スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/28のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

これ以上は具体的なものを見ないとなんとも。ツイッターの限界です。すんません。
08-28 23:37

いつも私が行ってるアレです。「一歩進む、あるいは戻る、して視点を変える」「全体を俯瞰的に見てコンセプトを把握する」ですな。
08-28 23:37

さて。ここで考えるべきは「フレームを優先するかエンジンを優先するか」というより「で、あなたはどんな車を作る積もりだったのですか?」という話。スポーツカーやレースカーならスピード優先、エンジン優先。軍用車や、工事現場での作業車、トラックの類なら、フレームの頑丈さ優先。
08-28 23:36

「車を作ろうと思いました」「物凄く頑丈なフレームが出来たんですよね」「物凄く高出力のエンジンも出来ました」「でも頑丈なフレームは重いのです」「これでは双方の特徴をつぶし合って、凡庸な車が出来てしまいます」
08-28 23:35

辺に理想主義的な物言いで申し訳ないんですが、貴方は、その物語を「どうして」書こうとしたか、です。そしてあらすじも、キャラもその「どうして」の理想の実現ツールでしかありませんから、必ずどちらかに優先順位がある筈です。その「どうして」に照らし合わせれば。
08-28 23:33

逆に、先の様な学園勧善懲悪ものをやらねばならないと思っている際に、キャラ優先で、いきなりピカレスク浪漫になったら、あきませんわな。
08-28 23:32

特定のテーマを伝える為だとしたら、そのテーマを体現するのに、優先すべきは、キャラか、あらすじか。例えば先日の「メガネっこ」の話であれば、物語の整合性優先で、キャラがメガネっこでなくなってしまえば本末転倒。
08-28 23:31

ただ、正直言ってこれは、その人の作風によって判断が変わると思います。そこで最初に立ち戻ってください。その話は、何をする為に書かれましたか?
08-28 23:29

@kiokusositu それは・・・・また難しい話をw キャラが動き出す事そのものは、ある意味喜ばしい(つまりはキャラ造形が作者の中ではっきり出来上がっている)事ですが、物語を潰してしまう様では問題ですわな。
08-28 23:29

@3peta 確かにきちんとシステムとしてやるならそれが一番ですね。<キャラクターシートを作る
08-28 23:27

すんません、今日は疲れてるのかいまいち話が冴えないな(いつも冴えないという意見は聞きたくない、聞きたくないんだ!)。
08-28 23:14

ヒントだけとか言いつつかなり書いてるなw ごめん。 ともあれ、必要性や必然性による要素の整理で、ずっとキャラは生々しくなる筈です。逆に、生々しくないというのは、記号的で、つまりは「作者が動かしてるのが透けて見える」って事なので、そこら、よりキャラとしての「密度」を高めるのが定番。
08-28 23:12

例えば、ほら、心理テストってあるでしょう。あれに、作者が「キャラの代わりに答えられるかどうか」ですよw それ位に作り込んで、その内面をかっちり把握出来ているかどうかです。
08-28 23:10

よく言われる「キャラが勝手に動き出す」状態になります。正確には、リアルな人物と同等レベルの存在感を持つようになるので、「ああ、あいつならこんな事しないよなあ」的な想像が成り立ち、作者の都合で勝手に動かせなくなる、という意味。
08-28 23:09

ツンデレを描くのに、しかしただ「ツンデレ」にするのではなくて。「どうして彼女はツンデレなのか?」「そういう性格形成が生じて当然の環境は? または過去の事実は?」「彼女は自分のそんな性格をどう見ているのか?」この辺に、全て答えられる位に作り込んでおけば、
08-28 23:08

ちなみに簡単なヒントだけ書いておくと、キャラ設定も物語造りと同じです。構造分解、換骨奪胎。既存のキャラを分解していって、そのキャラが「どういう肉付けならばどんな風に見えるのか」をパーツ単位、あるいはキャラ設計レベルで理解してから、肉付けを変えていく。
08-28 23:06

@g_kasya さすがに今日は時間が時間になってきてるので、それはまたいずれ。これも技術的にどーにかする方法は確かにあります。私以外の人に使いやすいかどうかは分かりませんが。
08-28 23:05

@perthro そうくるか!?(笑)<モンスターペアレンツの子供はやはり動物(モンスター)っ娘ですか
08-28 23:02

ちなみに今朝の「赤ん坊の喃語が云々」というのも、「赤ん坊の喃語」「意味不明」「意味無し」という連想から「それ、本当に意味ねえのか?」「もし意味があったらどうする? それもものっそい高度な」というひっくり返しです。
08-28 23:01

まあちょっと今回はあまり大きなネタの飛躍にならなかったですが。繰り返しますが、要素分解、連想、一点だけの反転、そしてそこからの世界観調整。これで一本話が出来上がりますよ、という話。
08-28 23:00

@haruru_240 ああ、それありですね<教頭ネタ
08-28 22:59

今ふと思いついたけど、ラスボスはモンスターペアレンツ連合。<ってバトるの前提なのか!?
08-28 22:58

@matunaga_Lak しまった。ツンデレか。ツンデレな。「べ、別にいい成績とって欲しい訳じゃないんだからね!」とか。教師がそれ言ったらダメですねw
08-28 22:57

でもこれらもあくまで「発展」であって、根本的なひねりは「生徒と教師の立場の逆転」というそれだけの話。
08-28 22:55

また、「文化交流の為の国際学園」という名目で作られた、「宇宙人・地球人混在学校」のプロトタイプ、としちゃうと、もっと色々夢が広がりますね。
08-28 22:55

勿論、小学生用先生ロボはロリです<ここ重要
08-28 22:54

ちなみに、ロボ少女萌えなら、いっそ、全員ロボ少女、もといロボ女教師にしちゃうのも手ですね。
08-28 22:53

ただ、それだけの話です。あとは、お話を動かしやすくするために、連想を繰り返しているだけで、そんなに突飛な発想の飛躍は無い筈。
08-28 22:52

@ramuda9228 ああ、既に実際に存在するのか。恐ろしいなw まさに現実は小説より・・・・・
08-28 22:52

ここで重要なのは、あくまで「学校は先生が生徒の成績をつける」という事ですが、これの逆転。
08-28 22:51

こうして、望みもせんのに、先生五人の将来を左右する通信簿をつける権利を与えられた主人公は、先生達の「御願い攻撃」と、同級生のヒロインの嫉妬をかわしつつ、学園生活を送る――とか。
08-28 22:51

ふう。やれやれだぜ。ロリを忘れるとはおれらしくもねえ。<JOJO風に読むこと。
08-28 22:49

パターンその5:ロリ。飛び級しまくりで実は十二歳。しかしどんだけ頭よくても十二歳は十二歳なのでちょっといじめられると泣く。
08-28 22:48

あ、しまった、大事なパターンを忘れていた。
08-28 22:48

この教師達が、「もうここを追い出されたら後がないの」とばかりに、主人公に、「おねがい、先生の通信簿には優をたくさんつけてね!」と色々な懇願を・・・・・・
08-28 22:48

・・・・とか、こんな感じで、既存の萌えキャラを「その特徴を活かして、いかにダメ教師にするか」に適当な理由をつけて配置。
08-28 22:47

パターンその4:実は人間じゃない。文部科学省がその技術力の粋を集めて作ったロボ教師。多分、裸にひん剥くと胸に三菱マークとかあります。
08-28 22:46

パターンその3:気が小さい。生徒がなだめすかさないと授業が出来ない。でも知識は豊富で教え方も上手い。
08-28 22:45

パターン2:ものっそいお嬢様。あまりにお嬢様で、やんごとなきお方なので、手ずから授業なんかしません。全部隣に控えた執事のセバスチャンがしますw
08-28 22:44

パターン1:とにかくドジッ子。まあこれはそのままいけますよね。
08-28 22:44

ちなみに、ダメ教師、なぜか全員女性w
08-28 22:43

学費免除、その他諸々の特典の代わりに、ダメ教師の通信簿をつける義務が。
08-28 22:43

後者の方が面白いかな。主人公と、まあ他にも同世代のヒロインが必要でしょうから、もう一人の女の子と。描き分けが可能なら、1クラス分にしても構いませんが。とにかく彼等が実は「試験官」。
08-28 22:43

主人公は――まあ男の子向けラノベなら、まあ男の子ですよね。この少年がその学校に入学する、と。でもまあ、何の保証も無い人間に先生の評価を任せる筈も無いから、その最果ての学園の関係者の息子か、さもなくば、逆に「公正を期すため」とランダムに選ばれた可哀想なイケニエか。
08-28 22:41

そういう先生が送り込まれる「最果ての地」。そこが舞台って事にしましょうか。
08-28 22:39

勿論、暴力教師とか、飲酒教師とか、痴漢教師とか、そういのは問題外。そういうのはさっさと首になるし。先生としての情熱や倫理には問題が無いんだけど、能力的に問題があるというか。
08-28 22:38

なんでそんな学校が? そりゃ先生の質に不安があるからですよね。つまりその学校の先生ってのは、もう、どの学校でもまともに先生が務まらなかった、ダメ先生ばっかりと。
08-28 22:37

生徒が先生の成績をつける学校。
08-28 22:36

じゃあこれをひっくり返しましょうか。
08-28 22:36

――試験。試験ってなに? 先生が生徒の成績を測る為のシステム。ふむ。これはもうどうしようもない位に、当たり前の、大前提。
08-28 22:36

学園。学校。勉強するところ。生徒。成績。試験。通信簿。職員室。むむむむむ。
08-28 22:35

また学園ものってくくりで別の考え方してみましょうか。
08-28 22:33

つっても大した知識でもないしね。
08-28 22:32

さておき。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、発想の飛躍というか、ちょっとネタをひねる、というのはこういう作業でシステマティックに可能、という話。勿論、先の水戸黄門をゲリラに見立てるってのも、一定の知識が無いと成立せんでしょうから、「技術だけ」ではないですが。
08-28 22:32

つかごめん、「禁書」まだ一巻しか読んでないの・・・・・
08-28 22:30

ああ、ちなみに「禁書」の学園都市との類似が指摘されてますが、いやまあ、基本的に学園都市というのは、「学生を主人公で活躍させながら、一般社会と同じゴタゴタの事件を起こして、学生を当事者にする為」の装置ですから、そういう意味では似てくるの当たり前です。
08-28 22:29

思ったほど、突飛な発想にならなかったのはすんません。ライブでやってるもんでw とにかく、やり方としては、「何かを構成する要素の内の一つだけを、ひっくり返す(もしくは極端に寄せる)」という事です。
08-28 22:28

まあ元々水戸黄門と学園ものって時点でかなり遠い言葉なんですがw
08-28 22:26

その結果として脳裏に思い描いた「最も遠いイメージ」を使う。ここでいうところの「水戸黄門」と「ゲリラ」
08-28 22:26

まあ意外とオーソドックスな構成になってしまいましたが。ここで使っているテクニックは、とりあえず「要素に分解」「連想で言葉を出す」「それらを並べて俯瞰して見る」
08-28 22:25

どうしても彼等を潰したければ、理事長の裏側の権力が及ばない、「現行犯」でぶっつぶすしかない。そして戦いは激化していく・・・・こんな感じ?
08-28 22:25

表向き、彼等粛正チームの存在は非合法(?)かつ機密なので、学園都市の悪人達は彼等を「反逆者」「ゲリラ」として追い立てようとする。しかし、実際には、理事長だか何だかのお墨付きを持っている為、最後の一線で、彼等は追求されない。
08-28 22:24

いや、学生だからニートじゃないのか。引きこもりですね。なんでこういう考え方をするかというと、「いつも一緒に居る訳じゃない」=「影から見守っている」=「じゃあ間接支援か?」=「だったらいっそ、ハッカーにしちまえ」こんな感じ。
08-28 22:22

ちなみに弥七はニート(笑)。いつも学生寮からハッキングだけしてるとかw 
08-28 22:20

間違い<IQやたら高くて、でも育ちが良いのでおっとり天然系のお嬢様
08-28 22:19

なので、IQやたら高くて、でも育ちが良いお嬢様(ご隠居)と、スポーツ万能系の護衛役二人(助さん角さん)と、その他何名かのチームが送り込まれ、問題のある連中を粛正していく・・・・・
08-28 22:18

なので、あちこちで虐げられる生徒とか教師とかがいる訳ですが、これを是正しようにも、何処まで腐敗が進んでるか分からない。迂闊に「上から」粛正をしていく訳にいかない。
08-28 22:17

まあそれはさておき。巨大学園都市。学園の運営を統括している機関がちゃんとあるんだけども、学園が巨大すぎて、なおかつ絡む利権も膨大なんで、あちこちで腐敗が生じていて、目が届かない。<これはある意味、江戸時代の状態と同じですわな
08-28 22:15

むしろ個人的には漫画家・中津賢也氏の「徳川生徒会」のイメージの方がやりやすいんですがね<巨大学園都市
08-28 22:14

普通の学園だと遊撃手だの漫遊だの言ってもたかがしれてるしつまらん。ならここは便利な設定「学園都市」でいきますか。蓬莱学園みたいなアレ。
08-28 22:12

そーいや「セーラー服反逆同盟」なんつーのが昔ありましたな。確か漫画版が家にまだあったような。いや、そんなこた、どうでもいい。
08-28 22:12

では、ここで翻って学園もの。学園の中に存在する悪に対する遊撃手、みたいな考え方をしてみるとどうだろう?
08-28 22:11

そうか。ゲリラ戦というか、そこにでんと構えて悪と戦う訳じゃない――それが水戸黄門の特徴だとすると、水戸黄門の特徴とは即ち、「悪に対する遊撃手」であるという事なんですな。
08-28 22:10

いやまあ正確にはゲリラは身分隠してるんじゃなくて身を隠してるんですが、それはさておき。発想というか連想なんてそんな程度でいいんですw
08-28 22:09

要するに水戸黄門って権力持ったゲリラじゃん、と。
08-28 22:08

ゲリラ。<そこの人、笑わないように
08-28 22:08

身分を隠して。あちこち動き回る。・・・・・・・・・・・・・これ、何かに似てません?
08-28 22:08

身分隠して諸国漫遊。これはまあ、身分がばれたら困る、という当たり前の話ですし、諸国漫遊も、要するに一定の処に腰を落ち着けてない、というだけの話ですが。
08-28 22:08

ではそれぞれの単語の原義というか、その単語の意味というか、イメージというかそういうのを改めて考えてみる。
08-28 22:07

身分隠して諸国漫遊、学園もの・・・・・コレを並べて見ていた場合、いまいち繋がらない様に見えますが、これはむしろ好都合。繋がらないからこそ、上手く繋いだら目新しく見える。
08-28 22:06

よろしい、諸君、ならば学園ものだ。<どっかの少佐風に。
08-28 22:04

確か以前のツイートではこの「水戸黄門」に「学園もの」を絡めたんでしたっけか。
08-28 22:04

ちなみにものっそいどうでもいいけど、私、時代劇は田村三兄弟主演の「乾いて候」が大好きでした。いや、本当にどーでもいいけどな。
08-28 22:03

やっぱり水戸黄門の特徴というと、「諸国漫遊」「身分隠して」みたいな部分がイメージ強い。広義での勧善懲悪はむしろ、「暴れん坊将軍」から「影の軍団」「ネズミ小僧」まで全部一緒ですしね。では水戸黄門のこの部分は「イタダキ」だとすると、他の部分を変えてみる。
08-28 22:02

ご隠居。助三角さん。諸国漫遊。印籠。勧善懲悪。天下の副将軍。私腹をこやす敵。風車の弥七。うっかり八兵衛。「ああ人生に苦楽あり」(OPテーマね)。こんな処ですか?
08-28 22:00

水戸黄門から連想される言葉、あるいは水戸黄門という物語の構造分解、そういうのをとりあえずやってみる。出来れば紙か、あるいはカードに書き出してみる訳です。
08-28 21:59

例えば「水戸黄門」ね。水戸黄門、の構造をそのまま使って、諸国漫遊の勧善懲悪ものにするのも手ですが。それだけじゃつまらんので、単に水戸黄門は発想の取っ掛かりに使います。
08-28 21:58

で――例えば、以前のツイートで出てきたネタを使いましょうか。
08-28 21:56

だからこそ、何か自分の恣意が絡まないものを、用意するのです。まあカード法や三題噺はこの典型ですね。特に三題噺なんて、なんだか難しいように見えますが、あれ、むしろ他人からお題貰う方が実際には楽だったりします。
08-28 21:56

例えば、美少女と銃、といきなり自分で用意すると、そりゃ「美少女が銃持って何かと戦う」話になりますわな、ついつい。勿論それがいかん訳ではないんですが、「何か新しいものを」と考えているときに、そういう思考では、新しい要素が取り入れにくい。
08-28 21:55

なぜ自分の恣意が絡んでいない方が良いかというと、自分で取っ掛かりを用意すると、つい、考え易い方向へ方向へ流れていってしまいので、気が付けばいつもの、何の変哲も無いネタになってる可能性が高いんですな。
08-28 21:54

とりあえずゼロからネタ組むといっても、本当に何も無ければ何の取っ掛かりもないですから、途方に暮れますわな。なので、何か取っ掛かりを用意します。これは、出来れば、自分の恣意の絡んでいない処から用意すると便利で良いです。
08-28 21:53

いわゆるネタ出しの為の発想法としては、カードを使うやり方とか、何とか、色々ありますが。私の場合はその場ののりで適当にやります。ではどうしてるか。
08-28 21:52

ちなみにこれ、やれる人は無意識にやってると思うので、「なんだ、つまんねえ」となる可能性が高い話なので、つまんなかったら、ごめんw
08-28 21:51

以前の様に何か、既存のものを換骨奪胎してプロット組む、というのは勿論一つの方法な訳ですが。いわゆる小ネタを組んだり、ゼロから何かネタを組む場合にちょっと便利な思考法。
08-28 21:50

ちょっとした発想転換の話。(本当に日課化してきてますが、そろそろネタキレが危ない)
08-28 21:49

建設巨神イエオンの主題歌が見られない・・・・アクセス集中してるんかな。
08-28 21:19

@notnotA オヤジさんすげえな。っていうかそれ以前に「崖」て・・・・
08-28 17:16

なんか分類かけて整理するといいという話は嫁からきいたのだけど。まあ、そのうち覚えよう。そのうち。
08-28 16:59

ところで今更明かされる衝撃の事実。実は榊一郎はツイッターの使い方をイマイチ分かっていない(爆笑)。いや、先に三田さんにご提案いただいた機能とかも含めて、応用が壊滅的。他の人を殆どフォローしてないのも、混乱するからw
08-28 16:58

@le_ji いや、じゃあそれ貴方がプロットにまとめて、どっかに投稿するって事でw<おい
08-28 15:47

@shisei_ssi ちなみにこれ、実は元ネタあります。映画の平成ゴジラ。政府の超能力研究所みたいな処の付属施設で、幼稚園児達がクレヨンでお絵かき。先生が「はい、じゃあみんな描いた絵を見せてねー」というと、幼児達が掲げる絵が、全て、ゴジラ。怖かったw
08-28 15:46

@hiroro2510 まあこの手のアイデアの出し方にもパターンつーかコツがあるんですけどね(まあ私のアイデアとかはそんなに大したもんではないですが)w 希望があればそのうちやります。
08-28 15:45

@kibatori2646 あ、そういえばそうか<アイデア
08-28 15:43

@le_ji  マニアックですね。ううむ。でもおむつするヒロインとか、うけるのか!? 一部のマニアのぞいて。<いや、真剣に検討する様なことじゃ・・・
08-28 13:07

@3peta 短編向きですね。長編でやられたら私でもあばれるw
08-28 12:54

@3peta 結局、微笑ましいだけになって緊張感でないかもしれませんねw
08-28 12:52

ふと、「ある日、世界中の、まだ言葉も喋れない乳幼児達が、一斉にびくっとして空を見上げた」とか、映像化するとちょい怖くていいかもしれんw
08-28 12:51

先の喃語ネタをラノベ的に解釈・設定追加するなら、たまたま事故か何かでそんな変な二重人格になった少女(まあ巫女か?)が超存在から得た警告に従い、人類に襲い来る敵と戦う秘密組織(超存在から教えられた技術で造られた武器とか)、そこに突然配属される事になった主人公、とかならいけるか。
08-28 12:50

ザルドスは幼児の心にトラウマ植え付けたけどな!
08-28 12:47

そこで「未知との遭遇」に連れて行く親もどうよと思うが、うちの親は、幼稚園児を連れて「未来惑星ザルドス」とか劇場に見に行く変な奴なので、別にそれはそれで普通。
08-28 12:47

子供の頃、オヤジにクソ生意気な口きいておもくそ叱られ、家の前に裸足で放り出されて、ぐじぐじ泣いていた直後、「ごめんなさい」と謝ったら、オヤジが仲直り(許してくれた)印に、つれてってくれたっけか、「未知との遭遇」・・・・
08-28 12:46

考えてみたら、「未知との遭遇」ってそんな話だっけか。結局。
08-28 12:44

この言語を通訳する為に、敢えて、人工的に二重人格にした上で、片方の人格をリセット、つまり自分の中に「普通の言語を喋れる歳の自分」と「赤ん坊状態の自分」を共存させ、通訳化するという話――いや、やっぱ地味か?
08-28 12:43

いや、ラノベ向きでないのは分かっているがw
08-28 12:41

ふと思ったが、実はこの幼児の言葉(喃語っていうんだっけ?)は、実は集合的無意識から発せられる人類共通の言語で、「乳幼児しか意思疎通できない」超次元生命体とか宇宙人とかが出てくる話とかどうだろうか。
08-28 12:41

寝てると耳元で「あにゅびみきるぎゅう」とか意味不明の言語を囁いてくる娘に起こされる。日本語でokだ我が娘よ。
08-28 12:40

おはようなう。つか最近、夜はそう遅くなる前に寝てるのに、朝起きるのが難しくなってきてるのは夏ばてのせいか、それとも他の理由か。駄目な大人の典型みたいな生活になってる。
08-28 12:39

さて。そろそろ寝るなう。明日も朝からパソコンのキーボードを指先でつつき続ける仕事が始まるお。<ちょっと眠さでバカになってる
08-28 01:03

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/598-302842ec

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。