スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/29のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

ぶっちゃけ、以前は「小説家を目指していながら、『書けない』などと言っているとは何たる軟弱!」と怒っていたものですが、ちと最近は考え方を変えまして。「その『書けない』という気持ちへの対処も含めて総合的に小説の『書き方』を考えた方が、自分のスランプにも役立つのでは?」と思ってます。
09-29 23:53

@DARL_Japan そうそう、実は最終章から書いたって良いはずなんですよね。でも何というか、身構えちゃうみたいです。最初の一行を「くわっ!」という感じで描かないと小説じゃない、的な。気持ちは分かるのですが。
09-29 23:49

@nobutaka_kasama あ。了解ですw。ちなみに私にとっては「中学生の時に小遣い貯めて始めて買ったアニメのビデオテープ」でした、メガゾーン23w
09-29 23:47

パターン3「そもそもどんなシーンにして良いのか分からない」――対処法:そもそもコンセプトやテーマに対する認識不足。これらがはっきりしていると描くべきシーンは割と自然に逆算で定まるので、プロットをもっとがっちり作る
09-29 23:43

パターン2「どんな文章表現にして良いのか分からない」――対処法:単純に表現力の欠如なので、「写経」含めて底上げを狙うのが本道だが、短期的には、同様のシーンを描いている作品を参考にする(剽窃しろという意味ではない、念の為)。あるいはインパクトのある一文を最初に書いてから沿わせる。
09-29 23:42

パターン1「単に、とにかく、気分が乗らない」――対処法:とにかくテンションあげる。好きな音楽、好きな映画、好きなアニメその他諸々でドーピング、あるいは新人賞受賞作を見て敵愾心を燃やすその他。
09-29 23:38

「最初の一行をどう書いて良いのか分からない」――これで思考が止まってしまう場合があるんですが、これはよく見ると三パターンある訳で。これを自分でも区別していないと、対処法は当然、出てきません。
09-29 23:36

生徒さん達の名誉の為に言っておくと、サボって書いていないと言うより、「途中で詰まってどうして良いのか分からなくなった」パターンの様ですが、これが実はくせ者で。例えば「プロットは書けたけど、最初の一行をどう書いて良いのか分からない」という場合に
09-29 23:35

@mayomitsu (そういえば 他の方のストジャ関連のツイートにお返事&お礼返せてない・・・)どもです。今回のポイントは後日談のカペルの発言<そこかよ
09-29 23:30

@vurudo 先にも書きましたが、描ききれない人が多いんです、本当に。で――翻って考えると「書ききった」人のデビュー率は実は割と高かったりします。恐らく世間で思われているよりも。
09-29 23:27

@shiki0618 どうも生徒達に聞いてみると、絵で言えば「そもそもモチーフをどう決めて良いのか分からない」「キャンバスの真ん中から描けばいいのか、端から描けばいいのか迷った」とかそういう話みたいです。
09-29 23:26

@nobutaka_kasama む? メガゾーン?
09-29 23:24

@kawachanP まあ読むのが好きな人ばかり――だと問題無いのですが。たまに「読むのも書くのも嫌い」な人がいるので、途方に暮れます。
09-29 23:24

@tokidotouya 根気いるのはその通りですね。まあ、普通、小説書く以前に、三百枚も原稿用紙埋めた経験ある人はいないでしょうし。
09-29 23:21

@yosizo777 ご褒美とかあるといいんでしょうけどねえ<完成したら  つか、しかしその辺のモチベの維持は自分でやってもらわんと、プロになった後大変じゃないかなとも思ったりw
09-29 23:20

@takasi_semi 完成したら褒める、それは当然。当然なんですが、完成作が一本も無いとそれも出来ずw
09-29 23:19

@hiroro2510 いや、許すも何もw とにかく完成原稿があれば、それからまた応募する先を考える、第二回キネノベを馬場社長に要求するなり、対応は色々ありますw がんばってくださいませ。
09-29 23:18

@takasi_semi そういう意味では以前創作関連でツイートした様に、「ゴールを複層化」するとかいう方法も示唆はしたんですがね。まあ今回は元々長編書いて応募するというのが趣旨だったようなので。
09-29 23:14

@ga_ru それは確かにあります。「小説家を目指している」という立場に満足してしまう人も。ただそういう人はそもそもプロットも立てないので、今回の生徒達はそうでもないのが救いと言えば救いなのかなあ。<全員、プロットは立てた模様
09-29 23:13

@takasi_semi まあ宝くじに喩えるのは彼等に失礼かもしれませんが、「買わなければ宝くじは当たらない」のと同じですね。
09-29 23:12

@SagamiNoriaki まあ締め切りは大事ですよねw それも間に合わなければペナルティあるやつはw うちらの場合は編集さんに見限られる可能性な訳ですがw
09-29 23:10

@tyokorata んー。そういう「評価されたくない」系の人も以前みた事はあるんですが、今の学校の生徒達に限って言えば、そこまで変なプライドは高くない感じです。単純に詰まっちゃう。
09-29 23:08

@HFINAL_WING_MAN 最近つーか以前から専門学校はそういうものだったようで。少なくとも私が教え始めた頃(もう8年くらいまえか?)から、その辺の傾向は変わってません。
09-29 23:07

@DARL_Japan 短編は以前に作品集を作っているので書けているみたいですね。というか「短編なら書ける」人は多いです。在学中に。でも長編は書けない人が圧倒的に多い。これは前の学校でもそうでした。
09-29 23:05

@negitanshio_917 先のリプライにも書きましたが、意欲が高い低いの判断はさておき、事実としては八割くらいが「書ききれずに卒業していく」感じです。正確な数字をとっった訳ではないので、大体の見た感じですが。
09-29 22:50

@shinoasa いや、まあ専門学校出で活躍している人も少なくないのですけどね。ただ、10人居れば8人位は卒業まで長編は一本も書かない、という率が高いでする。
09-29 22:49

@tyokorata 夏休みというか、元々は「皆で八末の某新人賞に応募しよう!」みたいな感じで書く、という話だったらしく(別の講師の方がそういう風に生徒達を乗せたらしい)。時間としては二ヶ月位在ったはずですが。<生徒達の夏休み
09-29 22:47

色々頂いたリプには少し休んでから返しまする。チョット待って。
09-29 21:38

予想外にリプライが多くてちと驚き。ちなみにうちの学校は小説学科の生徒数少ないので、一人づつ「何所に詰まってかけなかったのか」の問診及び対策示唆。これで6時間費やしたり。まあ私の話が脱線し易いのも理由に一つだけど。
09-29 21:13

授業終わって帰宅したなう。
09-29 21:09

まあ、モチベーションの維持はプロもしばしば陥るので、一概に責められないんですが(それがスランプ)その手の克服方法を考える、という発想が大抵の人が無いのは、やっぱ芸術的に書くというか、「神が降りてきて」的な神頼み「だけ」が正当な方法だと思っちゃうのかなあ。
09-29 16:53

ネタや演出はどうにかなるけど、「書ききる」事だけは指導のしようがないんだよな。「ラノベを書き切れば彼女も出来て宝クジにもアタリウハウハです、」とでも教えるか?w
09-29 15:14

やっぱモチベーション維持が最大の難関かなあ。
09-29 15:11

一時間目終了なう。夏休中に作品仕上げた生徒・・・ZERO。英語で書いても変わらない事実の前に打ちのめされる私。
09-29 15:10

専門学校到着なう。
09-29 13:24

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/626-c5b599c6

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。