スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題名。 

 今日も今日とて某社と某社の新作をまあうごうごいじっている訳ですが。

 題名が決まらず立ち往生。
 担当氏から題名変更要請あった為に、二年近く馴染んでいた題名を放棄する事になる訳ですが。

 いや、まあ、題名変更はいいんだ、題名変更は。
 元々そんなにいい題名だと自分でも思ってなかったので。

 ただ――私の場合、題名決まられないと筆が止まるタチで。
 以後、執筆停止中。どうしたもんだか。
 私の場合、題名は悩むと延々決まらないんですよね…………

 それはさておき。
 題名といえば、私は割と題名変更の経験があります。

 例えば出世作であるところの「棄てプリ」ですが。
 正式名称は「スクラップド・プリンセス」 。

 これ最初は「レスポンシブル・トラスト」って題名だったんですよね。「責任在る信頼」。
 で、当時の担当氏Y氏曰く

「まるで経済誌に出てくる様な単語なので駄目」
「もっと皆が知っている単語を使って」

 という事で
「ディスカーデッド・プリンセス(そのまま廃棄王女)」
 とした訳ですが
「ディスカードが分からない。駄目」
 と言われて。
「実は僕も一つ題名案を考えてあるんだ」
「え? そうなんですか」
『秘密の王女様』――ってやつでね」<担当Y氏、得意げ

 結局、担当氏はその『秘密の王女様』にしたかった様ですが、私は『スクラップド・プリンセス』で押し通しましたですよ。ええもう。


 また別の時。
 先代担当のたなぽんとの会話。
「この新作ですが。題名変えませんか」
「駄目ですか」
「なんていうか……地味です。もっと今ならギャルゲーっぽい様な、そんな題名にしましょうよ。『君が望●永遠』とか、そういう」
「はあ。その方がキャッチ-ですかね」
「ええ。何にしてもこの『スクールデイス』という題名はちょっとギャルゲーっぽくないしキャッチ-でもないかと」
「わかりました」

 そしてまあ『君が居た昨日、僕が見る明日』ができあがり。
 ゲーム『スクールデイズ』が発売になったのがそれから一ヶ月後だったりする訳ですが。
 結果的にはまあ、単なる勘だったとはいえ、たなぽんの変更要請に従っていたのは正しかったのだろうな、と。 そのままいけば、三角関係の末に優樹の生首を詰めたスポーツバッグをアグニエシカが持ち歩いていたよーな気がします。あ、キャラ造形と位置的にはむしろ詩月か?

 棄てプリも『秘密の王女様』にしていたらどうなっていたのだろうか。
 

コメント

「私がヒミツの王女さまっ!」とか、前後に色を足してみても正式名の方が落ち着いてる気がするなぁ(笑
いじらしさ高そうだけど。

もしタイトルが
「秘密の王女様」だったら
出版社が変わっていたかもしれませんね
そうあのヨーロッパの某国が名前になっているあっち系な出版社に

それでも読んでいたと思いますけど

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/512-da4edd62

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。