スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/17のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

「そうだ、じゃあ本当に電波だったのはどうだ!?」――はい、勿論、本当に電波だった場合、読者の共感を得られるかどうか疑問ですね。という事で、『ヒロインは電波じゃないけど、こっちの世界に居る女の子で、たまたま出会えました』という形にする為に、本人の『夢』を使う。 #sousaku
09-17 23:59

かといって、こう、いきなり最後で異次元から転移してきました、ではちょっとこう、ほろ苦い青春もの、みたいな雰囲気ぶちこわしなので、これもダメ。 #sousaku
09-17 23:57

まあ基本的な構造はこれで出来たとして。問題はオチ。先に「ハッピーエンドがいいよなあ」とか思っていたからこそ脳内嫁とか仮想人格とかにはしなかった訳で(まあ仮想人格でも後でアンドロイド体とか作ればいいのかもしれませんが。マルチ的に)。 #sousaku
09-17 23:56

@jibeta 勿論、それはアリなんですが、話を貰った時点で有名声優さんに御願いできるかどうかさっぱりわからんかったので(主に予算とコネの問題)、それを前提に組み立てる事ができんかったのです。 #sousaku
09-17 23:55

@ZelkovaTreefolk ああ、時間的な距離ってのもありますな。過去からの電話でもアリ。 #sousaku
09-17 23:53

@repunkuratuy あ、それですたぶん。平行世界で軍事国家になって、戦争中の日本てやつ。 #sousaku
09-17 23:53

となると、主人公は異世界からかけてますと主張する女の子の話を「電波」だと決めつけてしまう――というのが分かり易い。電波の妄想に遊び半分で付き合っていく内に、段々のめりこんでいく主人公、というのがいいかな、と。 #sousaku
09-17 23:52

その携帯で、女の子と会話する。でも当たり前だけど、好きになったら逢いたくなる。でも異世界だから逢えない。でもそもそも異世界から電話してきましたなんて言われて信じるか? 信じないよなあ――などと考える。 #sousaku
09-17 23:51

何というか、本当に「その携帯電話でだけ繋がるか細い絆」ってのが美しいと思ったので(これはある意味「ほしのこえ」の影響でしょうな)、じゃあ、自分の携帯ではなく、拾った携帯にしておこうと。特定の相手からしか電話を受け取れない不思議な携帯。 #sousaku
09-17 23:50

ともあれ、電話が異世界に繋がる、という部分以外は全然違う話なので、じゃあこれでいってみようと。ヒロインは異世界にいる。主人公の持つ携帯電話だけがそのヒロインと通話出来る。でもいきなり間違い電話で――となると携帯電話って番号記録されちゃうからダメ。 #sousaku
09-17 23:48

じゃあ異次元、異世界だ! という事に。 そういえば昔、電話が平行世界に繋がっちゃうSF小説を何処かで読んだ事があるような(題名も作者も覚えてないんですが、オチがかなりショッキングでした)。 #sousaku
09-17 23:46

では第一案の「距離」を採用。でも外国、とかにするとありきたりでつまんない。他に遠いというと――宇宙? いかん、「ほしのこえ」になるw  #sousaku
09-17 23:44

ちなみにこういう案の変形版として、実は脳内嫁(二重人格)とか、実は体内に寄生されてるとかいうネタもありますが、まあこれもハッピーエンドにしにくいしな、と。別にハッピーエンドにしなくてもいいんですが、まあ、これは私の趣味w #sousaku
09-17 23:43

ただ、仮想人格ってしてしまうと、ハッピーエンドのパターンがなかなかつかめないというか。モニタの中からヒロインが出てきてくれるといいんですが、そこまで大仕掛けにするとまた別にややこしくなる(それこそシリーズになりかねん規模)ので、これはボツ。 #sousaku
09-17 23:42

逢えないのは何故か? まあ距離というパターンが一つ。あるいはどうしても外に出られないとかいうのもアリか。後者だとヒロインが実は吸血鬼ってオチもありですね。昼間外に出られない。あるいはマシンの中の仮想人格とか? #sousaku
09-17 23:40

今のご時世、やっぱそうなると携帯電話かな、と。間違い電話から始まる恋物語。これはいいかもしんない――と。でも普通ならすぐに『逢おう』って事になって、そのまま普通に話が進んじゃう。では二人が逢えない理由を設定しよう。 #sousaku
09-17 23:39

逆に言うと主人公がヒロインの顔も知らないままに好きになる、という状況を作り出せばいいわけですよ。勿論、ネットとかでの恋愛もアリですが(普通にネットで知り合った二人が結婚したりするご時世ですし)――まあ、ドラマCDで声の魅力、という事を思えば電話かな、と。 #sousaku
09-17 23:37

顔の分からないままの恋愛。顔が見えない状況。つらつらと考えるに「そうだ遠距離恋愛だ!」と。遠距離恋愛の場合、例えば電話だけだったりすると、本当に相手の顔も見えないし。 #sousaku
09-17 23:36

ビジュアルイメージが無い。つまりは例えば恋愛モノだった場合に女の子の顔が出てこない。どうしよう。そうだ、どうせならデュラハン(首無し騎士)にしよう! ――というのはまあ、成田さんに怒られるのでやめておいてw #sousaku
09-17 23:34

本来なら「無理だろ」で終わりの話ですが。ここでちょっとひねくれた感じに物事を逆手にとります。つまり、ビジュアルイメージが無い、という事を逆手にとる方法ですね。 #sousaku
09-17 23:29

つまり、ビジュアル的なサポートが一切無い状態で、しかも描写文も無い状態で、キャラクターに感情移入して貰う様なドラマを、どうやって作るか、となると、途方もなくハードルが高い訳です。 #sousaku
09-17 23:28

これがドラマCDになるともっと大変で。まさか小説一本分を朗読する訳にもいかないし(そういうタイプのもありますが、その場合、あくまで小説の朗読であって、ドラマCDじゃないですわな)。 #sousaku
09-17 23:27

そもそもどうしてラノベにイラストがあんなについているかというと、やはりキャラのイメージを脳裏に思い浮かべる事の補助にする為で。勿論、小説は文章だけでイメージを膨らませて貰えて一人前なので、絵はなくても理解出来る描写である必要はあるのですが。 #sousaku
09-17 23:26

元々ドラマCDというのは、既にイメージがある程度固まっている作品(アニメ、ゲーム、漫画、ラノベ等)のスピンアウトとして作られる事が殆どです。何故かというと、純然と『音』しか存在しないこの媒体では、キャラの外見や、世界観を描写したりするのはかなり難しいからです。 #sousaku
09-17 23:24

この時点で察しの良い人はすぐ気付くでしょう。『そんな無茶な』と。はい。おっしゃる通りで、『オリジナルのドラマCD』などというものは、本来、全く勝算が見えません。 #sousaku
09-17 23:22

元々この話は『オリジナルのドラマCDを作れないか?』という発注を知り合いの編集者から受けた時に組んだものです。 #sousaku
09-17 23:21

ファミ通のこの企画が『三分間のボーイミーツガール』だったものですから、後から『会話を毎晩、三分間』という風に追加設定していますが、それ以外は、既に最初の段階で組んでいたもの。 #sousaku
09-17 23:20

では続きを(後からまとめとか見てる人は、ここから先は読んでからの方がいいかも)。この『三分間の神様』ですが。実は元々別件で知り合いのフリー編集者に頼まれて組んだネタを使っています。 #sousaku
09-17 23:19

つかアホみたいに延々17ページも書いてるのは私だけっつーのも色々問題かもしれんな、これ(苦笑)。これでも削ったんですが #sousaku
09-17 23:02

つか読んでない人も多いだろうし、先にオチまで書いてしまうのはまずいのか。すぐ読める短編なんで、とりあえず十五分かそこら時間おきまする。ちなみに9末に更新があるそうなので、10月には私のはサイトから下げられると思いマス。 #sousaku
09-17 22:54

まあそれはさておき。具体的な小説を例示して、「これはこんな風にプロット組んで成立した」という話。依頼から完成まで。 #sousaku
09-17 22:51

つか「野村さんも井上さんも田口さんも日日日さんも(以下略)厳しいスケジュールの中、引き受けてくださいましたよ? 当然、榊さんも書きますよね?」とかどんな脅迫だ。いやまあ、読み切り短編なんてめったに書く機会無いから喜んでやりましたが。 #sousaku
09-17 22:50

「三分間のボーイミーツガール」をテーマにやってる企画です。なにげにファミ通文庫エース級勢揃いの豪華メンバーなので、それぞれの作家の個性が分かって面白いかもしれませんな。  #sousaku
09-17 22:46

ちなみにコレ>http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/03novels/03_1008ss/index.html    #sousaku
09-17 22:44

今まで割と抽象的な話ばっかりしてたんで、具体的な事例をネタにあげての話。つっても手元に本が無いと訳わからん、では意味ネエので――折角だから、現在、ファミ通文庫オンラインで公開されている短編をネタに。一応担当さんの了承は得てます。 #sousaku
09-17 22:42

ひとつ原稿あがったなう。まあどうせまた加筆修正はせにゃならんのですが。とりあえず一区切り。また明日から別の原稿を書く仕事が始まるのですが。次の締め切りは連休明けのチキンレース。さて間に合うか。
09-17 22:40

うう、眠い。でも寝ちゃダメだ・・・
09-17 14:14

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/618-1f051c5d

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。