スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/15のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

とと。ちと担当編集さんから電話が。締め切りを一つ勘違いしていたみたい。今から修羅の道なので、ちと今回はこの辺で御勘弁ください。
09-15 20:51

ライトノベルやそれに類するものに応募するのだ、という事を思い返せば、こういう改行を多用する事で読みやすさを追求する文体を使うのも、アリ、という考え方がある、という話です。 #sousaku
09-15 20:49

あくまでライトノベルの新人賞、あるいはそれに類する賞に応募する場合に、「海外翻訳ものや、純文学系の話を読み慣れている」人ではなく、「小説を読むのは初めて、あるいは初めてではないにしても、あまり密度が濃い真っ黒なページは苦手」という人がメインターゲットの #sousaku
09-15 20:48

こういう、改行や句読点による演出を組み込んだ文章は、どうしても枚数喰うのです。あるいはだから、枚数が余る、という人はこういう書き方をしていない可能性もあります。勿論、こういう書き方をしなければいけない、という意味ではないですが―― #sousaku
09-15 20:46

以上の文はただ改行しているだけですが、「僕は死んだ」というある意味でショッキングな一文が、文例1よりも文例2の方が浮かび上がって見えませんか? 逆に文例1では本文の連なりに埋まってしまってショッキングさが薄れる様な印象 #sousaku
09-15 20:45

勿論こうして僕の自我が残っている以上、これは死ではなく死に類似の何かだという解釈も成り立つのだけれど。 #sousaku
09-15 20:43

何を言っているんだこいつはと思われるかもしれないけれどこれには僕自身にも驚いている。 #sousaku
09-15 20:43

僕は、死んだ。 #sousaku
09-15 20:42

文例2―― #sousaku
09-15 20:42

文例1:その日僕は死んだ。何を言っているんだこいつはと思われるかもしれないけれどこれには僕自身にも驚いている。勿論こうして僕の自我が残っている以上、これは死ではなく死に類似の何かだという解釈も成り立つのだけれど。 #sousaku
09-15 20:41

単純に、改行せずに詰め込みすぎの場合。ラノベは読む漫画だと言われますが、ぶっちゃけ、改行のパターンによって読みやすさも変わってくるので、その辺を意識的に使うと、自動的に行数枚数は増えてしまいます。 #sousaku
09-15 20:40

で、可能性としての四番目。これはキネティックノベル大賞みたいに、キロバイト計算で応募要項が決まっている場合には、使えない技(意味の無い話)ですがw  #sousaku
09-15 20:38

なので、いっそ、例えば四章構成の話だったとしたら、それぞれを短編連載の積もりで書いてみる(勿論、それぞれの章が起承転結として繋がるのは前提として)、という考え方で、起承転結の密度というか複層構造を組み込むのは手かもしれません。 #sousaku
09-15 20:36

ちなみにこの『起承転々結』の二つめの『転』ですが、ほんの小さなひねりでいいそうです。単に一回ひねるのではなく、「お、転が終わったな」と思ったところに、更に小さな転を入れる事で、読者の驚きを倍加させられる、と。 #sousaku
09-15 20:33

なので、実は、それぞれの細かい起承転結が無くて、素直に流れすぎているのではないか――という可能性。某同業者の方が、某専門学校のゲスト講師で来られた際に言っておられたのですが、「起承転結の中で、実際には起承転々結、にすると面白くなりやすい」だそうで #sousaku
09-15 20:32

フラクタル構造、なんて概念がありますがね。小説はまさにコレで。それこそ短い文にも起承転結の様な構造があるし、各章にも、当然そういうものがあります。 #sousaku
09-15 20:30

でもって可能性その三。異世界ファンタジーでそれなりに世界観もキャラクター外見や情景も描写してます、という場合に、それでも余る場合。これは単純に起承転結の流れが単純すぎる、と。 #sousaku
09-15 19:54

設定の妙で見せるハードSF系の話なら逆に、その辺の描写増やすべきでしょうしね。 #sousaku
09-15 19:52

無意味に分量を増やすのではなく、増やすなら目的を持って。というかいつもの話に繋がりますが、「俺のこの話の売りはこれだぜ!」と分かっていれば、その部分を強化する形で増やすのが吉かと。 #sousaku
09-15 19:51

ラブコメであれば、テンポの良い会話を増やす(その事によってキャラクターを好いて貰う、あるいは感情移入して貰う)、あるいは日常的な何気ない会話を繰り返す事でキャラクターに親近感を持って貰う、そういう文章レベルの演出をする。 #sousaku
09-15 19:50

必然的に文章量は減る。ではこの場合にどう対処するかというと、先のラブコメの心理描写と同じで、むしろ「売りとする部分の書き込み密度を上げる」のが良いかと思われます。そうでない部分の密度あげても読み手の人にはうざいだけでしょうし。 #sousaku
09-15 19:48

主人公が目の前を走っているタクシーを一人称視点で描写する時に「タイヤが四つあって黒くて、トヨタの●●という車種で」とか描写する場合というのは、まあ、それこそ主人公がカーマニアとかでもない限り無い訳で。 #sousaku
09-15 19:47

当然これは、例えば「現代日本を舞台に一人称で語られるラノベ」という場合にもあてはまります。ドラゴンだの空飛ぶ城だのを描写する場合、例えばドラゴンでいえば、色、形、大きさ、雰囲気、を一通り描写せにゃなりませんが―― #sousaku
09-15 19:46

@shiki0618 勿論、平凡な勇者、とかを描く場合は「勇者という特別な立場に立たされた凡人の苦悩」とかが物語の焦点であり売りになる訳で、結局は、その辺りの描写に枚数割く事になりますわな。まあどちらかといえばラブコメ寄りで。 #sousaku
09-15 19:42

こういう情報量の増加は、感情移入の度合いを深めるので、そっちを「武器」に攻めていく、というパターンがありと。逆に、その情報量によって語られるラブコメが標準として見た場合、応募要項に足りない場合は、そこらを足しておかないと、見劣りする可能性がある、と。 #sousaku
09-15 19:40

別に例文1でもいけないことはないんでしょうが、2の方が、文章が故意に乱してある分、「恋に落ちた瞬間の動揺」みたいなのまで再現出来ていると思えません? #sousaku
09-15 19:38

例文1:例文1:その時の彼女はとても綺麗に見えた。それだけで僕は彼女の為に何かしなくてはいけないと思ったんだ。思えばそれが僕が彼女に恋した瞬間だったんだろう。 #sousaku
09-15 19:36

例文2:その時の彼女は……なんて言うか、語彙の少ない僕には表現しにくいのだけれど、とにかく、もう、見ているだけで僕は幸せになれるみたいな、そんな気分で。それは僕にしてみれば、とても純粋な気持ちだったから、それが恋だなんてその時にはわからなかったんだ。 #sousaku
09-15 19:36

特に特殊性癖とかを題材にする場合はさておき、基本的な恋愛ドラマにおいては、物語の流れもそうパターンがある筈もない。となると、いかに途中の味付けを独特のものにするかであり、ひいては、そこに情報量を割く事によって、読者に恋愛の疑似体験をしてもらう(主人公との同一化) #sousaku
09-15 19:32

つまり、問題の原稿が不思議要素なしの学園ラブコメであった場合、枚数が足りないのは、心理描写やそれに類するものが足りない可能性がある、と。 #sousaku
09-15 19:26

でもラノべには不思議要素なしの学園ラブコメもあるじゃん、とおっしゃる方がおられるでしょう。それはもちろん。ですがその場合は当然ながら、特殊な世界観や設定に替わる魅力を中に盛り込まれている訳で。大抵は極めて緻密な内面描写。 #sousaku
09-15 19:24

で、二つ目。単純に世界観やその他で、表示すべき情報が少ない場合。異世界ファンタジーや超未来sfと、不思議要素なしの学園ラブコメの場合、そもそも提示すべき情報量が違う。前者を基本としている場合、どうしても物語を語る上での枚数は多く見積もられる。 #sousaku
09-15 19:20

ただ、たとえば新人賞の応募原稿の規定枚数を(あるいはキロバイト数を)大幅に下回る場合、それは募集側が想定している標準分量を明らかに下回っている、つまりプロの標準より少ないということであり、余程に特殊で簡素な文体でもない限り、なにかが足りない、ということになる。#sousaku
09-15 19:15

実際の話、少ない文字数で表現する方が基本的には高等技術なのですよ。cmのコピーとか俳句なんてのはその典型。脚本の場合もどうしても分量は減りますわな。 #sousaku
09-15 19:11

ひとつ。単純に描写量が少ない。これは別に「だから文章が下手」という意味ではありません、念のため。 #sousaku
09-15 19:08

つまりは、これより枚数が減ってしまう場合、といのをさいげんしようとえすると、私としては四つのパターンを思いつくのですが。 #sousaku
09-15 19:07

仮に私の作風と文章密度をライトノベルの標準としてみた場合。(無論、異論はあるでしょうが、あくまで仮に、ね)。私としては300枚とか400枚ってのは普通に起承転結で消費する印象なのですね。 #sousaku
09-15 19:04

正直、予定枚数より増えた事はあっても、減った事がないのですよ、わたし。また、あんまり「枚数がアマって困る」てな話しもあまり同業者からきかない。なので以下は実感ではなく、理屈にての発言になりまする。 #sousaku
09-15 18:55

分量調節の話。とりあえずツイートみてると、「思った程の分量にならなかった」という意見が多いみたいですが。 #sousaku
09-15 18:51

ipadにて書き込み。ちと娘の面倒を見ている最中なのでメインマシン(デスクトップ)が使えないので。
09-15 18:49

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/616-ab638bd3

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。