スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/03のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

自転車で、娘つれて馴染みのガンショップに行く。なぜか娘、私の足にしがみついて動かない(大抵は物おじせずに歩き回るのに) 嫁曰く「ここは何か違うでちゅ! 戦場の匂いがするでちゅ! って思ったんじゃないの」 いい嗅覚だな、我が娘よ。
10-03 21:37

ちっと散歩いてくるる。
10-03 16:23

@tw_nishi まあ、うえから目線で言わざるを得ない立場の人も居るんでしょうけどねえw
10-03 16:22

何処かいなと想ったら、東京穀物商品取引所のあるとこか…… RT @_famine: @ichiro_sakaki さすが蛎殻町はクズの吹き溜まりだな
10-03 16:22

@goldfish_rantyu さすがに作出やってる暇はないですw
10-03 16:19

@Ritaco25 ああ、歌い手さんだと余計に大変そうですね……CDケースってラフに扱うと割れるし……保管にも気を使いそう
10-03 16:19

@Protolaurasia まあSFは「すこし不思議」の略ですから<おい
10-03 16:18

@watariwataru ぼっちというか、ガガガ編集部、既存のラノベ作家に興味無い感じが。私だけかもしれませんけど、担当変わっても連絡無しの放置プレイですし。
10-03 16:14

しかし最近は割と、授賞式で落ち着いてる人多いというか、一発芸かます新人さんまで出てきているので、ある意味、頼もしい。その内、コスプレして授賞式に出る人も――出たら笑うが。ちなみに、新人でなければたまに見ますw<コスプレして授賞式に出るラノベ作家
10-03 16:09

授賞式とかに何度も出る内に、段々格好がラフになっていく(ネクタイ締めるのなんて、大半が新人の時だけ) #ラノベ作家あるあるネタ  いやま、最初からラフな人も居るには居ますが。
10-03 16:07

授賞式の時にテンパって、その気も無いのに、つい、先輩作家にものっそい生意気な口をきく。(私の場合は小林めぐみ嬢相手にものっそい偉そうな事を言った覚えが。) #ラノベ作家あるあるネタ
10-03 16:06

@sorano009 いや、そこは「ハルヒ」と答えましょうよ。某ラノベ作家の様に!
10-03 16:03

@sou1rou さすがにそれは想定外でしたw<ライターってなんですか
10-03 14:06

昼飯喰いにいってくるなう。
10-03 11:38

@bsplsr それです。綺麗なのでちょっと興味はあったのですが、下手にはまると大変な代物らしいのでw
10-03 11:37

地元の図書館への寄贈は、また微妙な線だったりしますが。<自著
10-03 11:36

ちなみに、当たり前ですが、著者配本分をブック●フに売ったら、基本、出版社から怒られますw うちの場合は嫁もその辺りの話は知っているので、冗談ですが。知らないと本気で言う人居そうだよなあ。
10-03 11:35

@Protolaurasia なにそのドラマみたいな場面w
10-03 11:26

@neetteenex 実は現状、自分でも把握してません。多分、120くらいだと想いますが。
10-03 11:25

@Protolaurasia その高校生に何となく申し訳無いw
10-03 11:22

近所のペットショップで「エビすくい」をしていたので、つい、レッドビーを二匹獲って帰ってくる。今まで手を出さないようにしてたんだけど。まあ二匹だからいいか。
10-03 11:21

@yukiboo そこでノーベル文学賞ですよ<おい
10-03 11:15

@yusuke_win まあ、だからこそ余計に困るんですがw
10-03 11:13

だがその一方で、サイン会に「私は貴方の本を読んだ事はありませんが、貴方にお勧めの先物取引のお話が」とサイン会場で営業始めた営業マンが居て。後で専門学校にも営業の電話かけてきていた。作家=金持ち、というのは必ずしも成立しねえんだってば。
10-03 11:13

あるあるネタじゃないけど。結婚前、やたら先物取引とか、絵画の販売とかのテレアポがかかってきていた事があって(多分、流出した高校とか大学の名簿のせい)。「OK、お互いに手間を省きましょう。俺、定収入ないですよ? それでも話続けますか?」「あ。そうですか」で話が済むので作家は楽w
10-03 11:11

@yusuke_win いや、ぶっちゃけ私この間100冊展とかやった訳ですが、単純に考えても見本、1000冊。重版掛かればそれも、ですよ。そりゃ邪魔ですって。半分以上人にあげたとしてもw
10-03 11:08

@Protolaurasia その本屋さんには感謝感激ですが、考えて見れば、今、千円だと二冊すら買えませんもんね……
10-03 11:07

ああ、言われた言われたw RT @yukiboo: 「この見本誌いっぱいあって邪魔だからブック○フに売ってきていい?」と家族に言われる。 #ラノベ作家あるあるネタ
10-03 11:06

@yukiboo まあ、「物凄く売れて御殿みたいな家を建てる」か「権威在る賞を貰う」かが分かり易い身内ドリームですよねw
10-03 11:03

@yatou_kai 笑顔で大空にキメ。<なんの話だよ
10-03 11:02

@team_TO101 他のあるあるネタとも絡むんですが、回りに「好きな事して遊んでる様に想われる」のが累積してくると、洗脳されるというか「俺、ちゃんと『働いて』ないんじゃ?」みたいな不安が出てきたり。正直、趣味との境眼が曖昧なのは事実ですし。
10-03 11:02

@yatou_kai 貴重の意味が色々(苦笑)。 価値はまあ出ないと想いますがw
10-03 10:57

@kaname_touya いや、きちんと勤め人として働いている事そのものが偉いと。多分、ラノベ作家の何割かはそれも難しいですよ。中には勤め人としてのスキルを積みつつ、ラノベ作家として売れるよーな、あざの耕平氏みたいな怪物も居ますが。
10-03 10:57

@Protolaurasia そこであれですね。「そこからそこまで、全部包んでくれたまえ」とか言うと惚れます。<惚れるな
10-03 10:55

デビュー作を世話になった友人とかにサイン付きで配ると「将来価値が出るまで大事にするよ」とか笑いながら言われる。 #ラノベ作家あるあるネタ
10-03 10:53

@neetteenex まあ、私も最近は自営業、と答えてますけどね。たまに自営業と答えても「で、どんな商売を?」とか聞かれるので、余計に困る事も。
10-03 10:52

プロデビューしてから、慌てて「サイン」の練習をする。(ただしサイン会の予定はまだ無い) #ラノベ作家あるあるネタ
10-03 10:52

大体、デビュー作は知り合いとかに配りまくって著者配本分(十冊位)が足りなくなるが、次第に、著者配本分が余る様になる(特に二巻とか)。 #ラノベ作家あるあるネタ
10-03 10:51

さすがにどす黒い系は書くとやばそうなので自粛<あるあるネタ
10-03 10:50

@Protolaurasia ちなみに、後日、「大変です、お宅の息子さん、とんでもない量の本出してるじゃないですか!?」と市会議員の人から電話かかってきたそうですw
10-03 10:48

@kaname_touya 某漫画でありましたが、「才能とは異形(異常)と同義語」だそうで。才能が突出している人ほど、「普通の人が当たり前に出来る事」が出来なかったりしますよw 
10-03 10:47

自分の本が売れていく瞬間を見たいと想うが、実はなかなか出会えない。 #ラノベ作家あるあるネタ
10-03 10:45

@aryiaman その辺、漫画家さんも同様でしょうねw 
10-03 10:43

@km0910 先にも書きましたが、他のあるあるネタを御覧下さい。色々面倒なんですw
10-03 10:43

@fukus ああ、他のあるあるネタと組み合わせるとよく分かります。面倒なんです、途方も無くw
10-03 10:42

@cattea3396 竜王賞はテレビで報道しませんしね!(笑)
10-03 10:42

@amane015 無理ですw
10-03 10:41

つか、ぶっちゃけ、親父の知り合いの某市会議員の人が、私が物書きやってると知って、秘書の人に「榊一郎名義の本を買ってやってくれ」と命じたら、秘書の人が数日後、「あの、全部ですか?」と問い返してきたそうな。多分、一冊か二冊、誰も知らない様なマイナー本を出していると想われていたみたい。
10-03 10:41

ラノベ作家と名乗ったら名乗ったで、「自称」と想われて、献本したりすると「え、本当に本出してたんですか!」と驚かれる。 #ラノベ作家あるあるネタ
10-03 10:38

いつも家に居てパソコンの前に座ってるので、何となく、出勤地獄とか残業とかを経験しつつ雄々しく働いているサラリーマンの人達とかに、コンプレックスを感じる。 #ラノベ作家あるあるネタ
10-03 10:37

諸々の理由から一部の親戚にはどうしてもラノベ作家ですとはカミングアウト出来ない。 #ラノベ作家あるあるネタ
10-03 10:34

@yatou_kai ゾクゾクするかどうかはさておき、割とラノベ書きは経験ある筈w
10-03 10:32

@TakamoriTarou いや、そこであれですよ、自分のファンの子に「俺実は●●なんだ」と言い出せないまま、悶々とするラブコメが始まります。「40センチの初恋」なかなか良かった。<ラノベじゃなくて漫画だけど
10-03 10:32

「お前もそろそろ芥川賞狙ったらどうだ」「直木賞とかとらないの?」と親兄弟に言われる。 #ラノベ作家あるあるネタ
10-03 10:30

「趣味を職業に出来て、いいわねえ」「毎日楽しいでしょう?」と親戚や知人からくどい位に言われる。 #ラノベ作家あるあるネタ
10-03 10:30

昔はクレジットカードを一枚作るのにも信用の無い商売なので大変だった。勿論、ローンとか論外。いつもニコニコ現金払いが基本。(ただし土地持ちとか、不動産を持っている場合は別) #ラノベ作家あるあるネタ
10-03 10:28

自分から職業を名乗らないと、「ニートかヒモ」と御近所に認識されがち #ラノベ作家あるあるネタ
10-03 10:26

いわゆるサラリーマンに給料の額を聞くのはタブーである筈なのだが、割とラノベ作家には躊躇無く「で。どれくらい儲かるの?」と興味津々で聞いてくる奥様方が割と居る。 #ラノベ作家あるあるネタ
10-03 10:26

平日に散髪に行って『ご職業は?』と聞かれ、小説家というと変に驚かれて(一般文藝と勘違いされて)面倒だし、ラノベ作家というとジャンルの説明がまた面倒なので、とりあえず無難かつ広範囲な意味を含んで「あ、ライターです」と名乗る。 #ラノベ作家あるあるネタ
10-03 10:24

@_famine ごめん、さすがに別マまでは把握してません(何となく想像はつくけど)。 ただこの場合に難しいのは、漫画やラノベは基本、「お客さんがキャラにつく」事が多いので、完全完結型の読み切りだと「売れた後の対応が難しい(続編出しにくい)」のは商売として悩ましいですな。
10-03 10:21

@gyo_815 まあ、「この俺様が此処に居る事を貴様等知りやがれ!」的なノリでもない限り、「書いて楽しく読んで貰ってなお楽しい、その上売れれば申し分なし」を目指すべきの筈なんですが、たまに、「読者に媚びるのは嫌だ」とか言う子もいるので、難しいですな。
10-03 10:19

@LOFTPLUSONE 「ラノベのレシピ」今度は夜の部でやりたいのですが、間に入って下さっている某社から連絡が途絶えてしばらくになりまする(苦笑) 自分でロフトプラスワンに交渉した方がいいのかしらん。
10-03 10:18

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/914-6e9ffee3

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。