鶴谷さんや、キョンの妹、その他諸々は、この等距離感から「当初は」外れているので、一見、ハーレム要員には見えない。
01-13 11:04

@kouseiy 全開だった場合は面白くも何とも無い(惚れていく過程がいい、あるいは惚れているのが明らかになる過程がいい)訳で、各ヒロインと一定距離を保つ構造が、作品の中の設定としておかれているという事です。
01-13 11:03

@kouseiy 例えば「ハルヒ」における、ハルヒ、みくる、長門、という主要ヒロイン三名は「SOS団」及び背景事情によって、主人公とほぼ等距離を維持する構造になっています。(顔を合わす回数、親密度など)当たり前ですが、ラブコメとしての構造を見るに、最初から「好き好き大好き」
01-13 11:01

@kouseiy 具体例というとなんか、いきなり「榊がその作品をDISってる」とか誤解されかねんですけどね(苦笑)。まあ、DISる積もりはないのを宣言しておいた上で(むしろ出た当初は各社担当に「これはすごい」と言って回ってた)、皆がよく知ってる例として「ハルヒ」を挙げましょうか。
01-13 10:59

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/1277-9de46c82

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。