スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

ぐりまと共にラグナロクしていた時の事。

 あるところでモンスターに囲まれている剣士がいて言うには
「help!」

 おや異国の人だ。
 ……と思いつつヒール(回復魔法)連発とモンスター駆除の手伝いをした訳だが。

 その後まったりと話を(英語でだが)してみるとイスラエルの人らしい。
 18の学生さんだとか。

 日本が(というか特に日本のアニメが)好きな人らしく、なんか「エヴァンゲリオン」とか「エンジェリックレイヤー」とか「ヴァンドレッド」とか「ノワール」とか色々連呼してました。


 以下、日本語翻訳済み会話。

「僕は日本の人凄くて好きです」
「凄い? 何が?」
「アニメ大好き」
「なるほど」
「LOVE HINA大好き」
「らぶひな……コミックス持ってるよ」
「マジ!?」
「うん」
「僕日本に行きたい。行ってアニメとかコミックスを買いまくりたい」

 まあここらの心理はどこの国も同じか。
 オタクは国境を越えるらしい。
 ところが――

「でも日本の人僕を憎んでます」

 一時期マナーの悪い外国人プレイヤーが横行した(というか目立った)せいで、もう英語喋ってるだけで嫌う人多いのな。
 まあ、実際、プレイスタイルが違うからか、かなり我が儘なプレイをする外国人プレイヤーは多いのだが(前も日記に書いたけど)。

 そのイスラエルの学生さんに尋ねると、いきなり英語喋ってるだけで「どっかいけ」とか言われたり、「てめえルーター(アイテムを盗む人)だろ」とか決めつけられたらしい。

「僕は幸運だったよ。割と最初の頃に四つまとめて高額アイテム手に入れたから、お金には不自由してない。
 だから、よかれと思って初心者(ノービスという)キャラを助けたりとかしてたんだけど、多くの日本人は、英語喋るだけで嫌がる。英語喋る人から助けられるのを拒む」
「マナーの悪い連中が一時期日本のサーバーにいてね。彼等が英語喋ってるから、英語喋る奴、悪い奴、みたいな認識ができてるの」
「僕悪い人違う!」
「分かってるよ」(自分で言うなよ、という突っ込みはさておき)
「話し合えば分かると思うんだけど、英語だけで嫌がられる」
「日本人の多くは英語ほとんど喋れないから、使うの怖がるんだよ」
「なんで?」
「間違うのが怖いの。間違うと恥ずかしいから」
「なるほど」

「でも日本の人優しい」
「そう?」
「よくモンスターに囲まれて困ってるとヒールかけてくれたりした」
「ああ、なるほど」
まだまだ続き

「間違って攻撃(横殴りというノーマナープレイの事か?)しても『gomen』と打つと許してくれる。怒り狂ったりしない」
「まあそうだろうね」
「そういうときはみんな優しい」
「日本人は日本語喋る外国人は好きなんだよ。自分達があまり英語喋れないから」
「なるほど」


 まあ、互いにかなり怪しいカタコト英語でやりとりしてる訳ですが、まあ言葉の壁ってそんなに厚くないのな。結局、思いこみというか先入観が一番の壁だったりするよーで。

 当たり前って言えばすごく当たり前なのだが。

 すっかり楽しく会話して分かれたのだが……彼は年末に日本の東京に来るんだとか。折角の縁なので、一度会ってみるのも面白いかもしれませんな。

 何にしろ、こういう出会いがあるのはネットの、そしてネットゲームの面白いところではあるな

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/326-a1443a0b

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。