スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/01のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

@baronhirano こうして考えるとやはり直感的操作のタッチパネルを普及させたアップルは凄いとしか言いようがありませんな・・・音量操作はまた違うかもしれませんがw
10-01 21:13

@natuka やはりタッチパネルが勝利の鍵か……<何に勝つつもりなのだかw
10-01 21:12

@takadonomadoka 貫禄ありすぎw つか今時のマッサージチェアってどっかの機動兵器のパイロットシートみたいだから、そのままコンソール用意してガンダムごっこしてあげてください<誰得?
10-01 21:03

@shimarin_ma13  iphoneとなると、とんでもない処に電話しそうで怖いですなw ちなみに結構、「ラノベ作家の子供(0~2歳)が携帯いじって編集部に電話した」という話は聞きますので(どうもリダイヤルボタンらしいけど)、そのうちやりそう。
10-01 20:59

@sennendo ipod touchは嫁が持ってるんですが、さすがに娘には画面が小さすぎてまだ扱えないようです。つかホームボタン押してロック解除の処で止まります。しかし二歳半……やっぱ環境なのかな。
10-01 20:58

@ray_fyk いやもう、まさに。そのうち私の代わりにつぶやきます<ねえよ
10-01 20:56

@SagamiNoriaki やっぱモバイル必要かな-。EeePCの調子が悪くなってきたんで、ここは一発、いいモバイルを買おうかどうしようかと悩んで早半年。
10-01 20:56

うちの娘、本当にipad使ってる・・・ホームボタン押してロック解除してタッチパネルで画面スライドさせてソフト探して「クマさんのスカーフ」起動して遊んでる・・・一歳四ヶ月の脳はどうなってんだか。よその子と比べて殊更うちの娘が特殊って訳でもないから、やっぱ慣れか。慣れってすごいな。
10-01 20:20

午前中と午後で書くもの変えるって意外に難しい・・・故中里先生とか普通にやっておられたみたいですが。頭の切り替えをどうにかして「スイッチ」化できんもんか。
10-01 20:12

@eternalsisters ああ、そういう環境ってのは「専門学校」の事ね。ただそれにしても「作家にして貰う」ので行くのではなくて「作家になるために踏み台にしてやる」位でないとダメだとは思いマスが。
10-01 10:14

@eternalsisters ああ、短期集中型の方が効率が良い場合も多いと思います。ただ、モチベーションの維持という意味では「同じ目的の仲間がいる」「その気になってそこに行けばマンツーマンで何か教えてくれる人が居る」という環境は悪くないと思うのですな。
10-01 10:08

@DARL_Japan 「ただの人間に興味はありません」と社員総会で言うハルキちゃんですね。分かります。
10-01 01:26

@ihidari まあそれはそうなのですが。どうも、間に細かい業務内容に関する契約書が存在しない(さすがに小説の内容までは契約書に書きませんしw)ので、口約束の比重が普通の仕事より増えちゃうのがどうにも。
10-01 00:30

@sazanka_mimiga いずれにせよ出版時期を調整するのは日常的にやってますけどね・・・とはいえ、年単位の延期は洒落にならんので何か手を打った方がいいかと思いまするが。ぶっちゃけ、担当さんが異動したりすると大変だし。
10-01 00:28

@hiroro2510 娘が働いてくれるまでに最低でも15年はかかりますが、それまで私が現役でやれてるかどうかが謎w
10-01 00:25

@uis4uchi いやまったくその通りでw
10-01 00:24

@sazanka_mimiga 会社の都合ってのをどの程度の部分まで含むかですが。決算期とかに見かけの売り上げを上げる為に、人気作を是が非でも出したがる(その為に別の作品が来期に持ち越される)とかは実際あるでしょうし。その一方で単純に編集部の処理容量の問題も(新人賞の時期とか)
10-01 00:16

勿論、同様の事が内容だけじゃなくて、締め切りとか、印税とか部数とかそーゆーのにも生じたりするから、よりややこしい。だからまあ、エージェントとか居て、全部、綺麗に管理してくれるといいなあとか――ってよく考えたら秘書じゃんかよ。
10-01 00:14

編集さんとは割と一緒に仕事していると、段々つーかーになってくるので、その間の些末な情報が省かれる傾向にある訳で。そしてあるとき、いきなりズレを自覚する、と。間に第三者が入って調整していると、そういうのも無いだろうなあ、とかね。
10-01 00:09

もっとぶっちゃけて言うと「ハルヒみたいなの」と言われて、よくよく問い質さないと、「キャラ配置の事」なのか「キャラクター小説をSF的手法でメタに切り直す」事なのか「実は京アニのアニメ」の事なのか(以下略)分からないという。そして迂闊に「了解、ハルヒみたいなのね」とやると大変な事に。
10-01 00:07

キャラクターレベルだとそれでいいんですが、作品のジャンルだったりするとこれが大変な事になるw それで全描き直しとか、180度とはいかないけど160度クラスの方向修正とかが生じると、途端にスケジュール破綻するんですよね。
10-01 00:05

ちなみにトラブルってのはこーゆーのね。「榊さん、ヒロインはヤンデレにしてください」「了解」→原稿あげる→「榊さん、ヤンデレじゃないじゃないですか!」「え? ヤンデレですよ?」「そもそもヤンデレとは!云々」――と、お互い分かった気で、実は基本的な合意がとれてなかったりする場合。
10-01 00:03

むう? 文筆業におけるトラブルシューティング……そんな大層な話ではなかった様に思うんですが、そう見えるのか……ちなみにトラブルっつーのは、細かい契約の話というより、大部分は打ち合わせ上の「勘違い」「覚え違い」とかなので、第三者間に挟んだ客観視が出来ればいいかなあ、とか思ったと。
10-01 00:00

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/628-4e77b980

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。