スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

いつものガンショップ。
 MGCのガバメントの「キーパー」カスタムと「CQB」カスタムを半額で店頭に出すので欲しいなら連絡寄こせ、とメールが来たので、出向いたら、CQBは売れていた。むう。

 まあそれはともかく。
 店長と仲良くだべっていると二人組のお客さん(共に角刈り)がやってきて奥の刀剣部のおやっさんと喋っている。
「細かい造りなんかどうでもええ。実践的でありゃあええんや」
「こいつは脇差しくらいやな」
「家の中で振り回すにはこのくらいの長さでないとな」

 ……………もしもし?
 何となく聞き捨てならない感じなのだがとりあえず問い質して脳天に唐竹割喰らってもいやなので(なんせ日本刀手に持って喋ってる訳だし)黙って聞いている事にする。

「おう、おまえ、こういうのも好きで欲しいんやろ」(お客が、連れを振り返ってモデルガンのコーナーを指差す)
「ああ。いいな。欲しいなあ。マカロフとかないのか?」
「それはモデルアップしてませんね……」

 ……………もしもし?
 マカロフ(旧ソ連時代の小型自動拳銃。日本に密輸されてよくヤー様が使っているトカレフの弟分みたいなやつである)の名前知ってるよーな人間が、どうしてモデルアップされてない事を知らない?

 ちなみにマカロフなんて名前を知ってるのは一定レベル以上のガンマニアか、富永氏のよーなソ連マニアか、さもなくば――

 ちなみにガンマニアなら、多分、マカロフがモデルアップなんぞされたことがないのは知ってる筈だ。いや、ごく少量、フルスクラッチに近いカスタムで売られた事はあるが、まさかあんなマイナーな代物の事を言っているのではあるまい。

 もしやあんたの知ってるのは……

「あれって可愛くていいよな」
「掌サイズだからな」

 ……………いや。あの。どーして知ってるんですか、あんたら。
 まるで「前に見たことある」と言わんばかりに。

 あははははははははははははははははは……

 帰ろっと。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/275-d0c9bae9

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。