スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 うおー。仕事がいつまで経っても終わらない~。

 という訳でうんうん言いながら原稿。何とかケリつけて友人と電話。

 最近思うところがあって、例のアミューズメントメディア総合学院のライトノベル学科にもよく顔を出すようにしている。
 元々他人に小説の書き方を教えられる程偉くないし、私のコピー的な技法を持った人間が出てきても誰にとっても(その技法の保持者にとっても)あまりメリットはないし。そういう意味でHPにおいても「小説の書き方」に関する質問は受け付けない事にしていたのだが。

 ただ・・・・その考えは基本的に変わらないにしても、別の角度からの理由で最近は『ライトノベルの書き方、発想の仕方は、他人に教わる事が可能か?』というテーマ(?)について気になっている。

 デビュー当時から頭の中にあった一つの計画にかかわるからだ。
 別に新しくも何ともない計画なのだけどもね。
 五年をめどに気長に考えていたりするが、さてどうなるか。
 話によると似たような事を考えて失敗した(最終的にえらい損害を被った)人もいるんだとか。

 ま、ぼちぼちいってみよう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/458-6a91208f

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。