スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/09のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

そういえば話題沸騰中の「僕の妹は漢字が読める」HJの授賞式でいただいたので、帰りの電車で読んでみたが。ありゃすげえわw 正直、誰でも思いつきそうなネタではあるけど、全力でがっちり具体化するのは実は至難の業。 色々読んでいて頭痛かったけど、その頭の痛さがむしろあの作品の魅力。
07-09 17:09

@mikagerobeppu そうそう、人間サイズってかなりヤですよねw
07-09 17:07

ありゃ? 「お前のご奉仕はその程度か?」の絵師さんって尾崎師だったのな。「EME」の時からなんか変わってて気付かなかった。 http://ga.sbcr.jp/bunko_blog/
07-09 17:06

@kamiyuitan 天才なのかバカなのかはっきりしろ、メフィラスw
07-09 17:04

@RYtask08 確かにそうなんですよね。セカイ系ってのはあまりいい意味で使われてなかった様に記憶してるけど、掘り下げると面白いネタの様な気もするんだよなあ。全体主義と個人主義とか、帰属集団の階層構造とか。
07-09 17:04

そういう意味では、なんか分かり易い怪獣よりも、何処か奇妙というか、「ズレ」のある敵の方が印象に残ってるんだよなあ。ちなみに私のウルトラ怪獣のトラウマは前にも言ったけどプリズ魔。
07-09 17:02

@tocoma110 ショタッ!?
07-09 17:00

@minamofuduki メフィラス星人の紳士っぷりというか、なんかこう、「力で押してこない」奇妙さがいかにも「価値観の違う宇宙人」ぽくて好きだったです。
07-09 17:00

@kamiyuitan あ、巨大フジ子隊員もあの話でしたっけ? かなりうろ覚えなんだよな……
07-09 16:58

@RYtask08 まあ、少年は「主人公」ではないから、本当にセカイ系かどうか、と言われると微妙なんですけどねw あの構造が面白いなあと。<社会や帰属集団すっとばして個人と世界が直結する
07-09 16:57

そうでしたっけ(変態くさい)w それはともかく、なるほど、メフィストからきてたのか。納得。RT @tocoma110: @ichiro_sakaki すごく変態くさい物言いをするメフィラス星人ですね。あの戦略は名前の由来であるメフィストに恥じない悪魔的なものでした
07-09 16:56

@Kuchitama @akttt  おおう、やっぱ結構有名というか皆覚えてる話なんだ。確かにウルトラマンが勝てないのがすごくインパクトあったんだよなあ。
07-09 16:55

@macchiMC72 あ、やっぱメフィラス星人の話でしたか。御教授感謝です。
07-09 16:52

ウルトラマンも敵わない宇宙人な訳で、それはつまり、その子供が「地球あげます」と言っていたら、地球は侵略されて終わってた訳で。『個人の事情がそのまま世界の存亡に直結する』という意味ではあれって『セカイ系』のはしりだったんかもしれんなあ、と思い至った夏のある日。<本当にどうでもいい
07-09 16:51

物凄くどうでもいい話というかうろ覚えの話だけれど。昔、ウルトラマンで、「ウルトラマンとも完全に互角の力を持つ宇宙人が、子供を一人掠って『地球をあげます』と言わせようと責め立てたが、それが果たせず、『我々は一人の子供の心すら変えられなかった』と去っていく話」があったけよーに思う。
07-09 16:50

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/848-cafb6d92

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。