スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03/04のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

@noracroix よ……予算が……ッ(血涙)
03-04 23:48

@tricksterMS ああ、勿論、曲解っつーか……先の例も超展開として制御出来るんならそれでいいんですけどね(w
03-04 21:11

@AoiSagano @yosizo777 @DARL_Japan @tocoma110 @Haruchi116810 ご忠告(つーかなんつーかw)感謝です。知り合いの漫画家さんから誘われたのでやってみようかと思っているのですが(勿論、個人情報は制御して)、インターフェイスが謎
03-04 21:10

仕事に忙殺されてゆっくり機能確かめてないんだよな<フェイスブック
03-04 18:40

いまいちフェイスブックの使い方がわかんない……ミクシイみたいなもんなのかしらん。
03-04 18:37

@tricksterMS まあ先日のラノベのレシピも含め、ツイッターや体験入学で私が「私の言う事を鵜呑みにしないでくれ」というのはそういう意味です。別の言い方をすれば「指南書を道具として使うのであって、指南書を教典にしたら駄目」と。
03-04 17:59

@tricksterMS 妙な安心感で。一歩間違うと指南書というのは、それに陥りかけない可能性がある(指南書の通りしているから、俺は大丈夫、と考えて思考停止が始まる)ので、その辺、もし読まれるならその辺は心して読まれた方が良いかと。誰でも陥りそうな落とし穴なので。
03-04 17:56

@tricksterMS 彼はとにかく「世界を救う話で榊が受賞した」という部分だけを覚えていて、無理矢理、それまで何の伏線も無かった大魔王を出してきて、それと主人公(空手自慢の一介の高校生)を戦わせる事に。この場合、危険なのは、「これを押さえたから大丈夫」という、
03-04 17:54

@tricksterMS 「なにこれ?」と聞いたら、「だって先生、世界を救うような話でないと受賞しないって言ったじゃん!」と。私が言いたかったのは、既存の受賞作と自分の作品を比べ、何が足りないかを考える、というその方法の一例として自分の経験を挙げただけなのですが、
03-04 17:52

@tricksterMS ある生徒が、とんでもなく変な原稿もってきまして。現代劇で、街角でストリート・ファイトに明け暮れる少年達のドラマを描いたものだったんですが。ラスト1/4くらいで、いきなり、何の脈絡も無く、「魔王」が復活します。あまりにも無茶苦茶だったので
03-04 17:51

@tricksterMS 「世界を救う」とか「世界の謎を解く」とかそういう話だったんですわいな。だからそういうのがやはりファンタジーやSFでは喜ばれるのかと考え、手持ちのネタの中から、そういうスケール感と、キャラ性が同居したものを選んだのですがね。この話を生徒にした際、
03-04 17:49

@tricksterMS 私は二度ほど、新人賞に落ちてますが、その際に「何故おちたか」を自分なりに、受賞作と比べて分析してみた事がありましてね。その際、私が想ったのは「ああ、俺の作品に足りないのはスケール感だ!」と。たまたま、私の前に受賞した作品の大半が、
03-04 17:48

@tricksterMS その辺は「賭け」でもあります。ぶっちゃけ、以前、専門学校で教えていた際にも、何というか、こちらの言う事がかなり曲解された事例とかもありまして。
03-04 17:46

@tricksterMS 逆に言えば、独学でも単純に数をこなして(読む書く両方)れば、指南本と同様の結論には無理なく達しまする(それこそ私が生き証人)。ついでに言うと、たとえ現役作家の書いた指南書でも、その人が「他人に技術を供与するのが上手い」とは限らないので、
03-04 17:44

@tricksterMS という可能性が在るので、自分で取捨選択をする自信が無ければ、危険かもしれませんな。その辺は個人差というか。私は久美先生の「新人賞の獲り方教えます」を読みましたが、正直、「ああ、俺のやり方間違ってなかった!」という確認が出来たのが最大の収穫で、
03-04 17:41

@tricksterMS 特定個人について技術(やり方)の「合う」「合わない」があるので、いつも言っている様に、「自分に合う方法」を見つける為に指南本を読むのはアリかと思いますが、それこそ試験前の学生がよくやる(私も覚えがありますが)「参考書飼ってきたから勉強した気になる」
03-04 17:40

@tirinku 全体のオチというかテーマに関しては正直、個人的な死生観の影響が大きいので、「趣味かそうでないか」になっちゃって、技術論とは別の所にいっちゃいそうで何とも言いにくいんですよね(正直、当時、かなり忙しかったので、全話は見てないんです、すいません) 
03-04 11:07

@yukiminagawa ええ。個人的にはたとえ趣味じゃなくても「じゃあ俺はこの部品を使ってこうするぜ」的な考えが物書き的には建設的でいいかな、と。
03-04 11:05

了解です。ありがとうございました。RT @LOFTPLUSONE: ウチは全然大丈夫ですよ~。 RT @ichiro_sakaki: そういえばラノベのレシピの「質問用紙」そのまま持ち帰って来ちゃったけど、いいのかしらん。(まあロフトプラスワンやイベント業者さんも、渡されても困
03-04 11:04

@tirinku さて、その「ゲーム的センス」を「アニメとは違うじゃないか!」と怒る人と、「これこそ期待していたものだ!」と喜ぶ人と居るのは当然かな、と。私がどちらの言い分も分かる、といったのはそういう意味です。
03-04 01:52

@tirinku 予備知識が無い事も含め、主人公の「視線」だけで物語が描かれるなら、あれは至極真っ当な感じ。ただ、視聴者が「傍観者」として見ると、「あれ?」と思う事もあるんでしょう。その意味でゲーム的な訳ですが、そもそもあの脚本家さんに期待されたのはそのゲーム的センスなので
03-04 01:50

@tirinku 例えば題一話、第三者視点で見てると、かなり強引な進行に見えなくもないんですが、「一人称の主人公の小説」としてアレ描写し直すと、むしろ綺麗に情報提示している様に見えるんですな。インパクトもあるし。
03-04 01:48

@tirinku さすがにツイッターで詳しく説明するのは難しいんですが。とりあえずアレをゲームとして見ると、ごく自然つーか。基本的に「第三者視点」ではなく「主人公視点」で見ると分かり易いんですよ、あのアニメ。
03-04 01:44

@yukiminagawa 単に「ABI」なのか「AB1」なのか「AB!」なのかわからなかったという。「まどか☆マギカ繋がりで」と添えてあったので、ようやく判断できた感じ。
03-04 00:07

@yukiminagawa ああ、いや、はっきり「AB!」と書いてあったんで、「QB」ではないと思います。最初、何の略か判らなかったもので。
03-04 00:05

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/742-3fd7647d

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。