スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01/15のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

@OKina001 なるほど、そっちですか。<キャビテーション魚雷
01-15 23:03

@OKina001 「コスギ」?<忍者型アシストロイド
01-15 23:03

まあ、少しすっきりしてきた(さっきまでぼーっとしてた)ので、そろそろ仕事に戻らないと。
01-15 22:57

@mitKatzen ごめん、実を言うと私へそ曲がりなので(こんだけ騒がれると手を出す機を逸したというか)、ワンピース未だ読んでないのw 完結してから一気読みする予定w
01-15 22:53

ともあれ。この間の磁石のネタもそうですが、むしろ身近なものを一箇所だけひねるとか、変なものと組み合わせるだけで、ネタはころがる。そしてその身近なものの「本質」を物語のドラマの核に据える(今なら綺麗にする、泡は流されて消える)と、もうそれだけで大体一本できたようなもん。
01-15 22:50

つか、十数年後に、娘がこのツイッター知ったら猛烈に罵倒されそうな予感。<お父さんって最低!
01-15 22:47

@repunkuratuy 改めて調べてみると、何やら奥深い考証が色々ありますな<クラムボン
01-15 22:46

@DARL_Japan 当たり前だ! だって僕達、男の子だもん!<そして規制される
01-15 22:45

@OKina001 その辺の広範囲な知識とそれを捉えてくるセンサは神野さんとんでもなくレンジ広いですよね。
01-15 22:43

@OKina001 おお! 必殺技だ! 必殺技が出た!  ――って既にロフトプラスワンの予行演習の様相を呈してきましたw マジな話、アレでしたっけ? マッコウクジラのハンティング方法にヒントを、とかそんなんでしたっけか<キャビテーション魚雷
01-15 22:41

ぶっちゃけ、私が弄った部分なんて、「アワアワスーツで変身するヒロイン」くらいのもんで、後は、他の人がどんどん意見出して膨らんでく(泡のように! って誰が上手い事いえと)――「水芸が得意な男の子」とか「敵のヘドロ怪人」とかは、逆に言えば、設定から逆算された追加設定。
01-15 22:39

@ramuda9228 ああいや、そういう意味ではなく、「どう話を作っていいのか分かりません」って生徒さんも少なくないので。
01-15 22:37

まあ、なんか創作講座番外編みたいになってますが。泡って割と身近ですが、一箇所だけ変にひねるとこんな風に転がりますよ、という例。
01-15 22:36

どうも、すぐにエロい方面に行きそうになるのは、私の心が汚れているからかw 
01-15 22:34

というか、元々娘の風呂入れに絡んだネタなので、なんつうか、幼児番組的な方向にもってくのも在りですがね。<君も、オフロでアワアワマンに変身だ!
01-15 22:34

@ryohgo_narita そう来るか! なるほど、人魚姫は在りですね。つかこういうネタ繰りやっぱべらぼうに上手いなw
01-15 22:32

@covalue アワアワマンの原理というか、開発者が死んでて、詳細が分からず、「最初は胸だけと思ってたら」的な展開で次第にシリアスになっていくとかは在りですね。
01-15 22:31

@ramuda9228 いや、正直、風邪でいまいち思考がまとまらんので、思いつく限りに書き殴ってるだけですw とはいえ、こういうのは楽しいと思えるなら、プロット組みも大変じゃないのではないかと思ったり。
01-15 22:30

@C_Nakamura_RE どうもw
01-15 22:29

@hiroro2510 哀しすぎるw
01-15 22:29

@tyokorata まあ確かにカニの泡もありかw ある種の云々はなんか危険な香りがするから却下の方向でw
01-15 22:29

@deisui まあ色々生活の知恵的なパワーアップ方法がありそうです。ちなみに二号はきっと、液状洗剤。
01-15 22:27

@repunkuratuy 大宇宙。それすらもが実は泡だという。そして。その泡が一つの奇跡を生んだ……!<プロローグ・ナレーション
01-15 22:27

@ramuda9228 ふと思いましたが、マシンマンか何かのカタルシス・ウェイブとかみたいに、相手を綺麗にして倒さないってのは在りですよね。ヘドロマンだとなくなりそうですがw
01-15 22:26

「なにかってなんだよ!?」「綺麗になってるかもね」「なにが」「気持ちとか?」――彼女の闘う姿に、心洗われる人が、一人でも多く居る事を、僕は、ただ、それだけを望んだ。出撃する度にちっちゃくなっていく彼女を、見送りながら。<なんか感動ぽい?
01-15 22:25

「誰にも感謝されず、ただ、一人闘って、傷ついて、汚れて、君はそれでいいのか?」「泡ってそういうものじゃない」そう言って彼女は笑った。「膨らんで、弾けて、後には何も残らないって言うかもしれないけど、きっと、何かその後には変わってる」
01-15 22:23

@ramuda9228 全然そっちもありで! 「先輩、先輩っていつも石鹸のにおいがしますー」………いかん、何故かエロいw
01-15 22:20

勿論、正体を知られてはいけないので、アワアワスーツを切ると、相撲取りみたいな体型に。泡襦袢ですな。
01-15 22:19

「あれ? あ、泡立たない……!」「はっはっは、かかったら、アワアワマン! その水は硬水だ! 泡立ちにくいのだ! アワアワスーツは着れないぞ!」「がーん!」次回、「危機! 泡着出来ない!?」にご期待下さい。
01-15 22:18

@ramuda9228 エロさ追求ならやっぱ唾液でしょうなあw
01-15 22:17

@pakuiti かえって同じ服ばっかり用意していて、教師に外泊を疑われたりとか。<私服OKの学校ってことで
01-15 22:16

@aisoramanta 何というか、昔のヒーローって結構、無茶な人多い印象。<ザボーガーとか
01-15 22:16

@takaturihonne まあそこらは、誤魔化すなり、硬化設定するなり、色々ありますけど、雨天出動できない主人公とか斬新かもしれんw
01-15 22:15

@shirokusa 展開ですね。まあ、最後に主人公が得意げに「ふふ。汚れを包んで洗い流すのは泡の基本だ!」とか勝ち誇ればオケ。
01-15 22:14

@C_Nakamura_RE 単純に変身する度にお子様になっていくのも面白そうです。で、成長する為に毎回ドカ食いするヒロインw
01-15 22:13

@OKina001 ですね。熱いのも冷たいのもOKで。層が厚ければ衝撃も何とかならん……かな?
01-15 22:13

@takaturihonne まあ、熱を遮断というだけなら、火事場専門のヒーローつうのも在りかも。
01-15 22:12

@deisui 牛乳石鹸良い石鹸とか? とばーせー、石鹸、エメロン石鹸-、いまだー出すんだーエメロンシャンプー♪<マジンガーの歌で
01-15 22:11

東京都条例を恐れずエロさを追求するなら、変身する度に胸とか減るので、それを気にするというか、つか自分で胸揉むのか? なんかの理由で両手が使えない状態の時に、ヒロインが言うのか?「お願い……胸を揉んで……」こいつぁエロい! ……か?<割と途方に暮れている
01-15 22:10

@Clavis427 ああ、いいですね、それw<変身する度に胸やら何やら減っていく
01-15 22:08

@mikagedou いや、まあ、既存作品はとりあえずおいといて。
01-15 22:07

@aisoramanta え、そんな駄目な子的な展開もあったんだ!? 意外にメンタル弱いな、ミラーマン。
01-15 22:07

これをヒロインにして、こう、裸になって全身、自分でこするとアワアワスーツが出来てくるとかだとエロくていいかもしれん。勿論、水が無い場合にはどうにもならんので、どうにかして水を確保する方法を探す訳だ。
01-15 22:06

@shirokusa 汚れを落とすとか、その辺は設定に使うか、ドラマに使うかで悩んだり。
01-15 22:05

するとむしろ、あれか。何故か超宇宙的な理由か、あるいは科学の実験の失敗かで、皮膚が石鹸状になっていて、水をぶっかけて身体をこすれば変身出来るとか! <掌限定だとあれか、仮面ライダー・ストロンガーか。
01-15 22:04

しかしヒーローものというと、色々あるが、「変身出来ない」事で生じる危機感なんてのも定番で、これもネタに使えるようにする為には、例えば、改めて「何か」が必要で、それが無いと変身出来ないとかにしておいた方が面白い。ミラーマンとかさ。「とっさの機転で鏡状のものを用意して」とか燃える。
01-15 22:02

どうでもいいが、昔、うちの弟子でガムシロを何にでもかける奴が居たが(焼きそばにさえ)。彼はアイス珈琲用の小分けのガムシロを持ち歩いていたのだが、在る時、これが鞄の中で破れて大惨事になって以来、ボトル型にするようになったという。っていや、今はそれはどうでもいい。
01-15 22:01

まあ、「柔らかい、脆い、と一般的に見ているものが、実は強固な防壁である」ってのは割と燃える設定なので、アワアワスーツを採用しよう。主人公は、アワアワスーツを纏って変身するんだな。それこそ、シーザーみたいに、身体のあちこちに石けん水を仕込んであるのか。こけたら大変だな。
01-15 21:59

「アワアワマン」って位だから泡を使うんだろう。泡って事はあれか。シャボンランチャーか。最後には血色のシャボン玉放って退場か。とかそんな連想がぽろぽろと。でもヒーローものなら、あれだな、「アワアワスーツ」か。するとむしろ、カーズ様の方か。溶岩の熱を遮断するッ!
01-15 21:57

娘を風呂に入れていてふと。「さ、お父さんと一緒にアワアワマンになっておいで」と嫁が娘を風呂まで連れてくるのだが。「アワアワウーマンではないか?」という野暮な突っ込みはさておき、風呂につかりながらいっそこれをネタにする事を考える。
01-15 21:55

@GA_bunko 色々フリーダムですな。
01-15 21:53

@polaris0303 そういえばあの時は、神坂先生と一緒に上京したんだっけか。谷川さんとは確か、未だ面識無かった頃だな……(つか別に今でも親しい訳ではなくて、二度程会った程度ですが)
01-15 19:03

@imadaira でしたっけか? すんません、随分前だからいまいち覚えてない……まあスタミナつけられれば対処出来るかとかそんな。かといって喰いまくるとまた太るしなー。
01-15 18:58

@polaris0303 何処だったかなあ。ちょっと細かい事は覚えてないのですが。確かあかほり先生も一緒にいたような……
01-15 18:54

同じ事を考える人は普通に居るなあ、と。ちなみに「SAS」はキャラだけではなく、更にその後、展開で二重にひっくり返してくるので、感心した覚えが在ります。
01-15 18:52

同じHJ流れで言えば、いつだったか、サイン会の後にガトさんと話をしていて「宗介とかなめ、男女逆転してもウケ良さそうですよね」「あ、それはすごく思う」みたいな話になった事がありますが。それから三年後に、「SAS」を私は審査する事になる訳でw ちなみに女の子三倍増しでしたがw
01-15 18:50

@aran_p  どうぞw →死なない男に恋した少女 (HJ文庫) [文庫] 空埜 一樹 (著), ぷよ (イラスト)
01-15 18:41

ああ、でも久し振りにニンニク点滴とか打ちにいった方がいいかもなー……
01-15 18:39

@imadaira 風邪と同時に命の灯まで消されてたりしてw
01-15 18:38

例えば――「殺人鬼の少女と、不死身の少年がさ、いちゃいちゃするんだよ。ナイフで刺したり抜いたりしながら」とか言われると「なにそれ?」と興味持つ人、必ず居ると思いますw まあその上で文章ギミックで二重に裏切るとかがベストでしょうが。
01-15 18:37

@tricksterMS まあ文章的なギミックの場合、記号化出来ないというか、「口コミ」的なウケの広がりが阻害される可能性はありますがね。逆に端的にキャラコンセプトとその周辺がまとまってると、他人に勧めやすかったりとかしますな。
01-15 18:34

@tricksterMS 逆に言えば、大体、大賞応募者の人達が抱える問題は、似通ってるとも言えますな。突飛な主人公を作ろうとする余り、感情移入しにくいキャラが出来上がるとか、それこそプロでも気を抜くとやっちゃいそうな事ですし。
01-15 18:27

しかし地味に風邪が悪化してる感がある。ぼーっとしてどうにもプロットがまとまらん。掃除もせにゃならんし、どうしたもんか。
01-15 18:22

@tricksterMS 漏れてるというより、「こういう所を編集者は見てるんだよ」的な形で敢えて出してんでしょうが。なるほど、こういう「アフターケア」もある訳ねw
01-15 18:16

つか今気付いたけど、GAの編集さん達の、ツイート、これ、選考途中の感想なのか!? 
01-15 18:02

@aoi_azuma まあ、オブジェ的に置く位は可能ですわな。
01-15 18:01

@MallorPlus 試してみましたが駄目でした。まあ10年落ちどころじゃないですしね<買った時点で中古
01-15 18:01

さすがに電源も入らないかw
01-15 14:02

しかし「愛用のノーパソを展示」みたいな話もあるけど、さて、「いつの」かという問題も。かれこれ数台使ってきてるし(何台かは人に譲った)、いくらなんでも応募当時のものは――(98ノート)一回、電源いれてみるかねえ。
01-15 13:59

月曜日にイベント主催者の人が「榊一郎展」の展示物を受け取りに来る。部屋片付けて整理せんといかんが、さてこの混沌をどうしてくれようか。
01-15 13:55

ってこんな私が「規定枚数に収めないと」とか言うのはある意味噴飯ものなんですが。まあこればっかりはレギュレーションの話なので……色々すんません。空埜さんじゃありませんが、「プロになると多少は、枚数の融通がきく(というか担当さんに考証できる)」ようになります。あくまで多少だけど。
01-15 00:29

@sorano009 結果的に下巻がまた上下巻に分けた方がいいんじゃね的な分量になり、「結局分けても訳無くてもあなたはオーバーするんですね」と担当さんに言われた事がありますw
01-15 00:26

@sorano009 ちなみにストジャの二巻、上下巻にしましょう、と担当さんに提案したのですが却下され。しかし後日「やっぱり上下巻にした方が皆幸せだったかも知れません」と担当さんが言い、結果、同じように伸びた過去編(カペルとの出会いの話)は、上下巻に分けるも、
01-15 00:26

@sorano009 つか、そんなに分厚い本出してましたっけ? (と自分の著作の本棚を振り返る)…………ああ、ストジャの二巻とかですかw
01-15 00:23

@sorano009 すみません、色々な意味ですみませんw ちなみに私は「受賞作は一年位かけて改稿するもんだ」と思っていたら(初期の富士見は半年とか一年後に刊行される事が多かった)、「一ヶ月後までに直してね」と言われたでござるの巻。
01-15 00:23

@mikagedou まあ京極夏彦先生はジャンル的に一般文藝だから許されてる部分は確実にありますw 同様に分厚いので有名な電撃の川上氏も、最早「川上稔作品」というジャンル化しているのでむしろ喜ばれるという側面があるのではないかとw
01-15 00:14

@kururi_windmill そして逆に言うと、その「声の演出」が使えるからこそ、キネティックノベルとか読み上げ機能の付いた電子書籍などは「新しい演出手法も使えるなあ」と思ったりもします。
01-15 00:09

@kururi_windmill 合ってると思います。ただ、強いて違いを言うならば、電話の場合、声の調子、という不可情報がある(たとえば恐ろしげに『黒い犬』という場合と楽しげに『黒い犬』という場合)ので、あくまで「文字ベースの考え方」を強調するならば、ちょっと差は出るかも。
01-15 00:08

@sorano009 まあ、分厚いだけで手にとるの諦める人も少なくないですしねw とはいえ統計データはあくまでデータでしかないので、これを覆せる説得力が在れば、まあ、増えても問題無い――と思いたいw<自分への言い訳
01-15 00:06

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/699-aa25c75c

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。