スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01/27のツイートまとめ 

ichiro_sakaki

@zatuyou_jp あ、そういうもんですか。その辺、気になるというより、最後の一線で、書き手側には分からない部分でもあるので。
01-27 23:59

@bluehanmer ああ、なるほど――ってキンドルとかの電子ペーパーは、スクロールじゃないような気も。まあ現状はipadとかが主流なのでスクロールでいいのか。ふむ。
01-27 23:58

@bluehanmer なるほどw
01-27 23:56

@zatuyou_jp 図版化しちゃうと、今度は、拡大縮小機能と齟齬が生じそうな気も。文字が小さくなったら読みづらい、とかそういうのがあるからこそ、自動で文字を再配置するシステムになってるんでしょうし……うーん。難しいなあ。
01-27 23:56

@utakata_utakata ああ、なるほど、そういうのは面白いですね。シナリオ書く人云々以前に、ビジュアルアーツの仕事にはならんと思いますがw<版権の問題で
01-27 23:55

@zatuyou_jp ああ、いや、改ページタグの話は先にも出てるんですが、結局、最終的には「不自然な空白」がページの上にできちゃう事もあるので、なんとも――という。
01-27 23:53

@makoto_sanda @t_tutiya 対応早いなw つか、普段からやりなれている分、意識して「やらない」様にしないといけないので、「やらない」だけでも結構、負担だったりしますけどねw 
01-27 23:52

@y_tsuduki ふむ。すんません、どうも極端なところまで見ちゃうものでw
01-27 23:50

@amagase_sui そうなんですよ。まあ数ある文章技術の一部ではあるので、あまり目くじら立てない人もいるとは思いますが。
01-27 23:48

@bluehanmer まあ、その辺、気にせずに各フォーマット共通で使える演出、とか考え出せるかどうか、ですねえw
01-27 23:47

@y_tsuduki 先にも言ってますが、結局、それを追求していくと、現状では「キネノベ」――ゲーム媒体に近づいていく事になって、それはそれで問題が生じるんですわな。単価あがるとか、だから刊行点数減るとか、だから作家人口減るとか、だから、作品バリエが減るとか、そんな。
01-27 23:46

@t_tutiya ですです、その電子書籍特有の「芸」が確立されたときが、本当の「元年」じゃねえのかなあ、とか思ってます。
01-27 23:44

@jibetaP まあ、ゲームシナリオ屋さんの方が現状では対応力は高いでしょうな。
01-27 23:44

@Masato_Kondou まあそうなると、「じゃあそれってキネノベじゃん?」という事にw でもそうなると、単価あがるので、どうしても、売りにくくなって――と負のすぱいらる。
01-27 23:43

@y_tsuduki まあそうなんですが、それはそれで、「強制改ページ」の存在が、空白となって見えちゃう場合があるでしょう? (行数調整・文字数調整によっては) 結局、インパクトは薄れちゃうというか。まあ、読み手の利便性が第一、物書き側は対応する技術を身につけるしかないですが。
01-27 23:42

電子書籍が主流になれば、小説書きの側も、その辺の対応力が求められる事にもなるんでしょうな……
01-27 23:39

そういえば。全然話変わるけど、電子書籍の拡大・縮小機能は物書き泣かせですな。一行の文字数、一ページの行数が固定されていないので、改行やらなにやらの「文面」の演出が、できなくなる。ページをめくった瞬間のインパクトとか、そういうのが難しい。
01-27 23:38

他にも、映画館に友達と一緒に入ろうとしたら、「嘘つくな」とか言われて大人料金とられた事も。さすがに小学六年生で、学生証とか持ち歩かなかったしなあ。
01-27 23:36

そういえば、私、元々子供の頃から背が高いほうだった上に、ふけ顔だったのか、小学校五年生の頃に、繁華街歩いていて、「にいちゃんにいちゃん、ええ子いるで。●●円でええわ」と声かけられた事があります。「ごめんなさい、お金ないんです」と返した自分も自分ですが。
01-27 23:34

@g_kasya あ、既にありますか、そういうキャラw
01-27 23:31

@OtikaAkito まあキャラではなく作品を愛していてもいいんですがね。作品を引き立たせる為には、キャラに魅力的になってもらわんといけませんし。ただ自分の好きなキャラ配置しているほうが、魅力的に見せるイベントは思いつきやすいかも。
01-27 23:31

@bluehanmer ああ、なるほど、そういう見方もあるか。面白いですね。
01-27 23:30

@emutyworks 著者校正の赤入れにいいかも<実用性もとめてどうする
01-27 23:29

@Masato_Kondou まあでも逆に言えば、食傷気味になるってことは、一部変えると、それだけでキャラ立ちしますよね。潔癖症で、「若い女の保険医っていうとエロいとか思ってるんでしょ! 思ってるのよね! 悪かったわね、幼児体形で!」とか被害妄想気味だったりするとちょっと可愛いw
01-27 23:28

@Masato_Kondou 正直、ラノベのギャグはスレイヤーズから学んだ部分、多いですw
01-27 23:25

@bluehanmer ああ、それは分かります。スマホにかぎらず、機械はそうですよね。どうも日本製の機械は仕様過剰の傾向があるのが残念。シンプルでええねん。
01-27 23:24

@Masato_Kondou そうそうw ただ髭面のおえらいさん出すよりも、先に王子って言葉で誤解を生ませておくだけで、インパクト倍増、みたいな。そしてそれを更に補強するために、殴る、とw
01-27 23:23

落差を作っておいて、更にそれを補強する形で、「ロリキャラ扱いされて激怒」とかのイベントを入れる。でもって後で「ひざの上に座らせる」とかそういうイベントも入れる。「せっかくロリキャラだしたんだし、やっぱ、ひざの上に座らせたいよね! みんなもそうでしょ?」的な精神ですよ!<色々台無し
01-27 23:22

例えば、拙作で言えば、アウトブレイク・カンパニーのペトラルカ皇帝陛下とかは、典型的な「気の強いロリキャラ」ですが、「幼い外見」と書くだけでは確かに意味なくて。だから、最初に主人公が「皇帝陛下つーと髭面のおっさんとか?」なんて想像しているところに、ロリ陛下を出す、という
01-27 23:20

@OtikaAkito しいて言えばそうですね。類例にあたって、理論である程度はまねられますけど、最終的に正解が無いので、どうしても「どれをどう選ぶか」に個性が出ますし。何の本の記述だっけかな――「誰も君の様には書かない(書けない)」
01-27 23:17

@minovsky_boson 今度、赤く塗っておきますw ゴージャスに金色もありか。
01-27 23:14

@OtikaAkito まあ「微調整」の一つですね。テンプレキャラをただ出すだけじゃなくて、自分の話の中で、魅力的に見せるちょっとした演出や、イベントの積み重ねる量、順番、そういったものです。売れ線の作品はその辺、大体、よく整理されてる感じなんですよ。
01-27 23:13

@Masato_Kondou だからなんでそこまで皆、話の本筋にもっていくんですかw 細部です、細部w
01-27 23:11

@ZelkovaTreefolk まあミノフスキー粒子はガンダム最大の嘘であったりもするわけですがw というか核融合炉の封じ込め、ビーム砲理論、レーダー妨害、空中浮遊、その辺、全部ミノフスキー粒子で片付いていた様な気も。確か力場に反応しやすいとかそういう設定でしたっけか。
01-27 23:10

@jeikeiikoru24 ああ、いや、そこまで複雑に設定にかませなくても、単純に、「めがねの上から上目遣い」とか「何かいらいらしたときにつるを触って位置を直す癖」とか出すと、眼鏡っこの魅力の「真面目さ」とか「おとなしい文学少女っぽさ」とかそういうのが出るはずよね、みたいな。
01-27 23:08

@emutyworks @g_kasya なんでそっちに行くねんw
01-27 23:07

@AkaTwoKi 文章にすりゃ売れる、って訳でもないでしょうから、その辺、「分かりすぎても(中身がすべて想像できちゃう)まずい」けど、「まるで興味がわかないくらいに、とっぴなだけ」では駄目でしょうし。
01-27 23:06

@AkaTwoKi まあ個人的にはタイトル部分のみに限定すれば、インパクトと引きの問題でしょうね。タイトルに作品の姿勢みたいなものも現れますから、インパクトがあって、なおかつ、そのインパクトが「で、中身は実際どうなのよ?」と思える気持ちを引き出せば売れるでしょうし。
01-27 23:05

例えば極論ですが、「眼鏡っ子キャラをヒロインにして魅力的に見せる」という場合に、ただ、眼鏡をかけている、と描写しただけで満足しちゃう様な。だったら眼鏡っこである必要ないじゃん、と。眼鏡を用いたアクションや、描写を入れるだけでぐっとそれらしくなるのに。これが勿体ないって話。
01-27 23:02

実は二次落ち、三次落ち、といった作品を何本か読む機会があったんですが、たいていは、この「微調整」がうまくいってないというか、せっかくの素材をもったいない使い方をしている事が多い様に思いましたな。
01-27 23:00

@ZelkovaTreefolk チョバムプレート付きガンダムなんてのもありましたなw
01-27 22:57

実を言えば「棺姫のチャイカ」一巻序章は、造語山盛りのマジック・パンク的なものを最初書いていたのですが、「読みにくい。もっと簡単なのに直して」と担当さんに言われて書き直しましたw この場合やはりチャイカが何度か重版かかる位売れたところをみると、担当さんが正しいわけで。
01-27 22:52

@ZelkovaTreefolk 勿論、盛り付けというか、素材は変わってきますからね。インターネットとか、遺伝子技術とか。そういう意味ではSFって文学の先陣を切ってる印象。
01-27 22:49

@emutyworks まあ、でもそういう作品を楽しいといってくれる読者さんは少ないので、そっち方向に舵を切るとジリ貧になったりw 
01-27 22:48

勿論「どうして売れたか」の理由は一つでもなければ運そのものだったりする場合もあるけど……
01-27 22:45

@kutikitaoshi うーむ……
01-27 22:41

@gyo_815 まあ運、ではあるんですが、その運に左右される要素を最小限にする手管もあるかな、とか。
01-27 22:40

@emutyworks まあ、外すくらいなら、とは思いますわなw ちなみに、よくあるミスとして「新しいことをやろうとして新しいことだらけにする」パターンがありまする。「古いもののなかに一つ新しいもの」があるから目立つんであって、新しいものだらけだと、単に、分からないw
01-27 22:40

@ZelkovaTreefolk 聖書だ、とも言われてますね<物語のパターン
01-27 22:38

@Yuugen_99 そちらも結構、な仕事量とお見受けしまする。ご自愛を。
01-27 22:38

あれだな、「寿司って、ご飯かためて、魚の切り身のっけただけだろ? 子供にだって作れるよ」――いやまあそうなんだけど、じゃあそれを売り物にしている現状、そしてその上で人気店とそうでない店の差が生じる現状を見れば、「何か見えにくい違いがある」のは誰でもわかるわけで、それと一緒。
01-27 22:35

たまに「●●という作品はテンプレの集合体で、キャラもよくいる萌えキャラそろえただけじゃん」的な発言を見るけど、ではそれと同じ事(テンプレをかき集めて一本)をすると、必ず売れるかというとそうでもないし。「神は細部にやどる」というけれど、実はテンプレでも微調整が難しい。
01-27 22:33

そういえば、売れ線の作品を分解・把握する――のはすぐにできるのだけど、問題は、「どうして売れたか」の分析。こっちは簡単じゃない。分解・把握の後に再構築、しても必ずしもそれが売れるとは限らない。タイミング、絵師さんとの相性、世情、その他もろもろ。
01-27 22:30

@goldfish_rantyu 時間差v3状態……!<なんかかっこいい気がしてきた
01-27 22:28

@Yuugen_99 単純に各技能に特化してるだけですw 私は女の子の絵(全身ね)、シャーペンで下書き一枚描くのに丸一時間掛かりますよw<そして勿論、プロ絵師さんほどに上手くもない
01-27 22:27

まあそういう意味では電子雑誌のGA文庫マガジンの存在は意味が大きかったり。より出版リスク減らしてラノベ系雑誌が充実してくれれば、とか思うんですが、編集部にきくとそう簡単なものでもないらしい。「むしろ確実に赤字」とか編集長の弁。
01-27 22:24

そういう意味でスパンの短い雑誌の仕事は、多少気楽。(内容的にはむしろ短編のほうが難しい事は多いですがそれはさておき)でも雑誌の仕事減ったしな……そういえば結婚当時は、「定収入感覚だから」とドラマガの連載原稿料を予算上限にしてマンション探しましたよw
01-27 22:22

私の場合は、その不安を忘れるために仕事を片端から突っ込んでるという側面もありますがw<いちいちいつ本が出るか案じている暇が無い まあ、ゲームの仕事、小説の仕事、でやっぱり時間スケールが違うことも多いし、余計にその辺が読みづらいのですな。
01-27 22:20

ぶっちゃけ、詳細プロットまできったけど、諸般の事情で立ち消え、なんて話は一本や二本じゃない。むしろ遅れるのは可愛いくらい。だけど定収入が無い仕事で「いつ本が出ていつ印税がいただけるか」がはっきりしないままだというのは、心臓に悪いのも事実。
01-27 22:17

この数日打ち合わせラッシュ。それはいいのだけど、打ち合わせの数の割には明確な予定があまりたたない。現状で進んでいる「チャイカ」や「アウトブレイク」はいいとして、新作の立ち上げは本当にケースバイケースで「いつ動き出すか」よく分からない事も多くて。
01-27 22:15

@Yuugen_99 恐縮です……!
01-27 22:14

まあその分、全体的な速度は上がっていたりするのですが(途中で途方に暮れて止まるとかそういうのは少なくなった)。まさに技の一号、力の二号状態。
01-27 22:00

やはり年食ったなあと思うのは、半日別の用事に費やすと、夜は小説の執筆なりプロットまとめの作業なりが滞ること。二十代の頃(捨てプリ書いていた頃ですな)は電車の中でもモバイルギアで延々原稿書いていたもんですが。
01-27 21:59

@kimyj403 キャラクターとして動かしやすいという意味で好きなのはメリニや花梨なのですが、趣味的に魅力を感じるのはペルテアとハーチェッタですかね。韓国旅行は今のところ計画はありませんです。申し訳ない。そもそも小さな子供が居るので、海外旅行は難しい状態です。
01-27 21:54

まあ、ごくごくオーソドックスな話を当てはめて一本書いてみると勝手が分かるかも。 RT @yooyoo_R @ichiro_sakaki 設定なら理論やらなんやらで仕様書が一冊できてしまうくらいの勢いで思いつくけど、物語を膨らませよう、書いてみようとしたとたんにペンが止まってしま
01-27 21:52

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ugougonet.blog32.fc2.com/tb.php/990-9ef6d24f

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。