スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

今朝、ぐりまの実家でぐりまの猫・ジュリが亡くなった・・・・と連絡があった。プライドの高いシャムネコであったが、不思議と私にもよく懐いてくれていたように思う。
 享年20歳。猫としては大往生である。
 ちなみに十数年前の記録が更新されていなければ(そして、私の記憶違いでなければ)、猫の長寿の世界記録(ギネス)は32歳の「マー」だそうである。32歳の誕生日の翌日には亡くなったそうであるが。

 ジュリさすがに高齢すぎて引越しは無理であろうと実家においてきたらしいのだが・・・・突然飼い主がいなくなると、年老いたペットは、まるで不自由な体を棄てて飼い主を探すように、亡くなるのだという。

 つい数日前、私もぐりまの実家のコタツにうずくまっているジュリとは会って、顎の下をなでたりしていたのだが・・・・

 すまんな、ジュリ。私がおまえのご主人様を連れてっちまったんだよ。

 ぐりまの人生の大半を一緒にすごしてきた猫だけに、その喪失感がどれほどのものかは、当人でない私に知るすべはないが・・・・うちの犬が亡くなったときのことを思えば、それはもう、たまらない気持ちのような気がする。

 今ごろ、ジュリはいなくなったぐりまを探して、名古屋から大阪へと旅をしている最中かもしれない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/438-761332c4

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。