スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/21のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

@Milliopolis しまった……
08-21 23:49

とりあえずプロローグは書いたよ!<などと言い訳してみたり。
08-21 23:47

明日から本気出す。<駄目な人の定番台詞。
08-21 23:47

そうか。金色の鉄人はドコモの陰謀なのか(曲解)。唐突に存在したので、結構みんな驚いて写真撮ってました<何故か遠巻きに
08-21 21:07

なんぞ? 鉄人なのは分かるが。ナゼ黄色? http://t.co/8obQQho
08-21 14:52

ナンうめえ(またインド料理食べてる
08-21 13:45

梅田にミッフィーのミュージカル見にきてたり。無論、夫婦で入る意味はないので嫁と娘だけで私は服でもみる予定。
08-21 13:28

ちと出かけるるる
08-21 12:26

@DARL_Japan 鬼嫁日記ってなんかお姑さんが書く印象ですな、夫じゃなくて。
08-21 12:20

@yatou_kai む? 不愉快だったですか? すんません。
08-21 12:20

@MiyamaSui 結局は「作品を俯瞰して観る事が出来るかどうか」でしょうけどね。そうしなければいけない訳じゃないけど(キャラだけ追求するスタイルがあってもいいけど)、出来ないと、詰まった時に初心に立ち返るのも難しいとか、そんな。
08-21 10:43

@crossflam とりあえず脳外科ですかねえ。<なにがだ
08-21 10:41

@suzzno エヴァかw
08-21 10:41

@suzzno そういえばそうでしたっけ? なんかこう、既に神話の域だな。
08-21 10:41

@MiyamaSui TRPGはある意味、その辺の特化している遊びなので強いですよね。
08-21 10:40

@cryingcrow122 まあ、肉体資本系でない人が爽やかでなくてもいい、という訳でもないんですが、やっぱ汗とかと親和性高いですよね<爽やかな笑顔
08-21 10:40

脚を引っ張る可能性があるので、一端削除、物語を書いていく内に必要な情報を適宜足していく、位でもいいのかもしれません。この辺はその人のスタイルにもよりますので、最初からびっちり情報量増やした方がリアルで動かしやすい、って人も居ますが。 #sousaku
08-21 10:38

なのでむしろ、「性格因子となる人物背景と、そこから伸びる実際の細かな性格をメモ書き程度に書き連ねただけ」ではなく、最初に一言「こいつはこういう奴です」というキャラとしてのコンセプトを設定、それに矛盾する、あるいは関係無い設定はむしろ #sousaku
08-21 10:37

まあ結局のところ、おっしゃるよに「詳細プロット」を作って確認する方が最終的には安全よ、という話になる訳ですが、コレ無しに、感覚で馴染ませちゃう人も居る訳で。その場合は、恐らく膨大な実例から「これなら馴染む、馴染まない」の判断を無意識にしてるかと思われます。 #sousaku
08-21 10:35

キャラの設定をどれだけ詰め込んで、整合性とって、テーマに沿って括っても、結局、「人間」という言葉からも分かるように、周囲との相互関係でキャラクターは描かれるから、やはりそのキャラの「テーマを語れる」舞台を用意して馴染ませてやるのは肝要。 #sousaku
08-21 10:33

つまり、ものすごい初心に立ち戻ると、「物語とは主人公のドラマを描く事により読者に何かを語り掛ける事である」とすると、その語りかけの内容、つまりテーマを浮き彫りにする為に必要な舞台もまた最適化される必要がある訳ですが、 #sousaku
08-21 10:31

そろそろ二次元嫁日記とか脳内嫁日記とかが出てきてもいいはず。<よくねえ
08-21 10:30

先のアンパンマンを例にとれば、殺伐とした北斗の拳的世界ならOKだけど、同じくシリアスでも攻殻機動隊みたいな世界だと、微妙に合わない(食べるという事への執着の意味がかなり変質する。勿論、「食事体験と情報化」とかその辺のネタで敢えてやるのはOKですが。)。 #sousaku
08-21 10:29

でもってパターンその2。キャラがその物語の中で生きている気がしない場合。これは実はキャラそのものに問題がない場合もあって、そのキャラの行動やその他ときちんと世界観が噛み合っているかどうかの問題にもなる。 #sousaku
08-21 10:27

単に要素をぽんぽんと沢山おいてるだけでも密に見えて「キャラが立ってる」様に見えるかも知れませんが、それらを一本通した筋で括ってやるのがキャラ立てだと考えた方がいいかも。 #sousaku
08-21 10:26

この辺の、物語の中でそのキャラが果たす基本の立場、方向性、こういったものに対して、明確な筋道立てを最初にしておかないと、想った通り動かない、無理矢理動かすとキャライメージがぶれる、結果キャラ立て出来ない、という結果になる事も。 #sousaku
08-21 10:24

そっから更に「喰う為でもないのに殺すなんて最低だ!」とかそういう発想に繋がって、悪い奴等をぶっとばすヒーローとして動いて貰う。ここで重要なのは「食」にこだわる事から、どう「ヒーロー」としての戦闘行動に繋げるか。 #sousaku
08-21 10:23

「俺はあの時、命を貰った。考えて見れば、植物だって動物だって生きてるんだ。命を喰ってるんだ、俺達は。だったら次は俺が返す番だ!」とか。こうなると既にアンパンマンじゃないけどw #sousaku
08-21 10:20

更にそれを何度も往復する(設定と言動の関係性の補強)。どうしてアンパンマンはそんなに「食」にこだわるの? 実は、喰いたくても喰えないまま死んでいった人を間近に観てきたから、とか。誰かに命を貰った(たった一つの食料を譲って貰った) #sousaku
08-21 10:19

そしてそのバックグラウンドがはっきりすれば、そこから当然に出てくる(あるいは在り得る)動き、癖、喋りかた、などがある訳で。まどまぎの杏子じゃないですが、「食い物を粗末にする奴は嫌いだ」と言わせるとか(シリアス・アンパンマン) #sousaku
08-21 10:18

例えば「アンパンマン」をハードでシリアスな世界に持ち込んだ場合、「俺を喰え」と飢えている子供に自分の肉体を差し出す彼の、バックグラウンド、そしてそんな彼を支えるジャムおじさんとの関係、などを設定しておかないと、そりゃ、うまくキャラ立ってくれません。#sousaku
08-21 10:13

事が肝要かと思います。勿論、慣れてくればこの辺は感覚で出来ちゃうので、殊更に事前に設定したりはしませんが、とりあえず上手くキャラ立ちしないなら、その辺の事を意識するのは一つの手。#sousaku
08-21 10:11

物語の中で走らせる必要がある訳で。その為には、当然、その叱咤するキャラとの関係性とか、出会いとか、その辺も「キャラ設定」には含めておく、もしくは、初期プロットでイメージだけでも固めておく(曲がり角でごっつんなのか、殺されそうな処を助けられるのか、等々)#sousaku
08-21 10:10

なので、物語を語る上で必要充分な「方向性」を最初に持たせられているか、は改めてチェックする必要があるでしょう。この方向性は、実はキャラ本人だけでなく、キャラの人間関係も含みます。例えば、中々動かないダルダル系のキャラの場合、彼(彼女)を叱咤して#sousaku
08-21 10:09

まあパターン1は今回の事とは関係無い様に見えますが、実際には、書き手が「ベースにしたキャラに引きずられて、本来すべき役割を果たせていない」事に繋がる可能性があります。#sousaku
08-21 10:05

@miduki_morihata 私見ですが、キャラが立っていない、という場合には2パターン在ると考えます。パターン1「何処かで観たようなキャラなので、個性が感じられない」 パターン2「キャラが物語の中で生きている感じがしない」#sousaku
08-21 10:04

@asahi_a 特に家にこもりがちで人と触れ合う機会の少ない我々物書きはねw
08-21 10:02

@aisoramanta ちなみにトイレ便器の素材サンプルでした<中身
08-21 10:02

@miduki_morihata 「小説の重要キャラがキャラ立ちしないので困っている」との事ですが。まあこの手の問題の常として、そも「キャラ立ち」とはなんぞやという処に立ち返ってみるに、 #sousaku
08-21 10:01

@miduki_morihata 遅くなりました申し訳無い
08-21 09:59

おはようございます。近所にヤマト運輸の集配所があるんですが、ここのMさんという方が毎回、配達の度に爽やかで大変有り難い。「おはようございます! ヤマト運輸のMです!」――宅急便屋さんに殊更愛想なんて無くてもいい筈だけど、朝から爽やかな笑顔を観ると、やっぱり気持ちがいいよね。
08-21 09:58

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/882-86976d8f

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。