スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03/06のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

@sorano009 某社みたいに編集部の処理能力越える企画が毎月集まってる場合はさておき、そうでない編集部ならウェルカムなんかないですかね。<枠をもらう
03-06 21:16

@fushigino ああ、この場合の「悪役」ってのは、「主人公の障害になるもの」「存在によって起承転結をつけるもの」という意味なので、いわゆる倫理的な善悪とはまた違いまする。
03-06 19:06

@DARL_Japan そもそも連載雑誌がどんどん消えていってたりしますけどね!(涙)
03-06 19:05

@le_ji そうですね。それはありです。それを極限まで推し進めたのが、ある意味、アニメの「ダイ・ガード」とかでしょうな。あれ、敵って結局「怪獣みたいだけど自然現象」って事みたいですし。侵略という「意志」すら排した代物。
03-06 19:04

一体何と戦ってるんですか、空埜さんはw RT @sorano009: @ichiro_sakaki そ、そうなんですか! ちくしょう! いや、ちくしょうじゃない。申し訳ありませんでした。しかし……!
03-06 18:16

@tirinku まあ、チリンクさんのおっしゃる「おいただけ感」ってのが私の解釈と別物なら、また少し話変わりますが。まあでも、シリーズ通して書いていたりすると、どうしてもそういう悪役は出てきちゃうんだよな……(バリエーションをつけねばならないという意味で)
03-06 18:15

@yukiminagawa ああ、黒幕さんの存在も悪役を組み込む上では便利ですなw
03-06 18:13

@tirinku 記号的な悪役置いた方がしっくりくる場合もあって、でもその場合に「置いただけ感」は生じないつーか、その場合の悪役は、「台風」とか「洪水」といっしょで、悲劇を演出する為の舞台装置、主人公が乗り越えるべき障害でしかない。だから、記号でいい、とか。
03-06 18:13

@tirinku 結局「そこ」に戻るんですが、五代先生の「全ては物語を語るために」って基本に立ち戻れば、そのドラマを語る上で最も最適化された悪役になってるか、です。恐らくそれが無いから「置いただけ感」が出るのかな、と。緻密に作らない方が、ドラマを語る上で有利なら、むしろ
03-06 18:11

@tirinku ドラマの軸が分散してしまう訳で(そもそもあの手のシリーズは、主人公すらドラマの中心に居ない事が多いですが)。だからむしろ記号的に「悪い奴」の方が、本来描くべきドラマを浮き立たせるのでよろしい、という判断も成り立つ。
03-06 18:09

@tirinku 必殺仕事人というのは、あれは「戦う」というより殺しにより「救う」のが基本なんですな(依頼者死んでる場合が殆どだったりしますが、それはさておき)。つまり、敵はあくまで倒すべき障害で、ドラマは依頼者側にある。そうなるとむしろ、敵にまで緻密なドラマつけちゃうと、
03-06 18:08

@tirinku やはり主人公の敵はこいつでないと! 的なものは出来上がってくる可能性が高いと。 まあ勿論、根本的な問題として、「ただ置いただけじゃいかんの?」というのもありますが。例えば必殺仕事人とかああいうのの悪役ってその手のパターンが多いですが、
03-06 18:06

@tirinku それを何となくでもいいから念頭に置いて、「こういう生い立ちだからこいつはこう考えるよなあ」的な調整をしていくと、随分と「生きた」キャラになるでしょうし(キャラが勝手に動き出す/作者の勝手で動かせない=生々しい現実感)、それが主人公のドラマと絡めば、
03-06 18:05

@tirinku ただ主人公と戦って倒されるだけなら、「悪役」って書いた札はった人形でもいいじゃん? というか。それが「役」=「キャラ」である以上、実際には、誰かから生まれて、何らかの人生を送って、現在の立場と価値観を獲得するに至ってる訳ですから、
03-06 18:03

@tirinku つまりですね。恐らく「置いただけ感」ってのは、以前話をしていた「キャラが人形に見える」のと同じで、「そいつがその物語の中で悪役として出てくる必然性」が薄いんだと思うんですな。主人公の敵はこいつでなくてもいいじゃん? とか、
03-06 18:02

@tirinku 勿論、この場合、ただ匂わせるだけとはいえ、大まかには悪役側にもこういうドラマがあった、みたいなのを作者の頭の中においておいた方がいいでしょうが。
03-06 18:01

@tirinku あるいは反面教師として主人公に道を示す形になる。また、主人公の「影」の様な存在になる訳ですから、主人公のドラマを描いた上で、何か、それに対応する様な意味深な台詞を添えてやるだけで、読者は、悪役の側にも,主人公と同様の「何か」があったのだろうという想像が成り立つ。
03-06 18:00

@tirinku 例えばよく使うネタですが、「居場所を自分で作る」ってのがテーマだったとして、その結論に辿り着くのが主人公なら、何らかの理由で「居場所は誰かに作ってもらうべきなのだ」的な考えを持っている悪役が居るとしますやん。そうすると何かにつけ主人公と意見が対立し、
03-06 17:58

@tirinku 勿論、悪役の行動原理をテーマに絡めないといけないって事もないんでしょうが、私もよくやる手法ですが、悪役を「主人公とは反対の選択をした者のなれの果て」あるいは「主人公の理想を真っ向否定する存在」としておいてやれば、いやでもドラマの進行に絡んできますわな?
03-06 17:55

@tirinku 悪役の出し方、描き方……正直、色々な方法がある訳ですが。敢えて一つに絞って考えるとすると。「置いただけ感」があるって事は、つまり、まず悪役の行動原理が、テーマに絡んでないよーな気がするんですよね。その場合(作品を観てないので想像ですが)。
03-06 17:54

あ。今日、日曜日か……編集さんにメール打っても意味ねえな。うーむ。
03-06 13:55

@tirinku 一応、何か内用教えて欲しいんですがw 出来る出来ないはそれで判断しないとなんとも。 気分転換の合間にとびとびでやる事も出来ます故。ちなみに、創作技術論以外は勘弁して下さい、念の為w<長々とツイッターでやる意味が無いし
03-06 13:44

@yatou_kai まあ、締め切りつっても直しのなので、なんとかなると重いますが。
03-06 09:39

@sorano009 進呈できるものならしたいでするw しかし枠って編集部の能力限界超えない限りないような気も。
03-06 09:38

@emutyworks Thank you ! Nice cat
03-06 09:35

一つ原稿終了……疲れた。でも次の締め切りは三日後だったり。あああ。
03-06 02:46

@noracroix あー。すいません、原稿に集中してました。明日でも良ければお答えできる事はお答えしまする。業者さんじゃないと答えられない事もあるかもしれませんが。
03-06 02:39

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/744-c688ad6c

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。