スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 ブースの売り子してくれた「とも」と一緒にアメ横~秋葉原行脚の旅。

 前に一度行った時はそうは思わなかったけど、アメ横って意外に小さい場所なのな。もっとこう、中華街みたい規模を想像してたのだが。

 まあそれはいいんだけど。
 アメ横から秋葉原へ行く途中――気になる看板が。
「レプ●カ」

 こ、これはァッ!?
 あの、あの伝説の(言い過ぎ)モデルガンショップ「レ●リカ」なのですかっ!?

 苦笑するともは放置して(いや、一緒に)店に入る。
 開店してる癖に、ゴミ入れのビニール袋が床に放置してあったり、段ボール箱が片付けてなかったりとなかなかワイルドであるが、まあよし。
 でもってたらたら店内を見ると。

「こ、これはマル●ンのCZ75ガスブローバックモデルガン!? しかもロングマガジン仕様ッ!! あまりにもレアなので箱や現物を見るのも初めてだっ!!」
「おお。それを知っているとは。通ですね」
 声をかけてくる店員のおっちゃん。

「しかもその横にはあの幻の同じくマ●シン製電動ベレッタM92Fがっ!? レーザーサイトといいながら、バッテリーケースなところが、なにげにずるい逸品だ! 懐かしい! これも広告でしか見た事ないぞ!?」
「ふふふ。それも知っているとは。マニアですね」

「むう。それぞれ5000円と3000円!?」

 思わず携帯取り出して店の外に出てとある番号をコール。
「あ。神野さん? どーも。かくかくしかじかの品を見つけたのですが。いります?」
「はい。押さえといてください」
 東京・沖縄間のへだたりをものともせずに、即効で答える神野氏。
 頼もしいッス。あんたそれでこそ漢だよ!

 というわけで三丁購入。
 え? 一挺余計だって? やだなあ、パーツ取り用の予備に決まっているぢゃないか<駄目オタク的行動

「又来てください」
 という愛想の良いおっちゃんの声を背に私は店を後にしたのだった。

 その後このブツを、ぐりまのいるホテルの部屋にどうやって持ち込むか、十三秒ほど悩んだのはここだけの秘密である。


 でもって、晩飯前にちょいとコミドラの編集さんと打ち合わせ。
 休日なのに、編集者って大変だなあ<誰のせいだ、誰の

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/301-c2e6058a

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。