スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01/08のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

@mikagedou いや、まあそっちの方が実は「書いている最中は」楽しいんですよね。<思いつくままに書き殴る ただ、クオリティ・コントロールがしにくいので、私はそれをあまりやらなくなった、というだけです。趣味ではなく仕事なので。 #sousaku
01-08 23:59

@ThsmtDressMaker プロ(小説ではないけど)にとっちゃ、無意識で既にしてる事ばっかでしょうがw
01-08 23:58

@Masato_Kondou ヘミングウェイは確か原稿を三年寝かして、忘れた頃に第三者視点で自分の作品を読み直したとか聞いた事がありますが。そこまで極端じゃなくても、書いてから数日おいてみるのは有効ですよ。私もよくやりますが。 #sousaku
01-08 23:57

ぶっちゃけ、生徒相手に三題噺でプロット組む、という授業の場合、最低三時間は必要(私の平均)なので、説明会では無理だったり。<大体一時間から一時間半  質疑応答の時間もとらんといけませんしね。 #sousaku
01-08 23:54

@mikagedou ああ、いや、割と内容は好きにさせてもらってたんですがね。時間とか、著作権とかの問題も絡むので、その辺はイベントレベルで根回ししないと出来ないだろうね、みたいな。 #sousaku
01-08 23:52

@Yu_Godai 五代さんが凄いというとどんだけだとか私なんかは思うんですがね(笑)。一端引き込まれると、四十冊も少ないと思っちゃうんですが。 #sousaku
01-08 23:51

まあついでに言うと、最終的には創作している上での「問題点」は人それぞれなので、マンツーマンでしか解決できないものもあったり。それでも解決できないものもありますが(苦笑) だからこそ、まあ「参考」程度です、これは。#sousaku
01-08 23:50

@kurtkurt22 ありがとうございます。私にとってはある意味、最高の褒め言葉<「職人魂」 #sousaku
01-08 23:48

@mikagedou まあ、実際、体験説明会とかに出ていた頃はやってた訳ですが。ただ、体験説明会も、時間や教材、更にはその学校としての方針とか、色々の面で制限があるので、実は、もどかしい部分があったりもします。 #sousaku
01-08 23:47

@moedorarei 常に意識するのが難しいんじゃないでしょか。同業者は大抵、無意識にしてる(出来てる)と思いますがw それが仕事レベルで繰り返していない人は、意識しないと出来ないというか。 #sousaku
01-08 23:44

@yobi3 営業つーか、説得の基本かもしれませんね。結論から逆算する意味では、営業トークは同じ思考で組み立てられているのかも。 #sousaku
01-08 23:43

@mikagedou まあでも、一度、どっかでライブでやれないかみたいな話は出てたりします。<どっかの場所借りて #sousaku
01-08 23:42

@mikagedou ごめん、そこまでやるなら、ツイッターじゃない方がいいと思うんですよw 気楽さが無いというかw #sousaku
01-08 23:41

@Masato_Kondou まあ。常にオチと受けを考えて喋ってるような所がありますからねーw #sousaku
01-08 23:41

@jibeta ああ、アバターというか、キャメロン監督はそういうの上手いですよね、色々。個人的には彼の奥さん(元か?)の監督作キャスリーン・ビグローの「ブルースチール」の冒頭も面白かったです。最初何かと思いましたが。 #sousaku
01-08 23:40

@kugami_syeser ああ、つまり長い文章を、行数、文字数決めて提示できないというか。ほら、改行とかも文章力に影響しますしね。 #sousaku
01-08 23:39

@kerotaF 要するにその場面は「在り得ない所に、それも日常的に利用する場所に、異常があった」事がインパクトのコアですから、それを一文で「いきなり叩き付けて」から「さあこれから詳細に説明するぜ、心の準備はOK?」とする、とw #sousaku
01-08 23:38

@kerotaF ああ、その場合、私がよくやる手法ですが、イメージを一つに集約します。例えば「朝起きてトイレ空けたら死体が座ってた」場合。「日常はいとも簡単に崩壊する。例えば死体一つで。」とか。 #sousaku
01-08 23:37

「お前の言う通りやったけど受賞できなかったどうしてくれる!」と言われても「所詮僕達は違う人間なんだ。だから同じものを見ていても違うものを思い描いてしまう。人間の孤独について語り合う事の無益さを」云々と煙に巻きにかかりますので、ご了承ください。 #sousaku
01-08 23:33

私がほざいてるのは、単に、「榊がやってきて失敗してない、効果を実感出来た」事であって、絶対の手法でもなければ、誰にとってもベストの正解でもないです。自分に合うと想えば覚えて置いてください。合わないと想えば聞き流して忘れてください。 #sousaku
01-08 23:32

つか、つい忘れがちになるというか、最初の頃はしつこく書いていましたが。お約束を改めて。 #sousaku
01-08 23:31

@tendoum おっしゃる通りです。まあ結局は使いこなせるかどうかでしょうね。<手法 #sousaku
01-08 23:31

そういえば関西に意外にラノベ作家の数が多いのは、「関西人は脳内観客を持っている」からかもしれないw<んな訳ねえだろ  #sousaku
01-08 23:29

やっぱどうも、「実例」の提示がツイッターじゃしにくいのがもどかしいですな。 #sousaku
01-08 23:28

@kurtkurt22 それは「冒頭三十分に全て集約されている」という意味か「冒頭三十分以外見るべきものがない」という意味か、で変わってきますけどね。プライベートライアンが、というより、全ての作品に言える事ですが。 #sousaku
01-08 23:27

@nuetwit あ。確かにブログとかもそうですよね。他人に読んで貰う為の構造という意味では一緒。 #sousaku
01-08 23:25

@mikagedou あ。そうです。あれ、実際には原稿用紙十枚分位あるんですよねw  #sousaku
01-08 23:24

@haruru_240 確かにその通りですね。 #sousaku
01-08 23:24

@tendoum ただ、作為が無いものの方が、ブレイクスルー的に突飛なものが出来る、と言われればそれはその通りで。難しいですな。 #sousaku
01-08 23:23

@tendoum いやもう物語を書く上ではおっしゃる通りなんですがw なんというか、「作為が無い方が、尊い」とか言っちゃう人もいたり。そういう人は私みたいなタイプの物書きは毛嫌いしますがw 方法論に上下は無いと思うんですけどね。 #sousaku
01-08 23:23

@mikagerobeppu ですね。応用範囲は広いと思います。 #sousaku
01-08 23:20

@artneetist 内弟子として、昔、何人かとっていた事があります。本人の為にならんかもしれんから、敢えて誰と誰とは言いませんが、独立してソロで普通に頑張ってる子も一人二人居まする。 #sousaku
01-08 23:19

故・大迫純一師がおっしゃってましたが、「『ドクター・フー』の冒頭はすげえぞ。ものっそいさりげなく映画を愉しむ上での初期情報が開始五分で全部出てくる」だそうで。 #sousaku
01-08 23:18

映画なんかでも、冒頭十分をビデオで見ながら、「視聴者として、ここまでで何が分かったか」を書き出していくと面白いですよ。大体のハリウッド映画は「世界観」「主人公の性格」「主人公の現状(職や病歴や交友関係)」が、日常の一コマ的に冒頭十分かそこらで全部出てきますから。 #sousaku
01-08 23:16

ちなみに、優秀な漫画家さんのコマ割りなんかは本当に、よく情報提示とその分量のコントロールがされていて(意識的かどうか知りませんが)、一度、試しに知り合いの某漫画家さんの漫画4頁を、文章化するという事をしてみたんですが、参考になりました。 #sousaku
01-08 23:14

@haruru_240 逆に木刀を異世界キャラ視点で描写するという事ですか? それも可能でしょうね。 #sousaku
01-08 23:11

@mikagerobeppu それもそうですね。まあ、私がやった場合は、その説明を逆手にとって主人公の意識の説明に使った訳ですが。まあ察して居られるでしょうが、結局はTPOですな。その判断基準に脳内観客を使う、と。 #sousaku
01-08 23:09

@tendoum はい。本当に、思いつくままに書き殴る人も多いですよ。ある種天才信仰みたいなのがあって、そういう方が小説の書き方として「正当」とか「尊い」と思っちゃう人は意外に素人さんに多いです。 #sousaku
01-08 23:07

@ZelkovaTreefolk その手もありですね。ただ箱書きは箱書きで、その方法に固着しちゃう(慣れて癖になる)と、表現力が限定される場合がある(実際そういう例を見てます)ので、「訓練法の一つ」と考えた方がいいかもしれません。 #sousaku
01-08 23:06

@jibeta 正直、純文学とかみたいに、主人公や登場人物の内面をとことん掘り下げる作品とかだと、むしろ意識しすぎると駄目になるのかもしれませんが。いわゆるエンタメ作品では、映画や漫画の演出というか情報提示の順番は、参考になりますよ。 #sousaku
01-08 23:05

@kurtkurt22 なるほど、そうも言えますね<サービスの悪い文章 #sousaku
01-08 23:04

@mikagerobeppu その通り。ただ、「素振り用のまっすぐな木の棒」の場合「木の棒」が印象に残りやすくて(人間、常に細部は読んだ端から忘れ続ける)、「素振り用の」が抜け落ちたりもするので、これまた面倒だったりもするんですわな。 #sousaku
01-08 23:03

@ZelkovaTreefolk まあ、そこまで厳密ではないとしても、「これ、読者はどんな風に頭の中に場面描くかな?」的な考え方があればいいだけなんですけどね。変則技もあるし。 #sousaku
01-08 23:00

@JpChersy ああ、逆に言うと、新人賞で、設定資料集付けた投稿が嫌がられるのは、そう判断されてしまう、という事ですよ。 #sousaku
01-08 22:59

実はこの辺は、常に意識し続ける、位しか私も対処方思いつかないんですよね。ただ、私の所で何年も内弟子やってる子でも、気を抜くとこの辺がわやくちゃになったりする事があるんで、血肉になるには、相当時間が必要じゃないかなあと思ったりします。 #sousaku
01-08 22:58

実は、「こんだけ書けるのにどうして受賞しないんだ?」という生徒もたまにいて。よくよく読み込むとその辺が、微妙に、適当つーか、「読者の理解の助けにならない」文章構成だったりするんですね。 #sousaku
01-08 22:56

だとしたら、先のレスにもありましたが、この問題を逆手にとれば叙述トリックになるし、更には、「逆」を辿る事で「普通の人間には思いつかない発想」というのを、技術的に造り出す事も(まあとことん突飛なものは無理としても、ありがちからずらす)事は可能になる、と。 #sousaku
01-08 22:54

勿論これは実は、文章だけの話ではなくて、構成とか、果てはアイデアレベルでも応用が効く訳ですが(多分、私の一連の創作ツイートを追いかけてくれている我慢強い人はお気づきでしょうがw)。趣味嗜好はさておき、人間の頭の中の論理構造など、そんなにバリエーションが無いし。 #sousaku
01-08 22:53

逆に言うと、この流れを考えず、思いつくままに書いちゃう人も居る訳で。これでそのまま読みやすい、という場合はその人が天才というだけで。そうでない場合は、心掛けてやらんといかんという事になります。 #sousaku
01-08 22:51

こんな流れを意識していれば、おのずと、出す情報の順番と分量は決まってきます。 #sousaku
01-08 22:49

情報を提示していく事になります。「木刀といいつつ真っ直ぐ」→「ここは異世界なんだなあ」→「文化も風俗も違うんだ」→「この子も異世界人なんだなあ」→「でも笑顔は何処も一緒だな」→「あ、この子もなんだか同じ事考えてた?」→「そっか。文化は違っても人間は人間だね」 #sousaku
01-08 22:49

いずれにせよ、これはもっと大きな視点で見ると「この場面は何の為に書くのか?」を意識して、その場面の「起承転結」が成立する様に、情報を提示するとかいう話になる。例えば訓練をつけてくれている女の子との親密度を上げる場面なら、最終的にはその結論になるように、 #sousaku
01-08 22:47

勿論、私が知らないだけで、結構、無茶苦茶な文法破綻の日本語の小説とかが投稿されてくるのかもしれませんが。その場合は「お疲れ様です」としか言いようが無い。<編集さんや下読みさんにね #sousaku
01-08 22:45

それを崩して書いちゃうと、最悪「意味わかんねえよこの文章!」となります。これをも含めて、下読みの人は破綻した日本語と言っている可能性が無いかな、とか。実は生徒を見ていると、大抵がこれ。本当に文法的に、論理的に破綻している文章ってのは実は私は殆ど見た事が無い。 #sousaku
01-08 22:43

ちとレスを止めて先に進めますが(レスから漏れた人は勘弁)。 とにかく、これは分かり易く、極端(つまりは直しやすい)例ですが。映画のカメラワーク、漫画のコマ割りと一緒で、情報提示には「読者が読みやすい」「受け入れやすい」「整理して司会しやすい」順番があり、 #sousaku
01-08 22:41

@JpChersy @mozu_tukumozu おっしゃる通りで、このイメージのズレ、想像の否定は、誰の得にもならんです。 #sousaku
01-08 22:39

@repunkuratuy そう、実はこの問題を逆手にとって、技能として使うのが、叙述ミステリだったりしますw #sousaku
01-08 22:38

@shibahige おっしゃる通りです。というよりごっちゃになるというか、「自分の描いたイメージを否定される」訳です。 #sousaku
01-08 22:38

@aramotokei 怒るかどうかはさておき、「え?」と混乱する訳でw #sousaku
01-08 22:37

@aramotokei 全くその通りだと思いますが、正直、その%の振り分けはかなり高レベルだと思いますよw #sousaku
01-08 22:37

@LoserCasehard ああ、そか、顔文字にも地方性とか特定集団内でしか通じないものとかありますもんね。 #sousaku
01-08 22:36

つまり、脳内での場面に、遡って、修正を加えて描き直さなきゃならない。これは、何というか、読みにくいですよね。同じ箇所を右往左往しなきゃなんない。 #sousaku
01-08 22:35

書いた本人は私が「駄目だろこれは」と言っても分からなかったようですが。ちなみにこれは、読者の脳内に,既に「木刀」という言葉のイメージで場面が描き出されている筈なのに、全てその場面が終わった後で、「修正情報」が入る訳です。 #sousaku
01-08 22:34

これ、まずいの分かります? #sousaku
01-08 22:32

主人公視点で書かれたこの文章、当然、類似の概念としてつい「木刀」と表現しちゃうのはいいとして。原稿用紙数枚分の、訓練の場面を書いた「後」で、これを片付ける場面において、「木刀と言っても実際には剣道のそれの様に緩やかに反っているのではなくまっすぐの」と書くとする。 #sousaku
01-08 22:32

えば主人公が、異世界でその世界の剣技を、別キャラから学ぶために訓練をしている場面。(私の本だと、「イコノクラスト!」の3巻だっけ、に類似の場面があり)木刀で訓練してる訳ですが。日本じゃないので「木刀」でも実際には直剣(ヨーロッパの騎士風の)で訓練してる場面。 #sousaku
01-08 22:30

具体的にはどういう事かというと――これは実際に教え子がやったパターンですが(そして比較的マシなパターンですが) #sousaku
01-08 22:26

しばしば私が言う「原稿の向こうに読者を見る」という事、あるいは某氏が言う「脳内読者」、何でも良いですが、これが欠落しているパターン。「読む側の思考の流れを一歳考えてない」文章ですね。文法的には破綻してないかもしれないけど、これがものっそい読みにくい。 #sousaku
01-08 22:25

まあこの「本当に普通に読めない」パターンは、一杯本読んで、一杯書いて、切磋琢磨して貰うとかしかないと思うんですが。問題はもう一つのパターン。 #sousaku
01-08 22:24

ネットで議論がすぐ喧嘩になるのもこの辺が影響してんじゃないかなと思って見たり(で、その文字以外の情報を補完するのが顔文字だったりする訳で)。 #sousaku
01-08 22:23

つまり、話し言葉のノリでそのまま書いちゃう人。悪いけどこれは論外。何故かというと、前後の話題や場の空気や口調、下手すりゃ周囲の雑音や明るささえ絡んで人間の喋り言葉は変化するので、それらの情報を削ぎ落とした文字情報だけで書けば、そりゃ支離滅裂になるわな。 #sousaku
01-08 22:22

大抵の下読みさんが言う「日本語の態を成していない」というのは、多分、二通り在る(想像なので違ったらごめん)。一つは単純に文法無茶苦茶。実際、会話を録音してそのまま文章起こしすると分かりますが、人間、以外に非論理的というか、大系だった喋り方してない。 #sousaku
01-08 22:20

そもそも日本語の態を成してない、というのも微妙な話で。「正しい日本語」というものが果たして存在するのか(言語は日々世俗を反映して少しずつ変わっていくし、方言もある)、という問題も。なので、文法的な意味での正しい日本語が問題になっている場合はさておき、 #sousaku
01-08 22:18

いわゆる、文章力はある、プロットも面白い、なのに最終選考まで残らない、というパターン。実は意外に多いのではないかと最近思ったり。勿論、新人賞の下読みについて話を聞くと、「投稿作の半分は日本語の態を成していない」そうだけど、それは、さておき #sousaku
01-08 22:16

久々にちょっとだけ。 #sousaku
01-08 22:14

@nakaoi005 そういえば大阪で一番ラノベを売るという某書店の話を聞いて、某編集長と見に行ったのですが。新刊全てに店員の手書きポップがついていて、さもありなんと。
01-08 22:13

@WINDUBARD お。帰国おつかれさまです。
01-08 22:10

@sinn103sa @n_n_yamane  とりあえず明日予約でも入れてアップルストアにもってみます・・・まあ、保証云々はさすがに背後が凹んでると効かないと思うw
01-08 22:10

@sinn103sa まあそうなんですけどね! でもアップル製品、修理代が高いんだよ……そういえばそろそろ新型の発表もありそうですが。どうしたもんか。
01-08 10:50

@mikagedou それでも健気にさっきまで動いていたんですが。いきなり無反応に。充電してみたけど同じ。電源入りません、完全に逝ったかなあ、ipad。
01-08 10:26

@sou1rou あ、私も通しで見たいのでお願いしたい。安価な「ダイガードの」DVDBOXをお願いしたい!お願いしたい! 二度追加してみました。
01-08 10:24

ipadがうんともすんとも言わなくなった……やはりうちの娘の暴虐(具体的には投げる)には耐えられなかったか。裏側少しへこんでたしなあ。修理高いんだよなあ、確か(嘆息)
01-08 10:22

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/693-924c05ff

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。