スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02/02のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

@makoto_sanda @Yuugen_99 ラノベ界のゾゴックと呼んでください。
02-02 23:58

何か仕事の依頼が来たら、あるいは何か新規に書かねばならない時(投稿作でも)、むしろその手持ちの「ストックされた」テーマに、世界観やら何やらを馴染ませてもいいし、それが出来れば、更に一本プロットを書く速度はあがりますよ、と。 #sousaku
02-02 23:54

まあ、テーマ後付け、その上でプロットまとめる、なんて作業は、「自己表現」の創作の本道からすれば、邪道なのかもしれませんが。小説書きを商売にしている以上は、そうも言っておられず。むしろ、普段から自分の好きなテーマは色々ストックしておいて、 #sousaku
02-02 23:53

@makoto_sanda @Yuugen_99 頭に刺さっても気付かないふりします。私は<ブーメラン
02-02 23:50

先のツインテールでも同じですが、「トップヘビーに見える」→「頭重そう、こけそう」→「バランス」の連想に繋がってます。私は今はコレ(ツインテールネタ)はその場のノリで書いてます様に、慣れればいちいち書き出さなくても出来ます。 #sousaku
02-02 23:47

ここで重要なのは、連想する際に、自分でも「やり過ぎ」と思う位、連想で出す単語や一文は大量に出しておくこと。その方が、最終的に噛み合いやすいピースとピースを見つけやすい。 #sousaku
02-02 23:45

じゃあ、二巻は人質救出を一つの山場にするとかはどうだろう。そしてシリーズテーマの下にサブテーマとしての「恋愛」を入れるとすると、人質救出とは馴染みそうだ。じゃあそれで、的な形で二巻のプロットを組んでいく。 #sousaku
02-02 23:43

普通に戦争物、あるいは銃撃戦もののパターンを頭の中から引っ張り出して考える。相手の全滅意外に勝利用件があるバトルは? ――例その一、人質救出、あるいは重要品奪還。 #sousaku
02-02 23:42

でも人形少女でサバゲというか、武器持った人形少女がドタバタする話は基本だから、そこは動かせない。すると、「サバゲで普通の戦闘と違うパターンって何?」とか考える。全開が正面からのがちバトル(殲滅戦)だったとして。じゃあ今回は? #sousaku
02-02 23:40

なんかみんな仕事しすぎ。(朝日出版の方を見ながら)――他人様の事言えた義理では無いが。
02-02 23:38

同じ様に、コンセプトも後から弄る事が出来る、と。例えば先の「人形少女でサバゲ」の話も、一巻で普通にバトルしていますから、バトルシーンをそのまま同様の設定で二巻やっても目新しさが無い。 #sousaku
02-02 23:35

ともあれ。テーマは最初に決まっていた方が、キャラ配置やら世界観設定やらをやる時にも効果的に出来ていいのですが、逆からも出来ますよ、という話です。 #sousaku
02-02 23:34

@SMGTomoaki まあ、そこはなんとか美少女でお願いしますw
02-02 23:32

@shimotsuwa ツインテールがもたらす世界平和、的なノリで大上段に振りかぶるのも面白いと思うのです、マジでw
02-02 23:32

@kyougetsutei_ka 針小棒大はエンタメ屋の基本かとw
02-02 23:31

@houichi_tukimi すいません、もうちょい続きますw
02-02 23:31

ツインテールがきちんとテーマに絡んでくれるでしょう?w #sousaku
02-02 23:27

「行き過ぎた善は、誰かにとっての悪」――「善という一つの概念だけを疑いなく信じ切る事は、思考停止」――「この常に揺れ動くツインテールは、人の生き方そのもの!」「私は今、自らの意思で、ツインテールになる!」とかそんな風にしてみると、  #sousaku
02-02 23:27

持っていけば綺麗に収まる。そこまで決まれば、今度は、「やっぱりバランスが大事だよね」的な結論に主人公が至るのに自然なイベントを置いてやる。バランスを失った、極端に偏った何かが、自滅する、あるいは、「悪」に染まるとかそんな。 #sousaku
02-02 23:25

そしてツインテールが何なのか、例えばポニテと違うのは左右に均等にある髪の房だとすると、それは均等な「バランス」である。バランス。バランス。では、「何かに偏りすぎる事の危なさ」=「常に人はバランスをとっていかねばならない。中庸。それが生きる事だよ」的な結論に #sousaku
02-02 23:23

で、主人公(ヒロインか?)がツインテールであるとすると、最終的に「ツインテールである」という事を主人公が受け入れるまでのドラマ、とかにも出来る。その場合、主人公はツインテールが嫌いで、しかし何かの理由でその髪型にしてないと駄目、とか。 #sousaku
02-02 23:22

まあ、他にも、例えば、「ツインテール」をネタにしたいとすると、ツインテールという言葉から連想するものを色々書き出していけば良いのですな。「二状」「髪型」「なんかトップヘビー」「ポニテと何が違う? 数だけ?」とかそんな。 #sousaku
02-02 23:20

@ASAHINOVELS 脳ジャックを疑ってください。よくある事です。
02-02 23:17

サバゲと人形という一件、あんまり関係の無い部品が「模倣・偽物」という部分で繋がったりします。ではそれをテーマにしてやれば、サバゲも、人形も、包括的に描いた上で、どちらもテーマを語るガジェットに成り得る。 #sousaku
02-02 23:16

例えば「人形少女でサバゲ」というコンセプトだけが先にあって、後からテーマを決める場合など。人形とは何か。人間の似姿。人間の偽物。人間の模倣品。サバゲとは何か。模擬戦争。死なない戦争。命の掛かっていない戦争。――とまあこんな風に連想を繋げていけば #sousaku
02-02 23:15

これはあくまで「先に一巻があって、その続編を考える」場合の方法論ですが、世界観だけ先にあって、あるいはキャラだけ先にあって、という場合でも、同様の手法をとる事が可能。 #sousaku
02-02 23:12

そしてそれは、どういう構成要素で定義されるべきか? 例えば「何がどうなったらそれは恋愛なのか?」「何がどうならそれは恋愛では無いのか?」という事を二巻を使って語ればいい、という事になりまする。 #sousaku
02-02 23:11

例えば、一巻で紆余曲折あって「自分は本物の家族だ」「あの人形少女達にも本物の命があるのだ」という結論に達したとします。ではその上で、「少女の紛いモノ達」との間にどんなドラマが成り立ち得るかと考えりゃ、そりゃ「恋愛」だろうと。では本物の恋愛、偽物の恋愛は何? と #sousaku
02-02 23:09

「家族」「生命」ときて、これに匹敵する、小テーマの構成要素。例えばこれを、「恋」とかにする。「本物の恋と偽物の恋」「本物と偽物の間に恋は成立するか」とかそんな。 #sousaku
02-02 23:06

大テーマはそのまま残していい。つまり先に置いていたテーマを、極力単純か・概念化・包括化して捉える。小テーマである「家族」「生命」という部分を別の何かに入れ替えれば、「本物と偽物」という大テーマは残したままで、更に別のテーマに成り得る、と。 #sousaku
02-02 23:05

まあ、結局は私がいつも言っている、「換骨奪胎」と似たような話なんですがね。大テーマを「偽物が本物になれるとすればそれは?」的な包括的な所内容で、「本物と偽物の『家族』」「本物と偽物の『命』」という具体的なドラマ(小テーマ)でもってこれを描くとすれば #sousaku
02-02 23:03

先の一巻では、「紛いモノの戦争の為に供される、紛いモノの少女達」の物語であり、彼女等の所有者もまた「本物とは何か偽物とは何か」にこだわっている。で、これは一巻で一応の解決をみる(ドラマとして閉じる)ので、続刊をやる場合には、別のテーマが必要なる。 #sousaku
02-02 23:01

まあ、あくまでも仮にですが。仮に、「戦争が無くなった世界で、戦争の代用品として、人形少女達がサバゲをする話」があったとしますよね? でもって最初のテーマは「本物と偽物」だとして。で、何故か、二巻も後から想定せねばならなくなったとします。仮に。あくまでも。 #sousaku
02-02 22:58

ノベライズなんかをやる場合にもそういう技術が求められたりもする。まあ、いずれにせよ、何か我々は大層なものとして「テーマ」を捉えていますが、あくまで、これを「物語を構成する部品」として見た上で、効率よく扱えるにはどう考えるか、みたいな話。 #sousaku
02-02 22:56

そういう場合に、既にある世界観、既にあるキャラ、既にある設定、の上にテーマを改めて付けて、物語を作る、という作業をせにゃならん訳ですな。本末転倒の様に思えるかもしれませんが、プロになりゃ、続編を求められる事もありますし、 #sousaku
02-02 22:55

更に言えば、キャラのドラマがどうにも薄い、とかいう場合にも、テーマへの絡まり方が薄い、このキャラを魅力的に見せるなら、もっと別のテーマで描いた方が良い、という場合も在り得る訳で。そういう場合に、 #sousaku
02-02 22:54

逆に、とにかく、「コレが書きたい!」という情熱(ロボットバトルでもネコミミ少女でも何でもいいですが)が先にあった場合、ドラマを定めるのにテーマを求めた方がいい訳ですが、これも「テーマを後付け」せにゃならん訳で。 #sousaku
02-02 22:53

いずれにせよ、本来は、「テーマ」という軸に沿って、それを語るのに最適な形でキャラやドラマは配置され、最終的に、彼等の行動やエピソードがテーマを語る、という形になるのが、理想的なのですが、既にそれを「やりきった後」の作品や、 #sousaku
02-02 22:52

しばしば起こる事ですが、例えば、新人賞に投稿する作品、完成度を求める余り、その作品のテーマを作品内で一旦、ケリ付けてしまう、という場合があります。あるいは、世界観は決まってるけど、テーマが決まらない(それに沿ったドラマが造れない)場合とか―― #sousaku
02-02 22:50

そして始まるステマ劇場(いや、だからさ)……というか、まあ、創作講座にからめてやりましょうか。今回はタグつけます-。 #sousaku
02-02 22:47

@le_ji マア、スコシ、マチタマエヨ、君。<編集部(担当さん)の様子チラ見しながら
02-02 22:07

@hatibarikitaka 内家拳では、筋トレは特にしない、ただし、全身使って打つので、足腰は結果的に鍛えられる、そうです。(結果、身体の深部の筋肉が総合的に発達するらしい)
02-02 22:04

@sorano009 いや、すんません、難癖付けるつもりはないのですw
02-02 21:24

@kotone_sazanami 了解です、とりあえず御教授そのもの、感謝です。<話そのものは知ってましたが、具体的な固有名詞(デビット・マニング)までは知らなかった
02-02 21:13

@makoto_sanda @hatibarikitaka @sorano009 @kouseiy いや、前に花見に来てた内弟子の某氏、中国拳法の師範クラスだそうなのでw
02-02 21:10

@takivictory 皆、上手く繋げるなあw 
02-02 21:08

@team_TO101 そうさ、キバヤシ、実はこのツイートは俺修羅のステマだったんだよ! (な、なんだってー) <全然俺修羅褒めてないがw
02-02 21:07

@makoto_sanda @hatibarikitaka @sorano009 @kouseiy そのようですな。<今、メッセンジャーで中国拳法遣いに直接聞いてる
02-02 21:07

@kotone_sazanami まあ、別にステマを擁護したい訳ではない(元々皮肉ったギャグネタで使ってます)ので、誤解無きよう。
02-02 21:06

@kotone_sazanami ああ、ギャラリー・フェイクとかでもネタになってた人ね。いや、だから、「架空の映画評論家」を装ったのが問題なのであって、どんな映画でも「これはこう面白い」的な宣伝は打つんじゃないかな、と思うんですが。違うのかな? 
02-02 21:04

@team_TO101 そこから「俺修羅」に繋げて――<違
02-02 21:01

@kotone_sazanami まあ、ステマは「口コミ」の形を装っているのがいかん、と言われてるだけで、内容的には普通の宣伝行為と変わらんと思いますけどね。
02-02 21:00

@tricksterMS ちゃんとネタを引き継いでくれる人が何処かに居ると僕、信じてたよ……!
02-02 20:58

@hatibarikitaka @sorano009 マジレスすると、確か中国拳法系はそんなにガチに筋肉付けないんじゃなかったでしたっけ。
02-02 20:58

@toyokiti (いや、なんというか、ギャグの解説するよーで恥ずかしいのですが、)ステマの名を借りた宣伝行為を後でやりますよ、というネタです。最初にステマ言ってる上に、私の素性を隠してないので、ステマになってないというネタ。
02-02 20:57

@sorano009 @hatibarikitaka 実はアヤメ、服脱いだら腹筋割れてたりすると笑う。
02-02 20:48

ステマじゃない♪(ステマじゃない)ステマじゃない♪(ステマじゃない) ホントのこーとさ-♪  ……というかステマも別に嘘はついてないわな。内容的には。してる人間が関係者だってのを隠してるだけでw
02-02 20:41

@Yu_Godai あ、多分、五代さん的にはかなりジャストミートなタイプの漫画だと思いますよ。主人公、恐竜(人間サイズ)の刑事だし(ちなみに別居中の奥さんがキャットピープル)。
02-02 20:39

@DaisukeHaneta ご評価、恐縮でする。
02-02 19:24

@yatou_kai そんな感じでしたねえ、不動明王とか。
02-02 19:19

@ideal_real 私はほとんど店の開拓してないのですよ。行きつけのガンショップは老舗ですが、値段だけなら大手の安売りの店の方が安いですし。行きつけの店は色々融通が聞いて助かる(修理とか)のですが、誰にでも良い店かどうかは分からんです。すんません。
02-02 19:18

ごはんよーと、プラズマカーに乗った娘が呼びに来た。
02-02 18:45

みんな、聞いてくれ。俺は今夜、ステマしようと思う。<間違ったステマの使い方
02-02 18:43

@DaisukeHaneta 朝、起き抜けに的板にシャドーボクシング(?)やってるところが凄く素敵です、彼はw
02-02 18:42

@osaka_seventeen イデまでいくと確かにアレがご神体扱いですな。そもそも教会内におけるのかという疑問はさておき。
02-02 18:38

@DaisukeHaneta 同志……! まあ真面目な話、私的には主人公が恐竜(?)だったり、アメリカ刑事ドラマの雰囲気だったり、もの凄く「部品」は流行からずれるけど、基本を忠実に押さえていて面白いという所が実にツボ。
02-02 18:37

その理屈でいけば、間違っても美少女フィギアを飾るこたないと思うが、エヴァンゲリオンとかテッカマンブレード系辺りだと充分ありかもしれんw(何というか、強大な力を御してますよ、的な意味で)
02-02 18:22

確かに、鬼瓦やガーゴイルって結局「恐いキャラで悪を諫める」あるいは「こんな悪い奴等もうちが調伏してまっせ」アピールが基本だしな。>RT
02-02 18:20

買い忘れていた「エリア51」の新刊と共に「KEYMAN」1~2巻、買ってきて読む。おおおお。こんな漫画があったとは! 慌てて3と4(今月半ば発売)もアマゾる。<近所の本屋じゃ3が売ってなかった
02-02 18:03

@matu7979 ある意味、マジンガーの方がもっと……(以下略)
02-02 17:58

@GA_bunko 二挺まとめては買ってないそうですがね-。
02-02 17:53

@Ituki さすがにどんな爺さんかまでは聞いてないのですがw
02-02 17:53

@kudannbooks まったくで
02-02 17:52

@misorariku まあ、ゴシック系の話なので、エロそのものが飛び出す訳でもねーのですがw
02-02 17:52

何というか、各キャラみんな熱いんですよね。敵も含めて。 RT @k_takahara @ichiro_sakaki 名作です。第3話の太宗の生きざまは今でも焼き付いています
02-02 17:51

XDコンパクト修理完了、帰路につく。
02-02 17:04

ガンマニアたるもの、こうありたいものである。(違
02-02 16:19

いつものガンショップ。修理で持ち込まれたマルイのデザートイーグル。70代位のジーサンが買って三日目に壊れたと持ち込んできたとか。かなりあり得ない壊れ方をしていたがそれはさておき、「前に買ったシグサワーを彼女にとられたから」ってデザートイーグル買うとかどんだけ若いねん、ジーサン。
02-02 16:16

子供連れて本屋さんのぞく。ディズニーとかの飛び出す絵本、すげえ。そういえばこの間、choco氏の18禁飛び出す絵本もみたがすごかった。なかなか作れる職人さん少ないそうだが、市場が市場だけに隆盛は難しいのかな。
02-02 14:45

@aramotokei よし、アウトブレイクの資料用にmp7とミリポリを(気が早い
02-02 08:58

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/1296-c708b192

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。