スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/10のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

@artneetist まあ、ライトノベルを下に見る人が多いのは、確かに愉快ではないにしても、割と当然というか、歴史的に一杯前例ありますしねw 旧くは浮世絵から、最近の漫画まで。純文学だって、漢文に比べれば下だって言われてた時期があるって話ですし。 個人的には開き直ってます。
10-10 23:57

@gurima_k ああ、あのイラストストーリーな……未だに電子書籍以外じゃまとまってないんだよな、勿体ない。安曇さんのカラーイラスト毎回だってのに。
10-10 23:54

@craire_c2 ティーンズ、とくくると、「え? 二十歳以降は読んじゃいけない? 恥ずかしい?」とか思われちゃうのではずしたかった――と聞いた覚えが(某編集さんから)。 まあ善し悪しですね。個人的には嫌いじゃないですが<ティーンズという呼称
10-10 23:53

@jibeta まあ電撃は色々な意味でフリーダムですね。正直、出来た当初はここまででかくなるとは思ってませんでしたが。ある意味で、ライトノベルを象徴するかの様なレーベルの姿勢が成功に繋がったのかなあ、などと思ったり。
10-10 23:51

@polaris0303 大学の講義中ってのは……手放しで「ありがとうございます」と言うと何かとお互いに問題が生じそうなので、「ありがとうございま」で止めておきます(意味不明)w
10-10 23:50

@kawakamin ありがとうございます。ラストは色々物議をかもしたよーでw わざわざ「で、どうなんだよ!? くっついたのか!? つかあの子供誰の子!?」と編集部に電話かけてきた方もおられたそうですw 
10-10 23:49

@nana_miseriyu ご応募、ありがとうございます。応募総数という意味ではびっくりする様な数ではなかったようですが、結構、内容は粒ぞろいだったようで。楽しみです。というかVAの某氏が「とんでもない名前が応募者の中にあるんですけど!」とか焦ってました。どなたかはまだ秘密w
10-10 23:47

@SagamiNoriaki そういえばそうですね。というかライトノベルと公式に使ってるレーベルは確かに角川に限らず少ないかもしれません。
10-10 23:26

@ageku まあ確かに朝日ソノラマ辺りはライトノベルっていうよりティーンズ、あるいはジュブナイルって言う方がしっくりきますね。まあ、結局は売るときの方便の意味合いが強いんでしょうけど……(純文学や一般文芸よりも気楽に読めるからライト、的な)
10-10 23:26

@jibeta まあ、「戯れ言遣い」とかもろにJOJOそのまま中身に書いてますしねw 私自身が士郎正宗先生や、石川賢先生、その他漫画家先生の影響でかいですし。
10-10 23:24

本当に今更だけど六年も連載してたのね……棄てぷり<自分で言うな
10-10 23:21

昔は「ライトノベル? ●川書店の商売の事だよ?」なんていう台詞が某漫画にありましたがw 今じゃ非●川レーベルの方が多いしなあw(結局、●川系が三強であったりしますが)
10-10 23:16

@ZelkovaTreefolk 「これはラノベじゃない」と言い出して、ラノベとそれ以外を分けてしまうと、その時点で、混沌というか、何でもありが故のパワーが失われてしまうのではないかなあ、と思う訳です。
10-10 22:52

というか……(以下、誰に向けた訳でもない呟き)個人的にはミステリにもSFにも一般文芸にも属さない(属せない)けど面白い作品(とそれを作る作者の)の駆け込み寺的な側面がパワーの源なんじゃないかなあと思ったり<ラノベ
10-10 22:45

純粋に「読む漫画」という言い方から、漫画の技術の流用、漫画との差別化、そういう処に意識を向けてると色々出来ないかなあ、とか考えていたりします。
10-10 22:42

ライトノベルを「読む漫画」と表現する場合は、結構、侮蔑的意味を含む場合が多いんですが(一般小説よりも当然に下、漫画のパチモンという意味で漫画よりも下)――個人的にはジャンルにかかわらず漫画も小説もアニメもゲームも等価(エロも含め)なので
10-10 22:40

その辺りを理解している編集さんと、理解していない編集さんがおられるので、ややこしいなあ、と思う事はたまにあります。その編集さんが良いか悪いかというよりも、ライトノベル自体が「ジャンル」として確立して三十年未満である事も影響しているかと思います。ジャンル的な常識が未確定というか。
10-10 22:37

一般文芸にレーベル上属していても、超能力だの超常現象だの妖怪だのを扱う方もおられるので、境目は曖昧だったりする訳ですが。いずれにせよ、内容的には漫画に近くても、表現媒体が違う以上、小説としての専用のチューンが「内容にも」必要な筈で――
10-10 22:35

@NikiHideyuki ライトノベルに関しては「読む漫画」という認識の人が多いからかと思います。道具立てや世界観設定、そもそもの想定読者層、そういったものを含めて考えると一般文芸よりも漫画よりであるのは事実かも知れません――といいつつ、
10-10 22:32

@NikiHideyuki 概ね納得です。ただ重箱の隅をほじると、漫画編集者さんとラノベ編集者さんは、また似て非なる部分があったりします。結構、新興レーベルでは漫画編集者さんがラノベ編集者をするパターンが多いですけどね。
10-10 12:19

@n_n_yamane つか、持て囃されてるものをぶっ壊すのが楽しいとか、誰もが欲しがるものをぶっ壊す俺カコイイとか、そーゆー流れなんだろうなあ……なんにしても勿体ねえ、と思いますが。 考察については全く同意。
10-10 12:16

@Maki_tw ああ、それは思いました。現代のウィリアムテルってか。<やるなら林檎マークを狙って
10-10 00:45

@sigsawa ラノベ界のVIPである時雨沢さんには是非、チタン合金か何かで特別製の防弾iphoneを作っていただきたく。大丈夫、50キャリバーでも十㎝くらいの厚みにしたら止まると思う。多分。
10-10 00:44

@craire_c2 ふと思いついたギャグ。「バカな、お前は死んだ筈だ」「ふっ……胸ポケットにiphoneを入れておいたからな」「お。恐るべしiphone……バズーカの直撃まで防ぐとは……」「俺が女ならジョブスのベッドに飛び込んでいるところさ、HAHA」
10-10 00:41

いずれにせよ、勿体ねえ、と思うけども(庶民的感覚)。アメリカ人てこういうの好きだよなあ。前のiphone粉々にするミキサーの宣伝とかもそうだったけど。
10-10 00:39

てっきり粉々に砕け散るかと思ったら、割と原型が残っていて驚き。距離が近すぎて砕け散る前にぶち抜いて終わりとかそーゆーのだろうか。ライフルにはライフルの「ベストな射程」つーのがあるってのは聞いてたけど、そういう事なのかな。
10-10 00:35

一体何が楽しいんだとは思うが、色々興味深かったりもする動画。iphone4をアンチマテリアルライフルであるところのバレットで撃ち抜いてる訳ですが。http://www.youtube.com/watch?v=fcnQ72sPZAI&feature=player_embedded
10-10 00:33

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/634-1f689f56

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。