スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01/13のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

とはいえ、私や神野さんは、どうしても物書き歴十年越えなので、できりゃ、もうちょい若手の、「この間まで作家の後ろに『志望者』がついてた人」の声も在った方がいいような気がするんだよな。更に誰か引っ張るか。
01-13 23:57

神野さんは、大きな括りでは私と同じ職人タイプ(非・芸術家・天才タイプ)だけれど、作風は微妙にタイプが違うのと、知識や経験の蓄積がまた違うパターンなので、よりイベントのお客さんたちへの対応力(質問やら何やら)に幅が出た感じ――と自画自賛してみる。
01-13 23:55

創作講座イベント、ゲスト確保成功。つか、前にも一緒に講義やった事があるのと(「君僕」はその時のネタがベース)、元々仲良くさせて貰っているので、無理を言って遠方から引っ張りだす事に。「あそびにいくヨ!」の神野オキナ氏。ごめん、無理言って>神野さん
01-13 23:52

@kurosaki8910 いっそ農業校をネタに書けば面白いんじゃないかな、とか思ったり。ファンタジーが好きなら、それこそ、異世界の農業学校とか。マンドラゴラを抜く実習で死屍累々<おい?
01-13 23:45

@kurosaki8910 ちなみに生徒の書くものも、やはり現代物が多いですが、どっちかというと、力量がついてくると、ファンタジーを書きたがる傾向はあります。で、もっと市場動向とか見る目がついてくると、学園ものとかに、戻る、とw
01-13 23:23

@kurosaki8910 勿論、現代ものや学園ものを書いている人が、ファンタジーを書いている人より劣る、という意味ではないです。ただ、そこに要する労力と、リスクの関係で、かなり綱渡りになるので、戦略としてそれを採らない人は多いだろうな、と。
01-13 23:21

@kurosaki8910 ファンタジーはそもそもそのリアリティのレベルをどの辺に置くのかとか、「異世界を丸ごと一つ設定する」のに近い形になるので、広範な知識が必要になる上、「誰も見た事の無いものを表現する」場合も出てくるので、より、難しい、と。
01-13 23:20

@kurosaki8910 この辺、色々難しい話になっちゃうんですが、現代ものや学園ものの方が、比較的(あくまで比較的です)敷居が低いというか、書きやすい、という部分があります。同時に、読み手も事前の知識をあまり要しないという意味で、読みやすいから、売れやすい、と。
01-13 23:18

@tricksterMS 例えば漫画ですが「JOJOの奇妙な冒険」みたいなのでもやれない事は無いでしょう。ただ、前述の通りの会社が多いので、そういうタイプの作品を売るノウハウ(内容から広告まで)在るかどうかの問題もあるので、企画は通りにくいと思いますが。
01-13 21:48

@tricksterMS キネノベの初期のラインナップを見ると、女性向けで、男性キャラが沢山出てくる逆ハーレムものもありますよ。基本、美少女ゲー系の会社が作っている事が多いので、たまたま(得意なので)そうなっているだけで。
01-13 21:47

@le_ji 基本的に没原稿が陽の目を見る事はまず無いかと。まあ没になるにはなるだけの理由があるものでw
01-13 21:45

@shuu_ryouzen ちなみに一つ捕捉しておくと、最終選考に残ったという事で、「急遽その欠けている一枚を送ってくれ」と言わました。なので、全く欠けた状態で審査された訳ではないですが。いずれにせよ、枝葉だけで切り捨てる事は無い、と。
01-13 18:00

@kururi_windmill シーンの似通ったものは正直、山の様にあるのでこれについては「ありがち」云々とたとえ思ったとしても問題は無いかと。むしろ「ありがち」なら逆手にとれる位の認識で。<パンくわえて角でぶつかる
01-13 17:58

@kururi_windmill 単純に読み手として見て、瞬間的に類例が三つ四つ出て来てしまう(思い起こせる)もの、でしょか。
01-13 13:29

@jeikeiikoru24 まだ体重10キロないのでw ちなみにルンバの上に乗ってたこともありますw
01-13 13:28

@kurtkurt22 初代ですね。w
01-13 12:15

足で操作、というのは、床にipadおいて、その前に座って、足投げ出しての状態です。まあ、踏むときは踏みますがw<娘
01-13 11:58

そして現在、娘の興味はノーパソのACアダプタに移った模様。特にコードをまとめるベルクロテープw
01-13 11:57

@mayuri_sen 猫vs一歳半幼児。勝った方が人類(パソコン使い限定)最大の敵になる。
01-13 11:56

しかし最近、ものっそい勢いで階段を上っていく姿を見ると、「クレイジークライマー」のBGMを脳裏で再生してしまう私。植木鉢が落ちて来なきゃいいんですがw
01-13 11:54

ノーパンですとも、ええ。パンツじゃなくてオムツだから。<娘
01-13 11:53

つか、ipadを足で操作するのは止めなさい、娘よ。
01-13 11:50

変なタイピングは娘のです。とにかくボタンが好きでおしまくるので、ノーパソとか再考らしい。つか核ミサイルのボタンも速攻16連射するタイプ。
01-13 11:50

ipadに興味が戻ったらしい。しかしyoutubeで延々同じ動画を見るのは止めて欲しい。耳にこびりついて離れないよ・・・<にょきにょきにょきにょき
01-13 11:47

bh、ぉbgHM尾¥」O:…;-^ーvb
01-13 11:44

っf
01-13 11:43

なんでお前はそんなにボタン好きなんだ。核ミサイルのはっしゃぼたんとか ¥・:*::xdfd¥dt
01-13 11:43

まずい、娘がこっちのノーパソに興味を…………ああ、やめて
01-13 11:42

@tricksterMS 些細な間違いで落とすとすれば、むしろそんな編集部、あぶなっかしくてデビューしない方がいいと思いますw #sousaku
01-13 11:41

@tricksterMS 受賞作をそのまま刊行する事は99%なく、手直しは当然なので、正直、絶対的な完成度より、総合的な将来性を編集部は期待します。細かいミスが無い方が喜ばしいのは当然ですが、「こいつはいけるぜ」と思う原稿を、 #sousaku
01-13 11:39

@tricksterMS 一つ勇気の出るエピソードをw 私、応募した原稿、クライマックスが一枚抜けてたそうです #sousaku
01-13 11:36

@mechaponta あー、いや、こちらも失礼しました。ツイッターをチャット的に使う事に否定的な人もおられますが、まあ、この辺は人それぞれという事で。私はどうもチャット的に使っちゃいますが。
01-13 11:31

@hodof1132 構築する上で、ストーリーラインに直接影響しない設定や描写を入れる、という方法もありますが、その場合はその「空気」がテーマなので、逆に最初に、物語は単純化しておく(短編レベルの単層構造)、のがいいかと。#sousaku
01-13 11:30

@hodof1132 「このオチ(あるいはテーマ)に辿り着く為の道程」をシーンやキャラ、台詞、イベントといった部品単位で検討し、それを理解する上で必要ない設定はとりあえず外しておくのがいいかと。無論、「世界観」というか雰囲気や空気を #sousaku
01-13 11:27

娘にipad強奪された。なのでノーパソに切り替え。
01-13 11:24

@hodof1132 更に解説すると、その物語のテーマや結論までたどり着く上で、その設定が必要かどうか、無用なら切り捨てる、あるいは続編用にとっておく、と。その意味で. #sousaku
01-13 11:19

@hodof1132 さて、設定が膨れ上がってコンパクトにまとめにくい、との事ですが。私というより五代先生の名言を。「設定も、描写も、全ては物語を語るために奉仕する」 #sousaku
01-13 11:16

@hodof1132 昨日はそのまま寝てしまいました。すんません。
01-13 11:13

文章量の調整について答え忘れてました、すんません。これは改めてやります(結構色々ある) #sousaku
01-13 11:07

ちと嫁が出かけている間、娘の面倒を見つつツイート。
01-13 11:06

@Namanamak0 すんません、見落としてた。二次創作的な方法ですよね。悪くは無いんですが、出来合いのキャラや世界観を使う事に慣れちゃうと、そっち方面の構成力が発達しにくい危険も。
01-13 01:41

とと。そろそろ時間も遅いし、一通り答えた(お一人、質問返したのが返ってきてないので、放置状態になってる気がしますが)ようなので、ちと休みます。お休みなさい-。
01-13 01:29

@noracroix まあ実際には一日5~10枚書ければ充分だとは思います。逆にそれがコンスタントに出来るかどうかの方が重要。 #sousaku
01-13 01:28

@noracroix ついでに言うと、短編書くのと長編書くのとでは実はスピードが変わっちゃうので、正直、14日で確実に長編一本あがるかというとそうでもなく。 #sousaku
01-13 01:27

@noracroix 大体、1シリーズ持っているとして、理想的なのは2~3ヶ月に一冊本を出せる事、ここから逆算し、間の著者校正、プロット構築、リテイクも含めて考えれば、仮に一冊300枚とすると、一ヶ月前後で書き切れればよし、と。すると一日10枚前後ですね。 #sousaku
01-13 01:26

@noracroix あー。ちなみに私は「速い」と言われているので、あんまり参考にならんと思います。ラノベ作家としての必要執筆速度として考えた場合、簡単にシミュレートすると、 #sousaku
01-13 01:24

@sirondragon あー。その辺は正直、プロの間でも意見が分かれるので、気にし出すときりないですw まあライトノベルはジャンルと言うより単に「何でもあり」の「箱」なので、ハイファンタジーがその中にあってもいいかな、程度の認識です。私は。 #sousaku
01-13 01:23

@barashiya その辺は、微調整の範囲内ですね、すんません、具体的な事は言いにくく。 #sousaku
01-13 01:22

@barashiya 多いのがいい、少ないのがいい、というものでもなく、読者がストレスなく読めるという意味では平均化されていた方が読みやすいとは思います。もっとも敢えてこれにメリハリを付けて(例えば特定の視点人物の時だけ比喩が多いとか)、という演出もありますので #sousaku
01-13 01:21

@barashiya うーん。微妙な問題ですね。メリハリはあった方がいいでしょう。ただ、普段、人間は比喩の多い少ないとかあまり気にしてないんですよね、小説読む上で。なので、それを指摘されたという事は、かなり比喩の「密度差」があるという事で、 #sousaku
01-13 01:20

@k_miyano その辺はやっぱ、博打の要素はありますからね……<作家志望
01-13 01:18

@le_ji ですね。というか、石像彫ってる訳でもなし、いくらでも後から修正、調整は利きます。それよりは、「何がつまらないか」を見定めた方が良いかと。案外、幹部の摘出は簡単だったり。 #sousaku
01-13 01:17

@Yu_Godai 敢えて誰とは書かなかったのにw
01-13 01:16

@sirondragon ハンデを補うツールもありますし、逆に、何らかの形で、障害の無い人には気付きにくいものを、新しい角度から捉える事が出来る可能性もありますし、いずれにせよ「駄目」と思う必要は全くないかと。 #sousaku
01-13 01:15

@sirondragon それは……なるほど、大変ですね。それは言い訳、ではないと思います。ともあれ、ツイッターやネットのメッセンジャーなど色々今はツールもあるので、人と接し、考え方や意見を得るには比較的環境が整ってきた、とも言えるのではないかと。 #sousaku
01-13 01:13

@noracroix 分量ですか? 私は一日平均20枚くらいなので、40~60枚書けば(四百字詰め原稿用紙)頑張った、って印象でしょか。最近は減りました。昔は100とかやったんですが。 #sousaku
01-13 01:09

@ramuda9228 その子が永久に視力を取り戻せないなら、そもそも「色」を認識出来ない。ならば、彼にとっての「青」――空の色は、他の感覚で描き出されるべきで。「どこまでもどこまでも果てしなく広がる遠さ」とかそんな風に語るかもしれません。 #sousaku
01-13 01:08

@mapi_mapy 大体は後から思いついたものの方が面白いので、そっちを優先するパターンが多いですね、私は。先のに満足していれば、そもそも思いつかない訳ですし。 #sousaku
01-13 01:05

@mapi_mapy あ、実は私も途中でしょっちゅう変えますよw あくまでプロットは「安定して楽に書く為の」設計図に過ぎないので、それに無理に従っても本末転倒。より筆が乗る方向で変えていくのは全然悪い事じゃないです。 #sousaku
01-13 01:05

@melponn いや、すんません、それを私も知りたい位でw  #sousaku
01-13 01:03

@k_miyano それはそうかもしれません。とはいえ、もしそれを突破出来る何かをこちらでみつけてやれれば、それに越した事はないのか、とも思ったり。まあ、この辺は難しいですね。 #sousaku
01-13 01:02

@bluemoon1217 これもあくまで個人的な体験ですが、書きまくった方が、「追い詰められた時に出る発想」を制御出来たりするので、後々、楽になるかと思います。似たような話は他の作家さんからも聞くので、絶対ではないにしても有望な方法かと。 #sousaku
01-13 01:01

@le_ji うーん。致命的の定義にもよるんですが、個人的に「絶対にどうしようもないミス」は多分無いと思ってます。それこそいくらでも後から調整が利くと思うので、視野狭窄を避ける為に、数日、時間を置いて「本当に駄目か?」と考え直す事に。 #sousaku
01-13 00:59

@candle210 意識はしてないというか、ぶっちゃけ、勝手に出てきちゃうものなので(笑)。ただ、特定の作品で読者の方に喜んで貰えた要素は、覚えておいて、他の作品でも組み込むようにしてます。 #sousaku
01-13 00:58

@Tonnelat 逆に「攻殻機動隊」みたいな作品なら、緻密な考証=リアリティそのものが「売り」になるので、それは限界までやる、と。あくまでリアリティは「道具」であって、作者が従わねばならない「法」ではないと思います。 #sousaku
01-13 00:56

@Tonnelat ああ、リアリティは前にもちょいと書きましたが、あくまで「それを気にして読者が白けるかどうか」であって、それ以上でもそれ以下でもない、というのが私の認識です。なので、「魁! 男塾」の様な勢いとノリ重視の作品なら、リアリティは二の次、 #sousaku
01-13 00:55

@kouseiy 「だったらこの会話やこのイベントが要るだろう」「じゃあこれを読者が受け入れやすい(印象に残りやすい)順番ってどれだ?」「じゃあ――」とそんな感じで「物語の部品」を配置する順番と分量を調整すると。これが私にとっての「構成」です。 #sousaku
01-13 00:53

@kouseiy まあ話の構成もそうなんですが、結局は「テーマ」に沿って、「結論」としてのエンディングに過不足無く持っていく為のもの、となりますので、私の場合は「主人公がこの結論を出す為にはこういう思考の手順を踏まないと不自然」 #sousaku
01-13 00:52

@kurtkurt22 というか、勿体無いんですよね、才能があるのに環境でそれがスポイルされるのって。だから本当に才能があるのなら、環境を整えてやれば、発芽する筈だ、と。 #sousaku
01-13 00:48

@maso_n なので、それこそ書き上げてから修正するにしても、実は物語骨子は変えなくても(それが破綻していなければですが)充分に面白く出来るので、やっぱり、思い込んで書いた方がイイと思います。そこからなら他人に見せて意見も聞けますし。 #sousaku
01-13 00:47

@maso_n 例えば、書き慣れた人、読書量が多い人ほど、「こんなひねりのないもの」って思っちゃうんですが、それはあくまで「自分が全部内容を知ってるから」であって、作者が満足する位までこだわると、逆に、一見の読者さんにはうざったく見える場合もあったりします。 #sousaku
01-13 00:46

@maso_n 先に別の方にも言いましたが。そういう事を気にする人程、つまんなくないもの書いてんですよ、私の経験上w まあそれはさておき、つまらないと感じるのは、どうしてかを考えるのも手です。 #sousaku
01-13 00:44

@noracroix そですー。 #sousaku
01-13 00:42

@mechaponta いや、まあそういう事ですw いきなり原稿用紙五百枚とか持ってこられても読めないかもしれませんが、とにかく断片じゃどうしようもないな、と。 #sousaku
01-13 00:42

@imoarumama 有効だと思いますが、まあある程度こなした後はやはり自分で書き出さないと、「応用」がきかなくなるかと。なので、書き写したものを、更に「別の言葉、表現で書いてみる」というのをついでにやるとより実力がつくかと。 #sousaku
01-13 00:41

@Sephiroto ――思うので、盛り上げる、という場合はかなりトリッキーな、例えば「デュラララ!」一巻の様な群像劇で、最後に全てのピースが一点に集約する様な構成なら盛り上がると思いますが、他のパターンはあまり思いつかないですかねえ…… #sousaku
01-13 00:39

@Sephiroto 個人的には一つのシーンには一人の視点人物で固定した方が混乱が無いと思います。逆に言えばシーンが変われば何度変えてもあまり影響は無いかと。あと、視点人物変更は基本的には「情報の出し方調整」と「単調になりそうな文章を別角度で見せる」事に効果が #sousaku
01-13 00:38

@melon_navi 大抵の場合に「たまたま出てこない」のは視野狭窄を起こしているだけなので、時間をおいたり、気分転換したら出てきますし、それでも表現が出てこないなら、それは諦めるしかないかな、と思います。 #sousaku
01-13 00:36

@apa_masaki 書き手としての感覚としては、「小さなネタ、小さなドラマ、思いつきを、小説の形に直接的にまとめたもの」が短編で、「短編レベルのエピソードを重ね、束ねて、最終的にもっと大きなドラマやテーマを描き出す」のが長編かと。 #sousaku
01-13 00:35

@sirondragon うーん。主人公が人間ではないという事は、「読者の感情移入に敷居が高い」という事でもあります。逆に言えば、獣人でも感情移入し易いキャラ造詣であれば、このハンデを覆せるので、その辺の調整の問題かと思います。 #sousaku
01-13 00:33

@write_novel ネーミングは私も良いかどうか自信が無いんですが、大抵の場合「どうして良いか途方に暮れる」パターンだと思うので、敢えて縛りを付ける。私であれば、「この作品は銃縛り」「この作品は熱帯魚縛り」みたいな法則性をつくって、その言葉の中で選ぶ、と。 #sousaku
01-13 00:31

@melon_navi 私の場合は「なんか違うかもしれないがとりあえず書いておく」です。例えば極論ですが「蒼い」という言葉が出てこない時に、いっそ「紫に近いがあまり赤味が無い」とか、イメージが忘れず分かる描写だけ置いておく。そして後で冷静になって見直す、と。 #sousaku
01-13 00:29

@bluemoon1217 ちなみに、これは技術論と言うより私の体験談で、あまり根拠は無いんですが。「ありがちに見えてしまってどうすればいいか」って事を気にする人ほど、大抵、ありがちどころじゃない位に個性的なもの書きますよw #sousaku
01-13 00:27

@bluemoon1217 昨日だか一昨日だかの話にもありますが、「一箇所だけ特徴がある」だけでいいんですよ。その特徴を過不足無く組み込めば、結局、周りに影響して、「その特徴が無ければ生じない物語」になります。 #sousaku
01-13 00:26

@baronhirano 昔は思いつきで書いていた事も多かったんですが、今はアレか、アレに準じるものを書いてから執筆に取りかかる事が多いです。正直、思いつきで書く方が楽しいんですが、調子に山谷が生じるので、安定して書けるよう「設計図」を先にひくことにしてます。 #sousaku
01-13 00:24

@delfin_000 あー……それは難しいですねw ネットゲームとかも誘惑の魔の手でしょうしw 個人的には図書館とか行ってやってた事もありますが、逆に考えるのも手です。行き詰まったらすぐに息抜きできる方がいい、と。 #sousaku
01-13 00:22

@SagamiNoriaki 悔いが残るというか、やはり地味に感覚や技量が変わってくるので、昔の作品を見返すと恥ずかしいと思う事もあれば、「ああ、勢いあるな、いいなあ」と他人事の様に想ったりも。特にこれが嫌い、好き、というのはなく、おしなべて満足はしてます。 #sousaku
01-13 00:20

@SagamiNoriaki ああ、「ドラゴンズ・ウィル」はあんまり好きではない、という事ではなく、今の目で見るとアラが目立つ部分があり、「ああ、こうすれば良かったなあ」という後悔を覚えてしまうので、しんどい時がある、と。その程度の話です。 #sousaku
01-13 00:18

@k_miyano ああ……なるほど、そういう考え方もあるか。それはそうかもしれません。ただ、結局「書き上げた駄作」と「一行も存在しない傑作」では、まだ前者の方が希望があるな、という話でして。 #sousaku
01-13 00:17

@kouseiy ドラマチック云々は、ある意味、以前にやった「落差」の話になってきまする。場合によっては、ちと他の人のものと被る可能性があるのでちとお待ちください(まとめて一つで話が出来る可能性あり) #sousaku
01-13 00:15

@noracroix 基本、映像ベースですが、そればっかりだと単調になるので、敢えて、文字だけ繰り続ける様な感じの文章を挿入する事もあります。 #sousaku
01-13 00:14

@SagamiNoriaki まあ技術論は「比較的安全な近道」ではありますが、それ以上でもそれ以下でもないので、二千枚書いた事は文章力として残りますし、その上でハウツーを学ぶと吸収速いと思いますよ。 #sousaku
01-13 00:13

@Masato_Kondou まあラノベも漫画も一般書籍も読みますが、確かに、よく出来た作品だと「俺もがんばるぜ!」となるし、ものっそい趣味に合わない代物だと「ええい俺ならこうするのに!」となるので、結局、何読んでもそれなりに元気でますなw #sousaku
01-13 00:12

@6masFM それはつまり、やたらあるシーンを長く書いちゃうとか、一定量の文章量が欲しいのに、書く事が思いつかないとか、そういうレベルの話でしょうか? #sousaku
01-13 00:10

@nyorirc ああ。実は私は「性に合っている」というだけで、あまり聞かないメーカーの安物です。逆に買い置きを使い潰した時の事を考えて戦々恐々(多分、もう生産してない)。ええと、「sunrace」のDSB89BKというモデルですね。 #sousaku
01-13 00:09

@bluemoon1217 どんぞー。
01-13 00:07

@SagamiNoriaki 充分です、文庫だと六冊分なのでw
01-13 00:06

さすがに一通り技術論は吐き出した後なので、どうしても精神論に行くな……(苦笑)。 これじゃどうもつまらん。 どなたか、何か質問あれば分かる範囲で答えますが、何かありますか? #sousaku
01-13 00:05

また精神論みたいになってるのでこの辺で止めますが。まあ、結局は最後にものいうのは本人のやる気なので、じゃあ、そのやる気をどこまで楽に出せるか、という事に絡んだ呟きでした。自分を無意味に追い込む位なら、駄作でもいいじゃんと書き散らした方が前に進めますよ、と。 #sousaku
01-13 00:03

そりゃ、無意識に萎縮して書けなくなっても当然。 #sousaku
01-13 00:00

思い込んでしまう人がいる。でも実際、んなことはない。途中はどうでも良いのですよ。最終的にいいものを仕上げられれば。誰かに相談位してもそれで作品が「盗作」になる訳でもなし。一人で孤独に、最高のものを最初から仕上げねばならないという強迫観念に囚われていると、 #sousaku
01-13 00:00

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/697-b90558d3

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。