スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何というか、頭大丈夫か? 


http://twitter.com/mangaronsoh/status/12242740466

http://www.agneschan.gr.jp/diary/index.php


>気をつけないといけないのは、いかにもこの法改正は悪法であり、
>危険のように、偏った情報をインタネットで流す児童ポルノ愛好家の情報操作です。

 ほう!
 私は児童ポルノ愛好家ですか。一歳未満の娘居るんだけどなあ。
 でもって情報操作ですか。
 へー。ほー。ふーん。

 何というか、「自称・正義の味方」の視野閉塞をもろに見た様な気がする。
 こんなに分かり易いとは、驚き。
 ある意味で幸せな人だ。自分の正義を微塵も疑ってない。
「私は正義の味方だ。だから私に敵対する奴は悪なのだ」
 という論調だ。断言できちゃうところが凄いよな。


 繰り返すけど、情報統制にも利用できる、違法か合法かの判断を「個人の主観で判断出来る」法律が成立するのは、法治国家としてヤバイ、という話をしてるんだよ。
 ただそれだけの事が分からない――のではなくて。
 多分、彼等は分かってる。
 分かってて、その事実は見ないふりをしている。
 なぜかはまあ、今更言うまでもないよね。
 当然、この法律だの条令だのが成立すれば、審査団体が出来るし、その審査団体を機能させるのに必要な人員は何処からか調達せねばならない。それは何処から来る? 
 ヒント。「あま●だり」。「けい●つかんりょう」

 私の友人知人には公務員もいりゃ警官もいるがね。
 現場で真面目に頑張ってる彼等にも良い迷惑だと思うぞ。<上の人間がこういう事しまくると


 とにかく。
 現実に児童ポルノを持ってる人間は先日も逮捕されてたじゃん。
 現行法でも逮捕できるなら、それは、結局、警察の頑張りの問題であって、法律改めて作る必要なんてねえの。
 それこそ現実にこーゆー事をしてる連中はびしばし取り締まれよ。
 メーガン法とか日本も見習えば?(個人的にはあの法律はやり過ぎな気もするが、逆に言えば児童ポルノに対する威嚇効果・再発防止という意味では、最も効率的と言える。狭い日本でやると、間違いなく人権侵害を引き起こすとは思うが)

 
 相変わらずあっちこっちで非実在少年関連で規制を何とか進めようとしている人達が暗躍してるみたいだけど、本当にどうにかできんもんだろうかね。オタクだのクリエイターだのはどうあっても圧倒的多数にはならないから、搾取する、攻撃する対象として負ける可能性が少ない、いい対象なんだろうけど。

 ついでに幾つか参考資料はっときます。


 イタリアの児童保護団体、テレフォノ・アルコバレーノによる2009年版最新レポート。
http://www.telefonoarcobaleno.org/report2009-eng_web.pdf

 その概要をまとめたもの。
【統計的には日本を「児童ポルノ大国」という事はできない】
http://blog.goo.ne.jp/kotoba_mamoru/e/267b02d6bdac41785706a54d5d07e4ba

 .奥村徹弁護士とアグネス・チャン氏の間の児童ポルノ罪数議論
http://togetter.com/li/14562



「第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)」について
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/chukanseiri/index.html

第8分野 女性に対するあらゆる暴力の根絶
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/chukanseiri/honbun2-8.pdf
P38
③ 児童ポルノの根絶に向けて、国民運動の実施、インターネット上の流通防止対策の推進や閲覧防止対策の検討等総合的な対策を検討・推進するとともに、児童ポルノ法の見直しや写真・映像と同程度に写実的な漫画・コンピュータグラフィックスによるものの規制の在り方について検討する。

P40
8 メディアにおける性・暴力表現への対応
(1) 施策の基本的方向
女性をもっぱら性的ないしは暴力行為の対象として捉えたメディアにおける表現は、女性に対する人権侵害であり、男女共同参画社会の形成を大きく阻害するものである。

(2) 具体的な取組
④ メディア産業の性・暴力表現の規制に係る自主的取組の促進、DVDやビデオ、パソコンゲーム等バーチャルな分野における性・暴力表現の規制を含めた対策の在り方を検討する。


第12分野「メディアにおける男女共同参画の推進」
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/chukanseiri/honbun2-12.pdf
P52
Ⅱ 今後の目標
また、女性や子どもをもっぱら性的ないしは暴力行為の対象としたメディアの表現は、それ自体が「人権侵害」であるという観点から啓発を行うとともに、メディア側の自主規制等の対策を働きかける。

P53
⑤ メディア業界の性・暴力表現の規制に係る自主的取組の促進やDVDやビデオ、パソコンゲーム等バーチャルな分野における性・暴力表現の規制を含めた対策の在り方を検討する。

----------------------------------------

なおこれらを策定したのは都条例と同じ後藤啓二弁護士らです。
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/boryoku/index-bo.html


今回の第3次男女共同参画基本計画の特徴は、「できる限り具体的な数値目標やスケジュールを明確に設定した上で、その達成状況について定期的にフォローアップを行う」(第1部 基本的考え方 P2 http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/chukanseiri/honbun1.pdf)とあり、実効性に重きを置いている点です。

これが閣議決定されると今後、国を挙げての規制への動きが加速すると思われ、非常に問題だと思われます。

現在パブリックコメントが募集されており、意見を送ることが重要かと思われます。
もし出来ましたら、この件をHPやツイッター、mixiなどで広めていただけると幸いです。


「第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)」に関する意見募集について
1.意見募集対象「第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)」
2.意見募集期間(意見募集開始日及び終了日)

 平成22年4月16日(金)~平成22年5月12日(水)
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/ikenboshu.html

「II-8.女性に対するあらゆる暴力の根絶」意見募集メールフォーム
https://form.cao.go.jp/gender/opinion-0043.html
「II-12. メディアにおける男女共同参画の推進」意見募集メールフォーム
https://form.cao.go.jp/gender/opinion-0047.html






コメント

酷いもんですよねぇ

この問題に興味を持ってネットサーフィンしていますが滅茶苦茶ですね。
国際機関に報告した団体が、報告が取り上げられると「国際機関に指摘された」と
放火魔が防火を呼びかけるような事をしたり、
日本ユニセフが国際機関のユニセフとは直接は無関係な民間団体で
寄付金から抜いた20億でビルを建てたとか
規制強化した国の方が被害が大きい(韓国は規制強化で犯罪件数急増)とか
童話の「王様の耳はロバの耳」「裸の王様」を連想してばかりです。
とりあえず今度の参議院選挙で何とかしたいです。

はじめまして。

ドラゴンウィルからの大ファンで、ほとんど読み漁ってました。

ただ憧れの作者さんのページにお邪魔するというのが、最近まで全く考え付きませんで(汗)。
とりあえず、初めて投稿させていただきます。よろしくお願いいたします。
(_ _)”

私も性格的に、自称・正義の味方っぽいところがあるので、お前が言うなーという感じもありますが。
これらを推進する人々は、やはり考え方が少しおかしいと思います。もちろん「実在する児童」が虐待を受けているという現状をどうにか打開しなくてはならないという目的は良いと思います。

しかしこういった創作物を好む人間全てが悪で、それらを全てを規制すれば世界が平和になるみたいな考え方は、中世の魔女狩り並みの妄信にしか見えません。

この方々は自身の価値観のみが正義と思っているようですが。
そもそも正義とは、人間が自身の悪を克服できることを信じるから成り立つ概念だと思っています。

「実際に犯罪に手を出す=悪」で、その原因となるのが人間の欲望だとしたら人間は欲望のままに行動せず、別の方向に活かす力を持っている。だから欲望のままに生きるのではなく、欲望の力を利用して新しい生産的なものを生み出し続けることで、多くの人を幸せにするのが「正義」の本質だと思います。

表現物は、人間が持つ「作り出す力」の表現だと思いますし、それを楽しむことは直接犯罪を助長させるものではないと思います。もしそれで犯罪を起こす人間がいたとしても、それはその人の心を見直すべきでしょう。

……っと。
初投稿なのに長文すみませんでした。ちょっと気合入れすぎた。orz

厄介な人種:その2

厄介なタイプとしては、他にも「毒は毒をもって征する」考えの人なんかが挙げられますね。
言葉を変えるなら、大悪を滅するためなら小悪には目をつむるといった感じの人。
このケースだと、大悪と目されている「児童福祉の侵害」より、小悪とされた「表現の自由の侵害(のように見えるが本質は法治国家のありようの破壊)」の方が重大なはずなんですが、そういった人たちにはなかなか理解してもらえないような… 歯がゆいところですね。
だんだん論旨がずれてきてるような気がしてきたので、ここで筆を置くことにします。乱筆乱文、失礼しました。
  • [2010/04/27 22:36]
  • URL |
  • さすらいのデーモン使い
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/538-cac2df72

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。