スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち合わせ。 

 久々に先方に出向いての打ち合わせ。
 東京に行く回数もめっきり減った上に娘が生まれてからは色々出歩きにくくなっていて、多くの打ち合わせを、こちらに来て貰ってしていたのだが(ちなみに東京に行った訳じゃねえです。出先は関西)。

 まとめて三本ばかりプロットを打ち合わせる。
 勝手知ったる相手なのにくわえて同じく「作る側の人間」なので、当初は「どうしよう」と途方に暮れるも、中盤から勢いづいてとんとん拍子に。最近では珍しいというか、どうも手こずる事が多くなってきたのだが(私が偏屈になってんのかもしれんが)。

 とはいえ、さて、毎度の如くスケジュールをどうするかの問題は生じる訳で。

 どうしたもんかいな。

 それはともかく、久々に混んでいる電車、しかも雨で中途半端に気温が高い日に乗ったものだから、気分が悪くなってきた。いやまあ、電車の中で某社の著者校正やってる方もいかんのだが。<時間がねえので長い移動時にもやる

 しかしまあサラリーマンの人などはこれを毎日やっとる訳で。
 つくづく通勤が無いだけでも有り難い仕事だと思った私。
 まあその分、別な気苦労も多いけど、それはさておき。

 さて……色々あってかなりスケジュールが狂い気味なので、ここらで切り直しを考えないといけないですな。

 しかし未だいつ、何をすべきか分からない企画が三つばかりあって、微妙に不透明。
 小説ならとにかく書けば良いんだけど、それ以外の仕事は、場合によっちゃごくナチュラルにポシャったり(つか自然消滅)するので、迂闊に先に進めると無駄骨折りまくる事になるしな……

 うーむ。  

 またスタッフとかも増やして対応力あげるべきなんだろうけどなあ(少なくとも資料集めとか細かい調整とかアイデア整理とかその他諸々)。

 しかしアシスタントって仕事にも才能が要ったりするのでややこしい。
 うちの弟子も何人かいたけど、作家としての能力はあってもアシスタントの能力には不安が多々ってのも居たし。勿論逆も居たり。
 作家として既に完成している人間は技能に不安は無いけど、逆に、こっちがアシスタントに使うのは気が引けるし(また作家としての個性が邪魔をしてこっちの個性とぶつかって、上手くアシスト出来ない事も多々)。
 はてさて。

 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/527-04880db3

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。