スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/15のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

さて。寝るか。
11-15 02:23

原稿一本初稿終了。明日一日頭冷やして明後日微調整する所存。件の短編は週末には終了予定。件の新刊二稿は週明けになんとか?<誰に言ってんだか……
11-15 02:22

@blade4649 くたくたになるまでperoperoされた鈴を全力で妄想中…………! 勿論、カステラ的な意味で。
11-15 02:05

@imadaira まあツンデレですよねw 私も覚えがありますが、もう二十年以上前の古傷なので、治癒済みですw  
11-15 01:32

@hikikokoko ほっこりしましたw<その子等には失礼かもしれんが
11-15 01:31

しかも「おにーちゃんにありがとうって言いなさい」「あがとー」「かわいいなあ」――なんつーか、小さい子って、女の人とかじーちゃんばーちゃんとかには受けいいけど、中高生の男の子がそういう反応してくれるの見てると妙にほんわかする。
11-15 01:22

@blade4649 落ち着け、落ち着くんだw
11-15 01:21

この間ココイチで飯食って出ようとしたとき。娘のマイブームは「伝票をレジに持っていって店員さんに渡してドヤ顔」なので、いつもてってこてってこ伝票持って歩くんですが。丁度、中高生位の男の子の集団(4、5人?)がいて。一人が「待て、その子先に行かせてやれ」とか友達に言ってくれて。
11-15 01:20

@izoka_w まあ、しょっちゅう著者校正原稿を集配所に持ち込むので、近所の宅急便屋さんは「あれ榊一郎ってラノベ屋らしいぜ」と把握して居るみたいですけどねw<前に配達物に注意書きがそのまま貼ってあった「榊一郎というのはペンネームでこの●●って人は作家さんだから云々」
11-15 01:16

@Hisame0000 「だっこしてくれる人」=「母親」って事ならまじってないかも。
11-15 01:14

@kamijimayumi 逆説的というか、変な話ですけど、自信満々の人ほど、作品観ると程度低い場合が多い(勿論例外はあるけど)様な気がします。個人的には、「プロの水準と自分の実力の間に横たわる距離が客観的に判らないから、上達もしにくい」のかあなとか。
11-15 01:14

@satinchan ああ、居ますね、そういう人。一緒に切磋琢磨する仲間が居た方が絶対にいいと思うんですが――いやでもこれも個人差かなあ。
11-15 01:11

さんぷんかんまつのだぞ。 RT @gurima_k: 娘は相変わらず父親の事を「ちゃーん」と呼びます。 ああ大五郎。 ちなみに私はなぜか「あっこ」と呼ばれます。 何故? 最後の「こ」 しか合ってないよ?
11-15 01:03

@Hisame0000 怖い怖くないというより、まあ良くない事なんですが(経験上、どうしようもない実害が生じる事はあまりない)。そもそも連絡が回ってこないってのは組織がでかくなるとよくある話なのです。いや本当によくねーんですが。半分諦め気味。
11-15 01:03

@kamijimayumi まあ、既に実績のあるプロの方なら、先に出版社に「いいですか?」と断り入れてから紹介すればいい事でしょうけど(余程の事がない限り駄目とは言われない)、素人さんはまあ、無理ですし、本当に良くないですよね。
11-15 01:00

@shikidoji ああ、それは本当にそれどころじゃないw<色々と想像がつく
11-15 00:52

@shikidoji ああ……なるほど……その辺、売れっ子は大変な事多そうですね……君、何しにバイトしにきてんの、みたいな(苦笑)。<いや、笑い事じゃないが。 しかも絵師さんだとサインつっても「●●添えて」とか、スケブ感覚でキャラ描くのも要求されそうで、尚更大変そう。
11-15 00:46

@east_JP まあ一定の実力と書き手の人格が保証されていたから、「彼」も場をセッティングしたのでしょうし、それは「恵まれている」のではなく御自身の実力で勝ち取った結果だと思いまする。
11-15 00:42

@tomoaki78798 ぶっちゃけ、ネット配信は色々グレーゾーン多そうで、落ち着くまではよくわからんのですよね。下手すれば編集部レベルでも判ってない可能性w なので落ち着いてから詳しくなろうと考えている私でした。
11-15 00:40

@shikidoji うわ。やっぱその手の経験ある女性のクリエイターさん居るんだ……というか、そりゃ居るわな <朝起きたら玄関に
11-15 00:39

@satinchan まあある程度の年齢でコケるとやり直しも効きにくい上、コケ方がでかくなるんですよね……<かけた金の分だけ
11-15 00:37

@tomoaki78798 編集部に確認しました。公式だそうですw というか角川系の電子書籍と提携してんですな。丸ごと提携なので、作品各個の作家までは連絡が来てない模様。まあ来てても忘れてたかもしれませんがw
11-15 00:36

@amagase_sui まあ、ある意味、朝から(確か十時くらいだったと思う)わざわざ出掛けていって門前払いなので、その人も可哀想だとは思いますがw 確かにとんちんかんつーか意味がないですわな。
11-15 00:35

@hawawa_usyagi 女性の絵師さんとかは、普通に怖いでしょうな、そういう男の人がある朝、玄関に立ってたら。私はモルジブ返りの時差惚けで、ちょっとぼーっとしてて、なんか全然平気でしたけど。
11-15 00:34

@sou_sitaku まあさっきから書いてますが、本当に「志したばかりで何をどうして良いのか判らない」人だったのかなあと今では思いますが。
11-15 00:32

@izoka_w いや、出版社側でペンネームでそのまま送ってくる場合がありまして。更に近所に「榊●●」って人が住んでまして(偶然)。私、本名の苗字は榊じゃないんで、たまにそっちに郵便物とか行っちゃう事があって……(勿論、最近は逆にその人の郵便物がたまに紛れ込む事も)
11-15 00:31

@bluehanmer 「絵師さんが可愛い女の子描いてくれるんだから、俺達は文字でしか出せない部分に注力すりゃいい!」という考え方もありまするが。ラノベのパッケージ、メディア、として見た場合はそれもアリ。
11-15 00:29

@bluehanmer あい、判ってます、単純に「書いている時点では絵がどんなものか判らない」立場の人間なので、「絵が無くても最低限、物語を読む上での情報は盛り込むべき」と考える為、「小説そのものでも完成形として見る事が出来る」にこだわるだけで。逆にあかほり先生みたいに
11-15 00:28

@mako_0722 まあ、本当に、純然と判らなかった、んでしょう。専門学校に行ったのも、「行けば何とかなる」みたいな印象があったからとか推測。
11-15 00:26

@POPOPO_555 まあその場合の学校は、多分、専門学校ではなくて、中学、高校辺りの話になりそうですがw<学校では一体なにを教えて
11-15 00:24

@k_miyano ええまあ、そうなんですがw
11-15 00:23

@izoka_w ああ、あの事件……さすがにアレはいくらなんでも、ですな。ちなみにうちはペンネームの表札出てたりしますw<出版社からの郵便物が本名だけだと届かない事あるもんで
11-15 00:23

@Yu_Godai 私は、予測してなかったんです!w つか、本気で「夜泣きうるさいとかむかついて殺しそうになったりしないだろうか」とか心配してましたw
11-15 00:22

@andetto ああ、そうか……ラノベのイラストレーター、となると単体で仕事を完結させてない(いやまあそれ言ったら文章屋もそうですが)から、担当編集、とかそういうイメージにならない人がいるんかなあ。海外じゃ作家本人が書くのがデフォと持ってる人もいるみたいだし。
11-15 00:21

@tocoma110 いやまあこの人は特殊な例ですw 後にも先にもこれ一回。
11-15 00:19

@DARL_Japan モルジブで声をかけようよw
11-15 00:19

@pawn3 確かにアンバランスすぎますw 正直、その時は絵とか見なかったんですが、今にして思うと見ておいた方が良かったかもしれません。面白い絵を描く人だったかも。まあそれでも紹介はできませんが。
11-15 00:18

@Banjoe1971 @wildcat_x ちょっと最後に書きましたが、どっかの専門学校の先生が漏らしたそうです<うちの住所
11-15 00:17

@POPOPO_555 まあその人は別に怖い感じではなかったんですが(だから私も普通に話をしていた)、何というか、本当にどうして良いのかわからん人はいるんだなあ、と。
11-15 00:16

@kinoakito 勿論、文章屋は本が出るまで(あるいは出ても)絵師さんと会った事も無い場合が多いですよ。絵師さんの選定と発注は基本的に編集者の仕事で、そこに口出すと大抵、嫌がられます。
11-15 00:15

@iris_taske それはそれで笑い話として楽しいのですが。
11-15 00:14

@yorusu18 コレが結婚とか言い出す場面が想像つかないw
11-15 00:13

@sellaph まあさすがにこの一回だけでしたがw
11-15 00:13

@bluehanmer いやまあそうなんですがね。書き手の立場からすると、絵は自分の仕事の領域ではないので、「絵はつくのが前提だが、文章それ自体でも過不足無く一定の完成性を持たせるべき」と思ってしまう分、一次元的に見ちゃうんですよ。
11-15 00:13

ちなみに「ここの住所何処で聞いたの?」「●●(某専門学校の名前)の先生からです」…………つか確かに講師とかプロには名刺は渡すけど。それを素人さんにほいほい教えるなよと言いたい(苦笑)。まあその人は普通に話せば納得して帰ってくれたのですが。
11-15 00:11

「それは私に出版社に繋ぎをとれと?」「はい」「いや。よしんばそれをしたとして。私が繋ぎをとってもプロとして採用されるかどうかわからないよ」「そうなんですか?」「むしろ榊がごり押ししてきたって良くない印象つくよ」「…………はあ」こんな会話をしたことがあります。
11-15 00:09

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/955-d82b925c

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。