スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/06のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

違った、vz61スコーピオンとイングラムだった。
09-06 23:55

@sigsawa 先生! 拳銃の持ち込み禁止という事は、ライフル及びショットガンはOKですか? VZ61とスコーピオンはおやつ、もとい拳銃に入りますか?
09-06 23:55

@sigsawa 藤原さんが鬼なのは有史以前から羞恥の、もとい周知の事実です。何を今更。
09-06 23:51

しかし本当に移動の季節っつーか。各社担当編集者さんが、がんがん変わる。段々こっちも訳がわからなくなってきた・・・・・
09-06 23:38

@sigsawa  …………はッ!? いやまてこれは商売敵を一掃するチャンス?!
09-06 21:24

@sigsawa 出る本減るどころか、シリーズ打ち切り増えると思う。死屍累々。
09-06 21:23

@sou1rou 水餃子はいつ食べれば・・・?
09-06 20:33

さて。一区切りついた感じですので、今夜はこのへんでおちまする。おやすみなさい-。
09-06 01:12

まあそれでも、限られた予算や時間、各種しがらみといった制限の中でメディアミックスをやろうとすると、たとえ関係者が理解していてもバランスを崩さざるを得ない場合もあっったりする訳ですが。  #sousaku
09-06 01:09

デキが良い作品(人気があってメディアミックスの対象になりやすい作品)は、しばしばその媒体での表現に最適化されていたりするので、本質レベルで読み解かないと、表面をなぞっただけではバランスが崩れる可能性も。 #sousaku
09-06 01:08

メディアミックスの隆盛によって、同じ物語をアニメ、ゲーム、漫画、小説、とか別の媒体に持ち込む事が在りますが、これも実はかなり難しい。  #sousaku
09-06 01:05

また――アニメの脚本の手法をそのままギャルゲなどに持ち込むと、今度は「第三者視点」過ぎて、感情移入が阻害される可能性も出てきたりとか。 #sousaku
09-06 01:05

まあ、その後に文庫化する可能性を考えれば、小説としての表現力は全くいらん、て事もないのでしょうが、そこはそれ、他の人(小説家)の手によってノベライズ、という手があるしなw #sousaku
09-06 00:33

一番最初に私が言っていた話に戻る、とw #sousaku
09-06 00:31

小説の地の文の表現能力に、自信が無い、という場合はいっそ、そこは放棄して会話のテンポや世界観設定、物語のダイナミズム、の部分で勝負すればいいのではないか、という推測が成り立ちます。 #sousaku
09-06 00:30

アレはどっちなんだ? との事ですが。まあノベルとついている以上、小説として見て貰っても構わないとは思うのですが、媒体の特性として、ゲーム的な進め方でも読み手はそんなに違和感を感じないでしょうから―― #sousaku
09-06 00:29

で――ここで微妙なのが、キネティック・ノベルw #sousaku
09-06 00:28

結局のところ、それぞれの媒体にはそれぞれの特性があり、それに沿ったベストな形式が在る為、同じ物語でも見せ方を微調整して変えねばならない、という話。 #sousaku
09-06 00:28

情報もアニメの方が多面的に、視点をぽんぽん変える事が可能なので、やはりギャルゲやエロゲ系のゲームとは微妙に話運びやらシーンのツナギやら何やらが変わらざるを得ません。#sousaku
09-06 00:26

自分を鏡の向こうに、他人として見ている違和感というか、何というか。 #sousaku
09-06 00:25

逆に、アニメ等の場合は、主人公の存在を画面の向こう側に、視聴者は第三者として眺める事になりますから、実は脚本レベルで見た場合、ギャルゲやエロゲの方法論をそのまま持ち込むと、微妙に視点が揺れるような印象を受けたりします。 #sousaku
09-06 00:24

まあギャルゲやエロゲの類が疑似恋愛を楽しむためのゲームだとすればこれは当然の事です。たまに例外は在るんでしょうけども。いずれにせよその場合には、あくまで、「主人公の体験する時間軸に沿って作品の世界観情報を提示する」事になります #sousaku
09-06 00:22

ギャルゲやエロゲの類は基本的に、物語が一人称視点な上に、多くの場合、「画面」=「主人公の視界」である事が多いです。そこまではっきり特化していなくても、主人公を第三者的に眺める場面は少ない。プレイヤー=主人公の図式。 #sousaku
09-06 00:20

@YM530 そのアニメの方向性にもよるのですけどね。あえて、小説の台詞っぽく――妙にぎこちなくも気取った言い回しをする場合もあるので、一概に「間違ってやった」とは言えない処が難しい #sousaku
09-06 00:18

@eternalsisters ああ、それも基本ですね。モノローグで内面描写をする場合もありますけれども。それは実質的には台詞で喋ってるのと同じだからト書きじゃないですよね。以前、弟子の一人がそれを分からず、延々キャラの内心をト書きに書いていたものがありました #sousaku
09-06 00:17

では。多くのギャルゲとかエロゲとかと、アニメの脚本――両者にどういう差が出るか? (まあこれも私見ですので、話半分に見てください) #sousaku
09-06 00:08

ちなみに、台詞と台詞の間とか、シーンの間にどれくらい時間をとるか(秒数)は、実は絵コンテとか演出さんの領域っぽいので、殊更に「この間、●秒」とか書く必要は無いよーです。というか越権行為? お話の上で、その秒数でないとトリックが成立しないとかなら別でしょうが #sousaku
09-06 00:05

細かな事の様に見えますが、こういう微細な差は、積み重なるとでかいです。先の例文でいえば、あの短い中で、「句読点の位置調整」「文を二つに分ける」「『家』という語を二回から一回に減らす」という事をやっとります。 #sousaku
09-06 00:01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/607-3d873f61

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。