スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対潜水艦用試作兵器 

 ――の直撃を受けた男、榊一郎でございます。

 いやまあ結石の衝撃波破砕装置の事ですが。
 どんな装置かと思っていたら、ゴム風船みたいなのを脇腹に当てるのですな。そっから衝撃波が。
 壱秒間に一回、三千発くらい食らったそうです。
 とりあえず直接的な痛みは指で弾かれる程度のもんですが、やっぱり一時間もやっとると、次第に「痛い」じゃなくて「気分悪い」になってきますな。

 まあその日は問題無く。
 翌日(昨日)退院して戻ってきた訳ですが。

 うげえ――入院前よりきつい。
 入院前というのは、二㎝くらいの特大の結石がじん臓に存在していたのですが、今はそれが砕かれてぽろぽろ落ちてくる感じです。つまり、ショットガンの様に、小さな結石が沢山、という状態。
 破砕担当医の人いわく「出来るだけ細かく砕ける様に端から当てていきましたけど」との事で、まあ「痛い」感じは殆ど無い。
 七転八倒する程のこたないんですが、鈍い腹痛が二十四時間無休という感じです。
 ものが集中して読めないというか。
 飯食う気力が起こらんと言うか(膨満感の酷いやつみたいな)。

 まあ一週間後の再検査まで様子見っぽいですな。
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/487-8c303844

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。