スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

外出から帰ってきて――その足でふとトイレに入るぐりま。
 だが彼女は入ったとほぼ同時に出てきて、やけに深刻な表情をしている。

「榊、おなかに虫いない?」
「――は?」

 寄生虫が居るくらいならもっとやせとるわ。
 とか想いながら便器を見ると、そこには――確かに紅いミミズの様なものが幾つも!!

 がーん。
 俺は寄生虫持ちだったのかっ!!
 
 ・・・・・・とはならなかったけども。

「ああ。これ赤虫」
「何それ?」
「熱帯魚用の冷凍餌。ユスリカの幼虫だよ。ブロック状に固めて冷凍してあるんだけども、使うときは水で戻して使うんだけどな」
「それが何でここにあるのよ」
「いや、うちはそんなにたくさん魚いないからな。一回分のブロックでも、どうにも余っちゃって。しょうがないから捨てた。さすがに洗面所とか台所はぐりまが嫌がるかな、と」
「それはそうだけど。驚くじゃないの!」

 まあ、それはそうである。
 ある日の出来事でした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/371-bd1ce926

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。