スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06/23のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

@tricksterMS よし、人生リトライだ!<ちょっと待て
06-23 23:47

@syusi_kazumo なるほど、そういう理解もありますね。逆って訳でもないですが、「親離れ」=「子供の成長」なんて構図もありですし。
06-23 23:24

@tricksterMS そんな裏技が!? ついでにばぶーとか言ってみるともっと若返るとか――<それは単に幼児退行だ
06-23 23:22

@jurikun 自分のパンツじゃないんですかw<2歳の息子が、お姉ちゃんのパンツいっちょで  JOJO、そこは逆に考えるんだ、あげちゃってもいいと<誰がJOJOやねん  つか、真面目な話、ひんやりジェルが充填されたおむつとか売れるかも<高いけど
06-23 23:10

@bluehanmer 単純に「やって出来ない事は無いが、無理にその道を通る意味は無い」「その為の労力を別に使う」と判断して、別の広い道を通っているだけだと思いますが。<リスクとの兼ね合いで
06-23 23:08

@tricksterMS 十五歳で立ち止まるようにしましょうw ゼロ歳とかまで退行すると大人の身体を持て余しますw つかもうこの身体では四つん這いで歩く方が難しいんだよな……
06-23 23:06

@ramuda9228 まあ、難しいですね、大人らしい大人を出しちゃうと話が派手な方向に転がりにくい。なので、「子供っぽい両親」は割と出てきたりしますがw
06-23 23:05

@tirinku 一巻の終わりと、大まかな「オチはこんな感じ」の設定を含めてです。途中経過(二巻以降)の具体的な部分は書いてません。これは本当に状況によるというか、人気出れば伸びたりしますしw
06-23 23:03

@ramuda9228 まどまぎなんかはそういう形で上手く親を使ってましたよね。その辺、デメリットはすぐにメリットに裏返る事考えると、面白かったり。
06-23 22:57

@delfin_000 いいと思いますよ。正直、どの程度のものを要求するかは、担当編集さんや、編集部の体制にもよるので、「こうすれば良い」「これでは駄目」に何か明確な水準がある訳でもなし。コンセプトやターゲット書かない人も多いでしょうし。
06-23 22:57

@bluehanmer それだと「親が出てこない作品は作者が親を上手く描く能力が無い」という事になってしまいますが? 
06-23 22:53

@nachtwandler61 そうそう。それもその通り。だからこそ、「見えない」=「関われない」事で親の助力を排除するという方法がある訳で。
06-23 22:52

@moedorei いやまったく
06-23 22:51

@ZelkovaTreefolk まあ何事も徹底するのは難しいという事ですわな。
06-23 22:51

@team_TO101 ああ、なるほど、というかクレシンはなんか大人も子供化してる印象ありますけどねw 両親なんかむしろ、学校の同級生と同じノリだしw
06-23 22:51

@Reivasu プロットなんつーのは、自分が確実に、楽に、小説を書く為の「道具」に過ぎないので、自分に使いやすければ何でもいいのです。それに振り回される必要はありませんですよ。編集さんに提出するもんでも、一行で編集さんを納得させられるなら、それでOK。そういうもんです。
06-23 22:49

@Reivasu ちなみに、おっしゃる通り、知り合いの作家さんには、「本文と同じだけ書く」人も居れば、「数行で終わり」なんて人も居るし、そもそも書かない(左記の通り、かなりバクチですが)人もいまする。なので、「こうしなきゃなんない」ものではないです。ぶっちゃけ、
06-23 22:48

@Reivasu 今、念の為に私のプロットとして「棺姫のチャイカ」の初期プロット(後から編集さんに要求された追加設定覚書などは含まず)をざっと見直してみると、四百字詰め原稿用紙換算で大体、15枚。ルーズリーフにすれば十枚ないですよ、多分。
06-23 22:46

@Reivasu でもって、担当編集さんに提出するプロット(正確にはこの場合、企画書)は、出来れば、作品のセールスポイント、想定読者、といったものを書き添えておくと「何処がどう面白いのか」を理解して貰い易いので、便利かな、とか。その程度の意味です。ちなみに、
06-23 22:43

@Reivasu 自分自身が創作をする上での「忘れてはいけない初心」の部分を書いておけばそれで充分だったりもします。ああ、設定とかも同じね。「陰鬱な世界観にしたい」のなら、読者が陰鬱に感じる様な、フックとしての設定は書いておくべきでしょうし。
06-23 22:40

@Reivasu 確認する為に、テーマやコンセプトは書いておいた方がいいでしょうし、それはキャラレベルでも同じ、どんなキャラにしてどんな活躍をさせたいか、そういった部分は明記しておかないと、設計図になりません。逆に細かい部分(身長体重とか)は覚書程度でいいので、
06-23 22:39

@Reivasu で――下記の事を踏まえておけば、何をどれ位書けばいいのか、というのは朧気ながら見えてきます。設計図としてのプロットは、戸惑ったときに、あるいは二者択一でどちらかの展開や描写を選ばなければならない時に、立ち戻って「この作品は何の為に書かれ、どういう処を目指すのか」
06-23 22:38

@Reivasu その為の参考資料、という形でプロットは提出される訳で、そういう意味では、今後、プロとして仕事していく上では書けないとしんどいかも、という代物です。
06-23 22:36

@Reivasu と確認してから執筆にGOサインを出す事になります。そうでないと、丸一冊書いちゃってから「没」って事にもなりかねんわけで(それを覚悟でプロット出さずに書いちゃう作家さんも居たりしますけどね)。その場合には作家も担当さんも無駄骨になっちゃうので、予め打ち合わせる。
06-23 22:35

@Reivasu 後からメスを入れて修正しやすくなったりします。でもって、受賞作刊行後、更に新シリーズを立ち上げる事になるとします。その場合、新人作家さんは未だ殆ど実績が無いので、売れる作品、面白い作品が創れるかどうか編集部側にも不安がある。なのでとりあえず「どういうの書くの?」
06-23 22:33

@Reivasu 感覚だけに頼って編集さんの要望を組み立てようとすると、何処をどう弄って良いのか分からなくて途方に暮れる事があったりします。その意味で言語化して、第三者に分かるように、つまりは自分自身が、自分の作品を第三者的に俯瞰して観る事が出来るようにしておくと、
06-23 22:30

@Reivasu ただ、こっから先は「新人賞に応募してプロになる事を目指している作家志望者」と限定して話しますが、例えば新人賞受賞後に、改稿を求められたりするとします。その際に、自分で客観的に物語構造や、キャラの人となりが分かっていないと、微調整がきかない事が多く、
06-23 22:29

@haruo_p ああ、いや勿論その効果はあるんでしょうが、作劇上のデメリットもある訳ですよ(詳しくは先のGA文庫の編集さんのツイート参照)。なので大抵はそのデメリットがメリットに優れば、「親は居ない」。逆に、「関われない」事でデメリットを消せば、リアリティのメリットが残る、と。
06-23 22:27

@Reivasu 立ち直れなかったりするので、書いていたりするだけです。まあプロットとは要するに設計図なので、芸術家の中には、何も無くても木の塊から像を掘り出しちゃう人が居るように、それで一個の作品が完成するなら、それでいいんですよ。本来は。<創作、という純粋な行動の意味では
06-23 22:25

@Reivasu ああ。ぶっちゃけ本質的にはプロットなんて無くても書き上げられるなら、無くてもいいんです、そんなもん。ただ、その場合、「制作に取りかかる前段階で、他人の意見が聞けない」訳で、自分の思い込みで突っ走っちゃって300枚原稿書いた後で、根本的失敗に気付くと
06-23 22:24

親は居るけど、見えないから関われない、子供達の抱える問題に本質的に関与出来ない、だから居ないも同然、みたいな。
06-23 22:21

思うに、まどまぎや、あの花における「親が居る」事に対する共通項は、「親には見えない」事だと思う。めんまなのかQBなのかはさておき。<親はなくとも子は育つ、か? http://t.co/BxMFcci via @GA_bunko 
06-23 22:21

@Reivasu なんでしょう
06-23 22:17

@aisoramanta 是非、暖炉の前でナイトガウン着ながら「ククク」とか意味深に笑って飲んでください。膝に猫がいるとなおよし<れみーまるたん
06-23 22:14

@team_TO101 しまった、それだ! 明日試します<試すな
06-23 22:12

@v416 この際、「ついうっかり娘の写真を撮ったら捕まってしまうんじゃないかと怯える父同盟」を結成するというのはいかがか。<何がだよ
06-23 22:11

@moedorei 犯罪者にはなりたくないです!w
06-23 22:10

@tricksterMS 心はいつも十五歳!<違
06-23 22:10

@sigsawa あ、出来ればキンバーかスプリングフィールドもので。<差し入れ
06-23 21:16

@mystes_97 まあ撮りませんけどね。そっと心にアルバムに保存です<それでも逮捕されたりして
06-23 21:15

@sigsawa この場合私が逮捕されるんですか、やっぱりw
06-23 21:12

@Reivasu ありがとうございまする。損にはならなかったようで、ちと安心w ――とはいえ、つまらなければつまらないで(正確には読み手の感性に合わないというだけですが)「俺ならこうするのに」と奮起できたりするので、実はどんな作品でも肥やしにはなりまする。
06-23 21:11

@yukiminagawa IT業界の大変さはしばしば聞き及びますが……w
06-23 21:08

@tricksterMS 何故そんな大層な話にw
06-23 21:08

暑いせいか、二歳の娘が、オムツいっちょで家の中をうろうろする(嫁が服を着せようとすると逃げる)。思わず指さして「児童ポルノ!?」と叫んだら「うん」と頷かれてしまった。父はどうすればいいのですか。
06-23 21:07

ちと昼飯に呼ばれたので離脱。
06-23 13:50

@tricksterMS またあつまった人達が全員、似たような感性をしている訳でもないですしねw
06-23 13:49

@mechaponta ちょっと前から話題になってますね。これ、発達したら、新しい使い方というか表現方法になりそう。例えば、ダンスでこれの「腕」バージョンを造って、「阿修羅ダンス」とか!<かわいくねえ!
06-23 13:49

@miduki_morihata 分かり易いのはアル意味、TV版のエヴァンゲリオンかもw 「僕は此処に居てもいいんだ」と思えば世界は明るく優しく見えるし、「僕には居場所が無い」と思うと、世界はひどく冷たく見える。その差ですね。小説の場合、シンジ君の視点を通して世界を語るので。
06-23 13:47

@miduki_morihata んー。多分、ちょっと違います。映画監督は主人公ではないし、その人自信は語り部でもないです。誰の(登場人物の)目を通してその情景を語るかで、その人の気持ちの持ちようによって、世界は同じでも印象が一変する、という意味。
06-23 13:45

@_famine んー。ただ、その辺の設定を「苦痛」に感じる様なら、そもそも、小説書きに向いてない気がするんですわな。運動するの嫌いな人がスポーツ選手に向かないのと一緒で。<の課題だと ・主人公の(大まかな)造形 ・立たせる場所 ・主人公と場所の取り合わせ、いる理由 この辺まで固
06-23 13:43

@rgv250vj21a91s それはそれでなんか浪漫があるなあ。<廃材かき集めて○○造れ
06-23 13:42

@kouseiy 御評価、恐悦至極です。
06-23 13:41

@SagamiNoriaki まあ、そもそも、今の時代、読書は「無数にある娯楽の一つで比較的地味で労力がかかる」ものなんで、基礎力が在る人はむしろ少なかったりしますわな。その事の是非は正直、論じても詮無い気がするので、最近は考えてません。
06-23 13:41

@kouseiy いずれにせよ、「本を読め!」「分量を書け!」といってそこで終わってしまうと授業にならんので、こっちとしては効率化の話をするしかないというw
06-23 13:39

@masayuki_takano 横から失礼します。あのコミカライズ大好き(その手があったか!? 的な驚きがあった)なので大事に持ってまする。 本棚でクロノスヘイズやBLOOD ALONEの横に。<つか昨日読み返したばっかりなのでちと勢い余ってレス
06-23 13:38

しかししてみると、アニメの現場ってのはその辺の意見統一やら何やらが大前提の世界な訳で(しかも膨大な人数)、監督とか制作進行の人の労力は想像して余りある。まあそれが仕事と言われればそこまでかもしれんけど、自分のイメージをスタッフに伝えるだけでも多分、死ぬ程大変。
06-23 13:35

ただ世の中には「プロット組むのは好きで早いが、実際の文章書くのは超苦痛」なんて作家が実際に居る訳で、逆に、「プロット組むのは苦手だが、文章を延々書くのは大好き」という人も居て。これが文章が絵になるとそのままコミック作画と原作みたいな事になったりも。なんか難しいなあ。
06-23 13:32

@macchiMC72 けど、そういう場合(新人さんで、画力はあるが物語造りはあまり得意でない場合)、編集さんの立場からすれば、「バクチを一つ増やす」だけなので、喜ばれなかったりします……「いいから貴方は黙ってこの作品コミカライズの許可出してください」みたいなw
06-23 13:29

@macchiMC72 個人的には、プロットや世界観組むのだけは早いし、他人の意見から演繹的にそーゆーの組むのも比較的得意なので、ヘタに「新人を売り出す為の踏み台としてこの作品をコミカライズ」とかする位なら、「え? 言われればその作家さんの得意要素でプロット組むぜ?」と言いたいw
06-23 13:27

しかし真面目な話、作品がアニメ化の話も出る位のレベルで売れている場合に「コミカライズします!」と言われると素直に喜べたりしますが、それ以前に話を提示されると、「え? 大丈夫? 原作が爆死するかもしれんのに、そんな新人漫画家さん巻き込んだら……」とか不安に思う事も。
06-23 13:25

@macchiMC72 新人さんの場合はスタイルの確立も未だの場合があるんで、ヘタするとその人の将来を歪める可能性もあるので、余計にちょっと気になるというか……<原作者側としては
06-23 13:21

@macchiMC72 と、気になる話題だったもので、いきなりレスしてしまいました。失礼しました。
06-23 13:19

@macchiMC72 ですね。というか原作者でも、何か不都合が在ってももう止めようがない場合が多々……<アニメプロジェクト
06-23 13:18

@macchiMC72 勿論、原作者の中には「俺の思い描いた通りにせにゃユルサン!」みたいな意固地な人も居たりして。いずれにしろ、コミカライズ、あるいは逆のノベライズ、アニメ化、その他諸々、一概に言えない上に、関係者が皆、上手く納得出来るメディアミックスって実は稀ですよね……
06-23 13:17

@macchiMC72 逆に「そもそもお話創れないからどうして良いのか分からない」という新人漫画家さんも居るとかで、そういう場合はむしろ緻密に注文つけてくれと言われる。その辺、見極めが難しい上に、原作者、編集者、漫画家、全員に悪意が無くても伝言ゲームで揉めたり。
06-23 13:14

@macchiMC72 私自身は大抵の場合「そりゃクリエイターなんだから自分の好きな様にやりたいだろうし、好き勝手改変して貰っていいすよ」と言うんですが、「それでは意味が無いので出来るだけ原作から外れないようにして貰います」と編集さんが言っちゃう場合もある訳で。
06-23 13:13

@macchiMC72 ぶっちゃけ、「コミカライズをしてもらう立場」からしても、どこまで何を言って良いのか分からん部分があるんですよね。言い方悪いけど、販売促進の為の賑やかし、と編集部が捉えている場合は、こっちの作風を可能な限りに再現して貰わないといかんし
06-23 13:11

ある意味、コミカライズを控えている身としては思うところ多いんだけども……
06-23 09:39

さて。そろそろ落ちまする。まあちょいとニッチな話でしたが、何かのお役に立てば幸い。では-。 #sousaku
06-23 00:39

@fushigino また変わった喩えをw
06-23 00:38

@nachtwandler61 さすがに他人のやり方までは解説しにくいというか、出来ないw 解説できるって事は自分の中に取り込めてるって事ですしね。
06-23 00:38

@bluehanmer ふうむ……なるほど。
06-23 00:37

@kouseiy おっしゃる通りなんですが、地力をつける、という意味ならむしろ雑読、乱読の方が良かったりもしますやん? その辺の判断は微妙ですよね。効率、最終的な引き出しの広さ、その他諸々、どれを優先するか。 #sousaku
06-23 00:36

@k_miyano まあ、そんな感じですね。 #sousaku
06-23 00:35

@izoka_w ありがとうございます。というか目的意識が在る無しで、仕事の効率って変わりますよね。ただどうも「仕事」という意識が持ちにくい作業ではある(小説書きは)ので、ついつい陥りがちな穴があったりしまする。 #sousaku
06-23 00:34

@Yu_Godai とりあえずまったくおっしゃる通りなのでそのままりついーとしましたw #sousaku
06-23 00:33

@emutyworks なるほど。まあ「とにかく読んで書く」は基本ですな。それこそプログラムでも小説でも。まあそこについでに「目的意識があればもっと早くね?」程度のノリ。 #sousaku
06-23 00:32

@ABEjoe1992 じゃあ児童ポルノ法か何かで「エロいラノベを書いた罪」で捕まったら弁護頼みますw<というか自分でしろよ、榊一郎・法学部卒
06-23 00:30

確かに。RT @Yu_Godai: 「情景の構成要素を箇条書き的に並べる」になっちゃう人は、「視点」の問題も抱えてる場合が多い印象でありまする。小説の文章は『たとえ三人称であろうとも』<ここ重要 主人公あるいは視点人物の目をカメラとして書くものである、ということをわかってないと
06-23 00:28

@fushigino おお、そこに話を繋げますかw いや、その通りなんですがw  #sousaku
06-23 00:28

@kamiyuitan w そうくるかw #sousaku
06-23 00:26

@bluehanmer そういえば、昔、あるゲーム会社(格闘ゲームで有名。今はもうないw)の面接受けた時、「君、小説が趣味だって? 僕の経験上、小説書きはいいプログラムを書くんだよ。プログラム書いてみないか?」と言われた事がありますな。C言語はさっぱりですがw #sousaku
06-23 00:22

@kouseiy ああ、それはありますよねw<面白いアニメや漫画を見ると  #sousaku
06-23 00:21

@emutyworks まあ「本を読め!」というのが一番簡単なのは事実なのですが。それじゃ多分、途方に暮れるだろうというか、目的がはっきりしている方が、吸収効率はいいかもね、と思って理論化している訳です。 #sousaku
06-23 00:20

@k_miyano ああ、そんな感じです。逆に言うとこれを明確に技法化する事で、好調不調の波を減らそう、という意図の下にこーゆーツイートやってるんですよ、実は。なので、単に自分の覚書的な処もありまする。 #sousaku
06-23 00:19

@fushigino ある意味、正義って人それぞれだよなあ、とよく思いますわな、あれみてると。
06-23 00:18

@Arc_raiden 節子、それ車やない。飛行機や<誰が節子やねん #sousaku
06-23 00:16

@fushigino 高度な方法ですなw しくじると大変な事になったりもしますがw #sousaku
06-23 00:15

書けたりするんでないかい? という話です。いやまあ、私自身も実際に締めきりに追われている時は箇条書き的に書き殴って先に進む場合もありまするが。(その場合は後から修正する) #sousaku
06-23 00:14

とにかく。繰り返しますが、普通の小説、特にフォーマット的な縛り(ぶっちゃけ枚数、行数、文字数)のきついラノベでは特に、意味の無いシーンを重ねている余裕は無いので、その辺、意識して書いてみると、「ただ情景の構成要素を箇条書き的に並べる」よりは愉しく、効率的に #sousaku
06-23 00:14

@iris_taske 隙間のギャグに反応しないようにw でも割と実際、アメリカなんかじゃやる人多いですよね。確か車いすにジェットエンジン積むなんて事やってる人もいましたなw #sousaku
06-23 00:12

@daisbelltw あ、そういうんですか? 名称は知らないのですよ。 #sousaku
06-23 00:11

@k_miyano んー。ぶっちゃけそんな事を「逐次考えている」訳じゃないんですよ。単にプロはこれを繰り返しているので、無意識にやってるだけです。ほら、歩けって言われていちいち右足出して、左足出して、とか思わないでしょ? それと一緒。単に慣れの問題です。 #sousaku
06-23 00:11

@fushigino ああ、なるほど、歴史の両面ね。面白いですね。 #sousaku
06-23 00:10

極端な言い方をすれば「まるで人形の様な少女だった」だけでは、人形の無機的な部分に着目した描写か、それとも人形の様に整っている事への描写かわからんでしょ? 実際にはどっちにも使いますが。なので、先に示しておいて、読者が理解しやすくする、という方法がありまする。 #sousaku
06-23 00:09

つまり、少女の描写をする場合「そこに一人の少女が立っていた。とてもとても美しい少女だ」と書かれていれば、以後は、渡された箇条書き的な描写ですら、「美しい少女を組み立てる為のものだな」と理解して貰えるので、そのように組み立てて貰えます。 #sousaku
06-23 00:08

よく分からない大量の部品だけ渡されて「さあ組み立てろ」と言われれば途方に暮れます。しかし、「飛行機造れ」「車造れ」なら、渡された部品が何処にどう使うべきか、想像がつきますわな。(といいつついきなり車にジェットエンジン積んでドラッグレーサー!とかやったりしてw) #sousaku
06-23 00:06

我々は「言葉」というブロックを相手に渡していって、相手の頭の中で、こっちの頭の中に在る情景と同じ物を組み立てて欲しい訳ですが。当たり前ですが、そのブロックが「何を造る為のものなのか」ガイドラインというか、設計図というか、そういうのが無いと、渡された方も困る。 #sousaku
06-23 00:05

ついでに言うとこれは私のやり方ですが(別に唯一絶対の正解ではないという意味ね、念の為)、最初に読者を誘導する為の明確な一語を示す、というのもあります。 #sousaku
06-23 00:04

ついつい情景については中立というかニュートラルな見方をしちゃうとは思うんですが、一歩引いて考えて見るに、そのシーンは何のタメに存在するのかを理解すれば、読者の思考や感情をどっちに誘導すべきか、見えてこないでしょうか。その場合に積むべき描写はやはりそれぞれ。 #sousaku
06-23 00:03

人物描写の場合は、割と皆、無意識の内にこれやってる事多いんですよね。女の子の描写なら、基本的に、いかに魅力的に彼女を見て貰うか(読者に)で、彼女を褒める描写にする訳ですし、醜悪な敵の怪物であるならば、そういう目的の下に言葉を選ぶ。 #sousaku
06-23 00:02

――とまあこんな風になる訳ですよ。つまり、そのシーンが工場に対して肯定的に描かれるべきか、否定的に描かれるべきかで、使う言葉や並べる順番は変わってくる訳ですが。 #sousaku
06-23 00:01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/832-016ee8d2

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。