スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02/16のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

そして娘に貰ったトリュフチョコを食いながら仕事に戻る。
02-16 12:48

@kirahoe 無論、リフォームの場合、某テレビ番組に「切なる願い」を訴えて匠に何とかしていただくという手も<悪魔の囁き
02-16 12:46

絶許ツイートが回ってるな。絶許とか書かれると、反射的に「絶緩チルドレン」とか空目する私。
02-16 12:44

@fumito_koharu そのまま何かの間違いで投獄されたら、それはそれでレクター博士ですな。
02-16 12:42

それ普通に建てるより遙かに金かかりそうな罠。 RT @kirahoe 今は「福井で外観は情緒ある古民家、内装は綺麗にリフォームして断熱やら床暖やらいろいろ快適な家で夏は蕎麦、冬はカニ食って暮らしたい欲」が育ってきてるw
02-16 12:41

そろそろ仕事に戻らねば。
02-16 12:40

@aramotokei というかそもそも会話成立しない気がしますねw
02-16 12:39

@fumito_koharu 警邏中の警官見たら、慌てて(わざと)回れ右して逃げるんですな。で、顔なじみの刑事が「またあんたか……」と。
02-16 12:38

いかん、阿羅本さんとのやりとりで盟神探湯探偵ネタが転がりすぎて弄るのが面白いw
02-16 12:37

@aramotokei 魔女裁判博士「ふひひひ。お前を水に浮かない身体にしてやろう」
02-16 12:36

@yuzukoseuG あるいは最初に犯人目撃してるくせに、純粋な推理で犯人を当てる事ができなくて、延々困ってるとか<本末転倒
02-16 12:35

@aramotokei ライバル登場! 亀甲占い刑事!
02-16 12:33

@tricksterMS 家政婦は見た→人々の生活を第三者視点で観察→じゃあ猫は?→家政婦の代わりに猫にすると、某三毛猫ホームズ――とかw<あれはまた構造が違いますが
02-16 12:33

@paladin_lv37 決め台詞は「俺の灰色の筋肉によれば――」
02-16 12:31

@takosuke2200 さっきも別の方がおっしゃってましたな。「貴方を、犯人です」
02-16 12:30

@6000feet まあ、結局、わいせつは「見る側の心のもちよう」で違法性があったりなかったりしますしね。強盗は純粋に客観的な犯罪行為ですが。
02-16 12:30

@kinoakito ああ、ありましたね。「俺は兄貴みたいに頭よくねえから」――
02-16 12:29

@km0910 しかも犯人はいつも銃殺w<それなんてぱにっしゃー。
02-16 12:28

@Fujimoto_shi で、主人公がいつも周りから責められるんですね。あ、で、そこに勘違いしたM女が寄ってくるとそれはそれで面白いかも!
02-16 12:28

@epykoB 大藪春彦ですなw
02-16 12:27

@aramotokei そうだ、「盟神探湯探偵」だ!
02-16 12:27

無双探偵<とりあえず関係者一同集めて「この中に犯人が居ます。なので全員ぶっ倒せば犯人も倒した事に」とか言いながら、全員殴って倒す探偵。
02-16 12:26

「銃殺探偵」ってのもありか<やばすぎ
02-16 12:24

@tanukimu 失敗すると、腕だけとか、頭部だけとかになるですねw
02-16 12:24

@tricksterMS まあ普通に「なりゆき探偵」とかいけそうですけどねw あと「怪盗探偵」とか。「非論理探偵」とか。
02-16 12:22

@tricksterMS あなたを、犯人です。
02-16 12:19

@yatou_kai あいー。
02-16 12:18

@NopUC 一応、刑事なので銃で戦うんですが、「銃の神」てのもあれなので、「弓矢の神」「狩りの神」って設定にしてました。
02-16 12:18

@takosuke2200 ラノベだと、世界観とか各種設定じゃなくて、キャラの「表に出てきていない日常」を「連想」してもらう事が面白さになってる様な気がしますね。売れるラノベはファンの間でキャラ談義に花が咲きます故。舞台の方か、キャラの方か、焦点が違うだけというか。
02-16 12:17

@Fujimoto_shi 「そう。ここで妹に向けて『どっかいけこのブタ!』とか言うと効果的だな。さあ、練習したまえ」「鬼かあんたは!」「いや。兄だ」「ドヤ顔で言うなッ!!」とかそんな。
02-16 12:15

@paladin_lv37 すると次は放置プレイですかね<おい
02-16 12:14

@yatou_kai そうそう。松崎しげる。そういえば横で嫁が「塊魂」やってます。何という西手新九郎。
02-16 12:14

@Fujimoto_shi あるいは未解決事件に駆り出される超能力者とかねえ。
02-16 12:13

@one_asuka 割とタイバニは基本に忠実に創ってる印象ですねえ。
02-16 12:13

@tanukimu 準備運動! なるほどそれもありか。そういえば「エルフ17」のKKというキャラの着ているパワードスーツの「徒手格闘モード」がそのネタでしたな。自動で敵を倒してくれるんだけど、中の使用者が運動音痴な上に準備運動も無いから、使った後は満身創痍とかそんなw
02-16 12:12

@takosuke2200 善悪の切り替わりはよく見るネタですが(それこそアンパンマンのロールパンナもそう)、それだけに扱いが難しいですなw
02-16 12:10

@rufeir 医療のアキバ化ですな。それはそれで面白い。
02-16 12:09

まあ、こんな。馬鹿ネタから転がして一本創るとこんな感じですが(いつも必ず上手く転がるとは限りませんが)、キャラから創る、というのはこういう方法もありまするよ、と。お粗末さまでしたー。 #sousaku
02-16 12:08

当然、その場合、「仕事として」ヒロインを罵倒し、あるいはキスする主人公は、その行為に自分の気持ちが左右され引きずられていくのを自覚するから、ドラマとして葛藤を持ち込み易い。 #sousaku
02-16 12:06

テーマ云々は今考えたのですが、その一連の思考の流れを書いたら先のツイートみたいになります。 #sousaku
02-16 12:05

補足。「敵は学生」「舞台は学園」「基本、ボーイミーツガールのラブコメ」→「敵を射殺して終わりってのはあまりにも殺伐としすぎてる」→「敵を殺さない。となると『罪を憎んで人を憎まず』理論を用いると話が回りやすい」→「あ、でも罪と人格の分離って、ヒロインにも使える?」 #sousaku
02-16 12:04

もってく事も出来るわけで(いかん、日本語がよれてる、すんません)。そうしてテーマを決めると、更にそれを補強する形で、倒すべき敵とそれに絡んだイベント(事件)を設定する、そこから、また脇役やイベントや設定がおかれて微調整、と。 #sousaku
02-16 12:02

ドラマを考える上で、色々葛藤が生じたりするのは「結局、罪を憎んで人を憎まずは成立するのか/行為と人格は不可分か、乖離出来るか」→「では人でないものを降ろしてきて犯罪者を裁くヒロインは正義かいなか?」「そも人格から独立した正義は在り得るか?」みたいな処に #sousaku
02-16 12:00

更に言えば、テーマもこの時点では無い(キャラ設定ありきで創ったから)ので、ここからテーマを後付けしたりもする。ヒロインの神懸かるという設定が根本である事、刑事もので敵は犯罪者、しかし学園ものなので、相手は学生が多い、となると、 #sousaku
02-16 11:58

元々は「どんな刑事が居たら変か」的な処から発想を転がしているだけなのですが、それで、色々な処とくっつけると、一本まとまります、という実例。ついでに言うと最近のツイートで言っていた「脇役とその役目の配置」の実例でもあります。 #sousaku
02-16 11:57

いわゆる説明役(知っているのか、雷電! 的な)としてこの兄は使えるし――と。こうして脇役の兄を設定し、主人公、ヒロイン、兄、の三人のチームが、「警察権力が介入しにくい、学園の、しかもオカルト絡みの事件」の捜査に乗り出す、というネタにまとめたのですわな。 #sousaku
02-16 11:55

ヒロインが思春期になって「お前なんかうちの子ジャナイ!」という切り札(なのか?)が使えなくなったので、たまたま、道でごっつんこして思い込みで主人公に惚れちゃったヒロインの心情を利用、「これからは君が彼女を変身(心)させるんだ!」とか言わせれば、 #sousaku
02-16 11:53

勿論、この基本構造、ヒロインには自覚が無いはずだし、主人公が説明すると、二人の出会いとか描けないし。(ボーイミーツガールの基本)。という事で、ヒロインの兄を出してきて、こいつに説明させようと。元々はこの兄が主人公と同じ役割をしていたのだが、 #sousaku
02-16 11:51

ただ、問題は、この基本構造を、「誰が説明するのか」――刑事もの、宇宙刑事もののパロディ要素を含んでいるので、一緒にネタ考えていた新井さんが「奴は一ミリ秒で神懸かる」というコピーを考えてくれた訳ですが、どうせなら、これを作中で言わせたいと。 #sousaku
02-16 11:50

変身(心)させる為に主人公は、いちいち彼女に心ない事を言わなければならない上、「元に戻す」為にもスイッチが要るので、毎回、神様にお帰り願うために、ヒロインにキスしなきゃならんとかそんな――基本構図をまとめる。 #sousaku
02-16 11:48

「お前なんか嫌いだ」と主人公に言われることで、よろめき、地団駄を踏み、表層人格が逃避の為に引っ込んで、空っぽになった処に「神」が降りてくる。そこから考えると、ヒロインは思い込みが激しくて、主人公にべた惚れで、でも、変な所で気弱、というキャラで「神」はその逆。 #sousaku
02-16 11:46

@tanukimu あ、それです!
02-16 11:44

「他人による人格交代のスイッチ」「お神楽的な動きによる変身(心)」「二重人格は大抵が現実逃避によるもの」「ボーイミーツガールとかラブコメ」みたいな幾つかの知識や要素を俯瞰して眺めて。ふと思いつく。「地団駄を踏むとそれが神下ろしの儀式になっていて変(心)」 #sousaku
02-16 11:44

@tanukimu それに近い設定が、確か、ええと、長谷川裕一先生の、タイムパトロール系の漫画であったような。いかん、題名が出てこない。「ジャンプして変身するのは、電送されたスーツが床と融合しない様に」
02-16 11:41

@tanukimu そうですね。道具で変身系だと、そうなりまするな。
02-16 11:40

@takosuke2200 ああ、アレw 確かにひかれますw
02-16 11:40

@one_asuka 相棒もそうですし、アニメのタイバニなんかも同じ形式ですな。刑事ジャナイし、熱血はベテランの方ですがw
02-16 11:40

でも、意識的に「変身(心)」していたら「神懸かり刑事」としてのあぶなさが出てこない。むしろ「いつ人格交代するかわからんからやばい」訳で。となると、人格交代のスイッチは、本人の意思によるものではない。他の外的要因。 #sousaku
02-16 11:39

ほら、昔からお神楽とか、舞踊の中には「それで自分の中に神を降ろす」って意味があったりもしましたやん。「ガサラキ」とかもそんなノリでしたが。なので、じゃあ、それでいこうと。 #sousaku
02-16 11:37

1.変身の際の「安全装置解除」。いちいち「変身」って言っただけで勝手に変身していたら日常生活に差し障り出るじゃん、と。(こっちが「VS」で使っていただいたネタ) 2.アレは実はウォークライの様な自己鼓舞の儀式、もしくは宗教儀式(!)。 #sousaku
02-16 11:35

これは全く別口で考えていたネタでしたが(そして二つ考えた片方は後に麻生氏に提供して「VS」で使っていただきましたが)――何故、変身ヒーローはいちいち「ポーズ」をとるのか。 #sousaku
02-16 11:34

@OKina001 ボスが学生ってのも凄いですけどねw あ、でも蓬莱学園形式ならありか。
02-16 11:32

@epykoB 「ケータイ捜査官7」がそんな感じでしたっけか
02-16 11:32

いやまあスケバンはさておき、どんな状況で人格が変わるスイッチが入るといいだろうか。などとつらつら考える。その一方で、先に出ていた「メタルヒーロー」の宇宙刑事をふと思い出す。 #sousaku
02-16 11:32

で、こっからが小説の企画の体裁に整える作業。神懸かるスイッチは何だろう? そしてラノベの企画として考えていたので、ボーイミーツガールの学園ものにしたいなあとか思ったりしていた訳ですな。すると主人公(あるいはヒロイン)は学生刑事か。スケバンか。 #sousaku
02-16 11:30

@jansuten 近いですw
02-16 11:28

@one_asuka まあ、本当にありそうだと洒落になりませんわな。
02-16 11:27

@OKina001 ああっ、それ知らない!! 読みたい……
02-16 11:27

何かの際に突拍子も無く「神懸かる」刑事がいたら、非常に困るだろうとか。同時に「トミーとマツ」でも一言嫌がっている綽名を言われるだけで人格変わった様に強くなる刑事とか居たから、「何かスイッチで神懸かってしまう刑事」とかいたらやばくていいだろうと。 #sousaku
02-16 11:26

何の根拠も無く自分の正当性を主張する刑事は危なくていいなあと。更に一歩進んで、その正当性がオカルトだったりすると、もっとやばげでアレな感じがでていいなあと。 #sousaku
02-16 11:24

だとすると、「犯罪では無いんだけど、刑事としてまったく務まらない」何かを考えれば良い。「酔いどれ刑事」なんてのもある位だから、じゃあ、と考えたのと同時に、「宇宙刑事」の流れをくむメタルヒーローの「ジャスピオン」で、「俺が俺が俺が正義だー」という歌詞があったので、 #sousaku
02-16 11:23

ただし、「痴漢刑事」とか「強盗刑事」では笑えないので、その辺、何処が見極めるラインか考えてみると、それこそ法で言うところの「悪意」――「犯罪を犯しているという自覚の在る無し」が一線なのかなあとか。 #sousaku
02-16 11:20

「ショットガン刑事」に出てきた「まるだし刑事」は元々「丸腰刑事」のパロだけど、一文字変えているだけで刑事が歩く公序良俗違反になるというばかばかしさが秀逸だった。で、この考え方からいくと、「刑事だったら嫌なもの」「刑事として破綻するもの」をくっつける方法がある。 #sousaku
02-16 11:19

確か、秋口ぎぐる氏の「ショットガン刑事」ネタの流れだったと思うけど。「どういう単語をくっつけて変な『刑事』を演出出来るか」という遊びを何人かでやった事がある。 #sousaku
02-16 11:17

ふと思い出したので、ちょっと思考整理と遊びがてら。 #sousaku
02-16 11:15

@OKina001 ああ、神野さんなら、神野さんなら分かってくれると思っていました!w 切り抜きで置いていたんですが、結婚の時に、実家に置いてたら、棄てられてしまいました……(涙)
02-16 11:14

@le_ji なんだかんだで少年の夢ですよあれは。とかつて少年だった四十男が主張します。ちなみに何度かちょろっと言ってますが、その作品が「神懸刑事」でした。
02-16 11:13

というか、かつて少年キャプテンに一話だか二話だかだけ載った作品だったんだけど、覚えてる人どれくらいいるんだろう。「異常刑事」。
02-16 11:12

@le_ji 「超元気な婆ちゃん」という一語で、安永航一郎先生の「異常刑事」を思い出した私。そういえばあれって単行本収録とかされてるんだろうか。されてないだろうな……大好きなんだけど。
02-16 11:10

@le_ji 原稿云々の話は完全に実話ですよw 実際に、使われなかった「小説創るぜ」の原稿(上下編の上だけですが)はありました。というか、短編は企画書出す前に書いちゃう事も多いので、全没喰らった事も何度か。
02-16 11:08

今日は晩に開業した医者の高校の同級生のお祝いに出掛ける。なんか医者の開業っていうと、「動物のお医者さん」とか読んでた限り、機材費がもの凄くて借金が凄い、みたいな印象あるが(実際はどうなのかしらんけど)。同級生には頑張って欲しい。
02-16 10:44

@k_miyano 何というか、映画で言う処の監督的な(あるいはプロデューサー的な)立ち位置ですよね。
02-16 10:39

娘の時も驚いたけど、さて、あと何ヶ月で「自分でyoutubeのアイコンタップしてアンパンマン見る様になる」か。仮組段階の知性が完成していく過程を見ている様で、面白い。
02-16 10:36

【戦慄】とうとう、息子(9ヶ月)が嫁のiPhoneのホームボタンを押す事を覚えた。ちなみにツイッタークライアントを勝手に削除した模様。
02-16 10:35

@kachiironanashi がんばってください。何処かの授賞式でお会いする事があれば、その際にはよろしくです。
02-16 10:32

@k_miyano 結局、正解が無い(これやってりゃいいというものが無い。本当にケースバイケースで、鉄板的な方法論がなかなか無い)仕事とも言えるので、その辺、特に精神的に負担の大きい仕事だろうと思います<編集さん
02-16 10:31

@takivictory プロである以上ってのもありますが、新人賞の選考委員やってる奴が、新人賞で落ちたら、その新人賞の運営母体にも申し訳無くw
02-16 10:29

@kachiironanashi ちなみに、本当に相性はあるので、Aという作家にとって最高の編集さんがBという作家にとって同じとは限らないし、作家と衝突しまくりながらも相手を育てちゃう人も居たりするので、能動的に「いい編集さん」を探すのは難しいのですよ。結果論になりがち。
02-16 10:28

@kachiironanashi なので、デビューしてから「努力」する事があるとすれば、単純に「生き残る為に色々手を尽くす」事かと。その尽くす手は人によって違うとは思うんですが。
02-16 10:26

@kachiironanashi 私の経験が何かの参考になるとすれば、「長期間生き残っていれば、自動的に担当編集者も変わるし、他のレーベルからお呼びが掛かる事もある」上「相性は自分では判らない事もある」ので、合う合わないは短期的に判断しない方が良いかと思います。
02-16 10:23

@kachiironanashi 基本、運命です。担当さんは編集部側で決めますし。私はたまたまあちこちで、長く仕事をさせて貰った結果、沢山の担当さんとお会いしてきましたが、正直、相性もあるので、なんとも(実際私はたなぽんと早々に出会ってるし)。ただ――
02-16 10:21

@takivictory キングは別格とは思いますが、それはさておき。どっかの新人賞に名前隠して投稿してみたい、というのは正直、ありまするが。落選すると洒落にならないし、当選したらなんか本来受賞する人押しのけてる様で気まずいし、というジレンマ。
02-16 10:18

そんなたなぽん嬢も、編集長を経て、既にもう富士見の編集部に居なかったりしますが。(別部署でがんばっておられる)
02-16 10:16

私の場合は一番、育てて貰ったのは二代目担当さんの「たなぽん」嬢ですが。一代目の人は棄てぷり二巻の前に交代になっちゃったので。一番永く組んでいて、どたばたの経験が多いのはたなぽん。ストジャをやりたいというわがままを、作品見た上で判断して通してくれたのも彼女。
02-16 10:13

自分に絶対的な自信がある人は別にして、そうでないタイプの物書きにとっちゃ、いい編集さんと出会えるかどうかって、かなり、その後の運命を左右する気がする。「名作の陰に名編集あり」は本当にそう思う。
02-16 10:10

仁木先生のツイートを拝見。仁木先生が自らおっしゃる様に「魯鈍」かどうかはさておき、似た様な事はデビュー当初考えてたなあ、と振り返ったり。<編集さんの言うことをひたすら聞いてスキルあげる、みたいな
02-16 10:08

@ashibetaku なるほど……! <自己パロディに陥っていく  確かに手癖で書いてしまって再生産になる可能性が…………
02-16 10:01

@Ituki こっそり別PNは本気で考えた事があるんですが、大抵、編集さんに却下されます。なので、付き合いの無い処に新人賞で応募するとかでないと駄目かもw
02-16 10:00

@SagamiNoriaki まあ、自分と合うレーベルを探す為にあちこちで仕事してみるというのも手――(といって首がします) まあ冗談はさておき、担当編集者、編集長等々、幾つもの要素によって合う合わないがあるんで、その辺もかなり微妙な問題ですね。
02-16 09:59

逆にもろラノベ畑でやっとる身としては、どう変えれば良いのかw>RT でも真面目な話、確かにたった十年で色々変わるからなあ……現状維持の部分(譲れない部分というか)と、革新の部分と。はてさて。どういうバランスが一番無理が無いのかとか、考え出すと大変。
02-16 01:56

んー。まあ勢いでなんかやってみよう。ふむ。<なんか納得したらしい
02-16 01:31

@imadaira ゴスロリ→人形少女とかその辺の連想ですかね
02-16 01:30

@touka29 まあ、そうなんですよね。微調整が必要か。
02-16 01:29

@mukary 未亡人イメージw
02-16 01:29

@mukary ロリータ抜くとデザインではどう変わるんでしょうw 
02-16 01:28

@touka29 いっそサロペットとか面白いかもですな。
02-16 01:27

@eiyouP やはり装飾排除でシンプル系が一つの方法ですねえ。
02-16 01:27

よし。ネコミミをつけよう<イメチェンになってない
02-16 01:25

ゴスロリ少女のイメチェン……イメチェンなあ……<何か困っているらしい
02-16 01:24

@Arc_raiden おお、そうなのですね。ザボーガーに限らずですが、今風の再デザインというか、アレンジってのは、かなり繊細な作業ですよね。元のイメージぶっ壊すと旧来のファンに嫌がられるし、かといってそのままだと色々難しいし。
02-16 01:20

@gyuujirou 血生臭い系は好き嫌いが分かれる様で、なかなか、書く機会にはめぐまれなくなってきましたです。私もバランス採るいみでも書きたいのですがw
02-16 01:14

ブルーノアのプラモそういえば買ったなあ。確か砲塔が沈む様に造られてて、取り外さなくても飛行甲板が閉じられたんだ……個人的にはヤマトより好きだった。
02-16 01:13

@DA_meppo まあそんな。長々とすんません。
02-16 01:04

@DA_meppo おっしゃる「ワンアイデア」系のものだと、むしろ、そのワンアイデアが一番最初で軸と考えれば、それを「コンセプト」として考えるのは最初にやっといた方がいいかも。「俺はこのワンアイデアを生かして小説を書くぜ」と。ならば「その為のキャラ」「その為のテーマ」になる訳で。
02-16 01:04

@DA_meppo その場合に後付けする事は私もありますし、ノベライズや、何らかの理由からキャラありき、世界観ありきの書き方をせねばならない場合なども、当然、テーマは後から見繕いますし。
02-16 01:02

@DA_meppo 極論してしまえば、テーマも「お話を綺麗にまとめるためのツール」として使う事が可能です。例えば、あるキャラを考えたとして、そのキャラが一番映える(読者が見て面白いと感じる/共感出来る)テーマを置けば、全体的に、テーマを軸に集束するので
02-16 01:01

@DA_meppo テーマのツイートの時にもちょろっと言ったと思いますが、最終的な目標が「物語を書き上げる事」である事から考えれば、その目標を達成する上で「やりやすい」のであれば、順番はあんまり関係ないと思います。
02-16 00:58

ええと―― RT @DA_meppo 以来、「こういうものを書きたい」というワンアイデア→キャラクターの順番に書き出して言ってるのですが、テーマはその次かまたその次ぐらいでも大丈夫でしょうか?最初に考えた方がいいんでしょうか?
02-16 00:56

@goodmiura 言い続けること、その一方で実績を積み続ける事、ですよね。理論武装は相手の神経逆撫でするだけ、という場合は多いですしね。
02-16 00:54

@Yu_Godai @hexagonzero まあ共倒れはしませぬが。内弟子とる時とかは、以後気をつけている、という話です。ご心配おかけしてすんません。
02-16 00:49

まあ、確かに私も、編集さんに否定されても「コレは絶対面白い筈だ」と引っ込めて温めてる企画は何本も持っていたりする訳だけども。というか、当初、ストジャも企画段階で一度は「止めろ」と言われたしな。結局それでも意地になって書いて見せたらOK出た訳ですが。
02-16 00:47

@Yu_Godai @hexagonzero まあ、単純にこの話はヤマグチさんがおっしゃる様に、「そのメンタルではプロとして通用しない」と「断言」しちゃったのがいかんのだと思いますw
02-16 00:35

@hexagonzero ああ、なるほど…… ただそうなると、どうやればよかったのか……と考えてしまう訳で。彼の場合、編集者との繋がりを片っ端から(自分から)切ってしまうし、かといって自分から営業もしないので、編集者を紹介し続けるしかないんでしょうか……
02-16 00:30

@hikigatariP 別の方にも同じ様な事を言われましたが(そして基本おっしゃる通りだと思いますが)、なんというか彼は「小説は自己表現」という言葉(あるいは認識)に囚われていたのかな、とか思ったりするのですよ。小説でなければ、普通に妥協できたのかもしれない、とかそんな。
02-16 00:22

@kasugaakito まさにストラグルフィールド、ですw<逆タイプの受賞前の一本
02-16 00:15

@hexagonzero 結局、彼のそういう処を見抜けずに、迂闊に担当さんに紹介しちゃったせいで、ひょっとしたら、彼の人生狂わせたかも? 的な不安が頭の片隅に残ってるんですよ……<責めているとしたら、彼ではなく、私自身
02-16 00:13

@hexagonzero 別に責めてはいないですw 彼の場合、だめ出し喰らったら担当さんとの連絡を自分から切ってしまったのですよ(三人紹介して三人とも)。最終的に「それでも通るまで企画出してやる」ってところまで開き直る事もできんかったので、「ああ、向いてなかったんだろうなあ」と。
02-16 00:12

@DA_meppo 結局のところ、自己表現がゼロの作品は無い訳で、その辺、どう折衝するかの問題なんですよね、本当に。
02-16 00:08

@fuyugiri 売文屋なんですがね、ただのw 殊更に卑下する積もりは無いけど、殊更に「先生」と呼ばれる商売でもないと私自身は思ってます。
02-16 00:05

@kasugaakito ああ、その辺は私も似た様なもんですw 受賞前の一本と、受賞作とじゃ方向性がまるで逆だしw
02-16 00:03

@Yu_Godai @laosuu まあ、最近のネット小説というか、SSとか読んでると勉強になる事も多いんですが(単純化されている分、要素分解として理解しやすいとかそんな)。それはそれとして、白馬の編集者願望は、昔からあったなあ……
02-16 00:02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/1310-a37186ee

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。