スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/15のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

という事でずららっと呟きまくりましたが。あんまりツイートやりまくるのも迷惑だろうから、この辺でやめときますw。
12-15 22:36

@mikagedou でもクロメダカは絶滅寸前とも聞きますね。うーむ。
12-15 22:35

@negitanshio_917 それ、小説家とかの職業病ですw 
12-15 22:35

@brackiron 感性天性で描いている人の典型で私のよく知っているのは五代ゆう嬢ですが。御本人もおっしゃってますが感性だけに自分でも制御しきれないのが難点の様です。ただ逆に表面的な計算や理屈を越えた文章とかが出てきますよ、ああいう人の小説は。
12-15 22:34

@SagamiNoriaki つか実は自分でも最近、どこぞで使った記憶あるんですけどね、この突っ込み(笑)。<実はライオンは群れで狩りをする生き物
12-15 22:32

@repunkuratuy そうそう。人間の心の中身、最後の自由意志すら否定されると、そもそも、人間の尊厳が冒されるというか。「我思う故に我在り(コギトエルゴスム)」どころか、「我思う、されとそれは我在りの証にならず」――怖いですな。
12-15 22:32

@Masato_Kondou し、知らない訳じゃないんだからね、とツンデレ気味に自己弁護してみましたw いや、確かに虎とかにした方が良かったですなw
12-15 22:30

@mous494 結局のところ、継続していると、慣れてくるんですよ、思考が。そういう意味で人間は順応性高いですから、継続そのものが自分を「作家脳」にするチューニング作業になるかな、と。
12-15 22:29

@kddi118 恐悦至極。
12-15 22:28

@g_kasya 嗚呼、忠臣蔵も定番で面白そうですね。つか今からはちと時間なさげなので後日にさしてくださいw
12-15 22:27

@mikagedou 高さというか、全長が短い変異体だそうです。フナに対する金魚、みたいな。
12-15 22:26

@le_ji 勿論、それを含めての事ですね。
12-15 22:25

@crambomb 企画書遊び、やり始めると結構はまるんですよねw 学生時代の企画書遊びはそのまま創作の財産になってます。
12-15 22:25

@ZelkovaTreefolk 何というか、「思い込みを疑う」所から新しいものは生まれますわな。
12-15 22:24

@brackiron まあ小説の書き方も人によるので、ある意味、感性天性で書けちゃう人は私の話はむしろ雑音ですw
12-15 22:23

@chihare いや、手遊びでいいんですよ。そうでないと続かない。
12-15 22:22

@tezn 恐悦至極。とはいえこれはあくまで思考の技術なので身に付ける手間さえ惜しまなければ大抵の人は出来る筈なんですがね。
12-15 22:21

@mikagerobeppu 「ハスラー」! これもまた懐かしい映画が。元々やってたの私が小学生くらいの頃だったような。
12-15 22:19

@nakkhtak @repunkuratuy  みんな「化物語」好きですな。いや私も好きですけどw
12-15 22:19

@Masato_Kondou @SagamiNoriaki まあその通り、ライオンは群れで狩りしますな。確かオスが匂いで追い立ててメスが仕留めるんでしたっけか? うろ覚え。
12-15 22:18

@imadaira まあヒーローものとしては定番テーマですね<民衆から責められる
12-15 22:17

@crambomb いやもうおっしゃる通りで。書かない人を書かせるのが実は一番大変。
12-15 22:16

@repunkuratuy 「星に行く船」! 懐かしい! 歳上の従姉妹の本棚になったのを「ブラックキャット」とかと一緒に借りてきた記憶が。
12-15 22:16

@apulo_ 「使える」のと「使いこなす」のと「使いこなしを金に出来る」のとの違いですなw
12-15 22:13

変な言い方ですが、「作家脳」ってやつですなw こうなると、何見てもネタにしか見えない困った脳ですが。。 #sousaku
12-15 22:11

まあ、これ読んだ人がそこまで自分を追い詰められるかどうかはさておき(オチが分かってるとねw)、そうやってガシガシ無理矢理にでもお話を作り続けると、某先輩いわく「作家回路」みたいなのが出来上がってきますので、最終的にはよりスマートで迅速に話が出来ます。。 #sousaku
12-15 22:11

更には、面白い事に、その個人の「使いやすい」ネタが決まってくるので、同じ話を手を変え品を変えて、別物に見せようとする様になるんですが、これが極まってくると、結果的に「元の作品とは似ても似つかないオリジナリティ」が出ていたりするw。 #sousaku
12-15 22:09

これ、実際に何度か生徒に対してやってみた事があるんですが、大体中盤あたり(二週間目)で開き直って、変な捻りを加えなくなる。むしろ参考にした物語の基本形に忠実になっていき――。 #sousaku
12-15 22:08

勿論、必死にプロット練って企画を組む訳ですが、そりゃ素人がいきなり一日一本の企画書ノルマ課されたって無理ですわな。そこで、仕方ないからかつて分析したノートを使って換骨奪胎を始める(笑)。 #sousaku
12-15 22:07

更に言えば。これを例えば五十本百本ノートにして持っているとする。そこで講師が課題を出す訳です。「企画をこれから毎日一本、作って持ってこい。これを一ヶ月続ける。駄目なら二度とお前は小説書くな」と。。 #sousaku
12-15 22:05

「そうするとな、物語のパターンつーか、基本形、こうなってこうなってこうころんでおちる。みたいな形が大体見えてくるから」と言ってます。。 #sousaku
12-15 22:04

なので「漫画でもアニメでも勿論ラノベでも、ドラマでも映画でもいい。ゲームは――いいんだけど、迂闊に真似すると破綻する(独特の構造と文法があるので)ので、慎重に。とにかく分析して企画書に還元する作業を50本百本とやってみな」 #sousaku
12-15 22:03

私も企画書ごっこはよくやったもんですが、これ、意外と有用。あらすじをまとめるのは、物語構造の把握と縮約になるし、想定読者、企画意図、テーマ、といったものを読み取って書き付けるのは、逆に「●●というテーマを描くにはどんなキャラや場面が必要か」の知識となって残る。。 #sousaku
12-15 22:01

で――よく生徒達に言うのは「自分が面白いと思った作品の企画書を作れ」というもの。普通は企画書から作品を作っていく訳ですが、逆に、出来上がった作品を企画書に還元してみる。。 #sousaku
12-15 21:59

これさえ分かってれば、別の肉を付ければ、全然別の話になる。ちなみに能力と引き替えに「忘れる」パターンだと、「テッカマンブレード」とか「サラマンダー殲滅」になったりする。。 #sousaku
12-15 21:58

今回のコードギアスネタであれば、「あのシーンはつまりどういう事なの?」と自分の心の中で「ああ面白い、凄い」と思った部分を分析してみる事。具体的には「能力の引き起こした状況の暴走と、能力の裏切り」。これを最大限に活かす(感情の振り幅を広げる)為の「万能感」演出。。 #sousaku
12-15 21:56

で――生徒達に推奨しているのは、再肉付けはさておき、それ以前の構造分解。。 #sousaku
12-15 21:55

まあ「コードギアス」とは尺が違うというか、ラノベ一本分(つまりは投稿用)を前提にして簡略化しているので、雰囲気はちと違うものになりましたが。「コードギアス」のあのワンシーン、という所から分解、別の肉付けするだけで一本仕上がったね、と。。 #sousaku
12-15 21:53

民衆が熱狂的に彼の名を呼べば呼ぶほど、彼は、それが、自分を非難する声に聞こえてしまう。素顔を見せてくれ、との叫びに、しかし彼は答える事が出来ず、逃げる様にその場から去っていく――。 #sousaku
12-15 21:52

「彼女を守りたいと思った。彼女を絶対に、どんな理不尽からも守る為に、力が欲しかった。そのはずなのに。どうしてこんな風になってしまったのか」――勿論、能力に酔い痴れ、それと使って賞賛される事に酔った、自分への、能力からのしっぺ返し。。 #sousaku
12-15 21:51

「ああ。僕はもう本当に人間ではなくなってしまった。こんなに哀しいのに、涙が、出ない」それは最後の弱さを少女と共に棄てたから。。 #sousaku
12-15 21:50

身を呈し、ぼろぼろになっても自分達を守ってくれた主人公に民衆は涙し、賞賛の声を浴びせる。彼の名を熱狂的に連呼する人々を見下ろしながら、しかし、仮面の下で主人公は呆然としている。。 #sousaku
12-15 21:49

気が付くと、一番守るべきだった少女の首を絞めて殺している主人公。だが哀しんでいる暇が無い。爆弾を積んだミサイルが落ちてくる。これを止めに行く主人公。衆人環視の中、彼はぼろぼろになりながら、力を振り絞って、ミサイルの爆発力を相殺する。。 #sousaku
12-15 21:47

「一人よりも二人の方が絶対的に多い。そこで迷ってしまうのは君の愚かさであり弱さだ。完璧な強さ、揺らぐ事の無い鋼鉄の意志、そういうものを君は求めただろう? だったら、さあ、今こそ君はそうなるべきだ、おめでとう!」。 #sousaku
12-15 21:46

「君の中に残った最後の弱さを棄てよう。さあ。これで君は神になるよ。そう。人間を正しい意味で超越し、万人を俯瞰的立場から守る神さ。勿論、えこひいきなんかしてはいけない。正しく、人間を「数字」として見れば、どうすべきか分かるよね?」。 #sousaku
12-15 21:45

何十万人何百万人が殺される。止められるのは自分だけ。だが――考えて見ればこの状況を生み出したのは自分ではないか? 自分が考えも無く能力を使いまくって政府を挑発したから――。 #sousaku
12-15 21:44

何とかしなければ。何とか。だが自分には棄てられるものはすべてもう棄ててきた。だがそれでもあの巨大爆弾を止める力には足りない! どうする? その時悪魔が言う。「よし。じゃあ最後の力を上げよう。代償はこの子だよ。さあ、殺して」悪魔が連れてきたのは、あの幼馴染みの子。 #sousaku
12-15 21:43

やがて、最終的に、あまりに膨れ上がるヒステリックな暴動に、為政者達は大型爆弾ないしそれに類する兵器の使用を決定。こうならない為に、主人公は水面下で為政者達と交渉していたのだが、民衆の暴動によって全てがパー。主人公が扇動したのではないかと疑われて交渉できない。 #sousaku
12-15 21:41

やがて民衆は主人公の存在に活気づき、政府を倒そうと暴動を起こす。当然、この暴動、ヒステリックなので、政府官僚の家族とかその関係者とかは皆殺し。主人公のかつての友人なんかもその中に含まれていたりする。。 #sousaku
12-15 21:39

その一方で彼は救世主、英雄として崇め奉られていくが、彼が手に入れているのは強さなので、悪い奴をぶっとばす事は出来ても、病気の子供を救う事は出来ない。。 #sousaku
12-15 21:38

主人公は例えば「痛み」を忘れる。その事で超人的な力を発揮出来る。また主人公は能力を得る度に友人を一人ずつ失う。死ぬのではなく、彼等の意識から主人公が消えていく。「当然だろう? ライオンは群れない。強いからさ。友達が欲しいというのは弱さだよ」。 #sousaku
12-15 21:37

ちなみにここで魂だなんだ、としないのは、後で問題のシーンに持ち込む為の伏線。。 #sousaku
12-15 21:35

例えばその能力を与えたのが「悪魔」だったとして。「勿論、ただで手に入るものなんて何もないさ。代償は貰うよ。なに、魂なんてアナクロな事は言わない。君は強くなりたいんだろう? じゃあ代わりに君の弱さを貰おう」。 #sousaku
12-15 21:34

まあそんでもって。無制限の能力というものはつまらんので、何か代償を設定すべきなんですが。例えば主人公は一つ強くなって能力が補強される度に、何かを「忘れる」あるいは「失う」。 #sousaku
12-15 21:33

この辺はアレですね、「予言能力者を皆最初は持て囃すけど、次第に要求がエスカレートして」というパターンと同じ。。 #sousaku
12-15 21:32

で――主人公の能力は政府に反旗を翻す人々にとって、一種の象徴となり、彼が望む望まずにかかわらず、彼は期待されていく。「役人の横暴のあるところ、彼は必ず現れる!」逆に言えば現れなければ何故だと民衆は彼を責める様になる。。 #sousaku
12-15 21:31

彼がそうした「正義の味方」になる事を切望したのは、実は彼が非常に大事にしていた幼馴染みの少女が居て(ルルーシュだとナナリーになるんですかね)、彼女が政府の横暴とかで酷い眼にあって、回復不能な傷を追ったとかそんな過去。。 #sousaku
12-15 21:29

この場合、虐げられた人々を助ける為に、圧政を敷く政府の役人だの何だのをぶっ飛ばしていく。熱血とは逆にいえば直情径行なので、目の前の悲劇を見逃せない。それを解決できる力を持っているからと彼はその能力で政府の役人をこらしめていく。。 #sousaku
12-15 21:28

何らかの超常能力を与えられる主人公。それは彼が心の底に秘めていた鬱屈を根刮ぎ吹っ飛ばしてくれる様な素晴らしいものだった。当然、主人公はそれに酔い痴れる。。 #sousaku
12-15 21:26

例えば――そうですね。ルルーシュと逆で正義の味方の熱血っぽいキャラにしますか。それこそ「コードギアス」でいえばスザクみたいな。。 #sousaku
12-15 21:25

以前書いていた「落差」ですね。「万能感」を感じていたからこそ、「無力感」への急速落下は激しく感情を揺さぶる。また、その無力感を演出する為に、「個人の力では最早どうにもならない状況」というものを利用する。 #sousaku
12-15 21:25

大事なのは「一度は自分がその能力を使う事で万能感を覚えていた事」「その能力が生み出した状況(人心や社会情勢その他)に最早、彼自身も制御がきかない事」「でも結局、彼自身が引き金を引いたも同然である事」この辺でしょうかね。 #sousaku
12-15 21:23

だとすると、その骨子を残して別の肉付けをする。例えばルルーシュとまるで逆の方向性に肉付けをしてやれば、骨子は同じでも、全く別物で、しかも同様の感情の揺れを引き出せるのではないかと。 #sousaku
12-15 21:22

無力感、絶望感、色々なものが混じってますが、あの場面の骨子は実は「一度は和解した従姉妹を殺させてしまった」事ではなく、能力に裏切られたが故の無力感と、それでもなお能力を使ったのは自分だという自責の念が骨子なのかなあと。 #sousaku
12-15 21:20

それにしっぺ返しとして、ギアスは、全てを台無しにする。彼の素直な「負けを認める事」も「幼い頃の恋心」も「芽生え掛けた許す気持ち」も何もかもを、ぶち壊す。彼が、一度はそれを以て全てを手にできると錯覚し、その後、一度は負けを認める事で「棄てた」筈の能力に裏切られる #sousaku
12-15 21:18

ところが。自分の目的を邪魔し、敵視もしていたけれど――結果としてより良い形で日本の事実上の独立を勝ち取りつつあった従姉妹に、主人公は最終的に負けを認める。それはつまりギアスの無価値さと自分の無力さを認める事になったわけだけど #sousaku
12-15 21:17

ともあれ、それ以前からもルルーシュは自分の能力のしっぺ返しをちょこちょこ喰らっては居た訳だけど、それはむしろ「能力の限界」という形で彼は学習していき、より使い方を向上させていった。この段階ではしっぺ返しはあくまで「つまづき」程度でしかない。 #sousaku
12-15 21:15

そもそも他人の意志をねじ曲げられる彼の能力は、好きな人、好意を抱く人に使えば使うだけ、彼を孤独にする。本来ならば決して侵されない筈の人間の内面の自由が操作可能ならば、自尊心とかそういうものに対する価値観も崩壊するのだから。 #sousaku
12-15 21:12

昔好きだった人を殺人者にしてしまった? 勿論それはある。けれどそれだけであの盛り上がりは多分、演出できない。ルルーシュの立場に立ってみると、恐らくあれは彼が決定的に「自分の拠って立つ能力に裏切られた」瞬間だと思う。 #sousaku
12-15 21:11

そもそも、基本的に視聴者は主人公であるルルーシュに感情移入している可能性が高い。大抵の部分はルルーシュ視点で描かれている事からも、それを裏打ち出来ると思う。となると、「自分がルルーシュだった」としてあの場面を見ると、どんな感情がそこに在るか。 #sousaku
12-15 21:09

「あんなシーンを自分で書きたい?」「書きたいです!」という訳で、あのシーンの何に、人が感情を揺さぶられるのか、を分解しようと考える。 #sousaku
12-15 21:07

その生徒が一番印象に残っているシーンは、第一期、だったかな? とにかく従姉妹の皇女様に間違ってギアスを掛けてしまい、結果として望まぬ大殺戮を起こしてしまうシーンだそうで。 #sousaku
12-15 21:05

で――「好きな作品」を問うてみたところ、生徒の一人がアニメの「コードギアス」を挙げていたので、それをネタに。(私も一応見た事あるもので扱いやすかった) #sousaku
12-15 21:04

まあ言われてみりゃ、ある程度は皆、義務教育で日本語の扱い方は習っている訳で、だからこそ「日本語なんだから書ける」と思ってしまう。その思い込みがあるだけに余計に気持ちが先走るのかなあ、と。 #sousaku
12-15 21:03

先日の某専門学校での講義でやった話。何というか、「小説は書きたい。でも何を書いて良いのか分からない」という人が結構居ます。まあ、「そこからかよ!?」と昔は呆れていたもんですが、今はちょっと考え方を変えました。怠惰なのではなく本当に分からないのではないか、と。 #sousaku
12-15 21:02

久し振りにちょっとだけ。以前と重複する部分在ると思いますが勘弁。 #sousaku
12-15 20:59

@mikagedou ちなみに買ったのはコレです。http://medakahonpo.com/cgi-bin_2/zipshop_hal_proA7_7Y/shohinpage/m_076.html
12-15 18:06

@mikagedou イマイチ写真上手く撮れないんですよねw 
12-15 18:00

@OKina001 こう言っちゃなんですが、「戦争ってなくならないよなあ、やっぱ」とか思ってしまうのでした。言葉は無力つーか<顔をつきあわせて語り合えばわかり合えるというのは通じる相手と通じない相手が居る
12-15 10:48

@miduki_morihata 足跡どうもです。
12-15 10:46

@toyokiti ありがとうございまする。アイザック、さすがに後からあの性格のまま追加して活躍させるとややこしくなる(つか間違い無くレイオットと一悶着起こす)ので、割と抑えめになってしまいました。
12-15 10:45

@yukiminagawa 自慢するほど水槽綺麗じゃないんですよ・・・来年辺りにリニューアルしようと思ってますが。ウサギは天寿全うしたしな……というか今、ペットより手がかかるのがいるのでw< 榊先生ご自慢のペット写真とか見てみたいです。時雨沢先生の火器搭載掃除ロボみたいに。
12-15 10:44

@mikagedou 写真ですか? え、なんの? <写真とかはまだ載せないんですか?
12-15 10:42

@akira_ds どうもねえ……「俺達だって喰ってかなきゃならないんだよ!(だから天下り団体は作らないといけねえんだよ)」ってのは分かるけど、それは漫画家やアニメーターだって一緒なのに……<警察官僚が都庁に出向して~
12-15 10:41

@WINDUBARD バレンタイン辺りから終盤まで、だそうですが、ひょっとしたら前倒しで開催期間伸びるかも。<二月中旬開催
12-15 10:39

@haruru_240 そもそも私が行く途中で挫折するかもしれないという罠。<オサレ人間の街
12-15 10:37

@tirinku すんません<ストジャじゃなかった ただ上手くいけばちょっと別の所で別のナニカが出たりするやも。(なんだそれは)
12-15 10:37

@hideotoedih0506 とりあえず半月~もうちょいやってる予定の様ですが、終盤つーか二月の末辺りにちと追加でなんかやるかも、だそうです。<やはり土日~
12-15 10:36

@kawakamin その辺は企画屋さんにお願いせんと何ともw すんません<ぜひ大阪でもやってくださいー。関西住んでると、なかなかその手のイベントに参加できなくて
12-15 10:35

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/680-de8fd375

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。